デリカシーのない男&デリカシーのない女の8つのセリフとその特徴+対処法

相手が何気なく放った発言に、深く気づつけられたことはありませんか?世の中には大人になっても、相手のことを考えずにデリカシーのない発言をしてしまう人がいるのです。こちらでは、デリカシーのない男&女が口にする8つのセリフと、デリカシーのない人の特徴、そして対処法をご紹介いたします。

デリカシーのない人にムカっとしてませんか?

デリカシーとは

辞書によると、デリカシーの意味とは「感情・心配りなどの繊細さ」とされています。また、「感覚、感情などのこまやかさ、微妙さ」とも。大体デリカシーという言葉を使うときには、この後に「~に欠ける」、「~がない」などという風に否定的な意味で使われることが多いのではないでしょうか?

あなたのまわりにも、悪気無い発言であることはなんとなくわかるんだけれど、その発言に対して「イラッ」と来てしまう事を言う人はいませんか?いつも同じヤツの発言でイラッとしているのなら、それはデリカシーのない人なのかもしれません。

デリカシーに性別はありません。デリカシーのない男、デリカシーのない女、それぞれの特徴的な発言、セリフや、その特徴と対処法をまとめてみました。デリカシーがない人だと思う、あなたの近くにいる人と照らし合わせてみてください。

デリカシーのない男のムカつくセリフ

痩せればかわいく見えるのに

この発言を聴いて、世の女性はどう思うでしょうか?絶対に褒め言葉にはなないであろう言葉を、いかにも褒めてます、という態で言ってくること自体、デリカシーのカケラもありません。

「痩せればかわいく見えるのに」という言葉の中には、何点か引っかかる点がありますよね。まず、その上から目線の発言は、外見に対して発言をした人の方が優れていると思われていること。そして、痩せればかわいく、という事は太っていると思われているということ。さらに、「かわいく見える」のであって、かわいいわけではないということ。

たったこれだけの短い文章の中に、相手を傷つける発言を3つも入れ込んでくるとは、さすがデリカシーがない男です。「こんな奴にかわいいく見えるなんて言われても、ちっとも嬉しくないわ!」と思いながらも、言われた方は地味に傷つく言葉なのです。

デカッ!

これも身体的特徴に対するデリカシーのない男の発言です。背の高い女性は、小さい時から背の高さを揶揄するようなあだ名をつけられることも多々あり、ただでさえトラウマに感じている人もおおいでしょう。

大人になって、面と向かって背が高いことをからかうような人がいなくなったと思ったら、のまさかの発言です。言った本人はいたって悪気が無いことが多く、ケロッとしていることと、小さなころからデカいといわれ続けていることによる、とっさの対応ができてしまうため傷ついた心が伝わらず、その後何度も同じヤツから「デカッ!」と言われてしまう可能性もあるでしょう。

特に好きでもない男に言われた場合は、「オマエがチビなんだよ」と反発もできるでしょうが、少し気になる相手に言われたら、とても落ち込んでしまうセリフなのです。

部屋汚そう

「部屋汚そう」に始まり「料理出来なさそう」、「休日家でゴロゴロしてそう」「趣味なさそう」など、あなたに私の何がわかるんですか?というような、プライベートの部分を過小評価するような発言も、デリカシーがない男の発言と言えるでしょう。

例えば一度でも汚れた家に遊びに来たことがあったり、社内のバーベキューパーティーなどで料理の手際を見たうえでの発言であれば、しょうがないと思えなくもないのですが、まったくの想像だけで言いたい放題。挙句の果てに言った本人は、そのことをすっかり忘れてしまうというから、言われた方はたまったものではありません。

もしその場に、気になる彼もいたとしたら、余計なイメージがついてしまいかねませんよね?このような、知りもしないマイナスイメージを、勝手な想像で言ってしまうのは、デリカシーのない人の特徴なのです。

中身で勝負だよ

人は外見がすべてではありません。そんなことはたいていの人が理解できていますし、そうありたいとも思っているでしょう。しかし、それでも外見をあきらめたわけではありませんし、人から慰められるほどひどいとも思っていないのです。

それなのに何かにつけて「人は中身で勝負だよ」、「女は愛嬌」などと慰め、励ましているつもりでしょうが、その結果「あなたの外見は良くない」と言っているようなものなのです。またそれを言ってくる相手が、自分にとってイケメンでも何でもないヤツだとしたら、「こんなヤツに慰められるほどなのか?」、「こいつは自分の方が容姿で勝っていると思っているのか?」と二重で傷ついてしまいますよね。

人間の本質である、性格や愛嬌の良さをほめることは素晴らしいですが、言葉を選ばないと、感謝されるどころか、嫌われてしまう可能性もあるのです。「中身で勝負」などという言葉は、デリカシーのない男の発言だと受け取られるでしょう。

少し太った?

上で言及したように女性に対する体型に関する発言はデリカシーの無さを思いっきり女性に伝えてしまう力があります。上で紹介した場合、体型に関しての間接的な言及でしたが、「少し太った?」といったような直接的に体型について話す事ももちろん御法度な行為と言えます。

意味がストレートに伝わる分、このフレーズは聞いた女性からすると、とてもショッキングなものです。しかも、上で紹介した物と違って、その後に続くフォローもないので、ただの嫌味にしか感じ取れないのです。それ故、このようなストレートかつフォローがなく、さらには女性の最も屈辱と感じやすいような体型へのネガティブな意味合いが含まれているフレーズを女性に対して使うのはやめましょう。

この様な言葉は女性からデリカシーの無さ以上に人間として嫌な存在として見なされてしまう事があり得ます。

デリカシーのない女のいただけないセリフ

あんたの友達、地味じゃない?

きっかけがあって、複数の友達と過ごすこともあるでしょう。友人を紹介したとたん、デリカシーのない女がこんなことを口走りました。「あんたの友達、みんな地味じゃない?」。こんなことを言われたら、地味だと言われた本人だっていい気はしませんし、何よりも間を取り持った人の立場がありません。

言った本人は特に悪気がなく、ただ本当に地味に見えただけなのでしょうが、言われた相手、紹介してくれた相手への心遣いが一切感じられません。その後、一緒に過ごす相手に対してのこの発言という事は、状況把握が全くできない人というレッテルを貼られてもしょうがないでしょう。

デリカシーのない人の特徴として、思ったことを言っていいかどうか判断する前に、すぐに口に出してしまう。また、状況把握ができないということが挙げられるでしょう。デリカシーのない女は自分の発言で、その場の空気がどう変わってしまうかがわからない、気にならない人が多いようです。

失礼なことを聴いちゃってごめんなさいね

これは一見まともな発言に受け取れなくもないのですが、状況によってはとてもデリカシーのないセリフだと言えるでしょう。

例えば、「ご結婚は?」と質問されて、聴かれた本人は全く気にせずに「いえ、まだです」と言った瞬間、「あら!やだ、どうしよう。………本当に、失礼なこと聴いちゃってごめんなさいね」という場合です。結婚していないことを、恥ずかしいとか、隠したいなどと思っていない人に対してのこの発言は、「結婚をしていないなんて恥ずかしいことを口にださせちゃってごめんなさいね」という意味になる為、とてもデリカシーのないセリフだと言えるでしょう。

本人が本気で謝れば謝るほど、言われた方は微妙な気持ちになるものです。また、こういった発言をする人は、悪気があるのではなく、考え方の違いがあるだけで、本来とても丁寧な人が多いので、何度も何度も謝ってきたリします。いくら礼儀正しくても、自分の価値でしか物事を考えられないデリカシーのない女と言われてもしょうがないですね。

子供作らないの?

もしかするとこの発言は、女性が女性に言われて、一番腹が立つ言葉なのかもしれません。もちろん全員が全員、子供が欲しいのにできないということはないでしょうし、聴かれても平気だという人も沢山いるでしょう。ただ、元気そうにふるまっていても、辛い不妊治療をしている人も多い世の中。子供が欲しくてもできない人もいる、という事実を全く知らない、もしくはそんなこと気にもしていないんだろうなと、デリカシーのなさを感じてしまいます。

実際に「子供作らないの?」と聞かれて、その人のことが許せない、嫌いになったという人も多いようです。言われて傷ついた人の中には「同じ女性だからこそ、わかってほしい悩みなのに」と男性ではなく女性に言われたことがよりショックだったという人もいます。

腫れものに触るような対応は却って不自然ですが、自分も同じ悩みを持っていて、相談に乗れることがある、などでない場合は、そこまで親しくない間柄ならしない方が良い質問なのではないでしょうか?

その服○○で買ったの?

最近では、低価格で品質も良いファストファッションが流行です。自分で気に入って着ているので、誰に何を言われても基本的には気にならないでしょうが、たくさんの男性がいる前で、「その服ユニクロ?」、「それってしまむら?」などと、服の価格が想像できるような発言をする女も、同性としてデリカシーがないと感じてしまいます。

そもそも人の持ち物を値踏みするような言動は、デリカシーが感じられません。その商品が素敵だから、本当に買った場所を教えてほしいというのなら、それなりのタイミングと聞き方があるでしょう。「その服○○?」なんてぞんざいな聴き方をされては、ブランドものじゃなくて悪かったわね、と反発したくもなりますよね。

また、実際はファストファッションよりも高価な服を着ている場合だってあり得ます。親しくない人の服のブランドや価格を聞き出すということは、それが合っていても、違っていてもデリカシーに欠ける行為なのです。

何年も彼女いないでしょ?

デリカシーの無い女性は、異性に関する話にもずけずけと言及してくることがあります。特に、交際相手の有無などのような事も平気で聞いてくる事があります。これだけならいいのですが、中には勝手に話している相手の見た目で勝手にその人に交際相手がいないというような事を決めつけてくる人がいます。

その結果、良くデリカシーの無い女性は「何年も彼女(彼氏)いないでしょ?」などと同性や異性に対して言ってきて、「モテない可哀そうな人」というレッテルを貼ってくることがあります。

センスないね

女性は物事のセンスに対して特にこだわる傾向があります。そのため、ファッションやデザインなどにとりわけ注目をします。そうした物に対してこだわりを持ち、自分で満足する分なら悪くないのですが、そのこだわりを他者に認めさせたり、相手のセンスに難癖を付ける事は、やはりデリカシーにかける行為と言えるでしょう。

そういった行為をデリカシーの無い女性はよく行ってしまう癖があります。センスに敏感な女性やセンスにこだわりを持っている男性からすると、センスを馬鹿にするようなこの言葉は想像以上に傷つく物なのです。

デリカシーの無い人と思われないためにも、是非この様なセリフは相手に対して使わないようにしましょう。

仕事場ならではのセリフ

指示の内容、本当に理解してる?

「言っている意味わかる?」「理解してる?」というフレーズを聞いて、良い思いをする人はあまり多くないと思われます。それどころか不快感を感じる人の方が圧倒的に多いといっていいでしょう。この言葉は相手に無能というレッテルを貼り、相手に強い自尊心の欠落を与えてしまう、嫌らしい言葉なのです。

このような受け取る側の気持ちを大きく悪い方向に向かわせてしまうような言葉を簡単に使ってしまう人は、もちろんデリカシーの無い人と思われてしまうので、是非使用には注意しましょう。

気軽にできる仕事って責任なくて良いよね

仕事をしていると頻繁にデリカシーに欠けると思われる言葉を聞くことがあります。その一例として、一生懸命仕事をしている人に対して使われる、どこか上から目線の「君の仕事なんて遊びみたいなもの」「責任のない仕事って良いよね」というものがあります。

この発言は自分より確実に会社内での立場が高い人に言われるならまだしも、同じ立場にいるような意識の高い同僚が使う物と考えたら、嫌な思いを感じずにはいられないフレーズと言っていいでしょう。一生懸命取り組んでいる仕事が遊びと言われるのは、仕事をまじめに行っている自分に対して空しさを感じさせるだけでなく、発言した人へのデリカシーの無さを強く感じさせる事になります。

仕事にはもちろん、やりやすさ難しさがいろいろとあるとは思いますが、その人が本気で取り組んでいる物に対して遊びのような言葉を使って、否定したり馬鹿にすることは、社会人として恥ずかしい行為なので注意しましょう。

どうせ続ける気はないんだろ

将来転職を考えているような人に平気で「どうせ腰掛じゃん」という言葉を放つ人達が会社にはよく見かけられます。確かに、今属している会社から近いうちに離れていくとわかっている人に対して、複雑な気持ちを持つ事は多いと思います。

しかし、だからといって、このようなフレーズを容易に使ってしまうのは良くない行為と言えるでしょう。現に、今は同じ環境で働いている仲間なのです。そんな仲間の事をまるでよそものみたいに扱う事はやはり大人げないことであると同時にデリカシーの無さを露呈してしまう事になります。

どうせミスするからフォローしてやって

周囲にフォローを頼むのは優しさだと思うかもしれません。ですが、ミスすることを前提に周囲にフォローを頼むのは失礼だとしか言いようがないでしょう。まるで、自分が使えない人間だということを突きつけられているかのようで嫌だという人も少なくありません。

特に、本人を目の前にしてこのようなことを頼めるのは、デリカシーのない人間だけでしょう。悪意を疑うという人もいるようです。言った本人は優しさのつもりなのかもしれませんが、デリカシーのなさが発言に現れてしまっていますね。

君の前任者が良かった

ただでも、担当者が変更になるときには緊張するものです。前任者と良い関係を築いていたのなら、自分に代わるときには緊張するでしょう。ですが、そういう仕事のときに相手から「前任者の方が良かった」と言われると、気持ちが落ち込んでしまうという人も少なくありません。

取引先だけではなく、上司にこういった発言をされてやる気を失ってしまう人もいます。人間なので無意識に比べてしまうのは仕方ありませんが、あからさまに比較するようなことを言われると嫌な気分になる人も多いでしょう。この一言で、良い関係を築こうとする気がなくなったという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

デリカシーのない人の特徴

デリカシーのない男、デリカシーのない女のセリフをご紹介いたしました。いかがでしたか?中には同じことを言われて、腹が立った経験があるという人もいらっしゃるのではないでしょうか?先ほどのセリフを見てみると、デリカシーのない人の特徴が浮かび上がってくると思います。こちらでは、デリカシーのない人の特徴をご紹介いたします。

思ったことをすぐ口にする

デリカシーのない人の最大の特徴が、思ったことをすぐに口にしてしまう事ではないでしょうか?もし、デリカシーのある人と、デリカシーのない人が一緒に居たとします。同じような環境で、同じような状況になった場合、感じ方や感想がそう違うとは思えませんよね。デリカシーのある人も、デリカシーもない人も、同じように感じ、同じような意見を持ったとします。

でも、デリカシーのある人は思ったことをすぐに口にするのではなく、この発言をした場合、気分を害する人がいないだろうか?この発言をしたら、場の空気が悪くならないだろうか?と無意識のうちに判断しているのです。

しかし、デリカシーのない人は、思ったことを考える前に口に出してしまうのです。本人に、相手を傷つけようだとか、場の空気を悪くしようなどという考えは一切ないのです。思ったことをつい口に出してしまう。良いように捉えれば素直なのですが、ある程度の年齢になってこんなことが続けば、デリカシーのない人と思われてしまうでしょう。

常に上から目線

先ほどのセリフにもあったように、慰めているようで実は傷つけていたり、フォローしているつもりで、まったくフォローになっていないような発言になってしまうのは、自分の方が相手よりも優れているという感覚がある為ではないでしょうか?

例えば告白されたとして、彼女がいる場合に「彼女いるけど、2番目ならいいよ。」などと言ってしまうデリカシーのなさや、自分が告白する際に「多少の肉付きはあった方が、抱き心地がいいもんね」などとフォローになっていないフォローをしてしまうのがこのタイプです。

また、女性の場合でも、友人がおやつを食べているのを見つけるや否や「そんなことだからいつまでたっても痩せられないんじゃん!ダイエットはどうなったの?」などと、大きな声で言ってみたり、自分の方が美しいという意識があるために、このような人を見下したような発言になってしまうのです。

相手の気持ちが想像できない

デリカシーのない人の特徴として、相手の気持ちが想像できないという点も大きいでしょう。本来、人と人が関わるときは、ある程度相手の気持ちを尊重したり、想像したりして会話するものです。ところが、デリカシーのない人は、物事の判断基準がすべて自分軸になっているため、相手の気持ちを理解しようとすることがありません。

常識ある大人であれば、少し考えればこれは他の人に聴かれたくない話だろうなと感じたり、こんなことは質問されても答えにくいだろうな、という事がわかる為、デリカシーのない発言をしないのですが、デリカシーのない人は自分の好奇心だけが先走って、相手の気持ちを考えることができません。

そのため、周りに聴かれたくないであろうことを大声で話題にしたり、本心を答えにくいようなことを質問したりするのです。少しでも相手の気持ちを想像することができるのなら、“誰が見てもデリカシーのない人”にはならないでしょう。

デリカシーのない人の対処法

ここまで紹介したような人が周りにいて、会うたびに気分を害されているという場合はどのようにすればよいのでしょうか?こちらでは、デリカシーのない人の対処法を確認しておきましょう。

関わりを避けて距離を置く

デリカシーのない男、デリカシーのない女のどちらにも言えることですが、相手はあなたのことを傷つけても全く気にしていません。中には、意地悪心も手伝って、わざとデリカシーのないことを言ってくるという場合もあるでしょうが、基本的には深く考えずに口に出していることが多いので、改善される見込みは少ないでしょう。

相手に自覚がない、もしくは悪意がある腹の立つ発言を聴き続けるのは、心身ともに疲れ果ててしまいますよね。デリカシーのない人への対処法として一番おすすめなのが、同じ空間に居ないようにする。できる限り接触しないという方法です。

しかし、場合によっては顔を合わせなければならない場合もあるでしょう。そんな場合は、デリカシーのないことを言われたら、ハッキリとわかりやすく“引く”、それでもまだ言うようならば“無視する”、更に効果が無いようなら“普段こちらが言わないようなデリカシーのないことを相手に言ってみる”という方法もあります。うまくいけば、こちらの不快感が伝わるでしょうし、相手に一撃を与えて黙らせることができるかもしれません。

ただ、一番労力を使わない方法かつ、もめない方法としては、できる限りの接触を避けて距離を置くことと無視をすることでしょう。

いかがでしたか?

デリカシーのない男、デリカシーのない女の許しがたいセリフや、デリカシーのない人の特徴、デリカシーのない人への対処法をご紹介いたしました。ここでご紹介したセリフを実際に言われて、腹が立ったという人も多いのではないでしょうか?また反対に、深く考えずにこれらのセリフを口にしていたという人もいるかもしれません。

腫れものに触るように扱う訳ではありませんが、相手の状況や性格などによって、傷つく言葉やいわれたくないセリフが変わってくるはずです。相手のことなんてわからない!と思う人は、そのような浅い付き合いの人に対して、突っ込んだ質問や発言をするべきではないのかもしれません。

自分が発言したことが人を傷つける可能性は誰にだって十分起こり得ることなのです。人との付き合いが楽しく円滑に行われるように心がけることも、大人のマナーではないでしょうか?