暗い人は嫌われる?暗い人だと思われてしまう原因と改善方法を今すぐチェック!

暗い人は身近にいませんか?暗い人がいると雰囲気まで暗くなりがちです。しかし、人を見て「あの人暗い」と思うことがあるかもしれませんが、自分自身は大丈夫でしょうか!?もしかしたら周りから暗いと思われているかもしれません。そこで今回、暗い人の特徴をご紹介していきたいと思いますので、ぜひチェックしていきましょう。

自分は暗い人?

「もしかして自分は暗い?」と考えてしまう時ってありませんか?しかし、自分では暗いと考えてしまう事でも暗い人に該当しないこともあります。ではどんな人が暗い人と言われてしまうのでしょうか?
1、自分に自信が持てない
2、自分以外に興味がない
3、マイナス思考
4、自分を隠す
5、口数が少ない
などが暗い人の特徴になります。
日常生活においてこんな傾向がある場合、周りから「暗い人」と思われているかもしれません。しかし、暗い人の特徴に該当しても暗い人と思われない場合もあります。では、暗い人の特徴に該当してしまう場合で、暗い人とそうではない人にはどの様な違いがあるのでしょうか?

暗い人の特徴と明るい人との違い

1、自分に自信が持てない

周りの人と自分を比べてしまい自分に自信を持てなくなってしまうと、人との会話も消極的になってしまい暗い人と思われてしまいます。また、自分に自信が持てないと、自分から話しかける事も出来ないため会話も長続きしません。

つい周りの目を気にしてしまい、会話の最中でも相手と自分を比べ負い目を感じてしまうことで、会話をしていても笑顔が少なく自分から話そうとはしなくなってしまうことが多いです。
しかし、自分に自信が持てなくても積極的に会話しようとする人とは暗い人とは思われません。自分に自信が持てなく暗い人と思われがちなのは、相手と自分を比べ負い目を感じる事で、自然に会話することも無くなり、大勢でいるより一人でいることが多くなることがあるからではないでしょうか。

自分に自信が持てない人は沢山いると思います。しかし、人と比べて負い目ばかり感じてしまえば、いつしか周りで楽しく会話している内容でさえも、自分の事を笑っていると考えてしまいやすくなり、疎外感が生まれてしまいます。

2、自分以外に興味がない

自分中心に物事を考え、自分の趣味やしたい事を優先するため人との交流を避けてしまいます。
数人で仕事をしなくてはならない時、円滑に物事を進めるための会話やコミュニケーションを怠ってしまい、自分中心に物事を考え一人でいる方が楽だと考えてしまう人は暗い人と印象を与えてしまいます。

しかし、自分のやりたい事を中心に考えていても、相手の意見に耳を傾け、取り入れようとする人は暗い人とは思われません。物事を自分中心に考え、相手の気持ちを考えず殻に閉じこもってしまえば暗い人とと思われてしまいます。

興味のない事でも新しい事に挑戦し、視野を広げる事も大切です。周りにもっと目を向け視野を広げていくことは自分自身のスキルアップに繋がるかもしれません。

自分以外に興味が持てない人の中には、一人でいた方が楽だと考えていることも多いようですが、集団行動などでは、周りとのコミュニケーションも大切です。視野を広げる事で自分にプラスになることも出来来るかもしれませんので、もう少し周りを見るようにすることを心がけていきましょう。

3、マイナス思考

物事をマイナス思考に捉えてしまうのは暗い人の特徴です。

「どうせ自分にはできない」など、常に頭の中でマイナスに考えてしまう事で、会話や態度にも影響となって表れてしまいます。
例えば「これやってみて」と言われても「私には・・。」と言って断ってしまったり、下を向いて話を聞いてしまったりしてしまいます。
しかし、「やってみて」と言われ、自分には出来るか分からないけど「頑張ります」という言える人は暗い人とは思われません。ついマイナス思考に考えてしまう事もあるかもしれませんが、やる前から諦めるより少しでも頑張りたいと思う人では印象も変わってきてしまいます。

マイナス思考になり過ぎてしまうと、雰囲気や関係を悪くしてしまい、相手からも「この人には出来ないから」と思われてしまうかもしれません。
失敗する事だけを考えるより「失敗は成功の元」と思うことで、失敗してもそこから何かを学ぶ事で出来れば自分自身のスキルアップに繋がる事ができるのではないでしょうか。

物事をマイナス思考に捉えてしまう事はよくある事だと思います。しかし、失敗ばかり考えて始める前から諦めてしまえばさらに暗い人になってしまい、どんどん自分を追い込んでしまう事になります。「私には」ではなく「私にも」と考えるようにすることで、マイナス思考からプラス思考になるように努力することも大切です。

自分を隠す

暗い人は、人から自分を隠そうとするため、自分の事を多く語ろうとしません。また、目立った行動も好まないため、コミュニケーションの輪から外れようとしする特徴があります。

例えば集団で写真を撮る時も、なるべく映らないような場所へ行きたがったり、写真撮影自体断ってしまったりと、目立つ事は避け自分への負担を増やさないようにします。

自分を隠そうとしてしまうのは、マイナス思考になっているからではないでしょうか。自分自身の本来の姿を見せても、悪い事しか言われないとマイナスに考えてしまうため目立った行動はせず、自分を隠し人から避けようと考えてしまいます。

しかし、どんな人でも自分を隠してしまいたい時はあると思います。目立った行動が苦手な人でも人と会話している事が多ければ暗い人と思われません。さらに、写真に写りたくない人でも、笑顔で断る人は暗い人と思われません。自分を隠そうとしてしまいがちな人は、デメリットばかり考えてしまうため表情も暗く人を避けてしまう事で暗い人と思われてしまうのではないでしょうか。
自分を隠してばかりいても輪を広げる事ができず、返って自分にデメリットになることが増えてしまうと考える事もできます。輪が広がれば新しい事が見えてくるかもしれません。そう思う事ができるのなら暗い人と言われる事が無くなるのではないでしょうか。

5、口数が少ない

人と会話が少なく、会話していても自分から話そうとしないという人は暗い人の特徴です。

口数が少ないと、会話しても長続きしないため相手も会話に困ってしまいます。
特に、数人で楽しく会話していても居るだけで会話の内容に混ざってこないと暗い人と思われがちです。また、口数が少ない人は、話が自分に振られないようにするため目を合わせようとせず、下を向いてしまうなど態度にも表れてしまいます。

一緒に会話していても口数が少なければ、相手と自分との間に見えない壁を作る事になり、いつしか話しかけられることも少なくなってきてしまいます。
しかし、口数が少なくても相手をしっかり見て内容を聞いたり、楽しい会話に笑顔で居ることが出来れば暗い人とは思われません。口数が少なく暗いと思われてしまうのは、無表情で会話に混ざり下を向いてしまいがちだからではないでしょうか。

会話が下手だからと自然に口数が少なくなってしまうこともあると思いますが、人と話す事を避けても会話は上手になりません。会話が下手・苦手と口数を少なくしてしまうより、積極的に会話することで、下手や苦手を改善することが自然に出来てくると思います。

暗い人と思われないためには?

暗い人と思われていることに悩んでいる方も多いと思います。
暗い人と思われる事で、対人関係にも影響が出てきてしまい仕事やプライベートでも、損になることが出てきてしまう事があるかもしれませんので、少しずつ改善していく事も大切です。
では、具体的に暗い人と思われないようにするためには、どこに気を付けるといいでしょうか?

表情に気を付ける

暗い人と思われてしまうのは、自然に表情が暗くなっているからではないでしょうか。
会話をしていても笑顔が少なく、無表情で居ることが多いため暗い人という印象を与えてしまっています。また、相手が話している時に下を向き表情が見えない時にも暗い人と思われてしまいがちです。
表情が暗い人と会話していても楽しくありませんし、、相手も話かけづらくなってしまいます。

会話していても自分から話さない、マイナス思考になってしまうことで、自然に表情や態度に出てしまい対人関係や雰囲気に悪影響をを与えてしまう事に繋がってしまいます。特に仕事でお客様に対して暗い表情で接客してしまえば、印象を悪くしてしまい、大切な商談も逃してしまうことになるかもしれません。
もし外食に行った際、店員さんに「いらっしゃいませ」と無表情で言われてしまったらどんな気分になるでしょうか。笑顔で言われたほうが、楽しく食事もできますよね。
もちろん友人関係も表情が暗い人より明るい人と親しくなりたいと思いますよね。

暗い人と思われてしまいがちなのは、自然に表情や態度が暗くなってしまうのが原因なのではないでしょうか。人と会話する時は出来るだけ相手を見て話し、少しでも笑顔を作るように心がけていきましょう。
笑顔を作り表情が明るくなれば、雰囲気も明るくなり対人関係も変わってくるのではないでしょうか。

自分の評価を下げない

人と比較して負い目を感じてしまえば、自分の評価まで下げてしまいがちです。比較しても謙虚になる事は大切ですが、比較し過ぎてしまえば、マイナス思考になりやすく落ち込み暗い人になってしまいます。
「私には・・。」「どうせ出来ない・・。」と自分を磨く努力を怠っていませんか?やる前から諦めてしまうのと、少しでも努力をするのでは結果も変わってきます。

時には人と比べてしまう事もあると思います。しかし相手の良い所が自分には無いと考えてマイナス思考になるより、今の自分に何が足りないのかを見つめ直し少しでも改善する努力をしていくことで、自分自身の評価を高めていくことができ、暗い人と思われないようになるかもしれません。

人と違う事を悲観せず自分自身を生かす事を考えていきましょう。同じ人が十人居るより、違う人が十人居た方が楽しさが増すと思います。あまり人と比較し負い目を感じるより、負い目を感じた部分を補足する努力をすることを大切にしていきましょう。

コミュニケーションを大切にする

人とのコミュニケーションを避けてしまい自分は自分と考えてしまえば、話をかけづらくなってしまい対人関係や雰囲気まで暗くさせてしまいます。しかし、コミュニケーションの輪に入ったとしても自分から会話をしなくては意味がありません。

人はコミュニケーションを取ることで、お互いを知り、信頼関係も生まれてきます。
例えば「今日は何したの?」と相手から言われた事に対して「別に何も」と返してしまえば、会話も長続きしません。さらに「何がしたい?」と聞かれても「別に」と答えてしまえば、相手の気分も害してしまうことになってしまいます。
さらに例えて言うと、メールをする時も絵文字や顔文字があった方が気持ちが分かりやすく伝えられますよね。こうしたコミュニケーションは、相手の関係をより深めていくことが出来ると思います。

もし、仕事やプライベートにおいて信頼関係がなければ、親しくなることも付き合っていく事も出来ず、仕事を任せたいと思われませんし、大切な相談話もされなくなっしまいます。

人との会話が苦手でコミュニケーションを避けてしまいがちな方もいると思いますが、お互いの気持ちを言葉を通して伝えることで、対人関係や楽しさも変わってくると思います。ですので、少しづつ自分の意見や考えを相手に伝えていくように心がけていきましょう。

諦めない

暗い人と言わてしまうのは、諦めてしまいやる気を失ってしまっているからではないでしょうか。諦めてやる気を失ってしまえば、雰囲気にや態度にも表れてしまいます。

例えば、いつまでも若々しく奇麗を保っている方を見て「奇麗」と思うだけで終わってしまえば、何も変わりませんよね。もし反対に「私も年齢を感じさせない奇麗でいたい」と思い努力すれば後の結果も目に見えて変わってきます。「自分には無理」と諦めてしまうより、「自分にもできるかもしれない」と努力をした方が雰囲気も明るく、自信に繋がってくるのではないでしょうか。

やる前から諦めてしまったら何も変わりません。また、時には諦めなくてはならない事もあるかと思いますが、自分が出来る事には少しずつ挑戦するようにしていきましょう。
そうすれば、暗い人という印象も変えられると思います。

まとめ

今回暗い人の特徴と改善方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
自分自身の殻に閉じこもり人と接する事を避けてしまうと周りから暗い人と思われてしまいます。そして、対人関係や雰囲気までも暗くしてしまう事に繋がってしまいます。もし周りにこのような人が居れば自然に近寄りたく無くなってしまいますよね。それがさらに自分を暗い人にしてしまう原因に繋がってしまいます。

できれば周囲から暗い人と思われたくないですよね。それなら少しでも自分自身を見つめ直して改善していく努力をしていくことも大切です。対人関係や雰囲気を明るくすることができれば、自分の自信にも繋がることができるのではないでしょうか。
ぜひ、一度自分の表情や態度を確認して少しずつ改善していく事を心がけていきましょう。