目のコンプレックスを克服しよう!一重の魅力を生かしたメイク術

顔のパーツの中でもコンプレックスを抱える人が多い部位、それは目です。特に、一重であることにコンプレックスを抱いている女性は少なくありません。でも、一重は本来とても魅力的な美点なのです!一重の特徴を生かしたアイメイク術で、コンプレックスを克服しましょう!

一重はコンプレックス?

現代の日本では二重まぶたの方が一重まぶたより人気があり、一重であることをコンプレックスに感じている人は少なくありません。

雑誌やネットでも一重のためのメイク方法などの特集が組まれていますが、それらの中には一重をカバーし二重に見せよう、近づけようとするものも多く、いかにぱっちり二重に憧れる女性が多いかを物語っています。

そもそも何故二重まぶたが人気なのでしょうか?その理由としては、西洋人の顔貌への憧れが根底にあると考えられます。西洋人の顔立ちは彫りが深く、その殆どが二重です。一重が多くみられるのはアジア圏、特に日本・中国・韓国など北東アジア地域のみなのです。

現代の日本人の約7割が二重とされており、一重の方が少数派です。二重まぶたは優性遺伝、一重まぶたは劣性遺伝なので、二重まぶたの方が遺伝しやすいのです。多数派の方が良いとする集団心理もまた、二重が人気である理由なのかもしれません。

日本に西洋文化が入ってくる前の時代には、一重で切れ長の目の女性の方が、二重の女性より美しいとされていました。現に、欧米においては目頭と目尻が細くなっている目が美しいとされる傾向にあり、「アーモンド・アイ」と呼ばれています。一重瞼はこの「アーモンド・アイ」の典型例にあてはまります。価値観とは、時代や地域によって変わるものなのです。

芸能人では、女優の木村多江さん、モデルのりょうさんなどが一重だと言われています。すっきりとした面立ちで、とても美しいと思いませんか?一重をコンプレックスに感じている人は、一重の美しさを最大限に生かしたメイクでそのコンプレックスを克服しましょう!

一重を魅力的に見せるメイク術

アイシャドウ

アイシャドウは、淡い色(ハイライトカラー)と濃い色(メインカラーorミディアムカラー)の二つを用意しましょう。
ブラシを使い、まぶた全体(アイホール)に淡い色のアイシャドウをのせ、肌の色を整えます。
濃い色はチップを使用し、目の上際から、目を開けた時に正面からシャドウの色がはっきり見えるくらいの幅につけます。目尻に向かって幅が広くなるように伸ばします。

グリーンやピンクのアイシャドウを使うと、可愛い印象に仕上がります。
ブルーやグレー、オリーブ系などはクールで大人っぽいイメージになります。
華やかさを演出したい場面では、パープルやブラウン系がお勧めです。

アイライン

アイラインは、まつ毛の生え際(インサイドライン)を埋めるように書いていき、正面を向いた時にラインが見えるくらいの幅にします。ラインが細いと、一重の人は目を開いた時まぶたの下に全て隠れて見えなくなってしまうので、太くくっきりと書くのが良いでしょう。太過ぎると目を閉じた時に不自然なので、あくまでも正面を向いた時にラインが見える程度です。
アイラインは、くっきりとした線を描きやすいリキッドタイプがお勧めです。目尻を少し長めに描くことで、すっとしたクールな目元を強調できます。
下まぶたの目尻側に、軽く陰影をつけましょう。ペンシル型のアイラインで色をのせてもいいですし、濃い色のアイシャドウや眉パウダーなどを使用しても構いません。

マスカラ

マスカラはつけ過ぎると目が小さく見えてしまうので、適量にします。一重の人の場合まぶたが被さっていてビューラーでまつげを上げようとしても中々難しいことが多いので、無理はしなくていいです。今は多くの付けまつげが売られていますが、一重を生かしたすっきりとした目元を演出したいなら使用しないほうがいいでしょう。下まつげにはしっかりとマスカラを付けると、より目元を強調できます。

一重の人がやってはいけないメイク

・彫りの深い顔立ちを演出するために目元を強調させようとして、アイホールに濃い色のアイシャドーをのせるのはNGです。顔全体が暗い印象となってしまいます。

・濃い色のアイシャドーはぼかさないようにします。目を開けた時に正面から見える程度にしっかりとのせましょう。

・目の下全体にくっきりとアイラインをひいてしまうと、かえって目元を小さく見せてしまいます。目の下のアイラインは目尻にだけ控えめに使い、あとはマスカラで下まつげを強調させましょう。

・アイシャドウののせ方やアイラインのひき方など、一重まぶたと二重まぶたではベストな方法が異なります。ファッション雑誌のメイク特集など参考にする際には、二重アイメイクを真似ないようにしましょう。

一重だからこそ出せる魅力!

一重は知的でクールな印象を与えます。欧米から賛美されているように、アジアンビューティーとも謳われる一重は誇るべき魅力であり、コンプレックスに思う必要などないのです。二重に憧れて、アイプチやプチ整形などで後天的に二重を作る女性が増えていますが、実はとても勿体ないことかもしれません。アジアンビューティーを目指すなら、一重は究極のチャームポイントです。是非、ご自分の目に合ったメイクを見つけ、その魅力を最大限に生かしてみてください!