【かっこよくなる方法】中学生・高校生から女性まで8つの方法まとめました!

かっこよくなりたい!それは永遠の願いですよね?実は男性のみならず、女性でもかっこよくなりたいと願っている人は多いのです。こちらでは、中学生男子や高校生男子、女性、そしてカッコイイ性格になる方法を合計8つまとめました。かっこよくなる方法をお探しの方は、どうぞごらんください!

かっこよくなりたい!

男性なら、だれもが“かっこよくなりたい”と思っていることでしょう。女の子にだってモテたいし、皆から慕われたい。もちろん男性だけでなく、女性でもかっこよくなりたいと思っている人はいるのです。男女共にモテる人は、やっぱりカッコイイ人なのです。

そこで、こちらではかっこよくなる方法をご紹介いたします。まず、中学生男子がかっこよくなる方法に始まって、高校生男子がかっこよくなる方法、女性がかっこよくなる方法、性格がかっこよくなる方法を一挙大公開!かっこよくなる方法を知りたい方は、どうぞごらんください!

かっこよくなる方法:中学生なら?

では、まずかっこよくなる方法中学生男子編をご紹介いたします。小学校を卒業し、男子は男らしく、女子は女性らしくなるこの時期に、今までとはちょっと違ったアプローチができると、かっこいい!と思ってもらえるかもしれませんね。

まずはスポーツを極めよう!

中学生の女子が、男子のことをカッコイイ!と思う瞬間No.1は、やっぱりスポーツをしている姿を見た時ではないでしょうか?中学生になると、小学校時代にはなかったクラブ活動が始まります。もちろん文化部もいいのですが、もしスポーツでかっこよくなることに興味があるなら、運動部に所属してみましょう。

インテリタイプもモテるにはモテるのですが、相手が中学生女子だとしたら、やや渋好みといえるでしょう。やっぱりわかりやすく、スポーツが得意な子が好き♪という女子が多いはずです。スポーツでかっこよくなる方法としては、
1.花形の部活に入ること。
2.得意なスポーツの部活に入ること。
3.部内で一番になれそうな部活に入ること。

という3つの選択肢がありますが、せっかく花形の部活であるサッカー部に入ったはいいけれど、部員が多すぎてレギュラーになれず、万年ボール拾いだったり、部内で一番の選手になったけれど、マイナースポーツ過ぎて全く注目が集まらない、ということもあるでしょう。

これはその学校や、個人の能力によって差があるので、自分でじっくりと考えてみましょう。普段からスポーツをしていると、体育祭でも活躍できますし、制服や体操服以外の、ジャージで校内をうろつく姿を見て女子はギャップ萌えすることもあるでしょう。

中学生男子がかっこよくなる方法として、運動部に入ることをおすすめします。

どんどん女子に話しかけよう!

かっこよくなる方法を知りたい、ということはモテたいということでもあるはずです。そこで、こちらでは中学生がかっこよくなる方法、すなわちモテる方法をご紹介いたします。それは、恥ずかしがらずに女子にどんどん話しかけることです。

数年前を思い出してください。小学校中学年くらいまでは、男女の隔たり無く話していたと思いませんか?それが年齢が上がるにつれて、異性と話すのが恥ずかしくなり、次第に話さなくなったという人も多いはず。そこを逆手にとって、女子に気軽に話しかけることができるキャラになるのです。

もちろん、女子と話もしないクールな男子がモテる場合もありますが、このタイプでモテようとするならば、顔がカッコイイことが大前提です。残念ながらそうではないのなら、女子と気軽に話せる系カッコイイ男子をめざしましょう。

このあたりの年齢ならば、女子の方が精神的にははるかに大人です。よっぽど嫌いな男子でもなければ、話しかければ、仲良く話してくれるはず。女子と話す男子はそう多くないので、きっと人気者になってモテるはずですよ!中学生男子がかっこよくなる方法は、恥ずかしがらずどんどん女子に話しかけることです。

外見に気を付けるなら、服よりもまず肌と髪型

中学生になると、小学校時代よりも外見にこだわりがでてくることもあるでしょう。今までは、お母さんが買ってきてくれた服を、何の疑問も持たずに着ていたけれど、こっちの方がカッコイイ、これはダサいなど自分なりのこだわりが出てくるはずです。

でも、もし中学生が外見に気を付けるなら、気にしたい順序があります。それは、肌・髪型、その後に服装です。なぜならば、中学生になるとほとんどの時間を制服、体操服、部活動のジャージで過ごすことになるでしょう。もちろん休日に街でばったり出会う事もあるでしょうし、私服を見られることがないとはいいません。

でも、かっこよくなる方法としての順序としては、服装よりもまずは良く見られるお肌と髪型に気を付けましょう。男性ホルモンが活発になり、ニキビがたくさんできるころでもあります。もしニキビができているのなら、家族に相談して早めの対策を。

髪型は、部活で指導されることもあり、自由にならないかもしれませんが、小学校時代のままではなく、美容室で相談して似合う髪型を見つけるのもいいですね。その髪型が似合っていれば、今までとちょっと変えるだけでも、女子の目にはかっこよく映るものなのです。

かっこよくなる方法:高校生なら?

女子に対して“優しさ”を表現する

中学生に引き続き、高校生男子のかっこよくなる方法をご紹介いたします。スポーツを極める、女子に話しかける、お肌と髪型に気を遣うなど、中学生男子と被る部分ももちろんありますが、高校生になるともう一点プラスしてほしいことがあります。そのあたりをご紹介しましょう。

中学生からさらにプラスしてほしい内容は、高校生男子がかっこよくなる方法として、女子に対して優しさを見せるという事があげられるでしょう。中学生時代は男女どちらもまだまだ子供という印象がぬぐえませんが、高校に入ると大人の一歩手前です。高校3年生ともなれば18歳!もう立派な男性だと思いませんか?

中学生男子が、積極的に女子に話しかけるということがかっこよくなる方法だとすれば、高校生男子はそれだけでは足りません。女子を女性として捉え、助けてあげたり守ってあげるような認識を持っていることが大切です。

よく冗談だとしても、女子を軽く蹴ったり叩いたりする男子がいますが、そんなことではかっこいい男子とは言えません。高校生ともなると、女性に対してジェントルマンでなければいけないのです。重たいものを持っていれば手伝ってあげる、困っていたら助けてあげるという優しさが必要なのです。

高校生男子がかっこよくなる方法は、女性を助けてあげるのは男性として当然と認識して行動することなのです。

かっこよくなる方法:女性なら?

女性の中にも“かっこよくなりたい”と思っている人は少なくありません。外見やキャラクター的に、いかにもという女子っぽい感じや、可愛らしい感じが似合わない、という方もかっこよくなる方法を探しているでしょう。こちらでは、女性がかっこよくなる方法をご紹介いたします。

外見を味方につける

女性がかっこよくなる方法を考えた時、一番わかりやすくかっこよくなるのはやはり外見を変えることではないでしょうか?こちらでは、カッコイイ女性の外見をチェックしてみましょう。

まずは髪型ですが、ショートカットにするとわかりやすくかっこよくなれるでしょう。もちろんロングでも構いませんが、その場合は見た目がカッコイイというよりも、内面が姉御肌であったり、クールである印象になります。ショートカットでパンツにハイヒールをきれいに履きこなす女性はかっこよく見えるものです。

次に体型です。これは女性がかっこよくなる方法としては欠かせないポイントかもしれません。女性はもともとふっくらとした、丸みのある肉付きになっています。それはそれで、優しややかわいらしさを表現できるのですが、カッコイイ女性はスリムであることが多いようです。

決してガリガリに痩せているという事ではなく、程よく筋肉がつき、引き締まった体の女性がかっこいい女性の条件ではないでしょうか?カッコイイ女性有名人などを思い浮かべてみても、ぽっちゃりした人はあまり思い浮かびませんよね?みんなスポーツができそうで、すらっとしていませんか?

最後に姿勢です。カッコイイ女性は、天井から糸で吊られているかのように、背筋がスッと伸びています。決して、背中が丸まっていたり、首が前に出て下から見上げるような姿勢ではありません。座っているときも、足を揃えて、背筋が伸びており、だらしない印象を与えません。

精神的にも経済的にも自律している

カッコイイ女性は、精神的にも経済的にも自立しているものです。例えば結婚をするにしても、「働きたくないから誰かに食べさせてもらおう」などという考えはつゆほどもありません。もちろん他の女性も、全面的にはそのような考えではないかもしれませんが、ほんの少しくらいはそんな考えが頭をかすめたこともあるでしょう。

助け合うという考えはあっても、誰かに依存したり、頼ったり、守ってもらおうという考えはありません。また、考え方も基本的にはさっぱりとしていて、男性から見る“女性のこういう点がちょっと苦手”ということが、カッコイイ女性には当てはまりません。

集団でなければ行動できないという事もありませんし、自分のことは自分一人で決断することができます。行きたいところがあれば、一人でフラッと行くことも可能ですし、旅行にだって行ってしまいます。かと言って、決して人づきあいが悪い、とっつきにくいということはありません。カッコイイ女性は、自分が思う通りに生きているのです。

女性がかっこよくなる方法は、精神的、経済的に自立することが大切なのです。

かっこよくなる方法:性格は?

かっこいいという言葉には、もちろん性格も含まれています。もしかすると、女性が「あの人カッコイイ!」というきっかけの半分以上が、外見ではなく性格なのかもしれません。こちらでは、カッコイイ性格をご紹介いたします。それを知ることが、かっこよくなる方法に繋がるでしょう。

言い訳しない

傍から見ていて、カッコイイなと思うのは、やはり「言い訳しない人」ではないでしょうか?何かトラブルが起こった時、行き違いが起こった時、勘違いされた時など、人は様々な状況にさらされることがありますよね。トラブルだって、たいていの場合悪意があるわけではなく、なんらかの原因があり起こってしまうものなのです。

当然その原因を説明し、相手にわかってもらう事も大切なのですが、時としてそれが「言い訳」に聞こえてしまう事がありますよね。実際に自分が悪かった点を棚に上げて、誰か他の人のせいにしている人も少なくありません。

反対に、何か原因があったとしても、自分にも非があることを認めて、一切言い訳しない人もいます。言い訳をしないと、自分だけが罪を被って損をすると思う人もいるかもしれませんが、そのようなカッコイイ性格の人は、周りもちゃんと理解しているのです。

結果的に、言い訳しないことが、「あの人は性格がかっこいい人だ。きっと何らかの避けようがない理由があったのだろう。」と高評価につながることもあるのです。かっこい人は、言い訳をしない人なのです。

謝罪、感謝、疑問点を言葉にできる人

小さいころは、素直に言えていた「ごめんなさい」や「ありがとう」、「わかりません」が大人になるにつれ言えなくなる人が多くなるのはなぜでしょうか?やはり、これらを言葉にするのは少し恥ずかしいという意識があるのかもしれません。

「謝ると全面的に非を認めているようだ。」「後々、立場が弱くなってしまう。」などと思っていたり、やってもらって当たり前、できていて当たり前、とお礼を言わない人もいます。また、本当はわからない事でも、「そんなことも分からないの?」とバカにされたくないばかりに、知ったかぶりをする人も少なくありません。

この謝罪と、感謝、疑問点をきちんと言葉にできる人からは、潔さを感じませんか?このように、人に謝ることができ、感謝の気持ちを忘れず、素直に質問できる人こそ、カッコイイ人になれるのです。

かっこよくなれそうですか?

ここまで、かっこよくなる方法を8つご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?今回は年代や性別で分けてご紹介いたしましたが、突き詰めてみれば、どの年代にも当てはまることであり、性別も問わないのではないでしょうか?

かっこよくなる方法というと、外見ばかりに目が行ってしまうかもしれません。でも女性の多くは、カッコイイの基準は“性格・内面”だと言い切っています。こちらでご紹介した、かっこよくなる方法を実践して、男女ともに好かれるかっこよさを目指してみてくださいね!