「合コンとはどういったものなのか良く分からないという合コン初心者さんは、ついつい飲み会と同じノリで参加をしてしまい、後で自分の言動を後悔してしまうこともありますよね。そんな特殊な場だからこそ、これを機に普段の飲み会との違いときっちり抑えちゃいましょう!

そもそも合コンとは何の略?

f:id:ffgai:20170130002633j:plain

合コンという言葉を聞いた人の中には、「そもそも合コンってなんの略?」と気になってしまう方もいるのではないでしょうか。合コンは合同コンパニー(company)の略だと言われています。この場合の「company」は親交や友達と言った意味が含まれています。 そうした名称のとおり、合コンは普通友達から誘いを受ける場合が多いもの。なので、友人関係が希薄だったり、そうしたアクティブな友達がいない方は合コンに参加する機会をなかなかもてないこともあります。 また、合コンは飲み会とは様々なことが違っています。なので、普段の飲み会のノリで参加をすると周りの空気をしらけさせてしまったり、合コン後に自己嫌悪に陥ってしまう可能性もあります。

合コンと飲み会の違いとは?

では、合コンと飲み会は具体的にはどんなことが違っているのでしょうか。今回はそんな飲み会との違いをこれから詳しくご説明していきたいと思います。ぜひ、合コン初心者の方は頭の中にしっかりと合コンというものをたたき込んじゃいましょう!

1.下心がある

合コンは恋愛を求めている男女が参加するものです。なので、男女共に下心を抱えています。男性は1夜限りの相手を探すときもありますし、女性は経済面が豊かな方を探しにくる場合もあります。なので、相手を見るときの視線も厳しくなり、少しでもNGな行動をしてしまうと「この人はないわ」と思われて、恋愛対象外に思われてしまうので注意しましょうね! また下心があるからといって、露骨に下ネタなどを出したり肉食系でグイグイ攻めすぎるのも避けましょう。こうした男性の態度を見てしまうと「必死すぎてかっこわるい」と思われたり、「チャラそう」と感じられて避けられてしまうこともあります。

2.男女比が同じ

合コンは恋愛ありきな場なので、飲み会とは違って男女比が同じであることがおおいもの。普通、人数としては「男:女」=「3:3」「4:4」「5:5」が一般的です。しかし、ドタキャンなどが入ってたまに男女比が崩れてしまうケースもあります。こうなると、2ショットタイムのときなどに余ってしまう人が出るので気を配るのが大切。 もし余ってしまった女性がいる場合は、その女性へ積極的に話しかけるなどの配慮が必要になってきます。そうした行動をしていれば、その女性だけでなく周りの女性からの好感度もUP!「他人にちゃんと気を使える人なんだ」と思われて、素敵な男性だと感じてもらえます。

3.会話力が問われる

飲み会の場合は話題がなくても、自分一人でお酒を楽しんでいればOKですよね。しかし、合コンの場合はそうはいきません。合コンはあくまでも、お酒を楽しむ場ではなくてお酒の力を借りて出会いを楽しむ場なのです。だからこそ、周りや女性陣を楽しませられる会話力が必要になってきます。 しかし、だからといって自己紹介などのまだ場が温まっていないときにギャグを披露したり、笑いを足すのはNG。初対面同士なのでどう反応していいのか女性陣も困ってしまいます。なので、いきなりそういったネタ要素をぶっこまずに、まずは「休日なにしているの」や「お仕事はなにしてるの」など相手に関することを聞いて会話を楽しみましょう。

4.友達の輪が広がる

いつもの飲み会だと知っているメンバーでしっぽりと飲み明かすというパターンが多いものです。しかし、合コンは相手側が連れてくる子たちとは初対面なので、知らない人とも仲良くなれるチャンスにもなります。もし恋愛対象にならなくても、その先よい友人関係を築いていける場合も中にはあります。 こうした場をきっかけに友達を増やしていけば、人脈も広くなります。そして人脈を増やすことは自分が成長するきっかけにも繋がります。なので、もっと交友関係を広くしたいと思っている方にとっても合コンというのはおすすめのイベントなのです。

5.時にはお持ち帰りも可能!

飲み会だとそのあと2次会があったり、カラオケに行ったりという流れになるのが一般的ですよね。しかし、合コンの場合はそこまで多い確率ではありませんが、酔った勢いでお目当ての子をお持ち帰りできちゃうこともあります! ただしその際は酔っているとは言え、きっちりと避妊をするなどの配慮をしましょう。また、そうした関係を持ってしまった後は2人とも曖昧な関係が続いてしまいがちで、時には女性側が「私って彼からしたらどんな存在なんだろう」と心を病んでしまうこともあります。 こうした辛い思いをさせないためにも、体の関係を持ってしまった後は今後の2人の関係をはっきりとさせておくことが大切です。

合コンと飲み会は目的の違いで区別される

合コンの場合は恋人GETが目的

合コンの場合は、彼氏彼女がいないフリーの人たちが開催することがほとんどです。そんな場だからこそ、参加する人の目的も「恋人を作ること」である場合が多いもの。なので、出会いがなかったり、普段自分をうまくアピールできないという方にとっては一大イベントでもあります。お互いにそうした気持ちを持っているので、恋愛関係に発展しやすいのも合コンならでは。飲み会とは違って、いくら面白い人でも誠実さが見えないと人気を獲得することができないという難しさもあります。

飲み会の場合は楽しむことが第一!

飲み会は出会いを求めるよりも、純粋に楽しみたいという気持ちが大きいのが特徴。最近なんだか楽しいことがない……と感じたり、パーっと盛り上がりたいというときに開催されるのが飲み会です。あくまでも、楽しむことが目的ですが、気心知れた中で飲めるので特別な会話術がいらないのは、飲み会のいいところ。自分の好きなペースで飲んで、好きな人と話せるというように合コンよりも自由度が高いのも飲み会ならではです。

合コンと飲み会では集まる人にも違いが……!

合コンの場合は初対面もあり

集まる人によっても、合コンと飲み会では差があります。まず、合コンは下心ありきな場なので自分好みの異性と出逢うことが大切。昔から知っていたり、気心が知れている相手にはなかなか恋愛感情が抱けないものですよね。だからこそ、初対面な人が多くなる傾向があります。初対面の相手には、誰だって興味を抱くもの。「○○さんってどんなことが好きなんだろう」とか「○○さんって普段なにしているんだろう」といった疑問は気心知れていると既に知っているので興味が湧きませんよね。 なので、自分好みの異性を見つけるためにもあえて初対面の相手と向き合って、好きになれる人を探すのも合コンならではの醍醐味なんです。

飲み会の場合は親しい人同士

対して、飲み会の方は交友関係を広げたり深めたりと、下心がないことが前提で開催されるので、集まる人も昔からの知人に友達である場合がほとんどです。中には、同じ趣味を持つ仲間や同じ仕事を任されている人どうしてじっくり話会いながら飲み明かすときもあります。さらに、集まる人同士がさらに絆を深められるのも飲み会ならでは。 また、「○○さんの本音が知りたい」というときはお酒の席に頼って裸の心をさらけ出すこともあります。このように、飲み会は既に知っている人との繋がりをもっと強くしてくれる集まりなんです。

飲み会とは違うからこそ|合コンで気を付けるポイント3選

1.第一印象を大切にしよう

初対面の人同士が集まる合コンでは、飲み会と違って第一印象がとても大切です。気心が知れた飲み会では、ちょっぴりラフな服装をしていても普段がお洒落なら「○○くん、今日は珍しいな」で終わるものですが、合コンはその場が勝負。だからこそ、野暮ったい服装をしていたり、身だしなみが綺麗に整っていないと「○○くんって普段からこんな感じなんだろうな」とあらぬ誤解をされてしまうんです。 そんな誤解を与えないようにするためにも、合コンをしっかり楽しみたいのなら第一印象を操作して自分を魅力的な人物に見せる努力をしましょう。服装はもちろんですが、笑顔で女性に話すなどの些細な努力が恋のチャンスを引き寄せてくれることもあります。

2.女子ウケするネタを仕入れておこう

気心が知れている仲間と楽しむ飲み会は、男同士で語明かすのもありですが合コンではそういうわけにはいきません。一緒に参加する友達だって「彼女をつくりたい!」というのが一番の目的なはず。なので、男同士で話そうとしてもうまくいかなかったり、「空気を読んでほしい」と思われてしまうこともあるので要注意。 合コンをきちんと楽しむためには女子ウケする話題を仕入れておくようにしましょう。例えばできたばかりのおすすめスポットやお洒落なカフェなど、他の男性がなかなか気にしないような情報を知っていると「○○くんって本当に素敵な人だな」と思われ、周りの男性とも差をつけれちゃいますよ。

3.終わった後は必ず連絡をしよう

自由に楽しむ飲み会は終わった後は連絡をするのもしないのも自由ですよね。しかし、合コンの場合はそうはいきません。合コン後の連絡は女性陣にとっては、今日の自分たちはどうだったのかをはっきりさせられるもの。また、今後のお互いの関係を左右する大事なものでもあります。そんな思いで男性からの連絡を持っているからこそ、お目当ての人についうっかり連絡するのを忘れてしまうと「私じゃダメなんだろうな」と思われてしまい、せっかくの恋のチャンスを逃してしまうこともあるんです。 また、連絡をするときはお目当ての子だけでなく、参加した女の子全員にメールやLINEを送るのがマナー。女同士は合コン後も「○○くんから連絡きたよ!」という情報交換をしていることが多いので、コピペメールで印象を下げないようにしましょうね。

目的とする、「コンパ」の本当の意味とは?

やっぱり、「出会いの場」であること!

さて、「合コンで気を付けるポイント」について、一通り学んだところで、もう一歩踏み込んでみましょう! やっぱり、「出会いの場」をもとめているからこそ、「合コン」に人が集まるのです! だったら、皆さんが、本当に知りたいのは(本音は)その合コンを本当の意味で「成功させるためのテクニック」ではないですか? そんな「テクニック」的な側面から、改めて「合コン」について、掘り下げて一緒に考えてみましょう! 

1.幹事など極力、積極的な立場で「合コン」に携わろう!

まずは、意気込みも兼ねて積極的に幹事かそれに近い仕事をしましょう! これにより、相手方(女性)の代表者とも多数、打ち合わせなどを経て仲良くなれる可能性が倍増します! そう、あなたにとって、その「合コン」が成功するかは、実際に皆が初めて顔を合わせる実際の「合コン」が始まる前からスタートしているのです! たとえば、幹事が無理でも、自称「副幹事」位ののりで、積極的にイベントの裏方作業にも参加しましょう! 当日も女性陣はそんなあなたの裏方としての行動にきっと気づいてくれます。そして株が上がることは間違いありません! もちろん、当日もしゃしゃり出るのではなく、全体のまとめ的な、特に女性陣全体を盛り上げるような、リーダシップをとることをお勧めします。

2.まずは場を盛り上げることに徹しよう!

次に大切なのは、やはり「当日の場を盛り上げる」ことです。相手の女性陣に対して「あ~楽しい人たちね。だったら、また同じメンバーでまた会ってもいいかも・・・」と言った感じになるかもしれません。なにしろ、その場が全然盛り上がらなければ、女性陣の気持ちをつかむのは難しくなってきます。始まって早々にターゲットを絞ったのか、いきなり一人の女性(男性も!)にしか話しかけなくなる人がいますが、男性陣だけでなく、女性陣もあまりいい気はしないはず。周りの人に気遣いの全くできない、自分勝手な人だと判断されても、おかしくありません。注意しましょう! 

3.話題に取り残されている女性を救おう

一つの会話でみんなが盛り上がっている時、なんとなく、その話題に取り残されてしまう・・・そんな女性も時にいることがあります。とにかく、第一印象で自分が気に入った子だけでなく、女性陣全員を、じろじろではなく、さりげなく、でも、注意深く見ましょう! そして作り笑いをしていたり、つまらない顔をしている人がいることに気が付いたら、さりげなく声をかけてあげましょう。「今日は疲れてる?」「つまらない? 大丈夫? 」これだけでも随分違うハズ。女性は自分だけ特別扱いしてくれる男性が大好きです。意識的に周りを常に見渡して、気遣いができるよう、合コン以外でも、普段から訓練するのもいいかもしれませんね。

4.優柔不断だと思わせない!

食べ物や飲み物を決めるのにまごついたりするのは、言語同断です。判断がのろい男性は女性から見てかなり幻滅することのようです。逆に注文を任された場合、あまり気遣いしすぎないで、「これ食べられる?」と一言聞いてあげれば、十分でしょう。

5.話が下手でも気にしない!

これは、結構重要かもしれません。だからと言って、合コンで女性に話かけないというのは言語道断です。でも逆にあまり男性で会話が上手だと、口説き上手に違いないと女性にレッテルを張られ、警戒心を抱かせることにもなりかねません。それよりも、むしろ、話べたでも一生懸命自分のことを話そうとしている人や、逆に女性の話を相槌をうつだけではなく、熱心に聞いてくれる人の方が好感度は上がるはずです。口下手な人にはかなりハードルが高いかも知れませんが、自分を成長させるためと言い聞かせ、頑張ってみましょう!そのうちに結果はきっと出てくるはずです!

合コンに誘われたいアピールも大切

こうした魅力いっぱいの合コンに誘われるためには、周りに「合コンに行きたいアピール」をしておくのがおすすめです。 あなたを誘いたいなと思っていても、「いきなり合コンに誘うなんて迷惑かもしれない」と相手が思ってしまったり、彼女関係がどうなっているのか分からないというときはなかなか誘いずらいものです。 なので、こうした出会いの場が欲しい時は自分から「彼女がいなくて出会いがほしい」というアピールを周りにしておくのも◎ 直球で「合コンとかあったら呼んで」と声をかけておくのもおすすめです。 ぜひこれを参考に飲み会のノリとの違いをしっかりとマスターして、運命的な出会いを果たせる場を創ってみましょうね!