感情のコントロールが出来ない7つの原因!対処方法4つを公開します!

感情のコントロールが上手にできないと悩んでしまっている人もいるかもしれませんね。なぜ、感情のコントロールが出来なくなってしまうのでしょうか?中には、感情のコントロールが出来ないから何かの病気かもしれないと思うようになってしまう人もいるのです。感情のコントロールが出来ない原因や感情のコントロールをする方法をしっかりと把握していくようにしましょう。

感情のコントロールが出来ないのは?

何かの病気なの?

自分は感情のコントロールが上手くできないという人もいますよね。人間は誰しもが感情を持っています。「楽しい」「悲しい」「イライラする」などの感情を抑えることが出来なくなってしまう事も少なくありません。

しかし、自分は常に感情のコントロールが出来ないという状況に陥ることで「自分はおかしいのかもしれない」「何かの病気なのかもしれない」と不安を抱えるようになってしまいます。

このような不安を解決して、感情のコントロールが出来るようになる為には「何故感情のコントロールが出来ないのか」という事をしっかりと把握する必要があります。根本的な原因を改善することが出来なければ、本当に感情のコントロールが出来るようになったとは言えませんよね。

中には感情のコントロールが出来なくなってしまう病気もあると言われています。しかし、一概に病気だと判断する事は難しいのです。感情のコントロールが出来なくなる原因や、感情のコントロールをする方法を参考にして、自分が抱えている悩みを解決する努力を行いましょう。

感情のコントロールができない7つの原因

人の言動に過敏に反応する

他の人の言動で過度にショックを受けた経験はありませんか?普通なら何も感じずに受け流すこともありますが、過敏に反応してしまう性格の人もいるのではないでしょうか。それはきっと感情のコントロールが出来ていないからと言われ、その反応するボリュームはふつうの人の数倍になると考えられています。

刺激に反応しやすいデリケートな方は心や精神のキャパシティーがオーバーしてしまい、感情のコントロールが上手く出来ていない人とも言えます。

気持ちのリセットが出来ない

日常生活や職場で何か一つミスをするようになることで、簡単なことでもミスをするようになってしまうという人もいるかもしれませんね。これは誰にでも経験がある事だと言われています。このような場合には気持ちをしっかりとリセットすることが出来ていないという原因が挙げられます、そして自分に自信を無くしたり、人とのコミュニケーションが難しくなると考えられます。

気持ちのリセットがしっかりと出来ない人は感情のコントロールが出来なくなる可能性もあります。具体的には、いつまでも「悲しい」「辛い」というようなマイナスな思考を引きずるようになってしまうからです。そのため全く違う作業をしている時にでも、そのことが気になるようになって感情的になってしまう事も考えられます。

「叱られたことをいつまでも引きずってしまう」「失敗を引きずって次の作業が手に付かない」などの経験がある人は、このようなことが原因で感情のコントロールが出来なくなってしまっているのかもしれませんね。

心にゆとりがない

自分自身にゆとりがなくなってしまう事で感情のコントロールが出来なくなることもあると言われています。心のゆとりがなくなる原因は人によってさまざまですよね。「時間にゆとりがない」「金銭的にゆとりがない」「事案や問題を解決するキャパシティーにゆとりがない」という状況になってしまってはいませんか?このような状況になることで多くの人は気分的に不安定になってしまうのです。

心のゆとりがなくなることで、常にあたふたして周りが見えなくなってしまいます。自分がこのような状況である場合には、これが原因だと判断することが出来るかもしれませんね。これらによってストレスを過剰に抱え込むようになることで些細なことでも感情のコントロールが難しくなってしまうのです。

過剰に精神的プレッシャーが溜まっている

生きていれば誰しもがたくさんの精神的プレッシャーを受けることでしょう。ストレスを感じない人などいないのです。ただ、プレッシャーを感じた時にそれを自分の中に溜めこむようになってしまう人も少なくありません。自分の中にプレッシャーを過剰に溜めこむようになり蓄積すると、次第に感情がコントロール出来なくなってしまうのです。

プレッシャーを感じるようになったことが原因で、急に悲しくなったり、急にイライラするようになってしまったことはありませんか?ストレスによって情緒不安定な状態になってしまっているのかもしれませんね。ストレスを溜めこむようになるといつかそれが破裂するようになってしまうということを忘れないようにしましょう。

物事の捉え方や視野が狭い

感情のコントロールが出来なくなることで、自分を忘れて人に対して丁寧さに欠けるいい加減な言葉や行動になるという方もいますよね。自分はこのような発散の仕方で気持ちがスッキリするかもしれません。しかし、周りにいる人は、不快な思いをしているということを忘れないようにしましょう。

また、物事の捉え方や視野が狭くなるのは要注意です。「物事に対して偏った見方をする」「極端な話や特異な例を標準化してしまう」という人はこのようなことが原因なのかもしれませんね。このような考えを持つようになることで、自分と他人の意見が食い違うような状況になると対処が難しい感情のコントロールが出来なくなってしまうでしょう。

ホルモンの調整が乱れている

多くの女性は生理前になることで感情のコントロールが出来なくなってしまうという事もありますよね。これはホルモン調整が乱れていることが原因でナーバスになっているのです。生理前や生理中に感情のコントロールが出来なくなる女性は少なくありません。女性ホルモンの乱れは生理のサイクルに伴っているのです。

そのため女性が、このような理由で感情のコントロールが出来なくなることは仕方のないことだと判断することが出来るかもしれませんね。だた、だからといって必要以上に周りの人に強く当たるなどの言動は控えるようにしましょう。

男性は40代過ぎあたりでホルモンバランスが乱れるようになると言われています。40代を過ぎたあたりで感情のコントロールが出来なくなった場合には、これが原因なのかもしれませんね。

人の言いなりになりやすい

感情のコントロールが出来ない人の多くは、人の言いなりになりやすいという特徴を持っていると言われています。これは本人が自覚している場合やそうでない場合もあります。このような人は、「人に勧められるようになることで深く考えずに物を購入したりする」「イライラしたり激怒した時には落ち着いた判断が出来ない」「辛抱づよさがない」などの状況に陥りやすくなってしまいます。

ただ、このような特徴を持っている人は、相手がどんな人なのかという事がわかればすぐに親しみやすい感じを持つことが出来るようになるでしょう。常に人の言いなりになってしまう事が原因で、どんなことでも自分の思い通りに出来なくなってしまいます。その結果、それがストレスになって感情のコントロールが出来なくなってしまうのです。

感情のコントロールが出来なくなる病気もある!

その主な病気とは?

さまざまな原因によって感情のコントロールが出来なくなってしまう可能性もあります。しかし、自分が置かれている状態や、自分が抱えているもので感情のコントロールが出来なくなっているのではなく、病気によって感情のコントロールをすることが難しくなってしまっている可能性も考えられます。感情のコントロールが出来なくなる病気にどんなものがあるのでしょうか?

感情のコントロールが出来ない病気の中には「人格障害による情緒性人格障害」「統合失調型による分裂感情障害」というものが挙げられます。このような病気は素人には判断することが出来ないと言われています。そのため、専門に医師によってしっかりと診察をしてもらうようにする必要があるのです。

「原因はわからないのにどうしても感情を抑えることが出来ない」「自分はちょっとおかしいのかもしれない」と感じた時には、一人で抱え込まずに専門の医師に一度診てもらうようにように出来るといいかもれませんね。

感情のコントロールの仕方4選

リラックスして大きく深呼吸をする

「深呼吸をするだけで感情のコントロールが出来るようになるの?」と疑問を感じる人もいるかもしれませんね。しかし、呼吸は感情のコントロールととても深い関わりがあると言われています。感情が高ぶってコントロール出来ないと感じた時には、自分では気が付かないうちに呼吸が浅くなってしまっているのです、また身体に力が入っているとも判断することが出来ます。

呼吸が浅くなることで、相応な酸素が身体の中に流れなくなって血行が悪くなってしまうようです。そのため感情を支配する器官がある脳にも適切な酸素や血液が運ばれずに、感情のコントロールが上手く出来なくなってしまう事も少なくありません。

感情のコントロールが出来ていない時には、身体の力を抜いてリラックスしながら約5回程度大きく息を吸って吐いてみましょう。そうすることでこのような状況を改善して上手に感情のコントロールが出来るようになりますよ。また深呼吸には気分を落ち着かせる効果もあります。身体の力を抜いて気分をリフレッシュさせましょう。

しっかりとこのことが出来るようになれば、自分の感情と向き合うことが出来るようになるかもしれませんね。しっかりと感情と向き合うことが感情のコントロールの第一歩だと言われていますよ。普段から深呼吸をする癖を付けておくように出来るといいかと思います。

怒りや悲しみの原因を人のせいにしない

傷心や腹立ちを感じた時に、自分の心に思っていることを気付いてくれない人のせいでこの感情が芽生えるようになったと考えてしまう事もありますよね。しかし人のせいにしていても、相手の自分に対する行動が変わってくれなければ良くない現状が続くでしょう。余計にネガティブな状況に陥るようになってしまうのです。

相手が変わる為には、ある程度の時間が必要になるという事を忘れないようにしましょう。そして相手の変化をただ待っているだけでは、自分のネガティブな感情を消すことはできないのです。このようなことから「人のせいにする」ということは無駄だと判断することが出来ます。

本当に相手の言動によって自分に傷心や腹立ちが芽生えるようになることもありますよね。このような時には「あの人が悪い」と思うようにするのではなく、自分自身も変わることが大切で「自分の何がいけなかったのか?」という事を考えられれば、同じ失敗を繰り返すようなことはありませんよね。

人のせいにするのではなく、怒りや悲しみの原因は自分にあるという考えが持てるようになるといいですね。これを普段から意識するようにすれば、同じような怒りや悲しみを何度も抱え込む必要がなくなるでしょう。

前向きでプラス思考の発言をしましょう!

多くの人は感情のコントロールが出来なくなると、ネガティブな発言をするようになってしまうと言われています。しかしこの時にネガティブな発言を行うようになることで、どんどん気持ちが沈むようになってしまうのです。

反対にプラス思考の発言はリラックスや安心感をもたらすものだと言われています。感情のコントロールが出来ない時こそ前向きな発言を行うようにしましょう。

「私は大丈夫」「私は自信に満ちている」などの言葉を発言するように出来るといいかと思います。また同じような言葉でも「努力する」「頑張る」などの言葉は控えるようにしましょう。人によってはこの言葉によって余計に自分を追い込むようになってしまう可能性もあります。

周囲の状況や時間の移り変わりなどの影響の原因が解消してくれるというような意味合いのメッセージを発言出来るようになるといいですね。このような言葉によってほっとする感じをもたらしてくれて落ち着くことが出来て、気持ちの管理がしやすい環境を作ることが出来るようになりますよ。可能であればこのような言葉を周りの人に掛けてもらうようにしてみてください。

また、鏡などに自分を映してみて前向きで楽観的な言葉を言い表すと効き目があります。このような方法は自己暗示だと言われています。しかし、自己暗示は自分に自信を持つようにするためには欠かすことが出来ないものなのです。自分に自信を持って抱えている感情を客観的に見えるようにしましょう。そうすることでより適切な対応が出来るようになるかもしれません。

必ず幸せな事があるという考えを持つようにする

悲しいことや辛いことに遭遇した時に不安になってしまう事もありますよね。このような時には「次には楽しく嬉しい事が訪れる」と思うように出来るといいかと思います。ネガティブな状況に陥った時にこのような考えを持つことは簡単なことではありません。しかし、感情のコントロールには必要なことなのです。

人々の生涯は等しく公平だと言われています。それゆえに不運が起きたり幸運が起こるのも当たり前なのです。このようなことからネガティブな状況になった時こそ「幸せになるサインだ」と思うようにすることが大切です。このように思えるようになれば、必要以上に感情が破裂してしまう事もすくなくなるかもしれませんね。

またこのような考え方をすることが出来れば、自分の人生をより楽しいものにできるとも言われています。辛い時こそ前向きになって明るい気持ちで過ごすようにすることを忘れないようにしましょう。

感情のコントロールは簡単そうに見えて難しい

このように感情のコントロールが上手にできないという悩みを抱えている人は少なくありません。自分が何故感情のコントロールが出来ないのかをしっかりと考えるようにしましょう。また、感情のコントロールを行うことと、自分の感情を押し殺すことは違います。

自分の中で感情を消化しようとして、それがストレスになってしまわないように注意をしましょう。自分に合った方法で、しっかりと感情のコントロールが出来るようになるといいかと思います。