タイプ別!人見知りの克服法。人見知りとの苦しい戦いはもうオワリ!

あの芸人も、実は人見知りだった・・・!など、人見知りをカミングアウトする芸能人は意外と多いですね。そもそも昔イジメに遭った経験や、容姿に自信がなかったなどの反骨精神から芸能人を目指す人も多いようです。ここで、人見知りの意味や対人恐怖症との違い。原因と克服法についてまとめてみました。

「人見知り」とは?

人見知りは、元々は赤ちゃんや子どもが知らない人を見て、「恥ずかしがる・嫌がる」などの行為に対して使われていた用語でした。子どもの人見知りは徐々になくなっていくものです。ようするに成長過程で誰もが経験するものなのです。

大人に対しては「内気・照れ屋・はにかみ屋・恥ずかしがり屋」などの表現を使っていましたが、現在は一括りに「人見知り」という表現で使われています。一般的に初対面の人が苦手な人や、人づきあいが苦手な人などに使われます。

知らない人や初対面の人への警戒心は、本来人間や哺乳類をはじめとした動物の防衛本能でもあるようです。例えばペットを飼っているご家庭で、初めて犬や猫を家に迎えた時のことを覚えていませんか?初めは飼い主や、家(環境)に馴染めず、徐々に懐いて来ませんでしたか?これは、自分に対する身の危険を守るための防衛本能でもあるのです。

人間の場合も同じです。初対面の人や知らない人に人見知りするのは、他者に対して敏感な人。一般の人より警戒心が強いということの表れでしょう。

「人見知り」は元々赤ちゃんに使われる用語だった

今までニコニコしていた赤ちゃんが、ある日突然、不機嫌になったり泣きだすなどの「人見知り」をするようになり、戸惑うお母さんもいることでしょう。これは、生後間もない赤ちゃんが周囲の人の顔を認識できなかったことと関係しているようです。

生まれたばかりの赤ちゃんは目が見えませんよね?徐々に周囲のものが見えようになりますが、目の前にあるものを判別する視力が備わっていないのです。そして、成長するにつれ、赤ちゃんの視力は徐々に向上して行きます。およそ生後6ヶ月~8ヶ月頃、目の前にあるものをしっかり見極める視力・能力がついて来るのです。

この頃、赤ちゃんは一番身近にいるパパ・ママの顔を認識できるようになります。そして、初めて見る人の顔が増えるにつれ、戸惑ってしまうのが赤ちゃんの「人見知り」なのです。このように人見知りは、赤ちゃんの成長過程の証しだと言えるでしょう。

大人になってからの「人見知り」とは

「大人の人見知り」は主に初対面の人と、

  • 上手く会話ができない
  • 緊張する

などの症状がありますが、初対面に限らず、

  • 職場で上手くコミュニケーションが取れない
  • 自分だけ浮いている・孤立している
  • 大勢の中で会話に入れない
  • 友達と会っても緊張する
  • 人と目を合わせられない

など、人見知りの度合いにも個人差があるようです。一般の方と比べて【他人と打ち解けるのに時間が掛かる】、などの特徴があります。人とのコミュニケーションが苦手だという意識があり、【人にどう思われているか】などが気になる人も多く警戒心が強い現れでもあるようです。

人見知りの原因を解明

ここで、人見知りの原因をいくつかご紹介して行きましょう。

過去に何かきっかけがあった

  • 学校で虐めにあった
  • 友達から非難された
  • 人から中傷された
  • 言葉で傷つけられた

など過去に起きた出来事がトラウマとなり、人見知りになる人は多いようです。中には自分の容姿や欠点について触れられたことが切欠となり、以来人見知りになるケースもあるようです。

絶対的なイジメではない場合でも、仲の良い友達が、相手は決して悪気はなくても、ちょっとした冗談でからわかれたり突っ込まれたことが切欠で、自分にだんだん自信がなくなり「人見知り」になったというケースもあります。

「自分が人からどんな風に思われているか」を、必要以上に気にし過ぎてしまう傾向から、上手くコミュニケーションが取れなくなることが多いようです。

遺伝はあるの?ハーバード大学の研究報告によると

米・ハーバード大学の研究チームの研究報告によると、赤ちゃんの成長過程の「人見知り」は、大人になるに従い恥ずかしがり屋の性格は変化していくが、脳の基本的特性はそのまま残されると報告しています。
研究チームは、22歳の22人のグループを治験者とし、彼らが2歳の時「人見知りをしたか」、あるいは「積極的に仲間に入ったか」の気質を脳のブレインスキャンにより調査。

同大学の心理学研究者・ケーガン氏によれば、2歳の時に人見知りしたグループは、「20年後の22歳でも見知らぬ人やモノに対して強く反応する傾向がある」と言っています。今まで、人見知りの傾向が「遺伝的なものではないか」と推測されていましたが、これを証明するものがなかったようです。

この研究で、恥ずかしがり屋の性格は遺伝的なものであることが明らかになったとのことですが、「これが大人になった時の性向を決定するとは限らない」。そして、22人の治験者データから結論を出すには不十分でもあるとのこと。

『恥ずかしがり屋の遺伝性をもつ子どもでも、成長につれて性格が変わる可能性は十分にある。人は「人見知り」傾向を克服するし、同時に、後から「人見知り」になるケースもある』、とケーガン氏は語っていました。

(※2003年6月掲載の「NBC News」を翻訳した当時の記事内容ですが、12年後の現在も、人見知りと遺伝性の関係ははっきりと解明されていないようです)

【人見知り】と【対人恐怖症】の違い

主に「初対面の人」や「知らない人」とのコミュニケーションが苦手な傾向の「人見知り」は、「対人恐怖症」であると思われている人も多いようです。自分の「人見知り」に不安を抱き、「人見知りなのか対人恐怖なのか分からない・・・」と思われる人もいるようですね。

ここで【人見知り】と【対人恐怖症】の主な特徴を簡単にご説明しましょう。

人見知りの場合

  • 初対面の人と上手く会話ができない
  • 普段あまり接していない人と上手く会話ができない
  • 人前では無口になってしまう
  • 特定の人となら普通に会話ができる

対人恐怖症の場合

  • 初対面の人と会話ができず、不安・緊張・恐怖を感じる
  • 人前で話すことに不安・恐怖・緊張を感じる
  • 人前で話すことに「頭痛・腹痛・赤面・発汗・めまい」など、身体的症状が伴う

などが挙げられます。症状の現れ方は個人差があるため一概には言えませんが、あくまでも一つの症状だと考えて下さい。

人に慣れるまでに時間がかかるのが「人見知り」

別の言い方をすると、
【人見知り】・・・その人に慣れてくれば症状は改善される
【対人恐怖症】・・・人に慣れる前の段階で不安・恐怖・緊張感があり症状が改善されることは少ない

人見知りは一般の人に比べ、「他人に慣れるまでに時間が掛かる」ということで、その人に慣れてくれば症状が改善されるという傾向があるようです。

人見知りにも種類がある!タイプ別の克服法

1.初対面の人や複数が苦手

こんな人は、要チェック。

①周囲の人は、初対面でもすぐに打ち解けているように見える
②自分だけ、浮いているような気がする
③みんなの輪の中に入っていけない
④何を話したらいいの?

これらは人見知りの人が、初対面の人を前にして思う傾向ではないでしょうか。

  1. 他人は、意気投合しているように見える・・・、と思い込んではいませんか?
  2. 浮いているような気がするだけではありませんか?
  3. みんなの輪の中に無理に入らなくてはいけませんか?
  4. 何か話さなければいけませんか?

周囲の人は大人の表面的な付き合いをしているだけなのです。仲良さそうに振舞っているだけで、心から打ち解けている訳ではありませんよ。誰だって初対面の相手のことは何も分からないのだから、当たり障りのない会話をしているだけなのです。

人見知りの人は、自分がコミュニケーション下手にコンプレックスを抱き、人と仲良くするために話しをしなければいけないと思い込んでいるだけではないでしょうか。

2.異性だけが苦手

これは、家庭環境なども影響してくるようです。例えば、女だけの姉妹や女子校や男子校だった人など。「異性」を意識し過ぎ、同性の友達と同じように思えず、人としての接し方を難しく考えてしまうのではないでしょうか。

「異性」との付き合いは交際相手だけではありません。職場の仲間や、サークルの仲間として気軽に考えましょう。異性と見ると、「どうしたら好かれるか?」「どうすれば嫌われないか」など、深く考えすぎるあまり、異常な緊張・不安・恐怖心が芽生えてしまいます。

また、異性に不慣れな環境で育った女子が初めて男性を好きになり、失恋の痛手をいつまでも引きずり、男性恐怖症などにいたるケースもあります。考え方を変えてみませんか?人間は、男性も女性も一緒。「性別を超えた人に対する接し方」を学ぶには、男女が混合するサークルなどに参加するのも良いかもしれません。

異性を特別意識せず、趣味や共通点を見つけて接してみてはいかがでしょう。

3.苦手な人だけ人見知り

誰にでも自分に合う人と合わない人がいます。【合う・合わない】とはフィーリングであり、接してみると意外と気が合う人もいますよね。人見知りの人はこの段階でこだわりがあり、初めに「苦手だなぁ」と思ってしまうと上手く会話をすることができないのです。

人見知りでない人の中にも、「苦手だなぁ」と感じたら敢えて接触しないようにする人もいます。それでも、本人も周囲も割り切っているのなら特に問題はありませんよね。でも、人見知りの人は、苦手でも何か話さなければならない、仲良くしなければならない・・・、など、意識してしまうことが特徴です。

苦手な人とは敢えて話をしなくても良いのじゃないでしょうか?自分が心を開ける人が他にいれば、それはそれで良いのだと考えましょう。でも、苦手な人は、もしかしたら気が合う人かもしれない。その人とこれから何回も顔を合わせる機会があれば、仲良くなれるチャンスはあるはずです。

初対面の時や、まだ相手のことが分からないうちに、無理に仲良くしようとしなくてもよいのです。時間が解決してくれると気楽に捉えましょう。

4.初対面は大丈夫!でも、2回目以降が苦手

人見知りの中には、こういうケースの人もいます。初対面の人とは割と話ができるのに、二度目以降の会話や接し方にストレスを感じる・・・。ようするに、初対面では、当たり障りのない接し方が出来るけど、それ以降の一歩踏み込んだコミュニケーションの取り方に悩む方。

こういうケースを【二度見知り】と呼ばれるようです。広く浅い人間関係を好む傾向がある人ですね。例えば、初対面で自分が相手に好感を持たれるあまり、相手が心を開いてプライベートなことを話されたり、自分のことをアレコレ聞かれると異常にストレスを感じるなど。

一般的に女性は本音で話せる人を求める傾向があります。友達や親友の定義は個人によってさまざまですが、自分のプライベートな悩みや、趣味や家族のことなど何でも話せる相手が友達だと考える人が多いでしょう。でも、年齢とともに、人との付き合い方も変わってくるものです。

例え相手が自分に心を開いても、自分はクールに振舞えば良いのではないでしょうか?相手の話はそれなりに聞いてあげればよいですし、自分のことをアレコレ聞かれるのが嫌なら敢えて話題を変えれば良いでしょう。「私は私なのだから」と捉え、自分の考え方に自信を持ちましょう。

人見知りを克服するには「考え方」を変えてみて

実は、筆者も「人見知り」や、コミュニケーション下手で悩んだ経験があります。その時、克服した方法をいくつか挙げてみましょう。感じ方は人それぞれですが、考え方を変えれば、人見知りは少しずつ克服できるはずですよ!

自分が思うほど他人は関心がない

人見知りの人は、「人が自分をどう思うかが気になる」傾向にあるのではないでしょうか。人は「あなたが思うほど他人に関心がない」ものです。あなたへの関心がないのではなく、自分が関わる他人のひとりひとりにまで深く関心がないという意味です。

自分の立場で考えてみましょう。あなたは「他人からどんな風に見えるか」が気になることだと思います。でも、他人のことをそんなに深くは考えてはいないのではないでしょうか?ようするに、人見知りの人も一般の人も含め、人の心の奥底までは分からず、多くの人が自分を中心に考えているはずです。

だからこそ、人に対する勝手な思い込みが誤解を生むことさえあるのです。
芸人の笑福亭鶴瓶氏が、あるトーク番組で語っていました。「他人は自分にさほど興味はない」のだと。例えば、自分が相手を拒絶したとしても、相手にとってさほど問題でないこともあります。他人にとって、あなたがすべてではないということなのです。

自分の偏見を捨ててみよう

人見知りの人は、他人が自分を見ていると「何か変なのかな?」とネガティブに捉えがちです。同じシチュエーションでも考え方をポジティブに変えれば、「自分に興味があるのかな?」という捉え方があります。他人があなたを見ているのは、本当のところはどちらかは分かりません。

でも、異性があなたを見ている視線は、あなたへの好意を示しているかもしれないし熱い視線かもしれません。せっかくの恋愛チャンスかもしれないのに、あなたの偏見で相手の好意を見逃してしまうのはどうでしょう?

人間は、すべて「ポジティブに」とは言いません。「慎重さ」と人見知りの人が考えがちな「ネガティブ」とは違います。「私はこう思われている」という思い込みは、ある程度自己中心的なのかもしれません。時には視野を変え、相手の気持ちも考えてみてはいかがでしょうか?

話さなければいけないわけじゃない。振る舞いが大事!

人見知りの人は、

  • 会話が下手
  • 会話が続かない
  • 何の話をすればいいのか分からない

など、自分が話をしなければならないことに意識し過ぎではありませんか?人間関係を築くには、話すことでだけではなく「振る舞い(態度)」も大切です。初対面での印象は会話だけではなく、相手の態度・表情などから総合的に感じるものです。

いくら会話が弾んでも相手が無表情だったり、一方的に話す人には誰でもあまり好感を持てませんよね。
女性と男性の人間関係の根本的な傾向の違いがあります。男性同士は「敢えて話をしなくても空気が一緒の人が気楽」、という傾向があります。

一方女性にありがちなのは、「話が弾む人が楽しい」と考える傾向があるようです。何も自分が話をしなくても、相手があなたの態度や表情で、あなたの人柄を見極め、あなたと仲良くなりたいと思っている人がいることを忘れないでください。

まだまだある!人見知り克服法!

他人に対する偏見を止める

先程少し触れましたが、他人が自分の事を見ていると自分の事に対して他者が何かしらマイナスイメージを持っているのではないかと考えてしまう傾向が人見知りの人にはよくあるのです。それはやはり人見知りの人自身にネガティブ思考が定着しているから起こりうるものなのですが、それと同時に他人に対して無意識に悪い偏見を持ってしまっているという理由もあると考えられます。

例えば、「信じられるのは自分だけで、他者は決して信用する事ができない人だ、」と考えている人は人見知りの人には結構います。こうした他者に向けた悪いイメージというものはその人を余計に人見知りにしてしまうきっかけとなる習慣なのです。従って、自分に対するネガティブイメージと同様に他者へのネガティブイメージも意識して心の中で矯正していき、他者を受け止められる気持を作るようにしましょう。

人を心から信じられる気持ちは、その人から人見知りという特性を取り払う上でとても大事な物なのです。

相手も人見知りだと思う

自己に対する自信が十分に持てないと、相手と対等なコミュニケーションが取れる自信さえもなくなってしまい、結果として人との交流に億劫になり、人見知りになってしまうのです。

そのため、自分に対してポジティブなイメージを持ち、自分に自信を持つ事が人見知りを克服するにはとても大事な要素と考えられます。特に人との会話においてこの自信という感覚をしっかり持てるかどうかがとても大事になってくると考えられます。

そして、その他者との会話において自己を相手と対等の者として認知することは、その自信を得ることに大きく関係しているのです。それ故、自分と相手はまったく対等の立場であるという感覚を持てれば、その人は会話中に自信がしっかりと身に付き、人見知り的な感覚無く、相手としっかりとコミュニケーションをすことができるのです。

そのうえで、役に立つ思考法が「相手も自分と同じように人見知りの弱い人間だ、」と考えるという物です。この考え方は相手の立場を自分と同列に設定する事ができ、自分の劣等感を取り払り、あくまでも相手と対等に、自信を持って会話する事ができる事を助けてくれるのです。

積極的に挨拶する

上で紹介しましたように、初対面はその場の空気で何となく人見知り的な特徴を抑えられるものの、二度目以降にはそれができず、結果として気まずい雰囲気を作ってしまい、その人との交流において人見知り状態に陥ってしまう事が良くあります。

そして、こういった気まずい空気感を作られてしまった人達はそんな人見知りな人に対して変な違和感を感じてしまう事があり、そこから一気に両者の関係が崩れてしまう事になるのは良くある事と言えるでしょう。

そのため、この二度目というタイミングは決して侮ってはいけないものだと覚えておきましょう。従って、この様な機会には是非人見知り的な態度を相手に見せないようにしましょう。そこで無理にでも話をするのは大変だと感じる方には、単純な挨拶をおすすめします。

とりわけ話をしなくても挨拶は相手の心に良いイメージを与える効果があり、その人の事を人見知りのように感じさせないうえに、互いにできる変な空気感も作らずに、また両社とも話しかけやすい状況を作れるきっかけにもなるのです。

相手に関心を持つように心がける

相手に関心を持つと、無意識的にその人との関係性を広めたいという衝動が体全体を巡って発生してきます。そして時にこの衝動はその人にある頑なに守られている人見知りという気持ちを打ち砕く力を備えているものなのです。

例えば、人見知りの人が好きになってしまって、どうしても付き合いたいと感じた人につい告白してしまうのはこうした気持ちが働いているといっていいでしょう。この様に異性に対して感じる気持ちを関わる人全てに持つ必要はないのですが、これと似たように他者に対して深い興味を持つ事は他者との交流を活発にするうえでに大いに役に立つことなのです。

そのため、人見知りを無くしたいと思っている人は、まず自分が接する人に対して興味を持つようにしましょう。

とにかく相手を褒める

人とのコミュニケーションに自信が無い故に人見知りになる人は多いと考えられます。そんな人におすすめなのが、相手にコミュニケーションの主導権を渡してあげるというテクニックを活用して、コミュニケーション能力を高めていき、人見知りを矯正することです。

ここでいうテクニックとは相手が会話を十分に楽しめる空間と満足感を与えてあげるものです。このようにして会話をする事で気持ちの良い快感を相手に与えるという事は、相手に自分との会話の楽しみをしっかりと認識させるうえで非常に効果的であり、コミュニケ―ションをうまく行ううえで有効なのです。

しかも、この会話の仕方は非常にシンプルで、無理に相手との話を上手にしなくても相手とより良い関係を築ける効果があるので、人見知りで会話下手な人にはとてもお勧めなのです。このテクニックは基本的に相手の喜ぶ話を少しふってあげて、それをひたすら聞く事と適度に相手の事を褒めていけばいいだけの単純なものです。

人の話を聞いてあげる事により、相手の満足感を高め、褒める事により、褒めてくれた人に対しての居心地の良さを相手に感じさせる事ができ、結果として相手に楽しいコミュニケーションをしてあげられる事ができるのです。

こういったコミュニケーションを続けていけば知らないうちに、相手に人見知り的な感情を持たずに自然に接していけるようになっていくことが期待できます。

「人見知り」は悪いことではありません

そもそも「人見知り」とは、いけないことなのでしょうか?初対面の人との会話に戸惑ったり、目を合わせて話が出来ないなど、相手の性格や捉え方によっては、厚かましい人よりむしろ好意的に感じる人もいるのです。

自分に対して自信の無さが「人見知り」にさせるのではないでしょうか。「人見知り」の自分を認め、周囲にカミングアウトするのも一つの方法です。「人見知り」は悪いことではないと受け止め、無理に自分を作ろうとせず、自分の良いところを認めてくれる相手に委ねてみてはいかがでしょう。