キスは彼女ができたらする、まず最初のステップ。大好きな人とのキスは幸せなものですが、女子がキスに本当に求めるものって何か知っていますか?これだけは嫌だというポイントや、女子が本当に好きなとろけるキスの方法など、今知りたいキスの情報全て教えます♡

kiss15

彼女とキスがしたいなら

女の子と付き合ったらまず最初にしたいこと、それはキス!男性も女性もキスが好きですが、特に女性はキスをとっても大切な物と考えています。映画「プリティ・ウーマン」でも、主人公の娼婦ビビアンは「お客と寝るときは唇にキスはしないの」と言っているように、キスは愛情がない相手とはできない、とっても大切な行為。 そんな女子がとても重要視しているキスならなおさら、素敵にかっこよく決めたいものですよね!実は、男性が思っている良いキスと女性が思っている良いキスってちょっと違っているんですよ!そこで今回は女性目線から見た、覚えておいて損はない彼女とのキスで喜ばれることやしてはいけないポイント、キスのタイミングや場所まで全てををまとめてご紹介します♪

彼女とキスする時期ってどれくらいがいいの?

まず最初の問題は、付き合ってからどれくらいの時期にキスをするかという事。そんなの付き合ったその日に決まってるじゃん!とか、キスは付き合う前にする!という人もいるかもしれませんが、それは女子的にはOKなのでしょうか?彼女との最適なキスのタイミングはこうやって計ってみて下さい。

付き合ったその日にキス!?

まずは、彼女になった瞬間にキスしたい!という場合。彼女候補の女性と近々決めたい!という男子はこちらを参考にして下さい♪付き合ったその日のキスは、状況によってはアリです♪キスから始まる恋だってありますからね♡ 私の友達(19歳〜32歳)にアンケートをとったところ、キスを受け入れる時期はその日からでもOKな子がほとんどでした!何なら付き合った記念にキスしたい♡という女子もいるほど。ただしこれは、ムードがいい場合に限ります。大抵はいい雰囲気を作ってから告白しますよね? 付き合った初日にキスしたいなら、ムード作りが大切!それにはデートのお店選びや雰囲気作りも重要ですが、告白する言葉も大切なキーポイントです。言葉に出してちゃんと好きと伝えることで、女子の心は開きやすくなります。 ちなみに、私達の女子会で人気だった告白のセリフは…「ずっと前から好きだった」。一言でいろんな気持ちを込めることができるので、「ずっと見ててくれたんだ…」からのキスに持っていきやすいのです。告白の際や、まだ付き合って間もないカップルには有効なのでぜひ使って下さい♡

彼女ができたけどキスはまだの場合

現在お付き合いしている人がいる、でもまだキスはしていないという男子の皆さんは、多分タイミングが掴めてないのでしょうか?お付き合いして数日〜3ヶ月ならもうまさに初キスの時期です!!好きという気持ちがが1番盛り上がるのは、付き合ってから初エッチをするまでの間と言われているように、あなたが考えてるのと同じぐらい彼女も「いつキスするのかな」とドキドキしています!もう一番いい時期じゃないですか♡ 何かキスしたくない理由がない限り、彼女も受け入れる準備は万端ですから、しっかりムードを作ってキスしてください♪この時、焦って変なタイミングでしてしまうとせっかくの初キスが台無しなので、それだけは気をつけて下さいね。

彼女の恋愛経験が少ない場合

年齢が下がるにつれて受け入れ時期は10回目のデート〜3ヶ月と長くなっていくようです。年齢が若いというのは恋愛経験がまだ浅いことが多いので、あんまり早い時期にキスすると「私大切にされてないかも…」と思われ彼女の友人に相談されて、あなたの話が広まる可能性大です。これは恥ずかしい。 まだあまり恋愛経験がない女の子と付き合った場合はよーくタイミングを伺って、彼女の不安を解消してからするようにしてあげて下さいね!こんな彼女とのキスは、待つことも一興と思ってゆっくりと進めましょう。若くて可愛い彼女ができたなら、キスぐらい待つ余裕が必要です。 ただ、こういう彼女の場合は男性から仕掛けないと一向に前に進みません。自分自身もそんなに恋愛経験ないんだけど…と言う場合は困ってしまいますよね。そんなカップルのベストなタイミングの見分け方は次の項目でご紹介します♪

彼女とキスできるタイミングを見逃すな!

キスするタイミングは、とっても重要なものです。それは、何度目のキスでも同じこと。彼女が出している「キスして♡」のサイン見逃していませんか?キスがしたいのは女性も男性も同じですが、男性と違うところは「わざと」キスして欲しいサインを出すことがあるということ。 よく漫画などで、キスして欲しいときにそっと目を閉じるヒロインがいますが、そんなことする女子は現実にはいません。現実の女子がするキスして欲しいサインは、もっと自然で女子が可愛く見えるものなのです。本当は男子には教えたくない、あざとかわいい女子のテクニックをちょっとだけ紹介します♡

上目遣いは王道であり、鉄板のサイン

上目遣いはもう定番ですよね!古典的ですが、これが効果的だって女子は知っています。目が大きく見えて、顎がシュッとするから可愛く見える上目遣い。俺はぶりっこは嫌いだという男性も、「彼女が自分のために一生懸命可愛く見せようと頑張っている」と思えば何だか愛おしくなりませんか? 不特定多数の男性にするのはNGだけど、大好きな彼限定で使うテクニックなら良いじゃないですか♪そんな上目遣いでじっと見つめられたときは、逃すことのできないキスのタイミングですよ。

彼女がちょっと拗ねたふりをしたときにキス♡

別にたいしたことでもないのに、ちょっと彼女が拗ねたふりをしているとき、それはもう絶好のキスのタイミングです。ちょっと拗ねたふりというのは、ぶすくれているのに何か可愛さを出してきているときです。マジ切れしているときは、火に油を注ぐので止めましょうね。 さらにこれと上目遣いを併用するバージョンもあります。上目遣いがプラスされたら確実に彼女は怒っていません。このタイミングでは、「もう、そんなに怒るなよ〜」と言いながらキスすれば完璧ですね♡

ふと彼女が無言になるタイミングでキス

例えば家や駅まで送って行ってさよならする時に、「今日は楽しかった、ありがとう」なんて会話をしますよね。その時ふと無言になることはありませんか?さっきまで普通に話していたのに、急に無言になる。そこでさらに彼女が見つめてきたら、絶好のタイミングです!!恥ずかしがり屋の彼女だと、何となく下を向くこともあります。 このタイミングを逃してしまうと、女子はちょっと残念な気持ちになるので、ぜひキスして欲しいところ!だって普通に送ってもらっただけなら、「今日はありがとう!じゃあまたラインするねー」と帰っていきますもん。家の周りや駅などは誰に見られているか分からないので、ここではかるーいキスにしましょうね♪

家でまったりしている時のキス

これはもう定番中の定番ですが、付き合ってしばらくたつのになかなか進展しないというなら、このタイミングを狙ってください。彼女のスキンシップが増えたり、甘えてきたりしたらそこでキスです。彼女とどちらかの家にいて、肩にもたれたりして甘えてきたのにもしキスを断られたとしたら、それはあなたは悪くありません。そんなタイミングで拒否するのは、何か特別な理由があるか、ちょっと男性に対する危機感が薄いので彼女の普段の身の安全を心配した方が良いかと思います。 女子からのサインはよーく見ていると結構分かりやすいものですよ!だって、私達女子は、男性は基本的にプライドが高いって知っていますから。彼女の「私は断りません」というサインを見逃さなければ、キスのタイミングを見分けるのは簡単なことです♪

彼女とのデートでキスのタイミングを作れる場所

彼女のキスしてのサインを待つだけじゃなくて、自分から作りたいという男子、とっても素敵です♡また、彼女によってはクールな子だったり、照れ屋だったりして、なかなかサインを出してくれない場合もあります。そんなときはこんな場所でキスのタイミングを作ってみて下さい♪意外と定番の場所が良かったりするんです!

帰り道でキスは定番で鉄板♡

ファーストキスの定番でもある帰り道でのキス。これは何歳になっても良いものです。帰り道という、もうすぐバイバイ。もっと一緒にいたい、まだ帰りたくないな、という気持ちが高まっているときのキスはすごくドキドキします。手をつないでゆっくり歩き、じゃあまたね、というタイミングでキスすれば、家に帰ってからも彼女はあなたのことを思い出して幸せな気分に浸れます♡

公園デートでキス♡

公園でキスするカップルが多いということは、公園はキスの絶好のスポットとも言えます。大人男子なら、近所の小さな公園よりも景色がきれいな公園で散歩しながら…などが良いかもしれないですね。夕方や夜の公園などはムードがあってより良いです!人目を気にする彼女の場合は周りにちゃんと配慮してあげて下さい。

ドライブ中の信号待ちでキス♡

車の中もキスできる場所のひとつです。ドライブデートの信号待ちの時にちゅっとするのが好きという女子は結構います!運転中の男性は無条件でかっこよく見えるので、ふいにキスすれば胸キュンする可能性大です。車で家の前まで送っていったときのキスも良いですね。キスに気を取られすぎないよう、運転にはくれぐれも気をつけて下さい!

夜景の見える場所でキス♡

女性はロマンチックな場所に行くと、恋愛ホルモンがどんどん出てくるといいます。これは科学的にも証明されていることで、だから女性は夜景スポットが好きなのかもしれません。夜景を眺めてロマンチックなムードを作ってからキスすれば、ほぼ断られることはないでしょう!

こんな場所でのキスは彼女でもお断り!

デートで彼女とキスする場所は、人目があまり気にならない場所や、個室、ロマンチックな場所がベストです。しかし逆に、こんな場所はちょっと嫌だというところもあります。 例えばいくら薄暗いとはいえ、映画館はNGですね。ちょっと映画に集中させてよと思うし、暗くても意外と人目が気になります。映画館でキスしてるカップルは「あらあら、お盛んだこと」と周囲から生暖かい目で見られているという事を忘れずに! また、レストランなど食事をする場所もあまりよくありません。個室だとしても、いつ店員さんが入ってくるかも分からない場所でのキスは微妙です。高級店ではもちろんNGですが、逆にお手頃なお店やファストフード店はもっとダメ!端から見てもまぁなんて安っぽいこと!という印象です。お食事デートでキスしたいなら、店を出た後やふたりしか乗っていないエレベーターの中などが良いと思います。 他にも電車の中やタクシーの中、子供が周りにいるときも止めておいた方がいいですね。自分たちの子供の前でのいってらっしゃいのキスぐらいは良いと思いますが、公共の場で人の子供の前でキスするのは良くないです。お母さんも困るでしょうし、まさに「見ちゃいけません!」状態になるので控えましょう。 電車や地下鉄でキスしているカップルは、自分たちの世界に酔いすぎです。高校生ぐらいまでなら微笑ましいですが、大人の男女がするのはちょっと周りが不快になる可能性があります。名残惜しくても、お別れのときの改札での軽いキスぐらいにしておきましょうね。 タクシーの中もそうですが、ようは人がたくさんいる場所では節度をわきまえた方が良いということです。彼女に恥ずかしい思いをさせないためにも、時と場を考えたキスをしてください。

彼女とキスする頻度ってどれぐらいがいいの?

彼女とキスすることが日常になってきたら、次はキスする頻度ですね。ほとんどのカップルが、1回のデートでキスは1回なんですって!多分このデータは付き合い始めの頃のことでしょうから、実際にはもっとしていますよね。 いつもどのくらいの頻度でキスしているか覚えていますか?冒頭でお話ししたように、キスは女性にとってとても大切で、愛情を計るひとつの指針とも言えます。キスって、たくさんした方が良いのでしょうか?

彼女とのキスは頻度よりも気持ちが大事!

キスは、たくさんすれば良いというものではありません。それよりも、きちんと彼女のことを大切に思う気持ちを伝えることや、タイミングをちゃんと計ることの方が大切です。意外とこの大切に思う気持ちというのはキスを通じて彼女に伝わっているもので、とりあえずしとくか、というキスは彼女の心には残りません。 私も、今思い返すと思い出に残っているキスはとっても愛情を感じられたものばかりです。ただ、男性の場合《キスをたくさんしたい=愛情がいっぱい》という脳の構造をしているそうで、キスしたいのは彼女が好きだからなんですよね。 どうしてもたくさんキスしたいなら、それを彼女に伝えてみて下さい。「大好きだからたくさんキスしたいんだ」と言われて嫌な気持ちになる女性はいません。男性は、回数で愛情を表現する傾向にあるけれど、女性はひとつひとつの重みを大切にするもの。 美味しいものだって、あとちょっと食べたいぐらいの量が丁度いいって言うじゃないですか♪自分の気持ちを優先するか、彼女が求めてくるように仕向けるかはあなた次第です♡

彼女にキスがうまいと思われるテク①初級者編

さぁ、こうして彼女と結構な頻度でキスできるようになったら、次はテクニックです。キスが上手いと思われるようなテクニックは色々ありますが、まずは初級編。男心としてキスはリードしたいと思う方が多いようですが、一番やっちゃいけないのは「教科書通りのキス」です。 これは失礼ですが、あまりキス経験がないからこそ頑張ってしまっている男性にありがちなこと。頑張ってくれるのは嬉しいですが、経験があまりないならないで良いじゃないですか!彼女とふたりで上達していけば良いんです。 教科書通りに「まずは軽いキスをしてからディープキスに進む」などと考えるよりも、もっと簡単で効果的な、わざとらしくないキスのテクニック初級編を紹介します。

キスの前には身だしなみに気をつけること

当然ですが、前日ににんにく揚げを食べたなんて最悪です。自分では気付きにくいかもしれませんが、焼き肉も次の日まで口臭が残っています。あとは蕎麦に乗っているネギや、ハンバーガーのたまねぎなどもくせ者です。 キスすると決めたらたまねぎ抜きにするぐらいの配慮はして欲しいものです。男性だって「くさっ!」って思われるのは嫌ですよね。そして、意外と多いのが唇ががっさがさの男性!リップクリームは数百円で売っていますので、なめらかな唇になるようにケアして下さい。

ディープキスは意外と嫌いな女子もいる

とあるアンケートによると、ディープキスが嫌いな女子は全体の60%を占めているそうです。しかし、男性は普通にキス→ディープキスと持っていきたがる人が多いように思います。本当にこれって何か教科書でもあるんですか? いきなり舌をぐいっと入れてこられても、流れ作業化したキスだと舌の動きも変だし、下手したら痛いこともあるし、正直言って全然良くありません。それよりも唇をそっと合わせて、お互いの感覚を確かめるようなゆっくりとした優しいキスの方が、キュンとするものです♡

キスのテクニックがないなら手を使え!

キスというと、唇と舌のテクニックだけにこだわっていませんか?そんなものよりももっと簡単に女子をドキドキさせられる簡単な方法があります。それは手を使えば良いんです!手を使うというのは、キスをする時に髪をなでたり頭の後ろや腰あたりを支えてあげること。恋人繋ぎしながらのキスも良いですね。 これを不快に感じる女子はいないので、簡単にドキドキさせられます!下手に口だけのテクニックに頼るより、よっぽど紳士的だしかっこいいですよ♡

彼女にキスがうまいと思われるテク②中級者編

キスは回数をこなしてきたし、良いキスも微妙なキスも一通りした!という男性は中級編をご覧ください。ソフトなキスもハードなキスもきっと完璧でしょうけれど、ここでは特に女子が好むキスの紹介をします♪

キスする前に時間をかける

キスの前に時間をかけると、女子の期待度がぐっと高まります。これから彼とキスするんだ!という気持ちを存分に盛り上げてあげましょう。そのときは、ゆっくり髪をなでた後、顔や唇にそっと触れて下さい。メイクがヨレるような強さはもちろんダメで、あくまでそっと、大切に、愛おしそうに。 目を見つめてまた髪をなでて、微笑みながら「本当可愛い」とか「何かすっごい好き」とかいうセリフを付ければ完璧です。彼女はドキドキキュンキュンすること間違いなしです!!

ゆっくり、角度を変えてキスをする

これは、私も初めてされたときは心臓の音が聞こえるんじゃないかというぐらいドキドキしたテクニックです。まず、唇がちょっと重なる程度の唇の横にキスします。そして反対側の唇の端にもキス。一回のキスごとに時間をかけて見つめながら、頬に手を添えて行います。 何度か繰り返してからようやくきちんと唇を合わせたキスをしてください。見つめあいながらゆっくりというのがポイントです。これ、文章に書くとそうでもないんですが、なぜか「いつくるんだろう」というドキドキ感でいっぱいになりました!心理的に、じらすというのは結構有効なんですよ! どちらかとうと付き合って間もなかったり、最近適当なキスしかしてないというマンネリカップルにオススメです。

いきなり舌を入れるディープキスは嫌だ

とにかく、ディープキスはゆっくりしてください。唇や舌を固くせず、そっと彼女の口の中に舌を入れていきます。そして、最初から口の奥まで舌を入れないこと!初めは舌先同士でつつきあうぐらいが丁度いいんです。 ディープキス嫌いの女子は、この舌が入ってる感覚が気持ち悪いから嫌だということなので、そっと舌の先だけを合わせるようなキスから始めることで、彼女の心を開くことができます。彼女の心が開いてから深いキスに移れば、その後の展開に進みやすくなるかもしれませんね♡

彼女にキスがうまいと思われるテク③上級者編

キスの上級者となればご存知だとは思いますが、キスの好みはその女性によって変わります。そこを探りながらふたりだけのベストなキスをするのが幸せなんですよね♡なのでキスのテクがあるからこそ、そこまでのプロセスを大切にして下さい。キスでストーリーを作る、それが上級者のキスのテクニックです!これだけはどんな女子でもハズさないという技をご紹介しますね♪

キスのテクニックを見せる前の下準備

キスのテクがあるからこそ、すぐにそれを披露するのはいけません。じらしてじらして、キスを盛り上げていきましょう!まずは初級編や中級編でも出てきた、髪をなでたり顔に手を添えたり、それと同時に耳元にもキスをしてください。耳にキスといっても舌を入れてはダメですよ!ちゅっという音が聞こえる程度にキスをし、そして「好きだよ」とかささやけばぞくぞくします♡ すぐに欲しいものをあげないおあずけテクニックは、恋愛のどんな場面でも使えますよ。 キ

スする体勢を変えるだけでドキドキ感は倍増

いつも正面からキスすることが多いなら、後ろからハグする形でキスすればいつもと違った気持ちになれること間違いなしです。後ろからぎゅっは、彼氏にされたいことの定番です。それとキスの合わせ技が嫌いな女子はいないでしょう!この時耳へのキスも忘れずに。勢い余って手が胸に…というのはぐっとこらえてあくまでも「女の子を大切にしてます」というスタイルがポイントです。

女子が好きなディープキスのやり方

ディープキスはあまり好きじゃないという女子でも、ここまでされたら良いかも♡という気分になってきます。めいっぱいじらして、普通のキスもしたらさぁいざディープキスへ!この時には中級編で説明したように最初は舌先から軽く、そして徐々に舌を入れたらゆっくり舌を絡めていきます。彼女も同じように舌を動かしてくれたら、数秒続けて一度唇を離します。 そしてまたキス。唇の内側をそっと舐めたり、親指で彼女の下唇を触るのも良いですね。これは女子がされると胸キュンするという「顎くい」に近い形を自然に作ることができ、ドキドキ感も増します。ずっとキスし続けるんじゃなくて、途中何度も離すのがポイントです。その際はほほえんだり見つめあったりと最大限の愛情表現をしてください!

彼女の体にキス♡唇以外はココにして欲しいんです

キスをするのは別に唇に限ったものではありません。体の色々なところにキスすることで、愛情を伝えることができます。女子はどんな場所にキスされるのが好きか知っていますか?キスされたいポイントを知って、ぜひ彼女に試してみてください♪

付き合って間もない彼女の、唇以外でキスするべき場所

実は唇以外でキスされたい場所のNo.1は、ほっぺなんです!ちょっと意外じゃないですか?多分男性がしたい場所とはちょっと違いますよね。そして2位はおでこ。これもなんて健全な場所!ここにキスして欲しいのは、ちょっと漫画みたいで良い!という理由や、性欲じゃなくて純粋な愛情を感じるからだそうです。変にテクニックにこだわるよりも、こうやって爽やかにキスしてくれた方が素直に嬉しいんですね。

ちょっと大人のふたりにがキスするならもちろん…

もちろん…どこだと思いましたか?正解は首筋です。他には耳など、大人の女性や付き合いが長いカップルはちょっとセクシーなキスを求めている傾向にあります。この時は、感覚と聴覚を意識してください。つまりそっとなでるようにキスしたり、音を出したりということです。間違っても勝手にキスマークなど付けないように! いつものキスにちょっと飽きてきたり、何だか最近マンネリ気味というカップルはぜひ試してみてくださいね。

キスする場所にも意味がある!?

髪の毛へのキスは思慕(恋しく思うこと)、まぶたは憧れ、手の甲は敬愛や尊敬などキスもする場所によって様々な意味があります。無意識にキスしたいと思う部分はその願望や気持ちの表れなのかもしれません。 これであなたや彼女の深層心理が分かるかも!?例えば他にはこんな意味合いがありますよ。 耳…誘惑、唇…愛情、頬…親愛、首筋…執着、胸…所有、腕…恋慕。何となく、イメージと一致しませんか?ちなみに、足の甲へのキスの意味は「奴隷」だそうです☆

彼女がキスのときにみせる反応をしっかりチェック

彼女とのキスのとき、しっかり反応を見ていますか?彼女の反応を無視して、自分勝手なキスはしていませんか?この自分勝手なキスは、キスに余裕がない男子や、逆にすっごく自信満々な人に多いんです。余裕がないとか、経験が少なくて…とかなら全然良いんです。これからもっと良いキスができるようになるんですからね♡ でも最悪なのは、自分の持つ全てのテクニックを出しつくしてくるような「俺様キス」をする人。自信を持つのは良いことですが、確信がないのに「俺キスが上手いんだよね」とか言わない方が良いですよ。だって別に普通なキスでも女子は「良かったよ♡」と良いいますから。自分でハードルを上げることはありません。 本当にキスが上手い人は、「人によって良いポイントが違う」ということを知っています。なので、元カノには良いキスだったとしても、今の彼女には良いとは限らないので「俺はキスが上手い」なんて言わないんです。「キスが好き」と言うことは良いですね♡彼女も「キスしたい」と表現しやすくなります。彼女があなたのキスを微妙だと思っていないかどうかは、ここを見れば分かります! ①キスの後、こっそり唇をぬぐっていないか これをされたら、ちょっとよだれを出しすぎです。正直、口回りまで舐められるとファンデーションも落ちるし何か気持ち悪いんです。こういう激しいキスは、エッチで盛り上がった時にとっておいてください。 ②彼女の方から唇を離していないか これは、息苦しいのが原因です。特にあまりキスの経験がない女の子は、鼻で息をしつつキスするということに慣れていません。意外と大人の男性でもやりがちなので、ちょっと唇を離して息継ぎするタイミングを作ってあげましょう。 ③舌を出してきてくれない これはちょっとまだディープキスは嫌、というサインか、ディープキスの仕方がよく分からないということです。どちらにせよ、ガンガン攻めるのはまだ早すぎます。そっとゆっくり優しいキスで心をほぐしてあげてください。 ④体が強張っている これも、ちょっと進ませるペースが早すぎます。たくさんキスをしたくても、この場合は「キスのテクニック初級編」で紹介したように、髪をなでたり手を握ったりしてまずはリラックスさせてあげましょう。

彼女に下手だと思われるキスの特徴

どんなに大好きな彼氏とのキスでも、ちょっと嫌だなと思うキスもあります。先ほどからNGキスのポイントを書いてきましたが、さらにいくつかまとめてみました。口臭などは言わずもがななのでここでは外します。キスの時、こんなことしていないかもう一度思い返してみてください。

キスする直前の顔がおもしろい

冗談じゃなくて、たまにいるんですよね。キスする前の顔がおもしろい人。どんな感じかと言うと、唇を突き出す形になっているキスです。まるでたこ八のように見えて百年の恋も冷めてしまうのでこれは意識して改善して欲しいところです。 だからと言ってキメ顔をされてもちょっと面白くなってしまうのであくまでも自然にしていてください。例外として、彼女に甘えられるような仲なら、軽く唇を出してふざけてちゅーっとするのはとっても可愛いのでアリです♡

キスのとき鼻息が荒い

ふと漏れる吐息はキスのスパイスになりますが、鼻息が荒いのはちょっと頂けませんね。ものすごく興奮しているように見えるのでちょっと引いてしまいます。息苦しかったら一度唇を離しましょう。息を整えている時間は抱きしめたりすれば更に良いです!

彼女のタイミングと合わないキス

これは男性だけが悪いのではないですが、リードするつもりならば彼女の方に合わせてあげてください。特に経験が少ない女子はいつ何をしたら良いか分からなかったり、こんなことするなんて恥ずかしい!という気持ちが先にきてしまったります。俺が育てる!ぐらいの意気込みでゆっくり彼女のペースに合わせてあげましょう。彼女の方がリードしていくタイプなら、流れに身を任せてください♡

キスがベタベタしたり、歯が当たる

ベタベタするキスは、気持ち悪いと思うキスNo.1であり、さらにディープキスが嫌いな理由のNo.1でもあります。これは彼女の口との大きさに差があることで起こります。彼女の口が小さかったり、あなたの口が大きかったら今一度キスの時に唇以外の範囲も覆っていないか確かめてみてください。 基本的に唇以外の顔の部分によだれが付くのは気持ち悪いと思うのが女子の大半と覚えておいてくださいね。歯が当たるのは当然痛いので気をつけてください。他にも痛いキスとしては唇や舌を吸う力が強いというのもあります。敏感な部分なので気をつけましょう。

彼女のキスが下手だったら!?

先ほど「彼女に下手だと思われるキスの特徴」を書きましたが、当然これはそのまま彼女にも当てはまります。キスはふたりでするものなので、男性ばかりが全てを背負い込むことはないんですよ。ただ、女性はキスに対して受け身な場合が多いです。そんな時は、優しい言葉で誘導してあげてみてはいかがですか?

彼女のキスをちょっとうまくするテクニック

では先ほどの「彼女に下手だと思われるキスの特徴」を元にどんな風に誘導すれば良いのか説明していきます。ただし最初の「キスする顔」については、決して変だよ、などと言ってはいけません。傷ついてもう二度とキスしてくれなくなる可能性があります。 この場合は慣れるか、見ないようにするか、そういう特集の雑誌でもさり気なく置いておくしか手はありませんね。残念ですが、そういうことも話せる仲になれることを祈っています。ではその他改善できる可能性があるものを紹介します。 「鼻息が荒い場合」は例えば、息苦しくない?と言ってあげれば自分で気がつくかもしれません。でもこれで気付く場合は、大抵は本当に息が苦しいことが多いんですよ。息継ぎのタイミングを作るというのも改善できるポイントですね。 他には辺ベタベタするのが嫌だったら、自分の口回りを拭きたいのをぐっとこらえて彼女の口回りを先に拭いてあげましょう。よだれ出てたかも…と遠回りに気付かせることができます。歯が当たると言うときは、あたかも自分が歯を当ててしまったかのように「ごめんね、痛くなかった?」と聞けば紳士的です。 無意識に歯が当たってしまう彼女でも、「歯が当たって痛い思いをさせてたんだ」と認識することができます。 3つ例をあげましたがポイントは全て、恥をかかせないように遠回りに伝えると言うことです。あくまでも、心配している体を装うのです。他にもこういうキスしたくない?と理想のキスシーンがある映画などを一緒に見ても良いですね!映画通りにしようとすれば今までのキスとは別物になりますし、それが良ければ彼女の腕も上がっていくことでしょう。

自分勝手なキスができないからって、彼女が下手だと思ってない?

まだあまり経験がない彼女に、色んな技を求めてはいけません。それでは逆に彼女から「この人もしかしてキスが下手なのかも」と思われてしまいます。どんなに素晴らしいテクニックを持っていたとしても、彼女に合わなければそれは良いキスとは言えないですよね。 たしかに今の彼女は経験が足りなくて拙いキスしかできないかもしれませんが、それをキスが下手と言ってしまうのはあまりにも可哀想。一緒に覚えていけば良いよというスタンスで、ふたりだけの最高のキスを探してください♪

初キスのタイミングはデートの終盤につくろう♡

彼女と付き合って「初めてのキス」というのは特別なもの。情熱的に気持ちをぶつけるキスは付き合ってからいくらでもできますが、最初からガツガツいってしまうと「ちょっと怖い…」と引かれてしまう場合もあります。ここでは、キスの中でも特に《初キス》のタイミングや気持ちの盛り上げ方について紹介していきます♪

初キスで、彼女の気持ちをもっと盛り上げる方法

過去に誰かと付き合っていたとしても、彼との初キスまでの期間というのは女子の気持ちが一番盛り上がっているものです。初めてのキスでは、テクニックなどを考えるよりもドキドキ感を楽しむのが◎。それには彼女の期待値を最大限まで上げていきましょう! 女子が「今からキスされちゃう!?」とドキドキするタイミングはボディタッチが増えたとき。彼女から腕を組んできたり肩をあずけてしたりしたときは、あなたも積極的にタッチしてみてください♡しかし、胸やお尻を触るのではないですよ!髪に触れたり、頬にそっと触れたり、いやらしくないボディタッチがドキドキするんです。腰に手を回すのは、サラッとできるならOKです。 そしてじっと彼女の目を見つめましょう。ここで盛り上がりは最高潮!!今まさにキスするタイミングです♪始めてのときは何でも優しくが鉄則。ロマンチックな雰囲気作りもキスのうちだと思って頑張ってくださいね。

初キスは車の中でされたい♡そのタイミングとは?

キスの場所については上記の項目で紹介したのでそちらを参考にして頂きたいのですが、その中でも車の中でのキスが好きという女子が多いってご存知ですか??車内というのは多少人目があるにもかかわらず、個室のようなプライベート感がいっぱい。さらに運転している時の男性ってなぜかかっこよく見えるものなんですよね♡ 免許を持っている男性なら、初キスをしたい日はぜひドライブデートへ。都心に住んでいると車は持っていないという方が多いと思いますが、レンタカーを借りて少し遠出をしよう!と誘ってみると良いと思います。 車の中でのキスのタイミングは「信号待ち」「駐車場」「送り際」とたくさんあるので、チャンスが多いのもいいところ。車の中でも先ほど紹介した《気持ちを盛り上げる方法》はぜひ試してみてください。軽く彼女の手を握ったり、信号待ちの時に頭をぽんと撫でたりすればドキドキ感もアップ!後はお互いが盛り上がった時にちゅっと軽いキスを。その際安全には充分注意してください。そして行きよりも帰り道にするのがよりオススメ。その理由は次項で紹介します!

デートの終盤に初キスすれば、あなたのことで頭がいっぱいに♡

キスって何度もしているとだんだん慣れてきて新鮮みがなくなるもの。だからこそ初キスをするタイミングはデートの終盤に持ってきてください!!これから何度もしていくうちに、キスはあたり前のものになるでしょう。自然にできるキスもすごく良いものですが、感動も薄れてしまうのも現実。ということは、初キスこそがふたりの中で一番ドキドキするものなのです。 それをデートの最後のほうに持っていくことができれば、より印象に残ります。さらにバイバイして彼女がひとりになったときまで、キュンとした気持ちが継続するんです♡デートの最初や中盤にしてしまうと、その後の楽しさで余韻にひたる時間がありません。それじゃ、もったいないですよね。 寝る前のベッドの中で、あなたとのキスを思い出してドキドキしている彼女なんてすっごく可愛くないですか??余韻を残しておくことで、次のデートでもキスできる期待はぐんぐんアップすると思います♪初めてのキスはぜひ、デートの終盤の帰り道や別れ際にしてみてください。

30代カップルの初キスのタイミングはいつが良い??

大人の初キスは5回目までのデートで

30代(もしくはそれ以上)のカップルの場合、始めからある程度結婚も考えられるような人とお付き合いすると思います。真剣な関係だからこそ、あまり早くキスしたら《大切にしていない・結婚対象外》だと思われるんじゃないか?という不安もありますよね。しかし大人のカップルだからこそ、初キスは1回目〜5回目までにしてみましょう。 初キスまでにあまりにも時間がかかってしまうと女性も、「何でこの人何もしないんだろう…」と疑問に思います。また、いい雰囲気やベストなタイミングがあったのにしないでいると「しないんかい!!」とつっこみたくなることも。「私に魅力がないから何もしないの?」と不安に思う女性もいると思います。 年齢で恋愛経験の豊富さは計れませんが、それでも大人のふたりならキスまではある程度早めにしないと悶々とされてしまいますよ。体の関係になるのは慎重に進める必要がありますが、キスは早めに。過去に誰かと付き合ったことがある30代以上の女性なら、「この人軽い」なんて思いませんし、むしろタイミングを逃しすぎているほうが印象は悪くなってしまいます。ぜひ男性がリードしてください。

彼女がキスを拒否する理由とは

彼女がキスを拒否する理由は、まだキスをしていないカップルなのか、もうキスをしているカップルなのかで変わります。それぞれ、どんな理由があるのか見ていきましょう。

初めてのキスを拒否される理由

初めてのキスで彼女に拒否されたから、もう誘えない…と思っている男子は意外と多いようです。でも安心してください。彼女がキスを拒否する理由は嫌いになったからではありません。ほとんどの場合が「まだ心の準備ができていない」というだけ。 初めの方にお話ししましたが、女性によってキスがOKのタイミングは異なります。きっと、少し彼女のタイミングよりも早かったのでしょう。そんな時は落ち込むことなく、焦らず彼女のタイミングを見計らってください。女子のキスしたいサインは「彼女とキスできるタイミングを見逃すな!」の項目で書きましたので、参考にしてもらえたら嬉しいです。 とにかく焦らないこと!初キスの拒否はそれさえ守ればすぐにできますよ。稀に何かトラウマなどがある場合もあるので、いつまでたっても拒否される場合はしっかりと彼女の話を聞いてあげてください。

何回かしたのに、いきなりキスを拒否される理由

何度かキスをしているカップルでも、彼女にいきなりキスを拒否されるとうことはあります。それが数回目のキスで拒否されるようになったら、言いにくいですがキスがイマイチということでしょうね… 自分勝手に性欲全開のキスをしていたり、女子が苦手なよだれでべとべとのキスをしていた記憶はありませんか?そんな自覚はなくても、もしかしたら彼女はあなたのキスにあまり愛情を感じていないのかもしれません。もう一度今までのキスを思い出して、彼女の心に寄り添ったキスをとは何なのか考えてみてください。

付き合いが長い彼女にキスを拒否される理由

この場合、ちょっと彼女の気持ちがあなたから離れている可能性があります。この時の彼女はキス以外のスキンシップも拒否したり、なんだか態度がよそよそしくなったりしていませんか?女性はキスをとっても大切にしていると言いましたが、あまり好きではなくなるとキスもしたくなくなるものです。 そんな時は、まずきちんと話す場を作りましょう。どんなことが不満で、今何を思っているかを聞き、自分がどう思っているかも伝えられれば更に良いですね。決してケンカ腰にならず、「これからのふたりのため」というスタンスで話し合うことが大切です。そこで解決できれば、今まで通り彼女とのキスができる日も近いはずです。

彼女がキスをしたくない理由は他にもたくさん……

他にも彼女がキスをしたくない理由がたくさんありました

彼女がキスをしたくない理由をたくさん書いてきましたが、人の心と身体というのは不思議につながっているものです。そんな心と体がさらに不思議につながっている女性である、彼女がキスをしたくない理由は他にもまだまだたくさんあるようです。あなたも彼女が「キスをしたくない」と突然言ってきたときに焦らないように、ここでしっかりと「女性というものは不思議なんだな、こんなときにキスをしたくないのか……」ということを事前に学んでおきましょうね。

本当に「なんとなく」キスの気分じゃない

これは女性にはよくあるようで本当になんとなくなのですが、あなたとキスしたい気分じゃないということがあるみたいです。あなたのことが嫌いになってしまったとか、心の底からあなたとのキスを拒んでいるというわけではありません。ただなんとなく、今はあなたとキスする気分じゃないということが女性にはあるので、その辺は理解しておくと「自分に何かいけないところがあったか……?」とか「もう嫌われてしまったのかな……?」とか心配しなくて済むかもしれませんね。 ただ、この「なんとなく」というのがかなりのくせももので、実は彼女も気付いていないところであなたから心が離れてしまっているということがあります。この前に書いた「付き合いが長い彼女にキスを拒まれる」というのは最初は彼女も「なんとなく」と感じていることがあるかもしれません。 しかし、実際にちゃんと話しを聞いてみると、あなたをすでに異性として認識できていないということや、最悪の場合だと他に好きな人がいて、もうあなたとキスをするのが生理的に受け付けないという状態になっていることもあるみたいですね。そんなことになっていると、これはもう取り返しがつかないので、そうなてしまう前にしっかりと彼女の心を離さないようにしておくことが重要なのかもしれません。

あなたの存在が当たり前で「家族」の様になっている

これは同棲をしたり結婚をしたりすると起きやすいキスをしたくなくなるという現象なのですが、あなたの存在が恋人、彼氏という枠から、さらに彼女に近づいた「家族」という枠に入ってしまうとキスをしたくなくなるということがあるみたいですね。これは彼女だけでなくあなたにも同じことが起きるかもしれません。 例えば、あなたはあなたの母親や姉妹とキスをしたいと思うでしょうか?少し特殊な性癖を持っているということでなければ大抵の人はこの質問にノーと答えるはずです。これは本能的なもので、家族という同じ抗体を持っている人たちと子どもを作らないように人間のシステムがなっているということが理由としてあげられるようです。 同じ免疫を持っている人同士が子どもを作っても次世代の子どもが強くならないので、自分と違う免疫を持っている人に人はひかれるということはフェロモンについて話すときによく語られます。また、遺伝子が類似している親族同士での子作り、いわゆる近親相姦は遺伝子的に不利な特徴を持っている子どもが生まれやすいなんてことも言われたりしていますね。 こういう本能があるので、家族に性的に興奮を覚えるということがないのがある意味では普通とされているのが人間という動物の種族の本能と言えるでしょう。なので、あなたやあなたの彼女があなたのことを家族と感じてしまったら、その段階でこの本能にひっかかるようになってしまい、あなたとキスをすること、またその先の性交渉を持つということに嫌悪感を覚えるようになってしまうかもしれません。これがセックスレスの原因だったりもしますよね。

彼女がキスを拒むときはこうしてみて

先ほどの項目のように、彼女がキスを拒否するには色々な理由があります。ふたりの関係の深さで理由は変わりますが、そんな時に彼氏にして欲しい態度はひとつです。

キスを拒まれても怒らないで

まず拒まれてもキレたりしないでください。男性の方だって勇気を出して誘うことだってあるし、そうじゃなくても恥ずかしい気持ちになったりムッとしたりしますよね。プライドだって傷つくし、何も言わずにただ拒否するのは彼女も悪いと思います。 でもそこでキレたら何の解決にもなりません。付き合っている以上、好きという気持ちがあるのは当然なのにそれでもキスを拒否してしまうのには色々な理由があるんです。だから、ちょっとわがままかもしれませんが怒らないでもらえると彼女は安心します。

キスをしたい気持ちの原点を思い出して

キスを拒まれたからって、嫌な態度をとったりしないで普通にしているのが一番です。ちょっと彼女の罪悪感に訴えたいなら、「そっか…ごめんね」と悲しそうな顔をしておけば色々と伝わるでしょう。素直な彼女なら、そこで「違うの、私こそごめん」と話ができるでしょうし、なかなか解決しなかったら、ふたりで話せる時間を作れば良いんです。 問題はキスを拒まれることよりも、キスを拒むと言うことは愛情がないのかな?というところですよね。キスは恋人同士にとって愛情表現の手段です。キスすることだけを目的にしないでくださいね。

これって…もしかしたら彼女は経験豊富かもしれないファーストキスの所作

「これが初めてなの」と彼女は口で言ってくるかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか。ここでは彼女が実は経験回数の多い女性であるかどうかを判断するときに注目するべきポイントを紹介します。「彼女を信じているんだ!」という方はこの章は読まないほうがいいかもしれません。清純そうな彼女に後で騙された、ということの無いように気をつけてくださいね。

1.キス中の息継ぎがうますぎる

本当にファーストキスであるなら、キス中には呼吸が苦しくなって鼻呼吸が強くなったり、中断しないとやっていられないのが普通です。それがなく、キス中に適度に呼吸をして中断することなくロングキスができる彼女なら、男性経験が豊富な可能性があります。これで気を悪くすることもあるかもしれませんが、心の広い男性の皆さんなら、それを受け止めて情熱的なキスへ発展させるのも一つの手です。

2.キスの好みを要求してくるとき

「もっとここにキスして」「この角度からのキスの方が好きだな」などとキスの好みを要求してくる場合も男性経験豊富な可能性が高いので要注意です。映画などのシーンを見て理想のキスを再現しようとしている可能性もありますが、ファーストキスではそんな余裕がないのが普通でしょう。 彼女が求めてくるので男性としてはうれしいことではありますが、心の片隅に警戒心を持っておく方が、後々困ることがなくていいのかもしれません。もちろん、相手の好みに合わせて彼女の欲求を満たしてあげることはするべきだと思います。

3.彼女からディープキスを求めてくる

ファーストキスのほとんどは緊張でちょっとキスするので精いっぱいでディープキスに移ることはほとんどないと考えていいでしょう。しかも女性は控えめに見られたいという気持ちが働くことが多いので、彼女からディープキスのアプローチをすることはかなり考えにくいのです。そうでありながらも「唇開いて」といって舌を口の中に入れてくるようであれば、かなり「黒」である可能性が高いといえるでしょう。 そのまま情熱的なキスに移るのもいいですが、雰囲気の高まりとともに自然に生じたディープキスでなければ、それは彼女がディープキスの気持ちよさを知っている、つまり男性経験豊富と考えるのが普通でしょう。

4.何度も彼女からキスをしてくる

初めてのキスは一度でもするのに緊張してしまうというのに、何度もキスを求めてくるのは不自然です。それが女性からとなればなお一層です。積極的な様子はあなたへの愛情を感じるようでうれしいことだと思いますが、もしかしたら、昔のキスの気持ちよさを思い出して何度も求めてくるだけなのかもしれないのです。注意するポイントと言えるでしょう。 逆に本当のファーストキスの場合、彼女がもっとキスしてほしいと思っているときは、なんとなくキスしてほしい態度をとったり、「もう一回、しよ?」と恥じらいながら言ってくるでしょう。そんなときはあなたの方から積極的にキスをして、彼女を喜ばせてあげましょう。

5.キスのペースをうまく合わせてくると

初めてのキスの場合、お互いにキスをするだけで精いっぱいで、ともすると自分勝手なキスになってしまうものです。でも、初めてのキスとはそういうものでしょう。その初々しさがいいのです。しかし、彼女があなたのキスに合わせて優しくキスを変えたり、逆に激しいキスにしっかり合わせてきたときは、彼女の男性経験の豊富さを疑った方がよいかもしれません。キスというのは予想以上にテクニックの必要な行為です。 それほど簡単に相手のキスのペースに合わせることはできないのが普通です。ただ、本当にあなたが好きで必死にあなたにキスのペースを合わせてくれている場合もあるので、他の要素も確認することをおすすめします。

6.キスの後の照れが全くない

なんといっても初めてのキスですから、ある種の感動を覚えるのが普通です。それにもかかわらず、キスの後に少しも動揺せず冷静でいる場合、彼女にとってそれはファーストキスではない可能性が高いといえるでしょう。これがあまりにも動揺して感情を出せない状態になっているのであれば、全く問題はありませんので、判断は慎重に行うようにしなければなりません。 恥ずかしそうに下を向いてしまった時や、目を潤ませている場合には初めてのキスに感極まったり、不安になっている可能性があるのでうまくフォローしてあげるように頑張ってみてください。

7.彼女の下唇の甘噛み

下唇を甘噛みするというのは男性からすれば、とても興奮するテクニックですが、上級者的でファーストキスの女性が行う芸当ではありません。こんな上級テクニックを使ってくる彼女は男性の扱いにたけた女性であると思っていいでしょう。そもそもこのようなテクニックで攻めのポジションに回るということは、初めてのキスをする女性にはとてもできないことです。 逆に攻めに回ることがなくても、焦らし続けてくる女性も男性のキスの嗜好を知り得た強者と言えます。下手なキスをしてくるような彼女の方が信頼できるのかもしれませんね。

8.キス中のスキンシップが多い

キスの途中に首筋を撫でてきたり、首に手を伸ばしたりなど、異常にボディタッチが多い場合もファーストキスであることは疑った方がいいかもしれません。そのような女性はその後に完全な肉体的関係を求めている場合が多いからです。一般的な女性はファーストキスをするような関係、そしてその心境で最後まで関係を進めたいとは滅多に思わないと考えていいでしょう。 通常、ファーストキスでの彼女のボディタッチはかなり控えめです。キスをしているうちに雰囲気が高まって増えることはあっても、最初から多い場合には騙されてしまっていないか注意するのがいいでしょう。

9.ファーストキスのはずが落ち着きすぎている

これからファーストキスだというのに、全く動揺や恥ずかしさを見せない場合、それもかなりあやしいと考えていいでしょう。普通は頬を紅潮させたり下を向いてしまったりといった行動をするはずです。彼女の様子を見たときにうぶな感じが認識できなかった場合には、この章で紹介した特徴がキスの際に表れていないかチェックしてみるといいかもしれません。 これもあまりに緊張して感情が出せなくなっている場合もあるので、他の要素とともに判断するのが賢明と言えます。

彼女のキスがかわいいのは、あなたのことが好きだから♡

ここまで色々とキスのテクニックや、良いキス悪いキスについてお話ししてきましたが、男子はみんな彼女のキスをかわいいと思っているようですね。上目遣いや、ふと無言になるときだけじゃなく、ちょっと服の端をぎゅっと握ったり、キスする時に背伸びをしたり、ディープキスでは色っぽい吐息を漏らしたり、かわいい!セクシー!キスしたい!と思う瞬間ってたくさんありますよね。 これが女子の計算なのか、そうじゃないのかはご想像にお任せします♪でも間違いなく言えることは、彼女がキスする時にかわいいのはあなたのことが好きだからです。計算でも天然でも、どれも彼氏に一番かわいい自分を見せたいからなんですよ♡ そんなかわいい彼女とのキス、まずは気持ちを込めることを一番に考えて、たくさん愛してあげてくださいね♪

彼女とのキスをより良いものにするために…

彼女とのキスについて色々と書いてきましたがいかがでしたか?キスもデートもエッチも、恋人同士の生活は全てふたりで作っていくものです。その中でも特にキスは、女性にとってとても重要で、好きな人だからしたいと思うこと。そして性的な興奮よりも、精神的な安心感や充実感を求めています。 もしも今後、彼女とのキスで何か問題が起こったら「女性と男性ではキスに求めていることが違う」ということを思い出してみてください。キスで彼女に精神的な安らぎを与えることができれば、それがまさに「キスの上手い男性」です! テクニックもふたりを盛り上げるためにはもちろん大切ですが、本当のキス上級者になるために、少しだけ女子の心理も分かってくださいね♪お互いが思いやることができれば、さらに気持ち良いキスができること間違いなしです♡