遠距離の片思いを実らせるアプローチ方法や脈あり脈なしの見分け方

遠距離恋愛で片思いを実らせるのは、とても難しいですよね。あまり会えない相手だからこそ、慎重にいきたいところです。大切なあなたの気持ちを実らせるためには?失敗しない遠距離恋愛のポイントをまとめてみました。

遠距離恋愛の片思いは実るのか?

お付き合いを始める時はタイミングが重要ですし、何よりこの人のことがもっと知りたいと思わなければ、カップルにはなれません。そのため、なかなか会えないのが遠距離片思いの一番辛いところでしょう。すぐに会える距離にいればもっと自分をアピールすることができるのに…と、諦めようか悩むことも多いでしょう。

しかし、好きになってしまったのだからしょうがありません。後は相手に自分のことをアピールし、自分のことを好きになって貰えるように努力するしかないでしょう。それでは、遠く離れた相手にどのように自分とお付き合いをしたいと思わせたら良いのでしょうか。

一昔前なら手紙と電話くらいしか連絡方法はありませんでした。でも今は昔と違って色々な方法があります。それらを上手に利用しアタックしていくのが、やはり一番早いですし恋が実りやすいでしょうね。遠距離だから無理かも…と諦める前に、当たって砕けろです!

今回は、遠距離片思いの実らせるための様々な方法やタイミングなどをご紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

遠距離で片思いをしてるときの連絡

まずはLINEで

やはりまずはLINEで連絡を取り合うのがいいでしょう。メールとは違い、会話をしているようにテンポよく話が進みますから、リアルタイムで時間を共有することができます。

メールもいいかもしれませんが、きちんとした要件がないと送りにくいですよね。LINEであれば、返事に困ったときでのも表現豊かなスタンプで間が持ちますし、遊び心のある内容のやり取りができますよね。

特に用事がなくても話をすることができるのがLINEの手軽なところです。同じように相手にも負担をかけずに楽しむことができます。まずはあなたとの時間を楽しんでもらうことが大切ですよね。

内容には注意しよう

すでにお付き合いをしていたり、気持ちを確認し合っている2人なら特に気にする必要はありません。しかし片思いなのであれば、気持ちを告白するタイミングはとても重要になります。

そのため、いざというときまではできるだけ気持ちを知られずにいたいですよね。あまり早い段階で気持ちがバレてしまうと、相手に嫌がられてしまうこともあるかもしれません。

これから仲を深めたいなと思っている場合は、特に気張らないような話の内容を心がけましょう。恋愛の話になってしまうと、気持ちを勘ぐられてしまうかもしれません。まずは共通の知人の話題や趣味の話題、日常の悩みなどの話やすい会話から始めるようにしましょう。

電話をして距離を縮める

メールやLINEなどのやりとりに慣れてきたら、電話をかけてみましょう。LINEやメールは、日常の片手間で返事をすることができます。自分のペースで返信することができるので、手軽なのが嬉しいところでもありますよね。そこでもうワンステップ進んだのが電話だと言えます。

直接、時間を割かなくてはいけませんので、ハードルが上がります。誰だって、どうでもいい相手とは電話をしたいと思わないでしょう。電話をするということは、相手に時間を割いてもらうため、相手の生活に入り込む最初のステップと言えます。最初は短時間でもいいですから、「こいつと話しをしていると楽しいな」と思ってもらえるようにしましょう。

わざわざ電話をするのですから、楽しい会話にしたいですよね。電話をかける前は、相手の状況も考慮するようにしましょう。「いま、電話かけてもいい?」の一言があるといいですね。相手も電話の準備をできるという理由もありますし、いつもLINEでしかやりとりしてない人からの電話だとドキっとさせることもできるかもしれません。

SNSを使うのも方法のひとつ

まだお付き合いをしていない相手とのLINEは、なにかと口実が必要ですよね。毎回毎回、要件を見つけるのは至難の業と言えるかもしれません。そこでフェイスブックなどの不特定多数に向けたSNSを使ってコンタクトをとるのも良い方法でしょう。積極的にコメントをするなどすれば、自然と仲が深まっていくのではないでしょうか。

ただ、特定の人にだけコメントをするのは不自然です。フェイスブックは誰が見ているかわからないものですよね。一人だけ特別にしていると、周りの人からも勘ぐられてしまうかもしれません。コメントをしたい場合は、他の人にも同じようにコメントをするなどしてみましょう。

遠距離でも会いに行っちゃおう

重いと思われないように

遠距離の片思いだとしても、好きな相手だったら会いたくなるものですよね。片思いという立場では、大々的に会いに行きたい!とは言いにくいものかもしれません。しかし上手に話をもっていけば、自然に会うことができるかもしれません。

そもそも片思いですから、相手に気持ちを勘ぐられないようにしたいものです。あまり自分の気持ちを表に出しすぎてしまうと、重たいと思われてしまうかもしれません。重いと思われて、会う前から構えられてしまっては、楽しい1日にすることができません。会う前には、その口実が大切になってきそうですね。ではどのような口実で誘ったらいいのでしょうか。

会いに行ける口実は?

本当は会いに行くことが大きなイベントかもしれませんが、それを相手に知られないようにしたいですよね。他に大切な用事があるということにして、ついでに会いに来た、ということにしましょう。

旅行で近くまで行くから久しぶりに会わないか、あなたの家の近くに住んでいる友人に会いにいくから帰りに会わないか、など他の理由があるといいですね。

お付き合いをしているわけではない相手からわざわざ会いに行くと言われると、相手を困らせてしまうかもしれません。しかし何かのついでなのであれば、会おうかな、と相手も考えてくれるはずです。

しかしせっかく会いに行くのであれば、先約の予定がないように、時間がある日にちや時間をなんとなくリサーチしてから誘うようにしましょう。

旅行や友人の家に遊びに行くというメインの予定が優先のはずですが、その日程を断られてしまうとまた違う作戦を練らなくてはいけません。日ごろから綿密に連絡をとるようにして、なんとなくさぐっておいてくださいね。

相手が帰ってくるタイミングを見逃さないのも手

遠距離恋愛の相手に会おうと思ったら、自分が会いに行くしかないかと考えがちです。しかし、相手が帰ってくる、というタイミングもあるかもしれませんね。このタイミングを逃さないようにしたいものです。仲間内で集まろうという話になるかもしれませんし、綿密に連絡を取っているのであれば是非時間を作ってもらいましょう。

自分が行くというよりも、帰ってきたタイミングで会う方がハードルが低いはずです。普段から「帰ってくるときは教えてね~」と言っておくのもいいでしょう。

遠距離恋愛で告白をするタイミングは?

相手に気付かれるくらいになったら

遠距離恋愛をどれくらい続けてきましたか?ある程度の期間になると、わざわざ連絡を取る毎日が習慣になっているかもしれませんね。相手もあなたを受け入れてくれているのであれば、お互いにその時間を楽しんでいると言えるでしょう。

ここまでくると、どうでしょう。すでに相手はあなたの気持ちに気付いているかもしれませんね。特に用事もないのに連絡をしてきて、他愛もない話をする、こんなパターンができていれば、そろそろ告白のタイミングかもしれません。

もしかして相手が気付いているかも?と思うけど、きちんと電話やLINEに対応してくれているのであれば、脈アリと言えるかもしれません。あなたの気持ちに気付いた上で、一緒に楽しく過ごせているのであれば、告白をしても成功する確率が高そうです。

あなた自身も正式なカップルになりたいな、と思っている頃ではないですか?相手も同じように思ってくれているかもしれませんよ。

言いたくなっちゃうときに言っちゃう

告白はタイミングが大切だけど、タイミングも何もなんでもどうでもよくなっちゃうくらいに、言いたくなるタイミングが来るかもしれません。それほど相手のことを好きということでしょう。

言いたくなるくらい気持ちがあふれだしたら、それこそ告白のタイミングなのかもしれません。自分の気持ちに正直に行動してみてもいいかもしれませんね。

ただし、酔っぱらったときは注意をしてくださいね。遠距離の相手であれば、相手は酔っぱらっていない状態ということですよね。自分だけが酔っぱらっていて、相手がシラフというときは温度差がありすぎです。

あなたのテンションに相手はついてこれなくなってしまいます。そんなときに勢いで告白をしても失敗をするかもしれません。遠距離なので、相手の状況は見えません。その分きちんとあなたが配慮をするようにしましょう。

引っ越しのタイミング

あまりないかもしれませんが、遠距離が仕事の都合であった場合などは、戻ってくることがあるかもしれません。そんな引っ越しのタイミングがあれば、ぜひ告白をしてカップルになりたいものです。引っ越しがキッカケで、近くに住めるようになるようなタイミングで告白が成功すれば、これ以上ないタイミングですね。

こんな遠距離は脈なしかも

メールやLINEはいつも自分から

あなたに少しでも好意を持っているなら、必ず相手から連絡があるはずです。いつもメールやLINEは自分から送っているのであれば、脈はあまりないと思ってもいいでしょう。ほとんどの男性は、好きな女性を自分のものにしたいと思うと、自分からアプローチするものです。

しかし返事が来るにしても、あなたが毎日のようにメールやLINEでメッセージを送っているのであれば、それは話が違います。相手にもチャンスを上げる必要があるでしょう。しばらく自分からメッセージを送るのはやめ、相手の様子を見るのも必要です。

しばらくしてから彼から連絡が来れば、脈はあるかもしれません。あまり積極的すぎる女性は好まない男性も多いですので、お付き合いに発展するまでは、少し様子を見ながらメールやLINEのメッセージは送った方がいいでしょう。

タイプの女性が自分とは違う

メールやLINEで何気ない話をしている時に、好みの女性のタイプを聞きましょう。明らかに自分とは違う女性のタイプを言ったのなら、脈はないと言えそうです。

たとえばあなたがポッチャリで背があまり高くなかったとします。それなのに彼は、好みの女性のタイプは痩せていてスラっとしている子と言ったのなら、君は自分のタイプではないよっと伝えている可能性が大です。

そして好みの性格も聞いてみましょう。もしあなたとは真逆の性格の女子のが好みならば、脈はほとんどないと言ってもいいかもしれません。どうしてもハッキリしたければ、「え~じゃあ、私みたいな女の子はタイプじゃないじゃん。ショック!」のようなメールを返してみて下さい。

もしそのあなたのコメントに対してあっさりとした返事が返って来たら、ほとんど脈はないと言えるでしょう。

遠距離の片思い中にできること

自分磨きをして魅力アップ

遠距離恋愛だと、なかなか顔を合わせることができません。毎日好きな人と会える学生さんや、職場恋愛をしている人が羨ましいですよね。

しかし会えない時間を上手に使いましょう。例えば、女性ならばダイエットをして綺麗になる努力をする、男性ならば料理の腕を磨いてみる、など自分のための時間を作ってみましょう。

遠距離恋愛だと、次会うまでに時間があります。そのためギャップを作ることができれば、相手に見直してもらうことができるかもしれないのです。会えない時間が長ければ長いほど、相手をビックリさせることができるかもしれませんね。

相手を信頼する

今は片思いかもしれませんが、目標はカップルになることですよね。遠距離恋愛のカップルに大切なことは相手を信頼することです。まだカップルとは言えないかもしれませんが、相手を信頼してたててあげるスタンスを作っていってみましょう。

あなたが信頼してくれている、という気持ちは相手にも伝わるものです。ちゃんと信頼されているとわかると、相手はあなたのことも信頼してくれるでしょう。この関係ができていると、カップルになれてからも上手くいきやすいですよね。

あなたと話しをしていると、居心地がいいと思ってもらうこともできます。広い心で相手を受け止めてあげるようにしましょう。

まとめ

あなたの遠距離恋愛の参考になりそうなことはあったでしょうか。

まだまだ片思いかもしれません。遠距離恋愛を成就させることは難しいことかもしれません。でも、遠距離恋愛を乗り越えて結婚をするカップルも世の中にはたくさんいます。

まずは相手の生活に、あなたがなくてはならない存在になることです。この時間には電話がかかってくる、毎朝出勤前にはLINEしないと調子が出ない、など生活の一部になれるといいですね。

そのころにはあなたの生活にも相手が入りこんできているはずです。時間がかかるかもしれませんが、ゆっくりと心の距離から縮めていきましょう。