独占欲がつよすぎる…。【男女別】独占欲が強い人の5つの特徴と3つの付き合い方

「この人独占欲が強すぎるのでは?」「自分って独占欲が強いのかな」と思った経験はありませんか?独占欲が強い人の特徴や、独占欲が強い人との付き合い方を紹介します。自分や周りの人に当てはめながら参考にしてみてください。

そもそも独占欲ってなに?

独占欲は、「あるものを自分だけのものにしたい」「独り占めしたい」という欲求のことを言うそうです。男女問わず独占欲は少なからず誰にでもある欲求だと考えられているそうです。嫉妬や独占欲のメカニズムは、その人の性格や相手や物による気持ちか関係しているようです。

しかし、それだけではなくホルモンが関係しているのではないかと考えられているようです。男性にはアンドロゲンと言う男性ホルモンが、女性にはエストロゲンという女性ホルモンが分泌されているそうです。

このホルモンの作用によって「相手を独占したい」「守りたい」という気持ちが高まることで、嫉妬や独占欲が生まれると言われています。これは、脳でこのようにことを考えるようになることで、ホルモンによる作用が働くと考えられているようです。

独占欲が強い男性の特徴5選

自分に自信がない

自分に自信がない男性は、彼女がいても不安でいっぱいです。自分に自信がないために「彼女が他の男性を好きになってしまわないか」など過度に心配してしまうのです。その不安な気持ちから、独占欲が強くなってしまいます。

自分よりもっと魅力的な男性に彼女を取られてしまうのではないかと心配なので、彼女が自分から離れていないように干渉し、束縛してしまうのです。

プライドが高い

プライドが高い男性も独占欲が強いと言われています。プライドが高い人は負けず嫌いという面がありますので、彼女が他の男性に心を奪われるなど許せません。彼女を独り占めしたいという気持ちは誰にでもあるでしょうが、プライドが高い男性は特にその思いが強いのです。

プライドが高い人は自信家ですが、実は心配性な面もあるそうです。そのため一層彼女を独占したくなるのかもしれませんね。日頃から彼のことを褒めるようにすると、独占欲も比較的治まってくるようなので、彼氏の独占欲が強すぎて困っている方は試してみませんか?

家族関係が上手くいっていない

一番身近な存在の家族とうまくいっていないことが原因で独占欲が強くなることもあるそうです。家族は素のままの自分を見せることができて安心できる存在ですが、そんなホッとできる環境がない場合、彼女が唯一の大切な存在となることがあります。そのため彼女だけは自分から離れてほしくないという気持ちが働き、独占欲が強くなってしまうようです。

また、幼い頃に母親に甘えた記憶が影響しているという説もあります。幼い頃に一番身近な女性といえば母親です。世話をしてくれたり遊んでくれたりと、愛情を独占することができました。

成長していく中で母親を独占することはできないことを知っていきますが、母親を独占していた頃の感覚は残っていて、その喜びを取り戻すために大人になって女性を独占したくなると言われています。

愛する女性を独占して、自分だけに愛情を見せてくれたら心地よい快感に包まれますよね。彼女は自分だけのものという安心感を得るために独占したくなってしまうのでしょう。

細かいことまで把握をしたがる

独占欲が強い男性は支配欲も強い傾向にあります。支配欲が強い人は、彼女のことを何もかも把握していないと気がすみません。

支配して相手をコントロールするためには、相手のことを何から何まで知っておかなくてはいけないからです。彼女の過去、現在、これからの予定まで全てを把握しておかないと気が済まないのです。

これは、彼女を完全に自分のものにしたいという気持ちが強いことから、なんでも把握していたいと考えるようになることで起こる言動だと考えられているようです。そのため、独占欲が強い男性は、必要以上に細かいスケジュールまで把握していたいと強く思っている可能性が高いと言われています。

口下手

独占欲が強い男性は口下手である可能性がとても高いと言われています。独占欲は、自分の気持ちを相手に伝えることができないことで起こるとも言われています。自分の気持ちが相手に伝わらないことで、不安や心配を抱えるようになるそうです。

そのため、この不安や心配を取り除こうとして必要以上に独占欲が強くなると考えられているようです。相手のことが好きになればなるほど、この独占欲は強くなる可能性が高いと言われています。

「かわいい」「好きだ」「大切にしたい」などの気持ちを上手に伝えることができないために独占欲がとなって気持ちを表に出そうとするようです。

独占欲が強い女性の特徴5選

誰かに必要とされたい

独占欲が強い女性は、人から必要とされたいという気持ちが強いと言われています。常に誰かに必要とされたいという想いを持っていると言われています。この気持ちが強くなればなるほど、相手が自分以外の人に目を向けていると「とられてしまうのではないか」という強い不安を抱えるようになると言われています。

このような考えによって、相手が自分に依存してくれるようになってほしいと考えてしまいます。自分が彼にとって絶対に必要な存在になって離れられなくなってほしいので、相手の交友関係などがとても気になるのです。

彼の携帯を見たがる

彼氏のことを何でも知りたい独占欲が強い女性は、携帯をチェックしたがることがあります。ひょっとしたら自分に秘密にしていることがないか心配になるとき、携帯を見ればさまざまな情報がわかります。

メールやLINEを見れば、誰とどんな内容でやり取りしたかがわかります。着信履歴を見れば自分以外の女性と通話していないかわかるでしょう。

しかし、男性にしてみれば彼女が携帯を見たがると、信用されていないと感じてしまう人もいるでしょう。また、男性がそばにいない隙に勝手に携帯チェックをしてしまえば、プライバシーの侵害となり、彼女のことも信用できなくなってしまうかもしれません。それでも携帯チェックがやめられないのが、独占欲の強い女性の特徴です。

人のせいにして責める

独占欲が強い女性は、「あなたのせいで…」と相手を責めることが多いです。すぐに責任転嫁をして相手を責めるのは、相手に罪悪感を抱かせようとしているからと言われています。

いつも「あなたのせいでこんなことになった」と責められると、納得してしまい罪悪感を持ってしまう男性もいるようです。罪悪感を持たせると、相手をコントロールしやすくなるので、独占欲が強い女性は何でも人のせいにしてしまいます。このことで「やってられない」と思う男性もいるでしょうが、自分が悪いのかな?と思ってしまう男性もいるようです。

元カノと比べて自分が一番だと思ってほしい

独占欲が強い女性は、彼の中で自分が一番になりたいという気持ちを持っています。彼の過去の恋愛経験に嫉妬しても仕方ありませんが、彼がこれまで付き合った彼女たちの中でも自分が一番になりたいという欲があります。

このことから彼氏に「元カノと比べて自分が一番好き?」という質問をたびたびしてしまいます。もちろん一番好きという言葉を期待しているのですが、彼氏が答えようとしなければ不安な気持ちに襲われてしまいます。

自己中心的で自分の思い通りにしたがる

独占欲が強い女性は自己中心的なところがあり、自分の思い通りにいかないと気が済まないという面を持っています。そのため相手を自分の思うようにコントロールしたがります。

しかし、誰かをコントロールしようと思っても、思うようにいかないことは多いものです。そのため不満を抱ええることも多いです。相手に対して自分のものという気持ちが強いため、他の人と仲良くしているところを見るとイライラして不満をぶつけることもあります。

これは彼氏にだけでなく、友達に対しても同じように独占したがるところがあり、友達が自分以外の人と仲良くしていると不満に思うことがあるようです。

独占欲が強い男性と上手に付き合う3つのコツ

時々ラブメールを送ってあげる

独占欲が強い男性は、彼女が誰かに取られてしまうのではと強い不安を抱えている場合が多いようです。そのため、そんな男性と上手に付き合うために、彼の不安を取り除いてあげることが大切だと考えられています。

そのため、彼の不安を取り除くために、連絡は小まめにしてあげるようにしてみてください。また、定期的に「好きだよ」「ずっと一緒にいようね」などのラブメッセージを伝えてあげることで、「彼女も自分のことをちゃんと好きでいてくれている」と安心感を得られるようになることが多いそうです。

彼が謝るまで、自分は謝らない

喧嘩をした時に、自分が明らかに悪いときには素直に謝るようにすることが大切です。しかし、明らかに自分には非がないという時には、とりあえず謝るのではなく彼が素直に謝るのを待つようにしてみてください。

独占欲強い男性は彼女を支配したいという気持ちを持っている場合もあるようです。そのため、自分が悪くない時に謝ることで今後どんなことに対しても彼が主導権を握るようになってしまう可能性もあるようです。

対等な立場でより良い関係を築くためには、このようなこともとても大切だと考えられています。彼が素直に謝ってきた婆には快く許してあげるようにしてみてくださいね。

彼の話に耳を傾けてあげる

独占欲が強い男性は、自分の気持ちを素直に伝えることができないことが多いと言われています。そのため、想いを伝えることが出来ずに独占欲が強くなっている可能性もあるようです。このような場合には、彼の話にしっかりと耳を傾けてあげるようにしてみてください。

そうすることで、少しずつ彼が自分に想いを伝えることができるようになる場合があるようです。なぜ独占欲が強くなってしまうのか、などを聞いてあげることも大切だと考えられているようです。彼の話に耳を傾けることで、独占欲も彼なりの考えがあってのことなのかもしれないと理解することができるかもしれませんよ!

独占欲が強い女性と上手に付き合う3つのコツ

安心させるために連絡を欠かさない

不安を抱えていることから相手を独占したいという気持ちが強くなることがあります。彼氏が自分を本当に好きでいてくれるのか心配になってしまい、独占欲が強まっていきます。

そのため彼女の独占欲が強い場合は、安心させてあげるようにしましょう。毎日愛情を感じられるように連絡を欠かさないというのもよいでしょう。同じ会社に勤めていないかぎり、毎日会うというのも難しいかもしれません。そこで会えない日は毎日電話をするなど、不安にならないようにしてあげると、彼女も安心して強い独占欲が治まってくるでしょう。

毎日連絡するのも大変という人は、彼女の不安を取り除き、自分は愛されていると実感できるように気遣ってあげるとよいのではないでしょうか。

甘えやすいようにしてあげる

独占欲が強い女性は「甘えたい」という気持ちを持っている傾向にありますが、上手に甘えられない人もいます。愛されていることを実感することで独占したいという気持ちも落ち着いてきますので、彼女が甘えやすいように気をつけてあげましょう。

彼女が甘えたいときに甘えられるようにしてあげることで、自分は愛されていると実感でき、必要以上に独占したくなるような不安感も解消されるでしょう。

女性関係で彼女に誤解されないよう注意する

独占欲が強い女性は彼氏が自分以外の女性と接することに不安を覚えます。彼の女友達や女性の同僚と関わる姿を見てしまうと、どうしても嫉妬してしまうのです。

彼氏を自分ひとりのものにしたいのですから、他の女性と話していたり、楽しそうにしている姿を見るのは彼女にとって辛いものです。彼女の気持ちを考えるなら、できるだけ彼女の前で他の女性と接することをなくすのがよいのですが、なかなかそうもいかない人も多いでしょう。

できるなら身の回りの女性に彼女を紹介しておきましょう。「自分の彼女」として紹介することで、彼女も安心してくれます。面倒に感じてしまう男性もいるでしょうが、不安になってしまう彼女の気持ちを理解して、できるだけ彼女に誤解を与えないように気遣ってあげてはいかがでしょうか。

独占欲を抑える方法

独占欲は誰にでもある欲求だと言われています。しかし、時には独占欲が強すぎることで人間関係がうまくいかなくなってしまうこともあるようです。そうなってしまわないためにも、独占欲が強いと感じる場合には適切な方法で独占欲を抑えるようにしてみてください。

独占欲を抑えるコツは、「相手に必要以上に依存しない」ということが大切だと考えられているようです。そのため、相手に依存しないように、自分の趣味などの生きがいを見つけることが大切だと言われています。心にできた隙間を人で埋めようとするのではなく、他のことで埋めるようにしてみてください。

また、自分を人と比べることで自信を失ってしまうこともあるそうです。自信を失って独占欲が強くなってしまわないように、他人と自分を比べることは控えるようにしましょう。自分だけの良いところがあるはずですよ!

独占欲に上手に対処しよう

独占欲が強いと、自分も相手も疲れてしまうでしょう。ご紹介した方法で、少しでも独占欲を抑えて負担を軽くしてみてはいかがでしょうか。

独身欲が強い彼氏や彼女がいる人は、相手の気持ちを理解して、上手に付き合うようにしてみましょう。不安な気持ちから独占欲が強くなることもあります。なるべく安心させてあげられるように気遣えば、独占欲から少しずつ解放されることでしょう。