水道水にはなぜ塩素が入っているの?塩素の役割と体への影響を知って上手に利用しよう

生きていくうえで必要不可欠な水。日本ではどこでも蛇口をひねれば透明で安全な水が出てくるのが当たり前ですよね。ではその安全な水はどのように作られているのでしょうか?また水道水独特のあのニオイの正体「塩素」の働きとは? 毎日使う水だからこそもっと水のことを知り賢く利用していきましょう。

川の水が水道水になるまで

日本では原料となる水は川や沼から取り出されます。もちろんそのままでは病原微生物やごみ、不純物などが多く飲むことはできないのでいろいろな除去処理を受けます。ではどのように処理されるのか順番に見てみましょう。

取水塔(川や沼から取水します)

着水井(ポンプで送られてきた水を調整する)

薬品混和池(薬品を混ぜ、不純物を取り除く)

ろ過池(砂を利用して水をろ過する)
↓ 
活性炭吸着池(匂いを吸着させる)

消毒室(微量の塩素を入れる)

配水池(きれいになった水をためる)

各家庭へ

このように水道水はたくさんの処理を経て多くの病原微生物や体に害を及ぼす成分、ごみなどを取り除き安心で安全な水として私たちに届けられているんですね。

水質について

水道水の水質基準は水道法で定められています。水質基準の調査項目は人の健康の保護に重点をおいた項目と生活に利用する際に障害が生じるおそれがあるかに重点をおいた項目からなっています。

項目は51項目ありこの51項目が水道法で検査が義務付けられていて数値も基準以下にする必要があります。検査は水道事業者が項目によって毎日や1か月に1回などの頻度で水質検査を行っています。

■残留塩素に関しては水道法施行規則によって蛇口から出る水道水の中に残留塩素が基準値以上あるようにすることが義務づけられています。基準値以上あることで水道水の殺菌消毒が適切に行われている証明となります。

■残留塩素は基準値以上あればいいわけですが、高ければ高いほどいいと言うわけではありません。上限としては水質管理目標値という項目で決められています。

水道水が飲める国は世界で15か国だけって本当?!驚きの世界の水道事情

塩素ってなに?塩素の役割とは?

水道水やプールの消毒に使われる塩素。学校では化学の周期表で「Cl」なんて習ったのを覚えている人もいるのではないでしょうか?水道水には塩素が入っていますが独特のニオイもあり水道水をそのまま飲むときはちょっと気になりますよね。いったい塩素ってどのような役割があるのでしょうか。実は私たちの生活には必要不可欠な存在なのです。

塩素の役割

塩素はとても強い漂白、殺菌作用があります。そのため病原微生物(病原性大腸菌O157など)の殺菌やニオイをとることもできます。塩素の漂白殺菌作用を利用した商品はたくさん販売されています。

身近なところでは家庭用漂白剤、除菌剤などがあります。また感染に細心の注意を払わなければならない病院でも多く利用されています。家庭用漂白剤などにはよく「まぜるな危険!」と書いてあります。漂白剤や塩素系の洗剤に他の洗剤と混ぜると有毒な塩素ガスが発生することがあるので注意してください。また漂白剤などが皮膚に付くと皮膚を溶かしてしまう作用もあります。必ず手袋をして取り扱ってくださいね。

このように塩素は私たちにとってとても身近な存在であり、日本全国の水道に添加されています。

残留塩素の体への影響とは?

塩素と残留塩素のちがいは?
水道水の殺菌には、塩素系薬剤を使用します。その殺菌で使用した塩素が、塩素としての効力を残したままになっていることを、残留塩素というそうです。私たちが、水ににおいを感じる中で、カルキ臭いなどと話題にしている塩素は残留塩素のことを指しています。

水道水のカルキ抜きは必要?カルキの働きとカルキ抜きの4つの方法

残留塩素の体への影響は?

では殺菌消毒に使用する塩素は私たちの体にどのような影響を及ぼすのでしょうか。水道水に添加されている塩素の濃度はもちろん体に影響のないように厳密に調整されています。普通の人が日常で使う分には何も影響がないと言われています。しかしまれに皮膚が弱い人などに影響が出ることもあるようです。

皮膚

もともと皮膚が弱い人やトラブルがある人は残留塩素の刺激によって肌荒れをおこしたり、トラブルが悪化してしまうことがあります。またアトピー性皮膚炎ははっきりとした原因はわかっていないようですが残留塩素も皮膚症状の悪化をもたらす原因の一つと言われています。

髪の毛

髪の毛はタンパク質からできています。残留塩素はタンパク質を壊してしまうことがありキューティクルが変化してしまいパサつきの原因の一つと言われています。髪の毛は一度傷んでしまうと再生能力がないので傷んだままとなるようです。

残留塩素の基準値は?

■残留塩素は、蛇口から出る水の中に残っている塩素の残留量が、水道法で基準が規定されていています。基準値以上の塩素があることで、水道水が安全であることや、殺菌消毒がされているということになります。

基準値:0.1㎎/L以上……殺菌消毒に必要な濃度

■残留塩素は基準値以上あればいいわけですが、高ければ高いほどいいと言うわけではありません。上限としては水質管理目標値という項目で決められています。

基準値:1㎎/L以下……体への影響などを考えて設けられた上限の目標値の濃度

WHOのガイドラインでは残留塩素の基準値が5㎎/L以下となっているため日本の残留塩素の基準値はかなり厳しくなっているようです。

カルキ臭いって言うけど「カルキ」って?

水道水の塩素臭のことを「カルキ臭い」って言ったり聞いたりしたことがありますよね。カルキとはもともとは石灰の意味です。ドイツ語ではクロールカルキと言いそれを省略してカルキと言います。

石灰には塩素が含まれているものがありその塩素臭のことをカルキ臭いと言うようになりました。そこから塩素のニオイのことをすべて「カルキ臭い」と表現するようになったようです。

ここから、カルキ臭いとは塩素の匂いが強いときに使用するということです。

残留塩素を除去する4つの方法

ビタミンC

よく喫茶店や、レストランなどで見かける、水にレモンの輪切りを入れているところを見たことはありませんか?それは、レモンの香りがするのでさわやかになるということだけでなく、ビタミンCの働きを利用してお水をおいしく摂取するために行われています。

実は、ビタミンCには塩素を分解する力があります。ビタミンCとしてレモン果汁や粉末のビタミンC剤などを利用できます。今は100%のレモン果汁がスーパーなどで売られていますよね。コップ1杯に1滴入れるだけで残留塩素を分解しカルキ臭を取り除くことができます。水1Lでも2~3滴で足ります。残留塩素を除去する方法としてはこれが一番安価で簡単にできますよ。

もしおいしいお茶を水道水から入れたいときは、どうしたらいいと思いますか?おいしいお茶を入れるためには、水道水の残留塩素がにおいや味をかえてしまうことでせっかくのお茶が台無しになります。ではこの残留塩素を除去することが大事です。手っ取り早く塩素を除去するのに熱を加えるといいといわれています。

この残留塩素は熱にも弱く水道水を沸騰させることで除去することができます。ニオイがとぶようにふたをせず5分ぐらい沸騰させるとよいでしょう。しかし毎回沸騰させるのはちょっと手間がかかりますね。

活性炭

活性炭とは冷蔵庫などに入れ脱臭用に使われたりする炭のことです。この炭をを利用して残留塩素を取り除くものが浄水器です。活性炭は残留塩素を吸着して取り除いてくれます。

少しコストをかけてもいいのであれば浄水器を取り付けても良いでしょう。浄水器のカートリッジは不純物を取り除くフィルターも一緒になったものが多いと思います。

しかし活性炭は残留塩素を取り除く能力に限界がきます。またフィルターも汚れてくるので、カートリッジの交換期限は必ず守らないと有効な効果が得られないので注意しましょう。浄水器はたくさんの種類が売られていますが、カートリッジの品質やどれだけろ過できるかなどに注意して購入しましょう。今は大手メーカーも販売しているのでメーカー製のものを選んだほうが無難かもしれません。

また活性炭を用いたシャワーヘッドも売られています。髪のパサつきや皮膚が弱い人はこのようなシャワーヘッドを使い残留塩素を除去した水を使用することもできます。

紫外線

バケツに入れた水を、放置しておいて、金魚や、メダカなどを飼育の水に使うことがあります。
これは、残留塩素が太陽光に含まれる紫外線でも分解されるという特徴を使っています。水を汲み置きして日光に6時間以上当てると除去できるようです。

外に出しておかないといけないので人の飲料水には使えませんが、ペットの飲み水や金魚などの水槽の水に利用すると良いでしょう。またあまり温度が高いまま放置すると雑菌が繁殖しやすいので注意しましょう。
残留塩素を除去した水は!
残留塩素を除去した水は殺菌消毒効果がなくなっているので、菌が繁殖しやすくなっています。料理や飲用として使用する場合は、菌が繁殖しないように冷蔵庫などの低温の場所で管理して、できるだけその日のうちに使いましょう。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターとは?

ミネラルウォーターとは主に地下水を原水とするナチュラルウォーターにミネラルを追加したものです。その名前からミネラルが豊富に含まれていると思われがちのようですが、魚や大豆製品と比べるとかなり少ない量のようです。

以外と思う人もいるかもしれませんが、ミネラルウォーターの水質基準の項目は18個です。水道水の水質基準の項目は51個なので水道水のほうがかなり厳しく管理されています。そして大きな違いは塩素が入っているかいないかです。ミネラルウォーターには塩素が入っていないためカルキ臭がなくおいしく感じるようです。

しかし水道水は安全性のために塩素が入っていて水質基準もミネラルウォーターより厳しいので安全重視で選べば水道水、味を重視で選べはミネラルウォーターとなるようです。

【オススメの水】水の種類4つとその効果や一日に飲む量は!?基礎代謝量アップとデトックス効果でダイエット!

ミネラルウォーターの種類

現在日本ではどこのスーパーやコンビニでもたくさんの種類のミネラルウォーターが売られていますよね。実はミネラルウォーターとひとくちに言っても農林水産省のガイドラインによって、4種類に分けられています。

ボトルドウォーター

ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター以外の飲める水

ナチュラルウォーター

水源は特定されていていて、地下水の処理で、必要以上の物理的、科学的処理をしてないもの

ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターを加工してミネラルなどの調整を行ったもの

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターの中で鉱化された地下水の原水

一度ペットボトルのミネラルウォーターを飲むときにラベルを確認してみてください。ラベルにナチュラルウォーターなどと書かれていると思います。

スーパーやドラッグストアで汲む水

最近スーパーやドラッグストアで専用の容器だけを購入したらあとは水を汲み放題の装置を見たことがあるのではないでしょうか?汲み放題の水の種類はいくつかあります。

・水道水を簡単なフィルターでろ過してミネラル分を加えたもの
・水道水を電気分解してつくられたもの。アルカリイオン水やマイナスイオン水など言われているもの
・RO水と言われているもの

RO水は「逆浸透濾過装置」という装置で水道水を特殊なフィルターでろ過し活性炭で残留塩素を除去した水です。この装置で作られた水は英語表記を略して「RO水」と呼ばれています。RO水はミネラル分まで除去しほぼ不純物が無い状態の水、「純水」に近くなります。ミネラル分がないので味は決しておいしいとは言えませんが、コーヒーや紅茶、料理などに利用すると味の邪魔をせずおいしくなるようです。RO水を作る装置ではミネラル分も除去されますが、おいしくするために最後にミネラル分を添加したRO水もあるようです。

このように「スーパーなどで汲める水」はいろいろな種類の水があり、利用する際はその装置がどの種類の水を提供しているのか確認してみるといいでしょう。

ウォーターサーバーの水

健康志向や食の安全性への意識の高まりで家庭に水を宅配してもらうサービスも人気が高いようですが、ウォーターサーバーの水の正体はなんでしょうか?実はウォーターサーバーの水は大きく2種類に分けられているようです。ミネラルウォーターともう1つはRO水です。

ウォーターサーバーのRO水もそのままだとまったく味がなくおいしくないので、処理の後にミネラルを人為的に添加されているものが多いようです。ウォーターサーバーを利用するときは水の種類を確認してくださいね。

まとめ

川や沼の水にはたくさんの病原微生物やごみが混ざっています。その水を水道水として安全に飲めるようにするにはどうしても塩素の力が必要です。塩素で殺菌消毒をしないとお腹を壊したり、感染性の病気になることもあります。日本では残留塩素の基準は厳しく管理されているので体に害を及ぼすような残留塩素の濃度にはなっていません。

しかしカルキ臭は多くの人が感じていますし、体に影響のない濃度でも敏感に体が反応してしまう人たちもいます。塩素を除去する方法を取り入れたり、用途によってはミネラルウォーターを活用したりして上手に水道水を利用できるといいですね。

日本のようにどこへ行っても蛇口をひねれば透明で安全な水が出てくる国はあまりないようですよ。