老け顔は髪型で変えられる?老け顔の7つの原因と6つの改善方法をご紹介!

昔から、同い年の友達と一緒にいると、自分だけ年上に見られる!こんな経験をした事がある人は、意外にいるのではないでしょうか?また、自分の周りの同年齢の人の中であの人はどう見ても、もう少し上に見える!そういった人には共通点があるはずです。老け顔にみられてしまう人の共通点を探ってみましょう!

老け顔と言われてしまう人はどんな人でしょう?

老け顔とは年老いて見える、衰えた感じの顔を意味します。

老け顔と言われてしまう人には、共通点がいくつかあるのではないでしょうか?
若い人や同年代の人にはないものがある、これは老け顔とそうでない人の差だと思います。
見た目が実際の年齢よりも老けて見える、これがいわゆる老け顔と呼ばれる顔ですが、その原因やそうでない人の差を見つけてみたいと思います。

老け顔の原因はこれだった!7つのポイント!

透明感のない、くすんだ暗い顔

目がキラキラしていて透明感のある明るい顔は、若々しくみえますよね。反対に肌がカサカサで、水分も不足しがちな顔はくすんでどんより見え、不健康そうで、老けて見えます。

そして老け顔をさらに助長させてしまうのが、シミやそばかすです。これらは紫外線を浴びていると、誰でも多かれ少なかれ出てしまうのですが、「どれだけスキンケアをきちんとしていたか」によって、将来出てくるシミやそばかすの量には違いが出てきます。

外に出る時に、日焼け止めをせずに肌を無防備な状態にしてきた人や、海に行って日焼けを繰り返してきた人は、将来シミやそばかすが増える可能性があるので要注意です。目立たない程度なら化粧で隠せますが、あまりに多いと化粧では隠し切れなくなります。そして隠そうと厚化粧をすれば、それが返って老け顔に見せてしまうので、悪循環になってしまいます。

ナチュラルメイクにしたのであれば、まずはは肌そのものが健康的でなければできません。紫外線から肌を守り保湿もして、潤いのある明るい肌を目指したいですね!

頬のたるみ

同じ年齢でも、頬がたるんでいると、それだけで老けて見えます。加齢に伴い顔にはシワが増えてきたりたるんでくるものですが、特にそれが目立つ人は、表情筋が衰えているのが原因だそうです。表情筋を鍛えるには、表情筋を鍛える顔体操をしたり、食事では出来るだけ固い物を食べて噛む回数を増やすなどするのが効果的です。

また、乾燥肌も頬のたるみに大きく関係しています。肌にうるおいがないとシワが目立つのと同じように、頬もたるみやすくなります。洗顔用品や化粧品を選ぶ時には、出来るだけ保湿効果の高い商品を選びましょう。

そして、肝心なのは「つけすぎないこと」です。つい、保湿効果を高めようと化粧水などを多く付けそうになりますが、そうすると皮膚の油分と水分の調整が上手くいかなくなり、より乾燥肌にさせてしまうからです。化粧品を使う時には、少量ずつつけることを意識しましょう。

目の下のクマ

目の下のクマには種類があります。目の下のくぼみが原因のクマ、たるみが原因のクマ、血行が悪くて出るクマです。

目の下のくぼみが原因のクマは、目の下の脂肪が膨らんだことが原因で陰ができクマに見える状態です。

たるみが原因のクマはたるみにより、目の下に窪みができそのせいで陰ができ、クマに見える状態です。

血行が悪くて出るクマは、貧血や血行不良などにより血行が悪くなることによって出来るクマです。

クマがあると不健康そうに見え、ハツラツとした若さは感じられませんよね。

目の下のたるみ

目の下のたるみは脂肪のかたまりである事が多いそうです。

目の下のたるみの原因は、老化からくるもの、紫外線によるもの、遺伝的な体質によるものが、考えられるそうです。

原因は同じで、目の下にある脂肪が出てくるため、目の膨らみが形成されます。出てきてしまった目のふくらみには、根本の原因である、出た脂肪を除去しない限り、解消が難しいのだそうです。

シミ

シミは老化でメラニン色素が皮膚内にたまり、それが表面に出てくることでシミになります。
紫外線をたくさん浴びた人は、シミができてしまう可能性が高いそうです。

少し前に、話題になった肝斑(かんぱん)もシミの一種だそうです。
肝斑も、なかなか化粧品やピーリングでは改善が見込めないものなのだそうです。

UV効果の高い商品が、たくさんでていますので、積極的に取り入れたいですね!

シワ

シワは老け顔と見られる大きな原因の一つです。

シワができる原因は老化、紫外線、乾燥によるものと様々です。表情シワは、笑った時などに出るシワで、年齢を重ねるにつれて、小じわになって残るようになります。

乾燥シワは、肌の乾燥でできるシワです。乾燥により角質層がひび割れてシワを作ってしまいます。

日頃のスキンケアと、保湿を徹底して行う事が重要だそうです。紫外線が原因のシワは、コラーゲンなど、肌の深層部までダメージがある可能性があるので、コラーゲンを含んだ化粧品を使うのも有効だそうです。

シワ対策は年齢問わず、紫外線を浴びた時や、乾燥が気になる時などに、日頃から徹底して取り組みたいですね!

ほうれい線

ほうれい線は軽いものであれば、化粧品やマッサージで効果が期待できることもあるそうです。

ほうれい線ができる原因は、顔の皮膚がでたるみ、さらに顔の筋肉が衰えることによってできます。顔の内部と、外部の老化によってできるそうです。

ほうれい線は年齢だけが原因ではないのだそうです。気になる方は、早期の解消法、または予防法に取り組むのが良いとそうです。

言われないと気づかない!?老け顔メイクの原因

ファンデーションの厚塗り

ファンデーションをつい塗りすぎてしまっていることはありませんか?ファンデーションの厚塗りはお肌の色を過剰なまでに人工的で不自然なものにしてしまい、人間らしい肌の姿を消し去ってしまうだけでなく、必死に自分の肌を隠そうとするあまり、厚化粧になっているおばさんのそれと似た雰囲気を作ってしまう恐れがあるのです。

そのため、ファンデーションは適度に塗って、あくまでも自然な肌感を演出することを意識しましょう。

はっきりとした眉

最近の若い人に受けている眉毛のスタイルは自然な形をしていて、やや太い感じの眉毛と言えます。そのため、従来のような角度に沿って細く書かれた眉毛はどこか時代遅れで、していると周りに古臭い印象を与えてしまい、自分の顔を老けさせて見せてしまう恐れがあるのです。

あくまでも眉毛にはあまり手を加えす、自然な形にしておいた方が受けが良いと言えるでしょう。

アイメイクのし過ぎ

アイメイクのしすぎも顔の印象を老け顔にしてしまう恐れがあります。目元の皮膚は年齢とともにくぼみやすく、そこに暗い影ができやすいとされているのですが、その付近をアイメイクによって暗くしすぎると、余計にその皮膚のくぼみからくる影の濃さを高めてしまい、おばさん臭くしてしまうのです。

そのため、アイメイクはできるだけ派手に行わず、本当に強調したいところだけに対して適度に行うようにしましょう。

チークの場所

チークを塗る場所として理想とされているのが笑った際に一番高くきている頬の場所と言われていますが、この場所にチークをしてしまうと、笑っていない普通の表情の時に頬の非常に低い場所にそのチークがきてしまいます。

そして、そのような低い位置につけたチークは頬全体の垂れ下がりを演出してしまい、顔全体の垂れ下がりまで作ってしまうのです。そのため、チークを入れる場所はポイントとして平常時の顔の際の一番高い所らへんが良いと言えるでしょう。

口紅の色

口紅の色もその人を老けて見えさせてしまう要因の一つとして考える必要がありますす。特に、暗い色をした唇はその人を暗い印象にするだけでなく、女性としての色気を消し、その女性が持っている若々しさまでかき消してしまうことがあるのです。

たとえば、ベージュ系、ブラウン系、ボルドー系の色は重みを印象として与える効果があり、老け顔に見られたくなと考えている女性には積極的に使うことはお勧めできません。

口紅はなるべくトーンの明るいものを使ったり、普段使っている口紅にグロスを混ぜて、ややトーンの明るい色にしてみるのもおすすめです。

脱!老け顔!改善する6つの方法はこれ!

マッサージで血行促進して、明るい顔色へ!

顔色が悪く、どんよりした顔だとそれだけで老けて見えますよね。

マッサージによってはターンオーバーを促したり、血行が良くなることが期待できますので、間接的に目の下のクマ、たるみに改善効果が期待できるかもしれません。しかし、目の下の皮膚はとても薄く、デリケートなので、あまり強くマッサージをしすぎると悪化してしまう危険性があります。
たるんでいるからと言って、力を入れてマッサージするのは良くないようです。

基礎化粧品の見直し!

普段使っている基礎化粧品、まだ、アンチエイジング年齢ではないから、どれも変わらないでしょ?と思っている人は多いのではないでしょうか?

シワやたるみが、老け顔の原因ならば、保湿は大切になってきます。
夏はべたつくのがいや、と軽いタイプの基礎化粧を選ぶ人は多いはず、ですがクーラや紫外線に晒される季節だからこそ、しっかりとした保湿が大切になってきます。

目元専用の化粧品などをプラスして、乾燥しやすい目元の徹底した保湿を心がけましょう!
目元専用の化粧品にはローラーが付いていて、優しくマッサージしながら、化粧品の成分を浸透させるものがあります。血行を促す目的も含まれているようなので、化粧品もサプリ同様、マッサージとの補助的に使った方が良いですね。

表情筋を鍛えて、明るい表情を目指しましょう!

老け顔を改善には、表情筋と呼ばれる顔の筋肉を鍛えることが大切なのだそうです。なんと、顔には約60種類もの筋肉があると言われています。ハリのある引き締まったフェイスラインをキープするには顔の筋肉トレーニングが重要なので、鍛え方を覚えておきましょう。

■表情筋トレーニング方法
1.まず、鼻先に全ての顔のパーツを寄せるようにすぼめます。
2.次は、顔を全体に広げていきます。この時、口も大きく開けましょう。
3.目を閉じ、眉間にしわを寄せます。
4.目を閉じたまま眉を上げて顔全体を上に伸ばします。
5.口を大きく開けて「あ、い、う、え、お」の形を作り、口輪筋を鍛えます。
6.頬を上げた状態で口を大きく横に開けます。
7.次は口を縦に広げます。
8.口をすぼめて頬を膨らませます。
9.口を開けた状態で口を縦、横に広げます。
10.口を閉じて、あごを右と左に寄せます。

この1~10のステップを5秒ずつするのを1日3回ほど繰り返してみましょう。表情筋を鍛えると、シワやたるみが減って美肌効果があるだけでなく、口をよく動かすことから噛み合わせがよくなったり、鼻呼吸をしやすくなるため、免疫力が上がることも期待されています。

ヘアスタイルをでチェンジして老け顔から抜け出そう!

ヘアスタイルを変えて、周りから褒められた!逆にイマイチの反応だった!なんて経験は誰にでもありますよね!
それだけ、ヘアスタイルは印象がガラッと変わるものです。老けて見えがちなヘアスタイルや若く見えるヘアスタイルを参考に自分のヘアスタイルを見直してみましょう!

極端なショート、ロングはマイナスな印象。腰まである長い髪や、男性のようなベリーショートは老けた印象を持たせてしまうのだそうです。
顔の輪郭に沿ってレイヤーをいれるなどした方が若い印象になるそうです。丸顔に比べて面長の人は特に老けて見られがち。サイドは丸いシルエットを作るのがおすすめだそうです。おでこは出さずに前髪を作る事も若く見えるのだとか。

ボリュームがなく、ペタンとした髪型は疲れた印象になってしまいます。髪が痩せてきたらストレートパーマや縮毛矯正は、よりボリュームがなく見えてしまうのだそうです。

きれいな黒髪も素敵ですが、黒すぎる髪は暗い印象を与えてしまい、顔に影ができて、肌の質感を強調するそうです。顔のたるみ、くすみ、シワ、クマなど気になる方は明るめのカラーに挑戦すると良いそうです。

キッチリすぎるまとめ髪も、顔のシミ、シワを目立たせてしまうそうです。顔にさらっとかかるくらいの緩いアレンジが若々しく見せるコツだそうです。

ワックスやムースなどの、スタイリング剤のつけすぎも要注意です。昔のツヤがあるディップやワックスをたくさんつけていると清潔感もなく古い印象です。また、スタイリング剤を使うような盛り髪は、自然な感じががしません。華やかなパーティーなどには良いかもしれませんが、日常使いにはあまり良いとは言えないようです。

何年も同じ髪型をしていませんか?楽だからといって、いつも同じ縛り方で髪をまとめている。何年も髪を下した事がないなど、ずっと同じ髪型を続けていると、関心がない印象に。同じ人でも年齢によって似合う髪型は違ってきます。

メイクを変えてマイナス5歳を目指しましょう!

女性は、メイクで印象も見た目も年齢も変わります。最近のものまねメイクなどでもわかるように、目元を少し変えるだけで、別人のようにもなります。メイクを見直して、若く見えるコツを掴みましょう!

自分の顔の欠点を隠そうとすればするほど、メイクは厚塗りになってきてしまうものですよね。しかし、それが老け顔に見られる大きな要因かもしれません。

ファンデーションの使い方

厚く塗る事で、ファンデーションがシワに入り込んで、シワが強調されてしまうのだそうです。特に目元や口元はシワができやすい場所、皮膚がよく動く場所でもあるので、ファンデーションがヨレてシワに入り込みやすく、余計にシワが目立ってしまうのだそうです。

ファンデーションを手にとる前にコンシーラーなどでシミ、シワなどをしっかりカバーすること。部分的に重ね塗りをすることで、全体的にファンデーションの厚塗りを防ぐのだそうです。

眉メイク

眉毛が細すぎると、顔がきつく老けて見えてしまうのだそうです。細い一本線のような眉は不自然です。眉頭は小鼻の脇の延長上から目頭の延長上の間におきます。眉山は、黒目の外側から目じりの間におきます。眉尻は、小鼻の脇と目じりをつなぐ線の延長上におくのが理想だそうです。この時に、眉頭をハッキリ書きすぎない事がポイントだそうです。

アイメイク

目元の欠点を隠そうとして、ついアイメイクに気合いを入れすぎてしまうのは危険!濃いメイクは時間が経つにつれてよれて、化粧崩れが目立ちやすいものです。何年も同じメイクをしていると、時代遅れを感じさせ、老けて見えることがあります。

ナチュラルメイクが基本!老け顔に見られてしまう人は、くすみを隠すようなナチュラルカラーをのせると良い感じになるそうです。肌になじみやすいピンクベージュ系などを使うと、くすみを払ってくれる効果があるようです。アイカラーでまぶたのくすみを飛ばしてあげ、目の下のクマは、コンシーラーやハイライター使ってカバーするのがお勧めのようです。目元が明るくなると、顔全体の印象も変わってきます。

チーク使い

自然な血色が出せるのは、コーラルピンクやオレンジ系のピンクが健康的で明るいイメージに仕上がるそうです。丸くにチークを入れると、顔のたるみが目立ってしまいます。楕円形のような形にすると、リフトアップ効果が期待できます。無表情でチーク入れると顔の重心が下がってしまうので、笑った時に盛り上がる頬骨を出して、にっこり笑顔で塗るのが良いみたいです。

ブラシへ均一にチークをとり、余分な粉をティッシュなどに1度オフする。笑顔をつくり、頬骨の一番高い部分に、顔のカーブに沿ってこめかみの方向にブラシをサッと流します。指2本分を目安に止めます。スタートした方向へもう1度ながします。

リップメイク
初めに、1度コンシーラーでくすみがちな唇の色をカバーします。リップクリーム(保護用)を塗った後、指にコンシーラーを少量とり、軽く叩くようにコンシーラーを馴染ませます。コンシーラーの乗せ過ぎは唇が荒れてしまったり、口紅がうまく塗れなくなってしまう原因になりますので、少量をしっかりと伸ばす事が大切です。

老けて見えやすい口紅のカラーは、ベージュ、ブラウン、ボルドー系のローズだそうです。
若く見える口紅のカラーは、ベージュピンクです。日本人の肌に合う、失敗の少ないカラーです。ピンクの発色があまり良くないとヌーディ―ベージュに近い色になり血色が悪く見えてしまうので注意が必要です。

明るい色味の赤もお勧めだそうです。赤い口紅は血色を良く見せてくれる効果があるそうです。赤が派手すぎて抵抗がある方は明るい赤のグロスもお勧めだそうです。グロスですと、それほで、カラーが強く出すぎず、ツヤもプラスできるそうです。

生活習慣の見直しで老け顔も改善できる!

老け顔だからこそのファッションがあります!

大人っぽいファッションが自然に見える

同年代の人が着たら、背伸びをしている、大人っぽくしようとしているが無理がある、といったファッションでも、自然と着こなせるのではないでしょうか?老け顔の印象の中に、落ち着いて見える、しっかりして見える、といった意見もあるようです。自分には似合わない、派手で、幼い印象の服を着るよりも、ナチュラルで自分に合った服を着ている方が、違和感がなく素敵に見えるはずです。

幼くなりすぎないメリットがある!

メイクはやり方ひとつでその人の印象をガラリと変えます。タレントの方でも、いつもは大人っぽく見える方でも、ナチュラルメイクに変えたりすると、いつもより幼く見える事もありますよね。ナチュラルメイクは、幼く見えてしまう可能性もありますが、老け顔の人がそう言ったメイクをしても、極端に幼くなる事はなく、むしろ柔らかい印象、優しい印象になると言われています。

例えば、目の横幅を伸ばして、たれ目に見えるようにすると、通常は少し、幼い印象になります。しかし老け顔の人がこのメイクをすれば、幼くなりすぎる事はなく、優しい女性らしさが引き立つようになるのです。

アイメイクひとつで、大人っぽく見えるか若く見えるかが大きく左右されます。ぜひ、いつもよりも可愛らしく見えるアイメイクをマスターしましょう!

■アイメイクのやり方
1.上まぶたは、アイライナーをいつもよりも少し長めに、斜め下に引いて横幅を長く見せます。
2.マスカラを付ける時は、気持ち目尻にマスカラを多く付けてたれ目を作ります。まつ毛が短い場合は目尻を強調するように付けまつ毛を使いましょう。1/3を目尻にし、のりを外側につけ、10秒ほど抑えると上手く付きます。

前髪のあるヘアスタイルをしても幼くならない!

ここ最近、流行の前髪のあるヘアスタイルが流行っていますが、童顔の人がすると幼くなりすぎてしまうことがあるそうです。特に丸顔で童顔の人がぱっつん前髪などをしてみると、幼さが倍増するだけでなく、丸顔もより目立つようになってしまいます。なので、前髪は老け顔と言われて人が作った方が、実年齢に近づけるので得する髪型です。老け顔で前髪が長い人や、分けている人は切ってみると印象がガラリと変えてみましょう。

特に、顔型の中では面長の人は老け顔に見えてしまいます。余計な肉が顔についていないぶん、よく言えば落ち着いた雰囲気に見えるのですが、自分の面長が嫌という場合は、前髪を作って丸みのあるラインにカットしてもらうと可愛らしくなれますよ。

あとは、おでこが狭い人も前髪を伸ばしてアップスタイルにするよりは、前髪を作った方がいいそうです。前髪はぱっつんや斜め分けにすると、可愛らしい印象になるそうです。

前髪を切ると、伸びかけが厄介なのですが、目にかかる長さまで伸ばしてしまうと余計に老けたり、暗い印象になってしまうそうなので、定期的にカットしにいくようにしましょう。

老け顔に見える男性の特徴

無表情

無表情な顔はその人をどこかおじさんらしく感じさせてしまう要因になります。無表情は年を取るごとに物事に対して無関心になっていったその人の心の老化を具体的に表してしまうサインでもあり、その人の顔を年寄り臭い印象にしてしまうのです。逆に表情にいつも動きのある男性は何歳になっても若く見えてしまうのです。

老け顔と思われないためにも表情は大切にする必要があるようですね。

白髪の手入れがされていない

白髪が黒い髪に混ざってぽつぽつと見えている男性は実年齢よりも老けて見えてしまいます。理由は簡単で、白髪がおじさんのトレードマークであるからです。そんなトレードマークが見え隠れしているような髪型はやはりその人をおじさん臭くしてしまうのです。

白髪が気になる人は、白髪染めをしたり、いっそのこと明るい色にカラーリングしてみるのもいいでしょう。

薄毛

薄毛はその人を最も老けて見えさせてしまう要素の一つと言えます。どんなに童顔であってもその人が薄毛なら、その人は確実に老けてみえてしまうのです。薄毛も白髪同様、おじさんらしさを強力に演出するトレードマークであるのです。

老けて見られたくないと思っていて薄毛の人は潔く坊主にするかスキンヘッドにすることをおすすめします。このような髪型はその人に清潔感と若々しさを与えてくれるのです。薄毛を必死に隠そうとしている姿ほどその人をみじめにさせ、そしておじさん臭くみせるものはありません。

青髭

頬の青髭も要注意です。頬の青髭はその人の肌を血行の悪そうな不健康な肌に見せてしまい、痩せて正気のない中年男性のイメージを作ってしまう要素になってしまうのです。

このような青髭の解消ポイントとしておすすめなのがそのひげが濃い部分を生やしてみることです。ひげとして堂々と生やしていれば、青髭になることもなく、またその人を不健康で弱弱しい姿から威厳のある頼もしい姿に変えてくれる期待ができます。

ひげを生やしたくないという人は、青髭の部分に少しファンデーションを塗ってごまかしたり、脱毛をしてみるのもいいでしょう。

血色の悪い唇

血色の悪い唇も青髭同様にその人を不健康な姿に見せ、その人から若々しい活力をイメージとして奪ってしまうのです。

そのため、唇という箇所に対してもしっかりと気を払う必要があります。対策としてはリップクリームで潤いを付けて唇の保湿を保ったり、普段からビタミンのあるものを積極的に食べて肌の調子を整えていくことが効果的と言えます。

番外編:写真一枚で未来の自分がわかる!?老け顔アプリ

Make Me Old : Photo editing and effects to look older
1200x630bf
Make Me Old : Photo editing and effects to look olderを App Store で
itunes.apple.com
自分の老化した姿を想像して、それに対して現実激な恐怖を持つのも、老け顔に対して様々な対策を取り組む上での強いモチベーションになるでしょう。

そんな自分の老けた姿を簡単に確認する方法があります。それは自分の将来の顔をイメージとしてはっきりと画像として表してくれるアプリを使えばいいのです。

ここで紹介するMake Me Oldは自分の将来の老けた姿を簡単に作りだし、はっきりと提示してくれます。

50年後の自分の姿をこのアプリで確認してみるのはどうでしょうか?

老け顔の原因と改善を知って

老け顔の原因と改善方法を見てきました。人の印象は決して外見だけからくる訳ではなく、内面からくる事も大きいと思います。ネガティブな考えや、こうなりたいという向上心などからも、表情は変わってくると思います。老け顔の原因が解ったところで、その改善策に取り組んでみる事で少しずつ変わっていくように思います。自分らしさを大切に無理をしない事も、明るい表情に繋がるのではないでしょか!