ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水は賞味期限ってあるの?

普段何気なく活用しているミネラルウォーターには、賞味期限があることを知っていますか?また、万が一の時に備えてミネラルウォーターを常備している人もいますよね。ミネラルウォーターの賞味期限について紹介します。

そもそもミネラルウォーターってなに?

ミネラルウォーターは、水道水の水ではなく、お店で販売されているおいしいくって綺麗・安全な水というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

ミネラルウォーターは基本的に湧き水や地下水などの自然の中にある水のことを総称したものだと言われています。しかし、自然の中にある水が全て安全かというとそうではないように感じますよね。ミネラルウォーターは、しっかりと検査を行った飲んだりしても問題がないと言われているものを言います。

自然の中にある水=ミネラルウォーターと考えてしまうとミネラルウォーターではなくなってしまうので注意をしてください。また、日本の水道水は軟水で、しっかりと管理されているため安全性優れていると言われています。

中には、水道水を飲用として活用している人もいますよね。実際にペットボトルの中に水道水を詰めたものをミネラルウォーターということもあるようです。ミネラルウォーターの定義は「複数の源泉の場合によると、ミネラル分の添加及び加熱以外の殺菌を行った水」だそうです。

この定義を参考にすると、雨水を共に殺菌している水道水は、そのほかに添加物などを含んでいないため、ミネラルウォーターになると言われています。多くの人がミネラルウォーターにはミネラルが豊富だと考えていますが、実際にはミネラルウォーター=ミネラルが豊富というわけではないと言われています。

賞味期限ってなに?

ミネラルウォーターには、賞味期限が設定されています。「ではミネラルウォーターの賞味期限の基準ってなに?」と思う人もいるかと思います。基本的にミネラルウォーターの賞味期限は、ミネラルウォーターを美味しく飲むことができる期間だと言われています。

ミネラルウォーターは未開封の状態では、腐敗する可能性が低いそうです。しかし、ミネラルウォーターを長期保存することで風味が変わってしまう可能性があると言われています。ミネラルウォーターの容器でもあるペットボトルは、微細な浸透性を持っているそうです。

そのためにおいがある場所に長期間置いておくことで、徐々ににおいが浸透して内部の水に移ってしまうことがあると言われています。これは、強いにおいでない場合も同じです。生活臭なども浸透してしまう可能性があるのです。

水の味はとても繊細だと言われています。そのため、このような現象が少しでも起こることで、簡単に水の風味が変わってしまうと考えられているようです。

賞味期限と消費期限の違いは?

ほとんどの食品には賞味期限や消費期限が設定されています。多くの人は、食品を口にするときに、賞味期限や消費期限を参考にして「食べられる」「食べられない」を判断するかと思います。

消費期限は、長期保存をすることができない食材に設定されていることが多いようです。開封していない時に、正しい保存方法を行った状態で安全に食べることができる期間だと言われています。

賞味期限は、保存期間が比較的長い食品には設定されていることが多いようです。未開封の状態で、正しい保存方法を行った場合に、食品を美味しく食べることができる期間だと言われています。ミネラルウォーターは、基本的に未開封の状態であれば、腐敗する可能性が低いことから、賞味期限が設定されています。

ミネラルウォーターの一般的な賞味期限とは?

ミネラルウォーターには、美味しく飲むことができると言われている賞味期限が設定されています。賞味期限は基本的に、使用している材料や製造過程・食品を包んでいる素材を考慮した上で設定されることが多いそうです。

ミネラルウォーターの賞味期限もこのようなことを考慮した上で設定されていると言われています。ミネラルウォーターの賞味期限は基本的に1.5Lや2Lのものでは、製造から約2年が賞味期限だと言われています。また、500mlのミネラルウォーターでは、製造から約1年が賞味期限だと言われています。

このように、内容量によって賞味期限が異なります。しかし、賞味期限が異なるからといっても製造過程や含まれている成分に違いはないそうです。同じメーカーの同じミネラルウォーターでも内容量によって賞味期限が異なるのです。

これは、内容量が少ない方が、外気の影響や周囲の臭いに影響されやすくなるため、ダメージを受けて風味が変わる期間が短くなると考えてられているかだと言われています。容量が少ないことで、外部からの影響が集約されることが理由だそうです。

ミネラルウォーターの賞味期限の基準って?

ミネラルウォーターは水だから、長期保存をすることができると考えている人は少なくありません。長期保存が可能だからと、万が一の時に備えてある程度ミネラルウォーターを用意している人も多いですよね。

しかし、ミネラルウォーターを販売しているメーカーは、安全性で美味しくミネラルウォーターを飲むことができる期間というものを設定しています。そのためその期間内にミネラルウォーターを使い切ることを推奨しています。

ミネラルウォーターや水などは基本的に本来のそのままの状態であれば腐敗するものではないと言われています。通常「水が腐る」という現象は水自体が腐敗しているのではなく、ミネラルウォーターや水などに含まれてる、その他の物質によって変化が起こるためだと言われています。

水は元素記号で表すと「H2O」となります。この元素記号からわかるように水は水素と酸素が結合したもとだと判断することができますよね。基本的に水素や酸素は、化学的な観点で見てみると生体活動を行わない無機質だそうです。

そのため、水そのものが化学反応を起こして、腐敗するということは考えられないと言われています。つまり、不純物が全く含まれていないミネラルウォーターや水は、どれだけ長期保存をしていても腐敗することがないということになります。

ではなぜミネラルウォーターは腐敗するの?

100%不純物が含まれていないミネラルウォーターや水は、半永久的に腐敗はすることはないと考えることができると言われています。しかし、ミネラルウォーターの中に不純物が含まれている場合には、腐敗する可能性があるそうです。

これは、ミネラルウォーターに含まれている不純物などの有機物が、状況によっては化学反応を起こすことが原因だと言われています。そのため、ミネラルウォーターに含まれている不純物が何かによってもミネラルウォーターが腐敗する状態やスピードは変わってくると考えられているようです。

このような現象が起こることで、水が腐ると言われています。しかし、実際には水自体が腐敗しているのではなく、水の中に含まれている不純物が腐敗していると考えた方が良さそうですね。ミネラルウォーターなどのペットボトルを開封することで、不純物は一気に増加すると言われています。

これは、ペットボトルを開封することで空気中に含まれている不純物が混合してしまうからだそうです。空気中には、さまざまな不純物が含まれているため、ペットボトルを開封した時にこのような現象を避けることはできないと考えることができます。

ミネラルウォーターを未開封の状態で保存しておけば、腐敗する可能性は低いと言われています。しかし、ペットボトルを開封することで不純物が増加するため、ミネラルウォーターは腐敗しやすくなってしまうようです。

開封したミネラルウォーターの賞味期限って?

ミネラルウォーターは開封することで、腐敗しやすくなると言われています。しかし、ミネラルウォーターを開封した後の賞味期限は、商品には記載されていませんよね。ミネラルウォーターを開封した後にどのように保存をするのかによっても賞味期限は異なるそうです。

一般的に、ミネラルウォーターを開封した後に常温で保存した場合には、1日で使い切るようにした方がいいと言われています。また、常温で保存したミネラルウォーターは、1週間以内であれば再び加熱することで飲用として使用できるそうです。加熱した後にすぐに不純物などが付いていない容器に入れることで、再び未開封の時のようなミネラルウォーターを味わうことができると言われています。

また、ミネラルウォーターを開封した後に冷蔵保存を行った場合には、数日から2週間程度が賞味期限だと言われています。これは、あくまでもミネラルウォーターをコップなどに移して飲用した場合です。2週間程の賞味期限がありますが、理想は1週間で飲みきることだそうです。

また、常温保存や冷蔵保存に関係なく、直接口をつけてミネラルウォーターの飲んだ場合には、その日のうちに飲みきるようにした方が良いとのことです。直接口をつけることで、口の中に含まれている細菌がミネラルウォーターの中に入ってしまうため、衛生的にあまり良くないと言われています。

一度ミネラルウォーターを開封した後は、期限が過ぎてしまわないように、ペットボトルに開封日を記入しておくと良いかと思います。

腐敗しているか、していないか見分けるポイントは?

ミネラルウォーターが腐敗しているかを判断するポイントは、「酸っぱい臭い」「濁り」「白い浮遊物」だと言われています。

ミネラルウォーターの表面に、薄い膜が張っていたり、白い浮遊物が確認できる場合には、ミネラルウォーターが腐敗していると考えてることができるそうです。また、タピオカのような透明の粒が確認できる場合には、水カビがはっせいしている可能性が高いと判断することができると言われています。

水が腐っているのか判断するのに、一番簡単だと言われているのが「水の濁り具合」です。水の透明感がなくなっている場合には、腐敗している可能性が高いそうです。このような現象が見られる場合には、賞味期限が過ぎていなくても、使用するのを控えるようにしましょう。

そのまま飲用として腐ったミネラルウォーターを活用してしまうことで、健康を害してしまう可能性があると言われています。また、腐敗している場合には、生活用水としての使用も控えた方が良いかと思います。

ミネラルウォーターの賞味期限が切れてしまったら?

万が一の時に備えてミネラルウォーターを保存していたら、賞味期限が切れていた。一度開封したけど期限内に飲みきることができなかったという場合もありますよね。このような時には、ミネラルウォーターの風味が落ちているため、通常の時ように、美味しく飲めない可能性があると言われています。

賞味期限が切れてしまっても、腐敗していなければ飲用としても活用することは可能だそうです。しかし、安全性を考慮したり、おいしいミネラルウォーターを飲みたいという場合には、賞味期限が切れたミネラルウォーターは向いていません。

しかし、ミネラルウォーターの賞味期限が過ぎてしまったからと言って、捨てる必要もないのです。せっかく購入したミネラルウォーターを捨ててしまうのはとてももったいないことですよね。このような場合には、ミネラルウォーターを飲用としてではなく、生活用水として使用してみてください。

賞味期限が過ぎたミネラルウォーターは、基本的に生活用水として使用しても問題ないと言われています。食器洗いや掃除用の水などで活用することで、捨てずに上手に賞味期限が過ぎたミネラルウォーターを活用することができますよ!

美味しいミネラルウォーターを飲もう!

このように、普段何気なく活用しているミネラルウォーターには、賞味期限が設定されています。ミネラルウォーターを販売しているメーカーは、風味などを損なわないように設定している賞味期限となっています。

そのため、風味を気にしない。腐敗していない。状況であれば賞味期限がきれていたとしても飲料水として使用することができると言われています。しかし場合によっては、臭いなどがなくてもお腹を壊すこともあるので、しっかりと自己判断した上で決断をするようにしましょう。

賞味期限がきれて不安だと感じる人は、ミネラルウォーターを生活用水として使用してみてくださいね。腐敗していないのであれば、十分に使用することができると言われていますよ。また、ミネラルウォーターの賞味期限はあくまでも未開封時の場合です。

開封することによって、不純物が混合するのでなるべく早く飲むようにしましょう。開封した後に、できるだけ保存期間を延ばしたい場合にはしっかりと冷蔵保存を行うように心がけましょう。

また、1.5Lや2Lのミネラルウォーターを1日で飲むことができない場合には、必ずコップなどに入れてから飲むようにしてみてください。直接口をつけてしまうと保存期間とても短くなってしまいますよ。

ミネラルウォーターを保存する場合には、事前に賞味期限を確認しておくと良いですね。できるだけ美味しく状況でミネラルウォーターが飲めるようにしてみてくださいね。