「はぁ~もう一人は寂しいしイヤだよ。俺もいい加減彼女が欲しいなぁ…」なんて嘆いてるそこのあなた!そのお気持ちは凄く分かりますが…嘆いてるだけでは彼女はできませんよ。ひとまず家に引きこもってないで、出かけましょう。今回は彼女が欲しいと願う男性に向けて、女性の恋愛観と機会毎の魅力ポイント、そして彼女の作り方をお伝えします。

彼女が欲しいなら・・・

はじめに

f:id:ffgai:20170128181314j:plain

「はぁ~皆彼女作って楽しくやってるのに俺は一人か…。どうやったら彼女できるんだろう?」と嘆いているそこのあなた!そのお気持ち、もの凄く分かりますが・・・。近頃は「空前の婚活ブーム」と言われている程に婚活が盛況ですが、これは見方を変えれば「お一人様」が男女共に沢山いるからこそです。そして、その前身である恋愛においても、男女共に「彼氏が欲しい・彼女が欲しい」と願いながらも、お互いに中々良い方とは巡り合えない時代となっています。 その原因と言われている一つが「男性の草食化・女性の肉食化」です。特に男性の草食化はともかく、女性が男性を積極的に選ぶようになり、その結果、一部のモテる男性を除いて、多くの男性が彼女を作る事が難しくなりました。つまり、現代は「女性が男性を選ぶ時代」なのです。とはいえ、男に生まれた以上、やっぱり彼女は欲しいですよね。今回は、そんなあなたのように「彼女が欲しい」と願う男性に向けて、恋愛における大局観と共に、それに合わせた「彼女の作り方」について、お伝えさせて頂きます。

恋愛スタートには一定の好感が必要

女性は好感に時間がかかる

さて、それでは早速ですが、まず最初に「女性の恋愛観」をお伝えさせて頂きます。そもそも、男女が恋愛を開始する上では、互いに「一定の好感・好意」が必要になりますね。そして一般的な男性の場合は、基本的に「なるべく若くて可愛い子」を好み、つまりは「見た目だけ」で女性を好意的に観て、その女性を気に入る事になります。このため、男性は見た目だけで好意的に観るからこそ、それは「ほぼ一瞬」です。 その一方、女性は「なるべくイケメンで金持ち」を好み、あとは中身を加えた総合点で、男性を好意的に観るかどうかを決めます。つまり、女性だってまずは「見た目」で男性を選んでいるのです。ただ、女性は男性の総合点も気にしますし、女性によっては「中身だけ」で男性に好意を持つ事もあります。とはいえその中身というのは、表面的には見えないため、判断に時間がかかる部分です。このため、男性に比べて女性は、総じて「好意・好感を持つのに時間がかかる」事が基本になります。

「出会う機会」が何より大事!

さて、その「女性の好感には時間がかかる」を理解した上で、あとは「出会う機会」が何より大事になります。そもそも、近頃の「彼女が欲しい」と嘆いている男性の多くは、家と職場の往復の日々という方が多いですが…あなたはいかがですか?どんなにあなたがイケメンでも、年収が高くても、性格の良い男性であっても、まずは「女性と出会う機会」が無ければ始まりません。 さらに、現代では「女性が男性を選ぶ時代」だからこそ、たまの飲み会に顔を出す程度の機会では、大抵が足りず、また「出会う機会に合わせた魅力」が無い男性は、どんな女性からも選ばれません。「出会う機会」に合わせた魅力、つまり「女性が男性のどこを気にしているか、見やすいのか」を意識し、その上で積極的に動いていきましょう。

機会別、女性が見やすい魅力ポイント

学校や職場なら中身

さて、それではここからは、具体的な機会別の「女性が見やすい魅力ポイント」についてお伝えさせて頂きます。まず真っ先に出会いの機会であるのは「学校や職場」等ですね。この機会の最大の特徴は、「どんな男性であっても、何度もその女性と出会える」という点です。ちなみに人間には「単純接触」という心理があり、これは簡単に言えば「何度も出会う程に仲良くなりやすい」というものになります。合わせて言えば、こういった機会で何度も会えば、互いに「相手がどんな人間なのか」という中身を感じやすくなるのです。 総じてこういった機会での出会いでは、女性は男性の中身に魅力を感じる事が多く、男性は「中身で勝負できる!」という事になります。ちなみに学校や職場以外で近い理屈になるのは、何らかの「社会人サークル」や「何らかの教室」等です。あなたが「中身には自信がある!」ならば、ぜひこういう機会を作り、活かしていきましょう。

飲み会や合コンでは容姿

さて、そういった「学校や職場」等での出会いが無くなってくると、多くの人は次の出会いの機会に「飲み会や合コン、パーティ」等を考えます。大抵、多くの男性はここが主戦場となりがちです。そして、こういった機会の最大の特徴は「短時間での一発勝負であり、ミスると二度目の出会いが無い」という点になります。つまりこういった機会では、女性は「容姿とコミュニケーション力」で魅力を感じるのです。これはむしろあなたのような男性の方が、理解できるのではないでしょうか?  見た目が好みでない、話が合わないと判断した女性と、もう一度あとで個別に誘って会おうとするでしょうか?先ほども触れましたが、女性だって最初はある程度「見た目」で男性をふるいにかけるのです。その上で少しお話してみて、相応に好感を持った男性とのみ、その後も連絡を取り合ってまた会おうとします。あなたが「容姿とトークになら自信がある」なら、ぜひこの機会を存分に活かしていきましょう。

婚活では経済力

そして年齢が上がってきて、そういった飲み会や合コン等の機会も少なくなってくると、その後は「婚活」の現場である「婚活パーティや結婚相談所」に行く方がほとんどです。ちなみに結婚相談所はともかく、婚活パーティは「婚活」と付いているものの、男性は基本的に「彼女が欲しい」を主目的に参加します。そして、こういった場の最大の特徴は「参加時点ですでに、あるいは会の途中で互いの個人情報がある程度分かる」という点です。 さらに婚活と名が付く場は、男性はともかく女性は「本気で婚活が基本」ですから、最初に「仕事や経済力」で男性をふるいにかけます。つまりこの機会では、女性は「経済力」に魅力を感じるのです。もちろん先ほどと同じく、最初は容姿であなたを選別してきますが、年収が低い事が分かった瞬間に去っていき、逆に年収が高い事が分かった瞬間に、容姿が多少悪くてもあなたを選んできます。もしあなたが「経済力なら自信ある!」なら、ぜひこの場で堂々と年収をアピールしましょう。

年齢が上がる程に、条件は悪化?

あなたの得意に見合うところで早期勝負を

さて、機会別のポイントはここからは少し、先ほどの機会別について補足をさせて頂きます。まず、肝心な事なのですが「自身の武器に見合うところで早期に勝負をかける」事が、何よりも大事になるのです。先ほどの通り、一般的な方は「学校や職場、次に飲み会等、最後に婚活」と彼女を探す場が変化し、その都度「中身・容姿・経済力」と、主に求められる魅力ポイントが変化します。そしてこの変化具合は、基本的に「どんどん難易度が増す」とも言えるのです。 実際、あなたにとってはいかがですか?例えば、どんなにあなたが中身に自信があっても、飲み会等ではそれは通じにくく、またどんなにあなたが容姿とトークに自信があっても、婚活では経済力が低ければ、簡単には女性から選ばれません。ただこれは逆にも言え、容姿や経済力に自信があるなら、現在の環境を飛び越えて次の場で彼女を探せば良いのです。

中身で勝負は・・・

合わせて大事なのですが、「中身だけで勝負はかなり厳しい」事をご理解下さい。先ほどの流れでもお伝えしましたが、中身で勝負ができるのは職場など、かなり限られた環境のみであり、しかも中身は「目に見えない」ため、周囲の男性よりも良いかどうかが伝わりにくいのです。むしろ、これを堂々と主張する男性に対して、女性は「周囲からどう見られているかを気にしない人」と感じ、引いては「中身がダメな人」とすら考えます。 また一般的な男性が考える中身とは、単純な「優しさ・穏やかさ・包容力」等ですが、女性が男性に求める中身はそれだけでは足りず、さらに上級の「大人の魅力」が必要なのです。もちろんそれらも、ある程度は容姿やトーク力が無ければ、女性はあなたの内面的な魅力を見ようともしてくれません。結局のところ、最初にお伝えしたように女性は総合力で男性を見るため、どうしても一定の容姿や経済力は外せないのです。

恋愛に対する努力をしないからこそ

さて、ところでこの「容姿や経済力」についてですが、あなたは今まで恋愛に対して努力をした事がありますか?これは今も昔もそうなのですが、大抵の男性は恋愛や女性に対する努力をしません。ただ、昔の男性は多くが「肉食系男子」であり、婚期(恋愛)も早く、また女性よりも誰もがかなりの経済力を持っていた為、男性は「選ぶ側」として、そんな努力をしなくても何とかなったのです。 ところが今や逆に「女性が男性を選ぶ時代」であり、男性は女性に選んで貰えるように努力をする必要が出てきました。にも関わらず、多くの男性は努力をしないため、「少し努力をするだけでも全然違う」のです。もちろん、あなたの不足具合にもよりますけどね。あなたの現在の主戦場に合わせて、少しでも女性に選んで貰えるように、何らかの努力をしていきましょう。

彼女作りの基本マニュアル

出会う場の確保

さて、それではここからは、彼女が欲しいあなたに向けた「彼女作りの基本マニュアル」をお届けさせて頂きます。まずはやはり「出会う場の確保」をしていきましょう。これは先ほどの補足でもまとめましたが、女性と出会う環境によって、あなたに求められるべき魅力ポイントが変わってきますので、あなたの得意分野に合わせた場の定期的な確保が必要です。 容姿とトークに自信があるなら「飲み会や合コン」の開催依頼をしたり、あるいはそれらを自主企画すると良いでしょう。経済力に自信があるなら、どこかの婚活パーティを検索して、何度も参加するようにしましょう。それらに自信が無いなら、何とか中身で勝負としてどこかの「社会人サークルや教室」への参加、あるいは週一などで出会いのありそうな短期バイトを始める、等をお勧めします。いずれにせよ、家に引きこもっていては彼女はできませんので、とにかくまずは外に出ましょう。

出会う場に合わせた努力を

そうしてある程度、定期的に女性と出会える機会を作ったら、次は「その出会う場に合わせた努力」をしていきましょう。場合によっては、逆説的に努力しやすいポイントに合わせて、出会う場を確保しても良いです。まずはどのような機会であっても、「容姿」は簡単には外せませんから、これを最優先に高めます。筋トレやダイエット等で顔と体型を整え、その上でファッションセンスを磨くのです。 その上で、同時に「女性心理の勉強」と「対女性のコミュニケーション力」も大事になります。大抵の方の主戦場は飲み会等ですから、この場合は尚更ですね。ちなみに男女は、同じ事象からでも全く違う受け取り方をする場合もありますし、女性のコミュニケーションは「同意・同調・褒め合い」を基本としたキャッチボールなので、男性とはかなり異なります。いずれも一朝一夕とはいきませんが、彼女が欲しいなら彼女ができるまで、この努力を続けていきましょう。

出会う場に合わせた攻め方を理解する

それでは最後に「出会う場に合わせた攻め方を理解する」事が大事です。これは力加減が少々難しいですが、今時は「女性が男性を選ぶ時代」であると同時に、女性は「選んだ男性からは攻めてきてほしい」のが基本になります。つまり、まずは選ばれる努力を重点に置き、女性から脈ありサインを受け取ったら、敏感に察してこちらから動く必要があるのです。 選ばれる前にこちらから攻めても、大抵の女性はあなたを嫌い、離れていきますし、選んでもらったのに攻めなければ、やはり女性はあなたから離れます。このため、サークル等何度も会える機会ならじっくりと好意を得られるまで粘り、飲み会等なら十分に選ばれる努力をした上で、ダメ元で後日一人ずつ全員にお誘いをかけましょう。いずれも、一回では難しいかもしれませんが、彼女が欲しいなら、できるまで継続あるのみです。

一度の成功でOK!

彼女が欲しいあなたにとって、有意義な情報はありましたでしょうか?彼女が欲しいという気持ちは、彼女がいなくて寂しい男性の共通の思いです。しかしその気持ちは、同じく「彼氏が欲しい、彼氏がいなくて寂しい」と思う多数の女性に対して、実にマッチする気持ちになります。 とはいえ、皆そうですが「異性なら誰でもいい」訳ではありません。だからこそ、あとはあなた自身が存分に自分を磨き上げ、積極的に出会う場に行けば、それだけで彼女はできます。彼女は一人できれば十分であり、たった一度の成功で良いのです。ぜひその一人の彼女ができるまで、頑張ってくださいね。この記事が、あなたの恋愛に役立つ事を願って、終わります。