大好きな恋人に「別れよう」と言われた経験はありますか?どうしても別れたくないという時には適切な対応をするようにしてみてください。また、頑張ったけど別れることになってしまった場合に、恋人を後悔させる有効な方法を紹介します。適切な対処方法を知って、自分の気持ちに素直になりましょう。

彼氏と別れたくない時の対処方法5選!

連絡を取らないようにする

大好きな彼とだからこそ、頻繁に連絡を取りたいと思いますよね。また、「別れよう」と言われたことで不安になり、しつこく連絡をしたくなる人もいるかと思います。しかし、彼氏が「別れたい」と思っているときに、しつこく連絡をしてしまうことで逆効果になってしまう可能性もあるようです。

彼氏が何をしているのか、だれといるのかなどが気になったとしても気持ちを抑えて必要以上に連絡をするのはやめたほうが良いでしょう。また、メールやラインを送る際には、ダラダラと送るのではなく、簡潔にしてみてください。

電話でもメールでも長くなると、不満や怒りをぶつけてしまいやすくなるので、「別れたい」と思っている彼氏には逆効果になります。ただあまりにそっけない言葉や文章では印象が悪くなるので、連絡を入れるときに一言相手を気遣う言葉を伝えられると良いですね。

彼氏の話を冷静になってしっかりと聞く

彼氏が「別れたい」と言った時に、別れたくない気持ちからヒステリックになってはいませんか?感情に任せてヒステリックになることで、お互い冷静に話をすることができなくなってしまうようです。「別れたい」と言われた時にはしっかりと、なぜ別れたいのか、なぜ嫌いになってしまったのかなど彼氏の話を聞くようにしましょう。

理由をしっかりと聞くことができなければ、その後に適切な対応をすることも難しいと考えられています。自分が聞きたくないと思うような内容であったとしても、まずは彼氏の話を聞く努力をしましょう。

涙を流す

女の武器は「涙」だと言われています。しかし、実際には涙を武器にすることに抵抗を持っている女性は少なくないと言われています。多くの男性は「女性の涙には逆らうことができない」と思っているようです。そのため、女性がなみだを流すことで心が動かされてしまうということも、実際にあると言われています。

このようなことから、彼氏に別れたいと言われた時には、涙を流すことは有効な方法だと考えられています。しかし、この時に必要以上に号泣してしまうことで彼氏に引かれてしまう可能性もあるので注意をしてくださいね。あくまでもうっすらと涙を浮かべる程度にすることが大切だと言われています。

自分が改善するべき所を聞く

彼氏が別れたいと思った原因は、必ずあるはずですよね。自分に何かしらの原因があることで、別れたいと思わせているのかもしれません。そんな時には、今後自分がどうしたら別れずに済むのか。どうしたらやり直すことができるのかを彼氏に直接聞くようにしてみてください。

自分の言動を改める約束をすることで、別れを回避することができる場合も少なくないようです。また、この時に、大切なことは、「聞く」だけではなく、しっかりと行動に移すことです。その場しのぎで、改善の約束をしただけでは、再び別れの危機が訪れてしまうかもしれません。

「気持ちがわからない」と言われた場合には、一度距離を置き自分の存在を再確認してもらうのも良いでしょう。

会わない時間を作って考える

彼氏に「別れたい」と言われた場合には、一旦距離を置いて考える時間を作るようにしましょう。別れたい意思があるときに、頻繁に会っていても気持ちが変わることは少ないと言われています。また、距離を置いている時間に自分がどのような対応法を取るべきなのかをしっかりと考えるのも良いでしょう。

彼氏に会わない生活にどんな想いを感じたのかを直接彼氏に伝えるのも一つの手だと思います。また、彼氏も本当に自分と会わなくなったことで、大切さを再確認してくれる可能性もあるようです。お互いが冷静に今後を考える意味でも、一度距離を置くことが大切だと言われています。

彼女と別れたくない時の対処方法5選!

彼女の話をしっかりと聞く

なぜ彼女が別れを決意したのかを、しっかりと聞く努力をしましょう。話を聞くことは、簡単なようで難しいことだと言われています。自分が別れたくないという気持ちを持っていることで、彼女の話を冷静に聞くことができなくなることもあると言われています。

しかし、彼女が話をしているときに口を挟んでしまえば、彼女はしっかりと伝えることすらできなくなってしまいます。そうなってしまうことで、お互いの気持ちを正直に伝えることができなくなり、冷静な判断が難しくなってしまうようです。ですからまずは、彼女の話を黙って聞いて、話し終わってから自分の意見を言うようにしましょう。「別れたくない」と気持ちが焦っている時は、なかなか難しいかもしれませんが、これはとても大事なことです。

素直な気持ちを見せる

男性は女性に比べて涙を流すことが比較的少ないようです。彼女から「別れたい」と言われたけど、別れたくない場合には、涙を流す勢いで素直な気持ちを見せる努力をしてみてください。素直な気持ちを見せることで、「この人は自分がいなければダメなんだ」と感じてもらうことができるかもしれません。

これは、自分の弱い部分を見せて、女性の母性本能をくすぐることで別れを回避する方法だと言われています。ただこの方法は、普段強いと思われている男性が行ってギャップを見せることが大切だと言われています。そのため普段から「女々しい」と言われている男性は活用しないほうが良いかもしれません。

約束を話題にする

多くの女性は、約束を大切にする傾向があると言われています。そのため、別れ話を切り出された時に約束を話題に出すことで、その約束を果たそうとしてくれる可能性が高いようです。「まだ誕生日を一緒にお祝いする約束を果たしていない」「◯◯に行く約束を果たしていない」など、彼女と交わした約束を話題に出してみてください。

また、場合によっては彼氏が約束を守らないことが原因で別れを決意していることもあるようです。多くの女性が彼氏と大切にしていることは「思い出」だと考えられています。そのため、これからはちゃんとに約束を果たすことを伝え、すぐに果たすことができそうな約束の予定を立てるようにしましょう。

心からの謝罪をする

自分では気がつかないうちに、彼女を傷つけてしまっていたかもしれません。また、彼女が普段から不満を抱えていたのかもしれません。別れたいと決意した理由が、自分に非があるようなことだった場合には、素直に非を認めて心から謝る努力をしましょう。

この時にただ謝るのではなく、非を認めた上で「今後どうしていくのか」「傷つけた責任はどう取るのか」などを明確に伝えることも大切だと言われています。ただこの方法は、普段から口先だけで謝罪をしている人には、有効な方法だということができないようです。

普段から口先だけで謝罪していることで、「どうせまた口先だけ」と思われてしまう可能性が高いと考えられています。そのため、普段から口先だけで謝罪をするのを控えることが大切です。

彼女の幸せを第一に優先する

別れを切り出されたときには、自分が別れたくない気持ちでいっぱいになってしまうことも少なくないようです。しかし、別れの危機に直面しているときに自分のことばかりを考えることで「結局自分のことしか考えていない」と思われてしまう可能性があると言われています。

彼女が別れを切り出してきたときには「◯◯の幸せを願っているよ」「自分より良い人を見つけて必ず幸せなってね」というようなセリフを活用してみてください。幸せを願ってあげることで、彼女はとても嬉しい気持ちになると言われています。

また、別れを切り出した自分に罪悪感をもつようになり、再び別れを考え直してくれるかもしれません。彼女の心の隙間にうまく入り込み、再び恋愛感情を持ってもらうことが大切だと言われています。

別れたくないのに別れることに…相手を後悔させる有効な方法

感謝の気持ちを伝える

別れることになったときに、「嫌だ。嫌だ。」と相手にすがりついていませんか?こうすることで、「面倒臭い」「うざったい」と思われるようになってしまう可能性かあると言われています。どうしても別れなければいけない場合には「今までありがとう」「こんないい人と付き合えてよかった」「楽しかったよ」など相手を立てる感謝の気持ちを伝えるようにしてみてください。

そうすることで、「なんであんなにいい人を振ってしまったのだろう。」と後悔するケースか多いようです。この方法は、後悔をしてもらうために最も有効な方法だと言われています。

多くの人は、自分が振った相手に感謝をされることでモヤモヤとした気持ちになることが多いようです。そのため、このモヤモヤの気持ちから「別れなければよかった」と後悔する可能性が高いと言われています。

冷たくならない

「別れよう」とメールが来た時に「わかった」と素直に答えてしまってはいませんか?また、直接言われたときでも「わかった。じゃあね」とあっさり別れを受け入れてしまう人も多いようです。しかし、このようにあっさりと受け入れることで「本当に自分のことが好きだったのかな」と思われてしまう可能性が高いと言われています。

このような疑問を持たれることで「別れてよかった」という考えになるそうです。また、別れを告げている方は「罪悪感」を持っていることが多いと考えられています。

しかし、あっさりと受け入れることで罪悪感が薄れてしまうようです。恋人に後悔してほしいのなら、ある程度未練があることや、悲しいという気持ちを表に出すようにしましょう。

手紙を書く

別れることが決まったら恋人に手紙を渡してみてください。今までの思い出や、どんなところが好きだったのか、感謝の気持ちなどを添えることが大切だと言われています。手紙を読んでもらうことで、再び楽しかった頃の思い出を振り返ってもらうことができる可能性が高いようです。

また、手紙は相手が捨てない限りずっと形に残るものだと考えられています。そのため、別れた直前は難しくても、時間がたってから読み返すことで「また付き合いたい」「別れなければよかった」と後悔してもらうことができるかもしれません。

手紙を書く際には、心を込めて書くことが大切だと言われています。自分なりに丁寧な文字で書けるように努力をしましょう。

最後にデートをする

別れが決まったら、「最後に楽しいデートをしてほしい」とお願いしてみましょう。最後にお互い楽しむことができるようなデートをすることで、相手に「別れようなんて言わなければよかった」と思ってもらえる可能性があるようです。

また、「最後に」ということで「最後ならいいか」とデートをしてくれる可能性が高くなると考えられています。最後のデートの時には、別れのきっかけや自分の思いを伝えるようなことはしないようにしましょう。

あくまでも仲良く付き合っていた頃のように、デートを楽しむことが大切だと言われています。またデートの最後には「今までありがとう。じゃあ帰るね」と悲しい表情を浮かべましょう。そうすることで「なんでこんないい人に別れを告げてしまったのだろう」と後悔してもらえるかもしれませんよ!

素直に別れを受け入れる

別れを告げられた時に、素直に受け入れることも重要だと考えられているようです。人間は、追われると逃げたくなり、逃げられると追われたくなる生き物だと言われています。別れを告げられたときに、理由を聞いて素直に別れるという選択肢を視野に入れるようにしましょう。

この時に、感謝の気持ちや今まで楽しかったこと、相手の幸せを願っていることはしっかりと伝えるように心がけることが大切だと言われています。素直に受け入れて別れを選ぶことで、「やっぱり別れたくない」「やっぱり好きだ」と思ってもらえる可能性が高いと言われています。

この時に、あっさりと別れを受け入れることはやめてくださいね。あくまでも、悲しい気持ちを表面に出すことが前提だと考えられています。

別れたくない時には、人間の心理を上手に活用しよう!

このように大好きな恋人に「別れよう」と言われたけど、別れたくないという状況になった場合には、人間の心理を上手に活用してみてください。無理に別れたくないと拒否することで、相手の気持ちがさらに離れてしまう可能性があるようです。

人間の心理を理解して、いざという時に適切な対応ができると良いでしょう。恋愛は駆け引きが大切だと言われています。別れの危機に遭遇した時も、相手と上手に駆け引きをしてみてください。また、どんな対処方法を行う際でも冷静でいることが大切だと言われています。