後ろからハグしてくる男性心理とハグの意味

後ろからハグにあこがれる女性は少なくありません。ドキドキのシチュエーションで、恋人ができたら一度はしてほしいと思うものでしょう。それでは、どうして後ろからハグがこれほどドキドキするのでしょうか。また男性はどのような理由で後ろからハグをするのでしょうか。後ろからハグについて詳しくまとめました。

大好き!後ろからハグする男性の心理とは?

後ろからハグされて嬉しい女性は少なくありません。正面から抱きしめられるのも良いけれど、後ろからハグされると安心感があるものです。

それでは、男性はどのような心理の時に後ろからハグするのでしょうか。どのような雰囲気になったら後ろからハグしてもらうことができるのでしょうか。女性の好きな「後ろからハグ」について詳しく見てみることにしましょう。

後ろからハグにはどんな意味があるの?

大好きな証拠!愛情の高まりの意味

バックハグともいわれる後ろからハグは、女性にとって胸キュンの瞬間です。この後ろからハグの意味しているものは何でしょうか。まず、後ろからハグが示しているのは愛情です。「可愛いなぁ」「好きだ」と感じた瞬間に、その愛おしさを表現するためにするのが後ろからハグなのです。

大好きだと思っている相手じゃないと、後ろからハグはできません。付き合っている彼女に対する愛おしさが高まった瞬間に出るものだと考えて間違いないのではないでしょうか。

信頼している証拠!

後ろからハグには、愛情表現だけではなく友達以上の関係の意味でもあります。ただの友達に対して後ろからハグはしません。ですが、信頼関係があるのなら後ろからハグもできるでしょう。仲の良い友達に後ろから抱き着かれるようなことがあったら、それは信頼の証拠です。特に、同性同士だとその傾向が強いのではないでしょうか。友人に対する甘えのようなものだと考えてください。

ただし、お互いが恋愛対象だと分かっている中での友人同士の後ろからハグは、少し違う意味があるかもしれません。それは、単なる信頼ではなく、「これ以上の関係になりたい」という意味が込められている可能性があるのです。恋愛対象にはならない異性から抱きしめられたら、少し警戒しておいた方が良いかもしれませんね。

後ろからハグをする男性心理5選

1、愛情表現をしたいから

男性が相手を愛おしいと思ったときには相手に対する愛情表現をしたくなります。その一つの方法として後ろからハグをするのです。愛情表現には様々な方法がありますが、いきなりキスをするのは難しいものです。抱きしめるのなら簡単に、あまり嫌がられることなく愛情表現を受け入れてくれそうですよね。

つまり、バックハグは性欲が裏にあるわけではなく、ただ愛おしいという気持ちが大きくなったことの表れなのです。最近では「壁ドン」「顎クイ」と共に「バックハグ」も女性が大好きな仕草だと有名になってきました。女性にとって後ろからハグは胸キュンだと知っていれば、よけいに愛情表現として後ろからハグをするという人もいるのではないでしょうか。

2、守りたい気持ちがあるから

後ろからハグは相手を包み込むようにして抱きしめることになります。それはハグされている女性にとっては守られているという実感があるものです。背中は人間にとっては死角に当たります。その死角に当たる部分を抱きしめて腕の中に入れると言うのは、相手を守りたいと言う気持ちがあるからでしょう。

相手を包み込むことによって、男性の包容力がアピールされることになります。彼女が不安そうにしているときなどは「守っている」ということを言葉にはせずに伝えることができるのが後ろからハグです。実際に後ろからハグされることで「守られている」という実感があるのなら、それは男性側の伝えたい感情だと言うことなのかもしれません。

3、彼女を独占したいから

後ろからハグをすると、彼女との間に隙間がなくなります。それは誰かに見せつけるという面ではとても有効な手段でしょう。彼女に気づかれないように、後ろからほかの男性に睨みをきかせることもできます。また、彼女が背中を預けてくれているという優越感を感じることもできます。

もし、人の多いところで後ろからハグされたのなら、それは彼女を独占したいという気持ちの表れでしょう。こんなところで恥ずかしい、と思わずに受け入れてあげると喜ぶのではないでしょうか。

4、驚かせたい時に有効だから

人は自分の背後を見ることができません。そのため、後ろから近づかれると驚くものなのです。いきなり後ろからハグされると、ハグされることに対して何の構えもなかったために彼女は驚きます。男性は、この女性の可愛い驚きを見たいがために後ろからハグをすることがあるのです。

悪戯好きの男性なら、予告もなしに近づいて後ろからハグを思いつく人は少なくないでしょう。ただし、一度彼女を驚かせたときに予想以上に彼女が驚いて悲鳴を上げてしまい、それ以来しなくなったということもあるようです。本当に気づかずに悲鳴を上げてしまったのなら仕方ありません。ですが、もし近づいてきているのが分かったら、適当に驚いて見せてあげると喜ぶかもしれません。

5、後ろからの方がしやすいから

後ろからハグをするときには顔が見えません。だからこそ、抱きしめやすいという特徴があります。特に、付き合ってすぐのころには顔を見て抱きしめるのは恥ずかしいという男性も多いはず。そんな男性でも彼女を抱きしめやすい体勢が後ろからハグなのです。

付き合ってすぐのころに後ろからハグされたら、それは相手が恥ずかしがっている証拠でしょう。慣れてくれば次第に後ろからハグの回数が減ってしまう可能性があります。お付き合いに慣れてきたのは良いけれど、バックハグがなくなって寂しいということもあるのではないでしょうか。そんなときには、後ろからハグが好きなことを相手に伝えてみればよいと思います。

おまけ:女性からもしてあげると実は有効

後ろからのハグは男性ばかりがするものではありません。男性も女性に後ろからハグされると、女性と同じように相手からの愛情や安心を感じるものなのです。彼女に「後ろからハグ」の形で愛情表現されて嫌な男性はいません。

相手に抱き着きたいと思ったときには、時折、後ろからハグしてみると良いのではないでしょうか。相手に愛情表現をする意味ではとても有効です。特に女性の後ろからハグには母性のようなものを感じて安心感があるという男性は少なくありません。相手が何か不安で弱気になっているときには、後ろからハグをしてあげる有効です。