【ガリガリになりたい人必見!】プチ断食などガリガリになる方法と身体に起こる危険を徹底解説

「痩せて綺麗になりたい!」という、女性の体型に対する憧れは誰もが持っているのではないでしょうか?その中でもガリガリになりたい女性は、よりストイックにダイエットする必要があります。しかし身体のこともきになりますよね?そこでガリガリになりたい方にオススメのダイエット方法とれによる体への影響を教えます。

ガリガリになるために実践したい5つの方法

ガリガリに痩せるには、スタート時の体重にもよりますが、通常のダイエットよりも厳しく取り組む必要があります。でも何も食べなかったり、0キロカロリーのものばかり食べたりするのでは身体が持ちませんよね?
では、どうしたら身体への負担を減らし且つ効果的に痩せることが出来るのか、その方法を見ていきましょう。

炭水化物は一切口にしない!

手っ取り早くガリガリになりたいなら、炭水化物を食べないことが効果的です。炭水化物というと、米やパン、麺類などを思い浮かべるかと思いますが実はそれだけではありません!

一見ダイエット食材と思われるはるさめも炭水化物です。餃子の皮や芋類、砂糖までもが炭水化物を多く含む食材なんだそうです。そうなると食べれる物も大幅に縮小されますが、ここまで徹底することによりガリガリに近づくことが出来るといいます。

炭水化物を食べなくなると脂肪は燃焼されやすくなり、その期間が長ければ長いほど体重は落ちていくそうです。しかし、炭水化物は必要不可欠な栄養であり、これが不足すると頭がぼーっとして集中力がなくなることがあります。ですから、いきなり摂取をゼロにするのではなく徐々に減らし身体を慣らしていくことが大切だそうです。

ガリガリになったからといって再び炭水化物を口にすると、あっという間にリバウンドしてしまうので注意が必要です!

週3日は断食をする

当たり前のことですが、食べなければみるみるうちに痩せていきます。一週間のうち3日間を断食の日にするダイエットが効果的だそうです。

普段仕事をしている人は、平日に断食を取り入れてしまうと仕事に影響がでてしまいますから、土日休みの場合なら週末にかけての金土日の3日間を当てるといいと思います。そして残りの4日間ですが、ガリガリになりたいなら決して気を緩めてはいけません。
好きなものを好きなだけ食べるのではなく、野菜スープやお粥など、身体に優しく負担のないものや、ローカロリーのものを心掛けてください。

断食をすると、身体はカロリーを欲するようになります。その状態の時に高カロリーなものを食べてしまうとそれは脂肪になってしまうそうです。要注意ですね!

1日の水分の摂取量を決めましょう

水分は体の老廃物を外へ出すためには欠かせないものです。しかし、ダイエットのためといってたくさん水分を取ってしまうと水太りをしてしまうそうです。
人間の身体の60パーセントは水分が占めていると言われます。これより水分の割合が増えても減ってもいけません。ガリガリになりたいのなら体内の水分量も上手くコントロールする必要があるそうです。

飲みすぎれば太り、飲まなすぎれば脱水症状を起こしてしまいます。ですから、1日の摂取量をきちんと管理する必要があります。
1.5リットルから2リットルくらいの量を自分で決め、それを1日の摂取量と決めると良いそうです。そして摂取したら排出するのも大切ですので、ぬるめのお風呂に最低でも30分程度半身浴をしてみてください。汗をかくことで老廃物を排出することができますよ。

基礎代謝を上げる運動も取り入れましょう

痩せるためには運動が大切と言われています。では、ガリガリに痩せるにはハードな運動をしなくてはいけないのか、と言えばそうでもないそうです。
ハードな運動は、運動量が多くなることで食欲が増してしまいますし、カロリー摂取量も大幅に増えてしまうそうなんです!筋肉もついてしまいますから、ガリガリというよりムキムキになってしまっては意味がありませんよね。

ガリガリになるためには、運動は痩せるためではなく基礎代謝を上げるためにするものです。適度な運動で適度な筋肉をつけることで、脂肪を燃焼する代謝を上げることができるそうです。

ウォーキングやラジオ体操など、気軽にできて毎日続けられるような運動をやるのがいいみたいですよ!

期間を決めて短期集中にしましよう!

ガリガリに痩せるためのダイエットはとてもハードですし、長期間続けると体調を崩しかねません。それではせっかくの努力も無駄になってしまいますし、もったいないですよね!

ですから自分で期間を決めて、身体と相談しながら無理のない範囲でやることが大切だそうです。

飲むだけで痩せる!」ダイエットサプリの効果って?

「これを飲むだけでマイナス〇〇キロ!」なんて謳い文句を目にしたことはありませんか?有名なモデルさんや芸能人の方も愛用!なんて言葉を見ると、試してみようかな?なんて気にもなりますよね。ガリガリになりたい人なら一度は手に取ったこともあるかもしれません。

しかしダイエットサプリは、立派な薬です。慎重に選ばないと危険な目にあうことだってあるかもしれません。そこで、ダイエットサプリを選ぶ時の注意点などを見ていきたいと思います。

ダイエットサプリは大きく分けて3種類

ダイエットサプリの作用を分けると、
(1)消化吸収させないもの
(2)基礎代謝をアップさせるも
(3)食欲を低下させるもの
の3種類に分けることができるそうです。

(1)のサプリを服用する際は、他のサプリとの併用は避けたほうが良いようです。サプリがもつ効果が阻害されてしまうそうなのです。

(2)のサプリは脂肪の燃焼を助けてくれる作用があるものですが、服用すると同時に運動もしないと効果が出ないものがほとんどだそうです。また、副作用が強く出るケースが多いのはこのタイプのサプリだそうです。

(3)のサプリの大きな副作用は、食欲減退作用による抑うつ状態と倦怠感だといわれます。集中力がなくなり、何事にも意欲がなくなる恐れがあるそうです。

副作用が書いてない商品は効果ゼロ?

ダイエットサプリは、その薬の作用によって身体に刺激を与え、食欲を抑えたり、脂肪を燃焼させるための補助をしてくれます。これは身体にとってはとても大きな作用のため、当然副作用がでてくると言われています。病院で処方される薬でももちろん副作用がありますし、処方箋に記載もされていますよね。

それなのに副作用の記載の無い商品は、あまり信用できるものではないような気がします。粗悪な商品であるか、効果の無い物である可能性が非常に高いそうです。

ダイエットサプリの主な副作用とは?

めまい、不整脈、動悸、肝障害、脂溶性ビタミンの欠乏、落ち着きがなくなる、高血圧、倦怠感、発熱、不眠などが挙げられるそうです。もしも服用中に上記のような症状が出てきたら、すぐに服用を止め、医師に相談をしましょう。

効果が高いダイエットサプリほど、その副作用は大きく現れるそうです。
大きく分けて3種類のダイエットサプリがあると紹介しましたが、効果を期待して全タイプのサプリを同時に摂取したとしても、逆に邪魔しあってしまい効果はでなくなるそうです。サプリを服用する際は自分の目的に応じて1種類に絞り正しく服用することがおすすめです。

どうしても食欲が抑えられない時の対処法

ダイエット中に、「痩せたいのにどうしても食べてしまう」という悩みを抱えたことはありませんか?ガリガリを目指すなら、普通のダイエットより食欲を制限することもあるかもしれません。そこで厳しいダイエットを成功させるには、食欲のメカニズムを知ることだといいます。

「食べたい!」という食欲には、様々な原因があるそうです。その原因を知り、その対処法を知ることで少しでもダイエットの助けになればと思います。

原因1 血糖値が下がる

血糖値が低下した状態は、いわゆる、「エネルギーが不足した」ということだそうです。人は疲れた時や、頭を使った時などに空腹を感じることが多いと言われています。この空腹は血糖値が低下しているために起こり、エネルギーを回復しようとし、身体が欲するために食欲を抑えきれなくなるそうなんです。

ですから、この場合には血糖値を上げてあげれば良いのです!血糖値を上げるには、黒糖やチョコレートなどを摂取するのが一番理想的だといいます。もちろん食べ過ぎてしまっては逆効果ですが、ちょっとかじる程度であれば問題はないそうです。

それでもダイエット中は甘いものは禁止!という人は、ホラーやスポーツを参戦して、脳に刺激を与えて血糖値を上げるといいみたいですよ!

原因2 ストレス

ダイエット中は数々の制限から、過度なストレスを抱えてしまう人もいるかと思います。食事制限をしていることで、例えお腹は空いていなくても、何となく食べたいという食欲が出てくるといいます。これは、身体が欲している食欲ではなく、精神的なストレスからくる食欲だそうです。
ですから、どこか満たされずに、暴飲暴食に繋がってしまうのだとか・・・。

それを解決するには、きちんとストレスを発散することが大切です!自分の趣味ややりたいことなどを見つけ、溜まる前に発散することが食欲を抑えることにも繋がるといいます。

また、たまにはダイエットのことを忘れることも大切です。「頑張ってるのに全然体重が落ちない!」と毎日悩んでいるとストレスは溜まる一方ですよ。

原因3 五感によるもの

美味しそうな匂いを嗅いだとき「いい匂いだなぁ、お腹空いたなぁ。」と思ったり、美味しそうな食べ物を見たときに「美味しそう!お腹空いたなぁ。」と思ったことはありませんか?五感が刺激されることによって、より一層食欲が湧いてきてしまい抑えられなくことがあるそうです。

そこで、そんな時に五感を刺激するぴったりな食べ物こそがグレープフルーツです。グレープフルーツは痩せたい人にはもってこいなんだとか!
グレープフルーツの香りに含まれている『ヌーカトン』という成分には、食欲を抑える効果があるそうなんです。グレープフルーツの香りのする香水などを身につければ、食欲は抑えられるかもしれませんよ。

また青い色には、副交感神経を刺激し食欲を抑える効果があると言われています。家の食器やランチョンマットなど食にまつわるものを青いものに変え、目から食欲を抑えることもおすすめです。

ガリガリに痩せることで身体に起こる危険

ガリガリを目指して厳しい制限をした場合には、身体に及ぼす影響も少なくはありません。そこで、ガリガリに痩せることにより身体にもたらされる様々な危険性についてご紹介します。

体力や筋力の低下

人間のエネルギー源に場合には脂肪が不可欠だと言われています。その脂肪が少ないと、常に動くためのエネルギーが普通の人よりずっと少ない状態となってしまうため、体力がもたず疲れやすくなってしまうそうです。また、身体を動かすための筋肉量も減ってしまうため思うように身体が動かなくなってしまうこともあります。

疲れやすいということは何かをする気がだんだんと起きなくなり、精神的にも悪影響を及ぼしてしまいます。その結果、鬱や不安症などの原因にも繋がると考えられています。

内臓機能の低下

過度な食事制限をすることにより、エネルギーや栄養素が不足してしまいます。それにより内臓機能の低下を招くことになります。内臓機能が弱まると、様々な体調不良を引き起こしやすくなります。

更に食べたものの消化・吸収がうまくいかなくなり、最終的には「もう少し太ろう」と思った時には太れなくなるという最悪の悪循環に陥ってしまうこともあるようです。また便秘や過敏性胃腸炎などの胃腸系の病気が発症しやすくなったりもするそうです。
加齢とともに何らかの合併症を患うリスクも高まります。

免疫力の低下

皮下脂肪が少なくなることで外気温から身を守ることができ無くなります。免疫力が活発に働くために必要な体温は、36.5℃~37℃あたりだと言われています。しかし極端に痩せてしまうとそれを維持すことが出来なくなり、免疫力が低下してしまうというそうなのです。

また免疫力はがん細胞を消滅させるために必要不可欠なものなのです。過度に免疫力が減ってしまうと、風邪を引きやすくなったり感染症にかかりやすくなったりと、がん以外にも様々な疾患のリスクも高くなってしまうと考えられています。

糖尿病を発症した患者の割合には、肥満の人よりも痩せすぎの人の方が多いそうです。痩せすぎの人は膵臓のインスリンを分泌する機能が低下し、それにより糖尿病を引き起こしてしまうようです。

ホルモンバランスが崩れる

痩せ過ぎの場合、ホルモンの分泌量が低下し、ホルモンバランスを崩してしまう可能性が高くなると言われます。特に女性の場合はその傾向が表れやすいそうです。生理不順や肌荒れ、冷え症等々色々な健康被害が表れやすくなり、将来的に不妊にもつながってしまうので非常に危険です。

また妊娠をしても、胎児へ及ぼす影響が大きくなることもあります。母体が上手く栄養を取り込まないと、胎児にも栄養が行き渡りません。出産後も母乳が出にくいなどの問題が起こるかもしれません。

これまで早産や低体重児の出産が起こる原因として、高齢であることや喫煙などが挙げられてきましたが、近年では痩せすぎていることもその原因に含められるようになったそうです。

ガリガリになりたいなら覚悟が必要!

モデルのように美しい体型になりたい人は、男女問わずたくさんいると思います。しかし、ほとんどの人がガリガリに痩せる前に、挫折してしまうようです。

ガリガリに痩せる方法は良いものも悪いものもたくさんあります。しかし、もっとも大切なのは『強い意志』を持つことです。「こうなるんだ!」という強い意志がなければ、気持ちは折れてしまい目的を達成することは難しくなってしまいます。
ガリガリになるためには自分に厳しく、決して誘惑に負けない!という強い意志を持ちましょう。

しかし、ガリガリになることで身体を壊してしまうこともあります。そうなってしまっては意味がありません。ですから絶対に無理だけはせずに、自分の目標へ向かって頑張ってくださいね!