ジェルボールの使い方って?おすすめ柔軟剤やメリット・デメリットを解説!

ジェルボール洗剤を使用したことはありますか?ジェルボール洗剤は、2014年に国内で発売された第三の洗剤です。そんなジェルボールのメリット・デメリット、商品の種類や柔軟剤の併用について、その他気になる疑問にお答えします!

ジェルボール洗剤を使ったことある?

粉末洗剤や液体洗剤に続く第三の洗濯洗剤として、近年注目を浴びているジェルボール洗剤を使ったことはありますか?2014年の発売から徐々にシェアを拡大し、最近でもTVCMなどで毎日のように目にするので、気になっている人も多いのではないでしょうか?

ジェルボール洗剤には粉末洗剤や液体洗剤を超える様々なメリットがありますが、残念ながらデメリットもあります。今回はそんなジェルボール洗剤について、メリットやデメリット、現在販売されている商品や併用する柔軟剤について、その他の疑問点などを詳しくご紹介します。

ジェルボールってどんな洗剤?

近年、第三の洗剤として注目を浴びているジェルボール洗剤とは、実際にはどのようなものなのかをご存知ですか?ジェルボール洗剤の形状や洗浄力、海外での評判をご紹介します。

マジックフィルムに包まれている

ジェルボール洗剤は、一見ゼリーのような色鮮やかな見た目をしていますが侮れません。洗濯するときは、洗濯機にジェルボールを1個入れればOKという手軽さが嬉しいですね。ジェルボールはマジックフィルムの中にジェル状の洗剤が入っています。このマジックフィルムは水にはすぐに溶けていくのに、水に入れる前はきちんと破れにくい仕組みになっている優れものです。また、粉末洗剤や液体洗剤のように計量の必要がないのは楽チンですね。

洗浄力もかなりすごい

今までの粉末洗剤や液体洗剤とは比べ物にならないぐらい、ジェルボール洗剤はとても汚れ落ちがよくなっています。ジェルボール洗剤は、洗浄力が上がっているのにすすぎが1回でOKなので、節水と節電、時短が一気に叶います。

洗浄力のみならず、消臭成分を超濃縮して従来の洗濯洗剤に比べて雑菌臭や男脂臭まで2倍消臭してくれる商品や、部屋干し臭を24時間消臭してくれる商品など、様々な効果を持つジェルボール洗剤もあり、ご家庭の洗濯環境や洗濯時の悩みに合わせて選ぶことができます。

海外では大ヒット

ジェルボール洗剤は世界で20か国以上で販売・使用されていて、液体や粉末のように計る必要がないため人気だそうです。イギリスでは2001年にジェルボールが販売されました。そして、現在ではイギリスでのシェア率は約2割にも成長しました。また、アメリカでは2012年にジェルボールが販売されました。翌年の2013年にはシェア率が約1割と急成長しています。

それから現在日本で販売されている国産のジェルボール洗剤は開発に5年をかけて作られています。海外のジェルボールの性質のままでは日本の洗濯事情に合わないため、日本人が使いやすいように作られたそうですよ。

日本で買えるものはどれ?現在販売されているメーカー

日本国内で現在販売されている国内メーカーのジェルボール洗剤と、輸入商品のジェルボール洗剤をご紹介します。種類によってそれぞれ違った特長がありますので、洗濯環境や洗濯のお悩みに合った商品を選んでくださいね。

アリエール

アリエールのジェルボール洗剤には、「パワージェルボール」と「リビングドライジェルボール」の2種類があります。それぞれ異なる特長があり、「パワージェルボール」は消臭成分を超濃縮し、一粒で雑菌臭や男脂臭などの気になる臭いまで従来の洗濯洗剤の2倍消臭してくれます。

さらに、従来の洗濯洗剤以上の驚きの洗浄力で、落ちにくい汚れもより落とせるようになりました。「リビングドライジェルボール」は部屋干しに特化し、アリエール・ファブリーズ・レノア共同開発の3つの消臭テクノロジーで部屋干し臭を24時間消臭してくれます。

この技術によって、忙しい朝に洗濯できなくても夜洗濯して干したり、天気を気にせずリビングに干しても洗濯物が臭うのを防いでくれます。

ボールド

ボールドのジェルボール洗剤「ぷにぷにっとジェルボール」は、エレガントブロッサム&ピオニーの香りと、スプラッシュサンシャインの香りの2種類があります。どちらも香り成分を従来の洗濯洗剤の2倍配合し、洗濯物が乾いた後もフレッシュな香りが長続きします。

洗浄力もボールド史上最高であり、2014年4月1日~10月31日の間に販売累計15億個を突破しています。使い方はアリエールと同じように、ジェルボールを一粒洗濯槽に入れてから、洗濯物を入れてスタートボタンを押すだけで、すすぎは1回でOKです。

口コミでは、「簡単に綺麗に洗剤を扱うことができ、香りの強さも気にならない程度。柔軟剤を使わなくてもふんわり感がでて、洗浄力も十分」と好評です。価格は18個入りで400円前後です。
どちらも使い方は同じで、まずジェルボールを一粒洗濯槽に入れ、洗濯物を後から入れてスタートボタンを押すだけです。口コミでは、「パワージェルボール」は「計量の必要も無く、すすぎも1回で済むので経済的。洗い上がりは抜群で、柔軟剤なしでもふっくら仕上がる。白さが一段と増した気がするくらい、爽やかに洗いあがる。」と好評です。

「リビングドライジェルボール」も、「雨の日の部屋干しでも嫌な臭いにならず、梅雨の時期でも洗濯が楽しくなる。」と評価が高いようです。

価格は「パワージェルボール」と「リビングドライジェルボール」どちらもそれぞれ、18個入りで400円前後です。

コストコ

コストコで販売されているジェルボール洗剤「カークランド ウルトラ クリーン」は、アメリカ製の大容量のジェルボール洗剤です。国産のジェルボールと同じ使い方で、一回の洗濯に一粒のジェルボールを使用します。

口コミでは、「大容量のジェルボールパックでお得に使える。ホワイトムスクのような香りも良く、強すぎずほどよく香る。」と好評です。価格は120個入りで3000円前後です。

落とし穴も…?事故や問題点も多いので注意!

ここまでご紹介した通り、ジェルボール洗剤には沢山のメリットがあります。しかし、粉末洗剤や液体洗剤と比較すると、デメリットもあります。使用する前に、デメリットはしっかり知っておきたいですよね。ジェルボール洗剤のデメリットをご紹介します。

香りが強めなのでアレルギーの原因にも!?

ジェルボール洗剤は、国産の商品も輸入商品も非常に香りが強いことが指摘されています。これは恐らく、元々の香料の配合量が多いということに加えて、ゲル化剤の配合により残留性の成分の残留量が多いことが原因と考えられます。

ゲル化剤とはつまり、強力な増粘剤です。ネバネバしていれば、それだけ残るものは多いといえます。近年、香料の強い化粧品や洗剤、柔軟剤が人気ですが、匂いが強すぎることは場合によってはデメリットとなってしまうこともあります。

匂いの感じ方は人それぞれであり、強い香りが嫌いな人にとっては本当に苦痛になりますし、場合によってはアレルギーなどを引き起こす原因となり、重篤な健康被害をもたらすこともあります。

相次ぐ誤飲!死亡例も…

ジェルボール洗剤の問題点の一つに相次ぐ誤飲事故があります。ジェルボール洗剤のゼリーのような見た目から、小さい子どもが誤って口に入れてしまうようです。

洗濯用洗剤はシャンプーなどとは違い、30リットル以上の膨大な水に溶かして使うのが基本ですので、その界面活性剤濃度はかなり高いものになっています。

石けんをベースにしているとはいえ、例えば0歳~1歳くらいの小さい子どもの場合、大人とは違い致死量が少ないので、ジェルボール洗剤クラスの高濃度だと誤飲することで死亡につながってしまう危険があります。

実際にアメリカでは6000件近くの誤飲事故のうち、20人が死亡しています。洗剤の誤飲による死亡というケースは非常に稀であり、粉末洗剤や液体洗剤ではほぼあり得ないことです。ジェルボールの誤飲事故の防止に関しても、更なる対処方法を検討する必要があります。

部分洗いに使えない

ジェルボール洗剤を使った洗濯では、つまみ洗いや部分洗い、つけおき洗いができません。これらをしたい場合には、別に粉末洗剤や液体洗剤を用意する必要があります。

量が調節できない

ジェルボール洗剤は水量が65L以下、洗濯物量が6.0kg以下の洗濯に対して1粒使用するのが最適とされています。もちろんそれ以下でも快適な洗濯はできますが、ジェルボール洗剤は粉末洗剤や液体洗剤のように、使用する量を調節することが出来ません。

洗濯量がどうであれ1回の洗濯に必ずジェルボール洗剤1粒を使うことになりますので、洗濯量が少ない場合はコストパフォーマンスが悪くなってしまいます。

夏場や窓辺に注意!熱所で溶ける!

ジェルボール洗剤の耐熱温度は35度までです。ですので、夏場の窓辺や車の中、火の近くなどに置く場合には注意が必要です。ジェルボール洗剤が熱によって溶けてしまうと、洗剤同士がくっついてしまい、使用できない状態になってしまうこともあります。

ジェルボールを使えば柔軟剤は要らない?

ジェルボール洗剤で洗濯をする場合、柔軟剤は必要なのでしょうか?ジェルボール洗剤の特徴と、併用を避けたい柔軟剤、ジェルボール洗剤と併用する場合におすすめの柔軟剤をご紹介します。

香りが強めなので柔軟剤との併用は注意が必要

ジェルボール洗剤のデメリットでご紹介した通り、ジェルボール洗剤はどの商品も香りが強めに残ります。香りつきの柔軟剤と併用することで、香りが強くなりすぎることがあります。

併用を避けたい柔軟剤

「ダウニー」、「レノアハピネス」、「フレアフレグランス」のように香りが強いタイプの柔軟剤は、ジェルボール洗剤と併用することで洗濯物につく香りが強くなりすぎるため、併用はおすすめできません。

おすすめの柔軟剤

ジェルボール洗剤と柔軟剤を併用する場合は、微香性や無香料のものを選ぶようにしましょう。市販の柔軟剤の中では、「ハミングNEOホワイトフローラル」や「ベビーファーファ濃縮柔軟剤」、「さらさの柔軟剤」などがおすすめです。

もっとおすすめの柔軟剤を見たいという方は次の記事が参考になるはずです。

【柔軟剤おすすめランキング】男性女性ウケ・香り長続き・ふわふわ重視等

使う前に知っておきたい!そのほかの疑問いろいろ

ジェルボール洗剤を使用する上で、コスパなども気になるところ。ジェルボールを使うとお得なの?という疑問や、使い方についての疑問にお答えしていきます!

ドラム式は使える?

アリエールやボールドのジェルボール洗剤は、ドラム式の洗濯機でも使用することができます。現在国内で市販されているほとんどのジェルボールがドラム式の洗濯機でも使用できるようになっていますが、不安な場合は、使用前に必ず商品の注意書きを確認するようにしましょう。

コスパはどう?

一般的な商品のジェルボール洗剤とその他の洗剤(粉末や液体)比べてコストパフォーマンスが高いのはどれでしょうか?商品によっては液体洗剤のコスパが高いようですが、全体的にはジェルボール洗剤のほうがコスパが高いようです。例として1回の洗濯で水を約60L使う場合をみてみましょう。

■ジェルボール洗剤:16円前後
■液体洗剤:15円前後~20円前後
■粉末洗剤:17円前後

液体洗剤は商品によって金額の差が大きくでるようですが、ジェルボール洗剤は安定しています。ただし、一回の洗濯量が少ない場合は他の洗剤のように量を調節できないためコスパが悪くなってしまうようです。ジェルボール洗剤を使用するときはできるだけまとめ洗いしたほうがお得ですね。

溶け残りはないの?

ジェルボールは水に溶けやすい特殊なフィルムを採用していますので、洗濯を開始して水分に触れることでフィルムが溶け、中から洗剤が溶け出します。商品に記載されている正しい使い方を守って使用すれば、溶け残るということはありません。

ジェルボール洗剤を上手に使って節約&時短!

ジェルボール洗剤は、一回の洗濯にジェルボール洗剤一粒を洗濯槽に入れるだけでOKなので、粉末洗剤や液体洗剤のように計量する必要がありません。従来の洗濯洗剤に比べて洗浄力や消臭力も高く、すすぎが1回でOKという商品もあり、海外でも大ヒットしています。

ジェルボール洗剤には沢山のメリットがありますが、子どもの誤飲事故が多い、洗剤の使用量を調節できない、香りが強く残りすぎる、熱所で溶ける、部分洗いには使えないなどのデメリットもあります。それらのデメリットに気をつけて使えば、大変便利な商品であるともいえます。

また、ジェルボール洗剤は香りの強いものが多いので、柔軟剤と併用する場合は香りが強くなりすぎないよう注意が必要です。使用する際は、商品の注意書きを良く読んで、それに従うことがとても大切です。

是非、ご家庭の洗濯環境や洗濯のお悩みにあったジェルボール洗剤を見つけてみてくださいね!