人が嫌いな理由って何?嫌いな人と上手く付き合う方法を紹介!

「自分は人が嫌い。」そう思ってしまう原因は何でしょうか?いくら人が嫌いでも、誰かしらと関わって生活をしなければいけません。嫌いな人と上手く付き合う方法を紹介します。

人が嫌いだと思う原因って何?

なぜ人を嫌いだと思うようになってしまうのかご存知ですか?生きていれば必ず、「嫌い」「苦手」だと思う人に出合います。人が嫌いになる原因を知って、自分の悪い所を見つけましょう。

相手が原因で人を嫌いになっていることもありますが、自分自身が原因の場合もあります。全てを人のせいにはせずに、自分の悪い点をしっかりと把握することも大切ですよ!

自分の期待に応えてもらえない

「自分は人は嫌いだ。」という人の中には、相手にあまりにも期待をしていませんか?

自分が期待しているのに相手が応えてくれないことで、人を嫌いになってしまう事もあります。
これは人に期待をした時に、「この人は期待に応えてくれない。」と判断することで、期待が絶望になわってしまうからです。

期待が、大きいければ大きい程、絶望は大きくなりますよね。周りの人が嫌いという人は、自分では気が付かないうちに大きな期待を抱いているのかもしれませんよ。

期待を裏切られることで、場合によっては、相手に嫌悪感を感じることもあります。

嫉妬をしている

自分が、周りの人よりも劣っていることで、周りの人達に対して「嫉妬」をしていませんか?

人は生きていれば、必ず一度は人を妬むことがあります。
これは、自分よりいい環境にいる人を「羨ましい」と思うことで起こります。多くの人は「羨ましい」「ずるい」という感情で、自分の気持ちをセーブすることが出来ます。

しかし嫉妬を上手に扱うことが出来ない人は、嫉妬をすることによって、相手に嫌悪感を抱くようになるのです。自分より仕事が出来る人。自分よりお金を持っている人。など自分が相手の持っているものに何か1つでも劣っている事が許せないのです。

そのため、気が付いた時には相手を嫌いになっていたり、相手を自分より下に見るようになっているのです。

このような人は、ネガティブ志向の人が多いとされています。ポジティブ志向の人は「羨ましい」という感情から、自分を高める努力が出来るのです。

自分に危害を加えるから

人間は自分を危険から守る「自己防衛機能」というものが備わっています。これは誰にでもある機能で、自分が危険な状況にならないように身体が反応してしまうのです。

危険を感じるような、粗暴な人や凶暴な人、自分がよく知らない人にはこの自己防衛機能が働きます。また、過去に自分が傷つけられた人にも反応するとされています。
この自己防衛機能によって、人を危険なものだと判断することで、自然に人が嫌いだと思うようになってしまいます。

このような時に、相手に危険な人だという事を伝えるもの良くありません。自分にとって危険な人だと伝える事で、更に危険を招く恐れがあります。

自己防衛機能によって人が嫌いだと感じる時には、その人になるべく近づかないようにすることが大切です。

相手に軽蔑されているから

本当に相手に軽蔑されていることもあります
。しかし、人によっては、軽蔑されていないのに、勘違いをしてしまいます。
自分が相手に軽蔑されていると感じることで、相手に対して嫌悪感や苛立ちを覚えます。

このような感情か大きくなることで、「自分だってあんたの事を軽蔑している。」「あんたが私の事を嫌いなように、私もあんたの事が嫌い。」だと思うようになるのです。
このようなことは、ネガティブ志向の人に多く見られます。

何事にもネガティブな考えをしてしまう為、相手が少し変だと感じたら、証拠もないのに勝手に「軽蔑されている」と判断するようになってしまうのです。

自分が相手を軽蔑している

自分が相手を軽蔑していることで、「この人の事は好きになれない。」と判断するようになります。
マナーをきちんと守らなかったり、人を傷つけるような事ばかりしている人を、見ることでその人の事を軽蔑するようになります。

また「自分が一番。」「自分の言うことは絶対。」というような考えを持っている人は、相手が自分の思い通りに行動しないことで、軽蔑をするようになることも少なくありません。
道徳に反していることで、多くの人は、その人の事を軽蔑します。そのため、その人の事が好きではないと思っても不自然なことではありません。

しかし、自分の思い通りに動かない人に対して軽蔑をすることで、自分勝手な人だと思われて、自分が周りの人に嫌われてしまうので気を付けましょう。

無関心だから

自分が相手に対して無関心だった場合や、相手が自分に無関心だと感じた時に、「嫌い」という感情が起こるようになります。

多くの人は、このような状況になると相手の事が嫌いだと感じるようになります。しかし、このような時には、冷静に考えてみると、「嫌い」ではなく「興味がない」という事の方が多い傾向があります。
自分が関心のない人には、特別に深く関わる必要はありません。

しかし相手が自分に無関心の時に、必要以上にコミュニケーションを取ろうとすることはやめましょう。
相手に「面倒くさい」「ウザったい」などと思われるようになってしまいますよ!

自分が嫌われ者だから

自分が周りの人に嫌われていると感じることが原因で、周りの人の事を嫌いになってしまう事もあります。自分が本当に嫌われている可能性もありますが、ネガティブ志向の人は、特別に嫌われていないのに勘違いをしてしまうケースも少なくありません。

自分が周りの人に嫌われてると思うことで、自分も周りの人と「仲良くしたくない。」「こっちだって嫌いだ。」というような感情が芽生えるようになります。
このようなことが原因で人が嫌いになってしまう事もありますが、本当に嫌われてるのか、嫌われている証拠があるのかを、冷静に考える必要があります。

もし、自分の勘違いでこのようなことになっていたら、無駄に周りの人を嫌っていることになってしまいますよ!

過去のトラウマ

過去に人間関係で何かトラブルがあった場合には、人と関わることが怖くなってしまっている可能性があります。

人と関わることに対して恐怖を感じていることで、自然に人と関わらないようになってしまいます。そのため自分を守る為に、また傷つかないようにと、頭の中で勝手に「人が嫌い」だと思い込むようになってしまうのです。

トラウマのせいで、人は怖い=人が嫌いと変換されるようになり、自分から極力人と関わらないようにしてしまうケースは、少なくありません。

嫌いな人と上手く付き合っていく方法

どうしても好きになれない、嫌いという人と関わらなければいけないこともありますよね。このような場合、多くの人は人間関係のストレスを感じます。

ストレスをなるべく感じないように、上手く嫌いな人と付き合って行くために、嫌いな人との接し方を紹介します。

適切な接し方を知って、人間関係のストレスを軽減させてみてください。知っているのと知らないのでは、自分への負担が大きく変わってきますよ!

最低限の接点しか持たない

学校や仕事でどうしても嫌いな人と関わらなければいけない時には、最低限の接点しか持たないようにしましょう。

仕事上で、学校生活の中で接するだけで、プライベートには一切関係を持ち込まないことが大切です。学校終わりや、仕事終わりにその人とあえて関わる必要などないのです。

この時に大切なことは、他の人と愚痴大会のような事を絶対にしないことです。このようなことをしてしまうと、自然に派閥のようなものが出来てしまい、学校生活の中で、仕事上でややこしくなってしまい居心地が悪くなってしまいますよ!

挨拶はしっかりとする

どんなに嫌いな人でも、関わらなければいけない環境の中で、生活をしている場合には、必ず挨拶だけはしっかりと行うようにしましょう。これは、自分が相手に嫌われている場合でも同じです。
しっかりと挨拶だけは忘れないようにすることで、その人を嫌いだったとしても、その人に必要以上に嫌われていたとしても、周りの人から嫌われる心配はありません。

挨拶をしないようになると、周りの人からの「常識のない人」「感じの悪い人」などと思われるようになります。
挨拶だけはしっかりと行うようにして、後は必要以上に関わらないことが大切なのです。必要以上に自分の事を嫌っている人がいる場合には「幼稚な人だな。」と放っておくのが一番です!

共通の友達は作らない

嫌いな人とは共通の友達を作らないようにしましょう!共通の友達がいることで自分は深く相手と関わっていないのに、相手の近況が耳に入りやすくなり、ストレスの原因になってしまいます。

また自分では知らないうちに、嫌いな人に自分の近況が知られている可能性もあります。相手に近況を知られることで不快な思いをすることもありますよね。
自分にとっての快適な環境が壊れてしまう可能性もすくなくありません。

現代はTwitterやFacebookなどで気軽に他人の行動を把握することができますよね。そのため嫌いな人の近況が目に入ったり、相手に見られてしまう可能性はとても高いです。

本当に相手と関わりを絶ちたいと思っているなら、共通の友達を作らずにSNSなどは、自分が心を許している人だけと楽しむことが大切になります。

嫌いな人のいいところを見つける

「この人が嫌い。」と思うようになることで、その人の欠点しか見えなくなってしまいます。どんどん欠点ばかりが見えるようになると、その人の事もどんどん嫌いになってしまいますよね。

そんな時には、まず相手の長所を見つける努力をしましょう。「絶対に長所などない。」と思っていても、冷静に長所を見つける努力をすれば、必ず見つかります。
気が利く、皆に優しいなど些細なことでいいのです。嫌いな人の長所を見つけることで、少しは相手の見方が変わってくるでしょう。

嫌いな人こそたくさんの長所を見つけるようにすることが大切ですよ。長所を探しているうちに意外な一面が見えて「嫌い」から「好き」に気持ちが変わるかもしれません。

どうしても深く関わらないといけない人には積極的になる

嫌いな人と、どうしても仕事関係や、交友関係の中で、深く関わりを持たなければいけない場合には、あえて積極的に深く関わる努力をしましょう。

自分から相手を遠ざけることで、仕事がしにくくなってしまいます。仕事でそこまで関わりを、持たない場合には、必要最低限の関わりでも問題ありません。
しかし深く関わる状況で、自分から遠ざけてしまうと、仕事をしにくくなってしまったり、自分の居場所を失うようになることもあります。

このようなことを避けるためにも、あえて自分から歩み寄ることが大切なのです、自分から積極的に歩み寄ることで、相手の見方が変わったり、相手のいいところが、たくさん見えるようになるかもしれませんよ!

何故嫌いなのかを明確にする

相手の事が嫌いになった理由は、何かしらあるはずです。まず嫌いだと思ったら、「何故嫌いだと思うのか」という事を明確にしてみてください。

なんとなく嫌い、特に理由はないという場合もあるかもしれません。しかし理由がない場合には、相手の事が嫌いなのではなく、相手の事を知らないだけなのかもしれませんよ。
またしっかりとした理由がある場合には、その原因をどう解決するのかを考えるようにしましょう。

100%相手に非がある時には、自分から関わる必要はありません。もし少しでも自分に非がある時には、自分の非を認めて、改善していくことが大切ですよ。
自分の非を改善することで、相手とも関係を修復することが出来る場合もあります。

嫌いな人が多い時には克服をしよう

「あの人は嫌い。」「この人も嫌い。」というように自分が嫌いだと、思う人がたくさんいる場合には、しっかりと克服するようにしましょう。

自分が、人を苦手意識して、たくさんの人を嫌いになっていくことで、自分にとって過ごしにくい環境になっていってしまいます。
また、自分から人を遠ざけることで、交友関係も狭くなったり、人と関わることがなくなってしまう事もあります。

このような状況になってしまうと、自分が辛い思いをするだけです。苦手な人がたくさんいる自覚がある場合には、原因や改善方法をしっかりと考えて、人を好きになる努力をするようにしましょう。

人を好きになって、環境をより良くしよう!

このように、さまざまな原因で、人を嫌いになってしまう事もあります。人が嫌いだと思うことは、おかしいことではありません。

中には自分には合わない人もたくさんいるでしょう。嫌いな人と関わらなければいけない時には、自分のストレスになってしまわないようにすることが大切です。
しかし嫌いな人が多くなればなるほど、自分にとって過ごしやすい環境はなくなっていきます。可能であれば、人を好きになる努力を行うようにしましょう。

努力をした上で、どうしても、受け入れることが出来ない場合には、なるべく関わらないように、することも必要になってきます。自分とは違う性格や考えの人だと割り切ってみるのも、1つの手ですよ!