あなたは、ガールズバーとはどういうところか知っていますか?近年ガールズバーというところが、都市部を中心に増加しています。ですが、まだ行ったことがない方もいると思いますので、ガールズバーとは何か?そして、ガールズバーでの楽しみ方も紹介していきます。ガールズバーを理解し、思いっきり楽しんでしまいましょう。

ガールズバーってどんなところ?

基本的には「ショットバー」です

ガールズバーという名前を、聞いたことがある方は多いかと思います。しかし、名前だけ聞いた事があるだけで、実際に行ったことがない!という人も多いのではないでしょうか。では、ガールズバーというものは、どのようなところなのでしょうか?ガールズバーというのは、基本的には「ショットバー」です。ただし、一般的なショットバーとは違う点があります。それは、バーテンダーの全てが女性であるということです。通常のショットバーというものは、バーテンダーが男性であるときもありますし、女性であるときもあります。ガールズバーは男性のバーテンダーが「ゼロ」のショットバーのことをいいます。

バーテンダーが全て女性であるので、男性は当然カウンターに座ることでしょう。カウンターに座った男性を、女性のバーテンダーが接客するというのが基本です。あくまでも、接客はカウンター越しになります。キャバクラとは違いますので、男性の隣の席にすわり、接客するということはありません。キャバクラのように風俗営業ではないので、男性の横に座り、接客を行う行為は違法とされています。また、女性のやっているショットバーなので、女性客も気軽に楽しむことができます。

大阪にガールズバーが多い!理由は発祥が京都だから?!

ガールズバーというのは、最近では多く見られるようになってきました。特に大阪には非常に多くのガールズバーがあります。その数、大阪府内だけで約150店!ガールズバーは、結構昔からありそうな感じはしますが、意外にもガールズバーの歴史は浅く、2006年に、京都で発祥したともいわれています。

京都と大阪は近いですし、大都市である大阪にガールズバーが多く存在するのもうなずけます。ですが、基本的にはショットバーですので、元々は通常のバーであったところが、サービスを展開し、ガールズバーと変えていったということも言われています。ですから、ガールズバーの発祥時期等については、諸説がありますので、決め付けることは難しいと言えます。東京や名古屋といった、都市部にガールズバーは多く見られますので、都市部から発祥された可能性は大きいでしょう。

都市部にガールズバーは多くありますが、近年では、地方にも徐々に、ガールズバーが増えてきている傾向にあります。

ガールズバーの気になる料金はいかほど?

テーブルチャージ料が発生するお店が多い

ガールズバーというのは、ショットバーのバーテンダーが女性になっただけですので、料金もショットバーと変わらないと思うかもしれません。

しかし、「ガールズ」と付いているだけあって、料金体系は、一般的なショットバーと少し変わってきます。

通常のショットバーと変わらない料金体系と、思い込んで行ってしまう前に、少しここでガールズバーの料金体系について、予習しておきましょう。知らずに行ってしまうと「えっ!?聞いてないよ~」となってしまうおそれもありますので……。

ガールズバーはチャージ料が発生する!?

ガールズバーは、通常のショットバーと違い、テーブルチャージ料が発生するお店が多くあります。テーブルチャージも、種類が様々であり、時間単位であるところもあります。

時間単位のテーブルチャージというのは、例えば、1時間2000円などというように、時間で料金が発生します。もちろん、飲み物代や食べ物代は別料金になります。ガールズバーによっては、約3000円で1時間飲み放題といったお店もあるようで

また、チャージ料は、男性はかかりますが、女性のお客さんは無料といったガールズバーも存在します。

食べ物や飲み物などのメニューの値段は?

飲み物や食べ物の値段は、居酒屋よりは高めと言えるでしょう。メニューによって異なりますが、500円~1500円程度になります。

これは、ショットバーでも、大体これくらいはかかるのではないでしょうか。

ここで挙げた料金は、大体の相場価格になりますので、もっと価格の高くなるところもあります。ガールズバーや地域によって値段の上下がありますので、目安として参考にしてください。

ガールズバーによってはサービス料がかかることも!

ガールズバーによっては、サービス料として、合計金額の「10~20%」ほど徴収されるところもあります。

このサービス料というものですが、一般的には、ガールズバーの店員がコスプレをしていたり、店員の露出度が高い場合、発生することが多いようです。また、店員の露出度が高いガールズバーは、全体の値段も、高めに設定されている事が多いです。

ガールズバーというものは、先程も紹介したように、キャバクラとは違います。ですが、ガールズバーによっては、「指名」があるところもあるようです。

お気に入りの店員さんがいたら、指名してみるのもいいでしょう。ただ、カウンター越しというのは変わりませんが……。

ガールズバーへ行く前に知りたい選び方!

様々な形態があるので紹介してもらっていく方が無難かもしれません

ガールズバーの料金体系でも紹介したように、一言でガールズバーといっても、営業形態は実に様々です。気軽に飲みに行けるような、居酒屋感覚で行けるガールズバーもあれば、少しお高いちょっと高級なガールズバーもあります。

単にガールズバーといっても種類が様々なので、いろんな選択肢があり、どこを選ぶかで楽しみ方も変わってきます。

自分の懐事情と相談したり、どんな楽しみ方をしたいのかをイメージして、ガールズバーを探すのがいいのではないでしょうか。ガールズバーに行ったはいいけど、「自分のイメージとは違った……。」なんてことになると、せっかく時間とお金を使ったのに、もったいないことになってしまいますね。

さらには、「知らずに高級なガールズバーへ入ってしまった!」なんてなると、ガールズバーへの印象も悪いものしか残らなくなります。ですから、ガールズバーへ行く前には、必ず下調べをしておいたほうが、いいということになります。

案内所や情報誌、インターネットでガールズバーチェック!

ガールズバーを失敗なく楽しむためには、一番いい選び方は「友達の紹介」です。当然のことですが、初めて行く店は、どんなお店なのかわかりません。ですから、これから行きたいガールズバーに、いったことのある友人など、知り合いがいれば情報を提供してもらい、そこへ行くのがベストです。

知り合いの情報なら、信頼性もありますからね。

もし、知り合いからの情報がなければ、情報誌や案内所で紹介しえもらうのも手でしょう。また、インターネットでお店の情報を調べていくのもアリだと思います。ですが、書き込みなど、様々な人が行っていますので、人によって価値観も当然違います。調べていったのにも関わらず、「満足いくガールズバーではなかった……。」ということもあり得るでしょう。

ですから、総合的に見て、信頼のおける知り合いに紹介してもらうのが一番となります。

>ガールズバーとは何か?女性従業員の心得とは

基本的には女の子も楽しんでいます

ガールズバーで接客をする以上はある程度の覚悟も必要となってきます。その覚悟とは何かというと、お酒を飲む覚悟と異性と仲良くなる覚悟のことです。下記でもお伝えすることではありますが、ソフトドリンクよりもお酒の方が単価も上がりますからお店が勧めるべき飲み物はアルコールが一番であることは言うまでもありません。

そしてお客様もあなたのような男性の方が殆どですから、手を出してくる異性の方もいらしゃいます。そんな男性をターゲットとしているお店の従業員には心得も必要です。ではどのようなことを心がけて接客をしているのか探ってみましょう。

男性を楽しませるお仕事です

まずガールズバーの店員がオーナーから教わることは、「男性を楽しませてあげること」それに尽きます。それは風俗店のように性的に気持ちよくさせてあげるお仕事とは異なり、気持ち的に楽しませてあげることを指しています。

実際にどんなことかと言いますと、男性の気持ちになって話を聞いてあげることや、お酒を一緒に飲んで友達のような感覚で一緒にいてあげることなどです。

中にはガールズバーで働いていてもお酒が飲めない女の子もいますから、オーダーはソフトドリンクを注文される方もいらっしゃいます。

従業員が飲むお酒やソフトドリンクもお客様が支払うシステムなので、できるだけ多く注文をいただいた方がお店の売上にも貢献できるというわけですね。お金を払ってでも女の子とお話しをしたいという時もありますから、理にかなったお仕事だと言えます。

お店の中ではあくまでお客と従業員であること

店員であっても一人の女性であるこに変わりはありません。男性から口説かれて好感の持てる男性であれば恋に落ちてしまうこともあると聞きます。しかしそこはプロですから、お店の中では決して付き合っているというイメージを抱かせてはいけません

。周りにいるお客様も自分の事を想ってくれている人もいるわけですからそこは夢を持たせてあげなくてはならないからです。

一歩外に出れば仕事抜きの普通の女の子になります。そこからは恋愛自由なのでお客様であるあなたと夜の街に消えていくことだってあり得ます。ただアイドルではありませんが、店の中でガールズバーの店員として働いている以上はお店の中のルールには従わなければならないのが現状のようです。店舗によってもそのルールはまちまちなので気になる女の子に直接聞いてみてもいいかもしれません。

特定の方だけに特別なサービスはしません

これは基本的なことではありますが、特定の人だけに特別なサービスを提供することはキャバクラと同等ということになってしまい風営法に引っかかる危険性もあります。ですのでガールズバーでは特定のお客様だけに特別なサービスをすることは禁止されていることが殆どです。

気になる男性がいたとしてもそこは境界線を引いて一歩引いた接客を心がけているはずです。 キャバクラと同じであればそれに見合ったお給料も支払わなければいけませんが、ガールズバーではそこまでの接客を要求しているわけではありませんので女の子の時給も安かったりするようですね。

しかし、一歩引いた接客をしなければいけないというのも女の子にとっては苦悩に感じている部分もあるようですよ。

でも自分も楽しむことがモットー

とは言っても自分が楽しくなければお客様も楽しんでくれるわけがありません。どんなにお店側にルールがあろうとも一人の人間として一緒になって楽しむことが何よりも優先されるべきであると考えているようです。お支払いをされるのは男性ですが、お互いがwinwinの関係でいられるようにと女性従業員は心得ているようです。

ガールズバーでの楽しみ方は?

もしかしたらガールズバーの女の子と親しくなることもあるかも?

ガールズバーへ行くということは、当然「女性と話をしたい!」「女の子と出会いたい!」という気持ちがあるからではないでしょうか。そのような気持ちがなければ、世の多くの男性は、ガールズバーへいかないのではないでしょうか?

ただ飲みたいだけであれば、居酒屋へ行けばいいだけですし、多少なりとも下心はあるかと思います。 ガールズバーで働いている女の子は、10代後半~30代です。多くが20代の女の子であることが多いで

バーですので、営業時間も夜になります。ですから、地域にもよりますが、専門学生であったり、大学生でガールズバーでバイトをしている子が多いかと思います。東京・名古屋・大阪などの都市部になれば、中には、モデルをやっていたり、キャンペンガールをやっている女の子もいることでしょう。

このように、ガールズバーは働いている女の子も、様々です。出会いの場としては最適なところとも言えるのではないでしょうか。

女性をナンパする勇気がないあなたも気軽に楽しめる!

女性と出会いたいのなら、街に出かければ女性はたくさんいます。ですから、ナンパをすれば手っ取り早いです。

しかし、「知らない女性に声を掛ける勇気なんてない!」という男性も多いと思います。そんな男性でも、ガールズバーに行けば、気軽に話しかけることができるというわけです。

ガールズバーに行けば、女の子がカウンター越しに待っていますからね。シラフの状態では、なかなか話しかけられないかもしれませんが、ガールズバーでお酒を飲めば、少しは話しかけやすくなるでしょう。お酒を飲んでリラックスして、ガールズバーの女の子と世間話をしてもいいし、打ち解けてきたら、プライベートな話をするのもいいでしょう。

ナンパと違って、お店の店員さんというだけで、話しかけやすさも全く変わってくると思います。ガールズバーによっては、カラオケやダーツを置いてあるところもありますので、女の子と会話をするだけでなく、カラオケやダーツを一緒に楽しめるということもできます。
また、ガールズバーの多くは朝まで営業しているので、長い時間女の子と楽しむこともできるのです。

このようにして、ガールズバーを楽しみながら、好みの女の子がいれば、アピールし、ゲットしてしまうことも可能になります。

ガールズバーの女の子を口説くには?

ガールズバーで働く女の子は、先程も紹介したように20代の女の子が多いです。また、大学生や専門学生などが多くいるため、オシャレ女の子が多いと言えるでしょう。となると、ガールズバーにくる男性では、女の子をゲットしようとしてくる男性も少なくありません。つまり、もしあなたも、ガールズバーの女の子を狙っているのであれば、ライバルは多くいる!と考えてもいいということです。

そんな、ライバルが多く健在する中で、ガールズバーの女の子を落とすには、あなたがライバルたちの中でも、頭一つ抜けていなければ、多くのライバルの中に埋もれてしまうことは、間違いありません。では、どうやったら、ライバル立ちの中で頭一つ抜けることができるのでしょうか。

ガールズバーの女の子に印象を残すこと!

ガールズバーで働いているといことは、毎日毎日色んな男性と出会うことになります。

カウンターごしで、接客をしながらですので、出会った男性といろんな会話をすることでしょう。となると、

まずあなたが、ガールズバーの女の子に対してすることは、「印象に残るようにする!」ということです。 何人もの男性と会話をしているガールズバーの女の子はですから、印象に残らない男性のことは忘れてしまうでしょう。

毎日何人もの男性がきますので、全ての男性の顔と名前を覚えているなんてことは、希だと思います。女の子の印象に残らないという事は、出会ってもいないということと同じです。

ですから、まずは女の子の印象に残るようにし、覚えてもらう事が大切になります。そのためにすることは、「定番の受け答えはしない!」ということです。第一印象というものは非常に大切になります。

ですから、はじめの会話で、当たり障りのない会話をしていれば、印象は薄くなるのも当然です。なぜなら、多くの男性も同じような会話をしているからです。 同じような会話をしていれば、同じような印象しか与えられません。ですが、違う受け答えをすることによって「あれっ?この人違う!」となり、印象に残すことになります。多くの人が話さないような会話を考えておくといいでしょう。

褒め上手になることも重要!

印象に残すことにもつながりますが、「褒め上手になる!」ということも、重要なポイントになります。褒め上手とはどういうことかといいますと、

例えば、ガールズバーで働いている女の子に「可愛いいね!」といっても、これは普通です。考えても見てください。可愛い女の子に可愛いといっても、当たり前過ぎませんか?

それでは、ほかの男性と何も変わりません。 しかも、可愛い子は可愛いなんて飽きるほどに言われています。ガールズバーで働いていれば、それこそ毎日言われているでしょう。

ですから、これは褒め上手でも何でもありません。では褒め上手というのはどういうことでしょうか?それは、細かなところをしっかりと観るということになります。見るのではなく「観る」のです。 ちょっとした仕草を褒めたり、女の子の全体ではなく、細かなパーツを褒めたりするのです。例えば、ネイルをしている子であれば、「そのネイル可愛いね」というのです。他にも「綺麗な瞳をしているね」など、パーツを褒めるといいでしょう。

女の子は、ざっくり褒められるよりも、細かな部分を褒められたほうが喜びます。 また、男性の多くが鈍感ですので、細かなところなど見ていないでしょう。そうすることで、あなたの印象も強くなり、女の子からの好感度も上がるというものです。このようなことをすれば、ほかのライバル達に、差をつけることができると言えます。

結局ガールズバーとは何か?その存在意義は?

もともとは風営法の規制強化がきっかけで増えてきました

ガールズバーは2006年頃から急速に数が増えてきたのですが、その背景には実は風営法と言う法律の規制強化というものがあります。

実は風営法で許可されているクラブやキャバクラなどは深夜以降の営業は禁止なのです。とは言いつつも実際は営業しているお店が多かったのですが、2005年に規制が強化され営業しているお店の取り締まりが厳しくなってきたため、飲食店としての経営に切り替えれば営業ができるということで、ガールズバーが増えてきたのです。

要するにガールズバーが増えてきたのはキャバクラなどの規制が厳しくなってきたので、規制の逃れのための苦肉の策と言っていいでしょう。

しかし、最近はキャバクラまがいのことをしているガールズバーも増えてきていて、キャバクラなどとの境界線があいまいになってきています。また、あくまで飲食業と言うことなので、18歳未満の子もアルバイトできますので、高校生を深夜に働かせたりして経営者が逮捕されているケースもあります。

夜のお店があるのは街の活気につながるので規制はむずかしいところです

限りなく違法に近いグレーな営業をしているガールズバーもありますが、かと言ってガールズバーをすべて規制でなくしてしまえばいいかというとそうでもないでしょう。

夜の街の活気がまったくなくなってしまってはやはり街全体の活気がなくなってしまいます。男性だったらたまには女の子と話したいと思ったり、お酒を楽しく飲みたいと思うのは自然なことです。その時にキャバクラもガールズバーもなかったらやはりつまらない街だなと思うのではないでしょうか。遊ぶところがないということはお金も使わないわけですから、街全体でお金の循環が起こらなくなって、景気も悪くなるでしょう。

やはりほどほどの遊ぶところあっての経済活動なのです。ガールズバーはそのために存在するのです。なので、あまりグレーな部分に走って潰れてもらっても困りますよね。遊ぶ側としては良心的な価格で法律を遵守したガールズバーが増えて欲しいですよね。

ガールズバーへの一歩はリサーチから

あなたに合ったガールズバーを見つけましょう

ガールズバーとは、非常に多くの業務体型がありますので、まずは失敗しないように、しっかりとリサーチしなければいけません。リサーチがしっかりとできれば、あなた好みの、素晴らしいガールズバーを見つけることが出来るでしょう。また、好みの女の子がいたら、紹介したようなことを参考に、ライバルに差をつけてゲットできるといいですね。