10代、20代、30代と年齢を重ねるにつれて、たくさんの恋愛経験をしていくものです。その中でも、ちょっとごめんなさい。といった状況になってしまった場合、代表的な失敗例に「酔った勢いでキスをしてしまうこと」があるのではないでしょうか。普段は顔を合わせて伝えられない思いを、お酒の力を借りてアプローチ、強引にアピールしてしまう「酔った勢い」は、成功することもありますが、反対に恋愛成就において最悪の結果になる場合があるのです。知っておくべき「酔った勢い」の心理と対処法に迫ります!

女性は強引な男性が好き?

世の中には、様々な恋愛の名言が出回っていますが、その中に、女性は強引な男性が好き。というものがあります。さて、これは果たして本当なのでしょうか?ちょっと意味を履き違えている男性はいませんか?

一口に、強引な男性といっても色々な解釈ができると思います。例えば、力強く行動する男性から男らしさのようなものを感じる。決断力や判断力が高くて強引に仕事を成功へと導く男性。これらの「強引さ」は女性から魅力的に捉えられていることが多くあります。



ただし、女性が男性の強引さを魅力的に感じる前提として、男性に惚れている(好意を抱いている)ということが必要になってきます。ちょっと好みではない相手が、自分に対してかなり強引な態度を見せてくる、それはただの迷惑行為でしかありません。要するに、男性のあなたが強引な態度で相手に接するということは、よほど自分に自信がない限りはしないほうがいいかもしれないということです。



「強引な男性がモテる」という情報を鵜呑みにして、的はずれで横暴な態度を相手に押し付けるよりは、「やさしさ」や「気遣い」を磨くといった、自分磨きをする方が得策でしょう。「強引な男性がモテる」という定説は、世の中の女性たちが生み出した偶像、「強引」の良いところだけを見た理想のひとつと言えるかもしれません。

やっぱり身体が目当て?

ちょっと、たとえ話をして見ましょう。気になる女性と初めてのデートに出掛けたとします。夜は行きつけのバーで彼女と二人きり、お気に入りのカクテルを飲み、徐々に会話も弾んで楽しい雰囲気になってきています。ところが、あなたはお酒を飲みすぎてしまいました。少し気分がよくなる程度で止めておけば良いものを、初デートの緊張もあって、ついつい飲みすぎてしまったようです。


あなたは、呂律が回らないほど酔ってしまいました。目の前には素敵な女性がいて、いい匂いがします。なぜか、さっきより数倍可愛く見えます。魅力的な唇にあなたはもう我慢できません。しかし、かなり酔っ払ったあなたに見かねた彼女は「店を出よう」と席を立ちます。ですが、あなたは彼女をこのまま帰したくはない。欲望ばかりが高まり、遂には強引に彼女にキスをしてしまいます。



もちろん、このまま恋愛成就というケースは少なからずあるでしょう。ですが、大半はあなたの軽はずみな行動によって今回の恋は失敗に終わるはずです。そういった場合、本気であなたのことを好きだった女性ほどショックは大きいかもしれません。

彼女は心底失望し、あなたを軽蔑の目で見るでしょう。お酒に飲まれ、欲にまみれたあなたはただの獸です。それまでに築いた素敵なムードはすべて台無し。酔った勢いでキスをすることができるのは、相手を性の対象としか思っていないからなのです。

愛しているは嘘っぽい?

酔っ払いの口から出る「君を愛してる」ほど、なんとも言えないような言葉はないかもしれません。相手からすると、どうして普段からその言葉を言ってくれないのということになりますしね。男性の言い分としては、きっとこう言うでしょう。「照れくさい」「面と向かって言えるわけがない」わかりますよね。



お酒が入ると陽気な気分になり、同じ話を何度もしてしまったり、昔の自慢話をしてしまうものです。それをしてが聞いてくれているうちはいいでしょう。しかし、そんないい加減な時の「君を愛してる」に、どれほどの価値があるのでしょうか。本当に相手のことを好きなのであれば、いつもと変わらない、あなた本来の姿で想いを伝えてあげてください。それならば愛情はきっと相手に伝わりますよ。

初キスの思い出が台無し!

恋人の2人にとって一番最初の大切な思い出といっても過言ではないでしょう。そのシチュエーションはとても重要であり、初キスの時のタイミングを図ることは難しいかもしれません。理想的なのは、お互いの気持ちが自然と高まり、いつのまにか唇が触れ合っていたという状況。しかし、こういった機会を意図的に作ろうとすると、どこかに綻びが出てしまうものです。



そんな中でも、酔った勢いでのキスは、初キスのシチュエーションとしてはあまりかっこいいものではありません。酔った勢いでキスをして、相手がそれを受け入れてくれるという恋愛の形は、瞬間的な感情の燃え上がりで終わってしまうことが多いです。長期的に愛情を深めていきたいのであれば、酔った勢いでキスをするのではなく、ゆっくりとお互いの気持ちを育んでいくことが大事になってくるでしょう。

誰とでもキスをするんでしょ

酔った勢いでキス。という軽率な行動が巻き起こす悲劇はまだあります。それは、「この人は酔ったら誰にでもキスをするのではないか?」という疑惑を相手に持たせてしまうこと。お酒が入ってテンションが上がるのはわかりますが、勢いに任せてキスをしてしまっては、人間性を疑われても仕方がありません。私以外の人とお酒を飲んでも、同じことをするのではないかと。



そもそも、キスという行為は愛を確認しあう行為です。もし自分が相手のことを好きで、その気持ちを本当に伝えたいのであれば、誠実な態度と言葉で伝えましょう。ただ、愛の形は人それぞれ。一時の感情に身を任せることも時には必要かもしれません。ただ、着実に愛を育みたいのであれば、酔った勢いでキスをすることはしないほうが賢明でしょう。

口臭に注意!要チェック!

酒に酔った勢いでキスする場合は、もちろん事前に口臭チェックなどはしていませんし、歯も磨いていないでしょう。しかも、お酒のつまみになるような食べ物は口臭が強くなるものが多いです。キムチ、餃子、焼肉などなど。相手もお酒をかなり飲んでいて、酔っていれば気にならないかもしれませんが、口臭が強い相手とキスしてうっとりするなんてことはないでしょう。

特に初キスの時はイメージが大切です。

相手の女性がほとんどお酒を飲んでいないのであれば、あなたの口臭は本当に気持ち悪いですし、不快な気持ちになること間違いなしです。そんな相手に後日「君が好きなんだ」と告白さて、お付き合いしようと思うでしょうか?告白が成功する可能性が低くなることはあっても、高くなることはないですよね。



酔って絶対にキスしてはいけないというわけではありませんが、その後のイメージとして残ってしまうような、口臭のリスクがあることは覚えておきましょう。あなただって初めてのキスが気持ち悪いほどに臭かったら、相手のことを直ぐには好きになりませんよね?相手だってそれは同じだということ。初めてのキスくらいは素晴らしい思い出になるように意識を集中して、口臭には気を付けるようにしましょう。

酔った勢いのキスで謝罪?3つのパターン

酔った勢いでキスをしてしまった場合、謝罪した方が良いのかどうか…、迷っている人がいたら、どうしたらよいのかを説明します。謝罪を迷っているのであれば、この3つのパターンを読んで、自分がどのパターンに当てはまるのか考えてめてください。参考になるかもしれません。

謝罪は相手との関係性は?

謝るかどうか?あなたと相手が、現在どのような関係であるかによって大きく左右されるでしょう。友達?会社の同僚?知り合い?また、相手があなたのことを好きか、どれくらいの好意があるか、こういった好感度も大きく影響するでしょう。そして、もちろんですが最後にあなたが相手のことを、どのように思っているのかにもよります。3つのケースで見ていきましょう。

あなたのことを友達としか思っていない場合

あきらかに相手があなたのことを友達としか思っていない場合は、丁寧な謝罪をした方が良いでしょう。本当の友達なら笑って許してくれる可能性も高いです。しかし、やはり男女の関係というのは微妙なもの。そのことをきっかけに関係がぎくしゃくして、友達として遊ぶことはもうできないかもしれません。

もしあなたがその女性のことを好きでならば、そんなことになるくらいなら、それをきっかけにして告白するのも良いでしょう。

キスは酔った時にしてしまったかもしれませんが、実は前から好きであったことを告白するのです。そして、その気持ちが酔ったことで出てしまったので思わずキスをしてしまったことを素直に伝えましょう。

告白の仕方としてはあまり良い方法とは言えませんが、キスしてしまったのですから、仕方がありません。ダメ元の精神でこれをキッカケに告白してしまいましょう。もしかしたら、それまでの友達関係から恋人へと昇格できるかもしれません。



少なくとも友達であったなら嫌われてはいないはずです。キスしたことで男性として意識してくれている可能性が高いので、それほど成功確率の低い告白にはならないはずです。告白するにせよ、謝罪するにせよ、どちらにしてもちゃんとケジメをつけなければ、もう友達には戻ることができないかもしれません。どちらにせよ覚悟を持ってのぞみましょう。

お互いに意識している相手とキスした場合

相手も自分のことを気に入っている可能性が高い。そんな相手と酔った勢いでキスをしてしまった場合は、丁寧に謝罪しても良いのですが。謝罪だけだと、女性としては「それだけなの?」「もう一言ないの?」と不満に思ってしまうものです。なので、酔った勢いでキスをしてしまったら、まず謝罪はせずにデートに誘ってみても良いでしょう。そして、酔った勢いでキスをしたにも関わらず、デートをOKしてくれれば、あなたのことを嫌いではなく、好きだということは、ほぼ間違いないと言っても良いでしょう。



誘ったデートの最中に、もう一度キスして告白するも良し。告白してからキスするのも良しです。しかし、次にキスする時は酔っていない状態にしてください。最初が酔った勢いでのキスなので、お酒の入っていない状態できちんキスしましょう。そして、相手を好きであること、自分と付き合って欲しいことを伝えましょう。

相手が自分をどう思っているか?わからない場合

酔った勢いでキスをしてしまった相手が、昔からの知人であったり、会社の同僚などであったりしないと、長い付き合いもないので開いたが自分のことを、好きかどうか?まったくわからない場合もありますよね。そんな場合はどうしたら良いでしょう?そういった場合は、一旦待機。とりあえず様子を見るというのもアリです。

相手の様子を見て、相手が完全に「なかったこと」にしているのであれば、それは脈ナシかもしれません。脈アリであれば、必ず意識しているのでどんなに相手が平静を装っていても、隠し切ることは難しく、相手のちょっとした違和感に気付くはずです。そういう場合には、あなたも大人の対応で「なかったこと」にするべきでしょう。



しかし、相手から何かしらのアプローチがあった場合は、あなたの気持ち次第。あなたがその女性のことを好きであれば、そのタイミングで告白すべきです。酔った勢いでキスしたことに対して、謝罪するかどうかはその後の流れ次第でいいでしょう。あなたがその女性のことを気に入っていないのであれば、丁寧に謝罪をして手を出すのはやめましょう。

あちらからアプローチがあったのだからと手を出すのもいいですが、すべて酒のせいだったということにして、その場は一旦逃れるのが賢明です。遊びとしてはいいかもしれませんが、それでも相手からの強烈なアプローチ、相手に対して惹かれそうな自分が考えられる場合は、あらためて真剣恋愛を考えれば良いのです。

酔った勢いでキスをしてしまった時のまとめ

酔った勢いでキスをするという経験は、お酒を好きな人であれば可能性があるものです。

相手を思いやるのであれば、酔った勢いでキスなんて…しない方が良いことは事実です。相手の気持ちを傷つけないためにも、思いやりの気持ちを忘れず、互いを尊重し合える関係を築いていくことは大切な意味を持っています。

本当に心から愛するような人が現れたら、お酒の勢いに任せるのではなく、自分の本当の気持ちを素直に伝えられるようにしましょう。その恋愛はきっと成就するはずですよ。

どうしても、告白できない。どうしても、愛しているのに。という時に、ちょっとだけお酒の力を借りるのは許されることかもしれませんね。