女友達を好きになてしまった…という男性は少なくはないはずです。ずっと長いこと、友達だと思ってきたのにふとした時にあれ?好きなのかも…と感じることもあるはず。そんな、男性必見!女友達を彼女にするまでにしておくべきことをまとめてみました。

女友達とデートをするには

女友達を恋愛対象としてみる日がくるなんて思わなかった…と悩んでいる男性の皆さん、安心してください。そういう感情を抱いてしまった人ってたくさんいるんですよ。

普段、友達として接していたのにある時をきっかけに恋に落ちることってあるんですよね。恋は予想がつかないものなので仕方ないです。

好きになってしまったからには彼女にしたい!それは誰もが思うことだと思います。では、どうしたら彼女にできるのか…と考えたとき、まずはデートに誘うことが大切です。

でも、男女の友情関係から恋愛に発展することなんて本当にあるのだろうか?実は親しくなりすぎて恋だと勘違いしているのではないか…と不安になる人もいるかと思います。まずは、男女の友情についてお話していきましょう。

男女間の友情

男女の友情って?

そもそも。男女の友情ってどんなものなのでしょう?男も女も関係ないだろと思う人が多いのでしょうか。実際に、男友達、女友達という存在は誰しもいるかと思います。

ですが、男女間の親友のような物凄く仲の良い関係って存在するのかということですよね。実際に、私の親友は男の子なの、俺の親友は女の子なんだという人はたくさんいます。

そういう人たちは、相手を異性として見ていないことが多く恋愛に発展するということがないようです。ですが、親友までの関係ではなくグループないの女友達、男友達を恋愛対象として見てしまうケースは多いようですよ。

男女間の友情ってアリなの?ナシなの?

男女間の友情がアリなのか、ナシなのかは人それぞれ感じ方が違うのではっきりありでしょう!なしでしょう!とは言い切れません。その人その人によっては男女間の友情はアリなのだと思っていたり、ナシだと思っていたりするのです。ですが、実際にアンケート結果によっては63%が男女の友情にアリと答えていて、37%がナシと答えているのです。

▼ナシ派の意見
・異性は恋愛感情が生まれてしまう
・下心をもってしまう
・男と女では分かり合えない
・腹を割って話すことができない
・恋人からしたら異性と遊ぶのは良い気持ちになれないと思うから

という意見があります。確かに男性と女性では考え方などが違うこともあるので分かり合えないことは多そうですよね。そして、恋人からしたら良くは思えないのも分からますし、ナシと答える人の気持ちもとてもわかります。

▼アリ派の意見
・実際に異性の友達が存在するからアリ
・異性としてみれない相手ならアリ
・年齢を重ねてしまえば問題ない
・異性にしかわからないことを相談できるからアリ

という意見がありました。異性の中にも確かに女っぽかったり、男っぽかったりして異性と見れなかったりすることはありますよね。そして、年齢を重ねることに性的相手として考えなくなるということから男女間の友情はありというケースもありました。

やはり、アリかナシかと言われてしまえば、個人差があるのでなんとも言えないのが現実です。ですが、どちらの意見も納得できるな…と感じる人が多いのではないでしょうか?

男女間の友情って続くの?

男女の友情は長く続くものなのでしょうか?生きていれば、好きな人ができて付き合い、結婚する人がほとんどかと思います。そのようなことを考えると、多くの場合は男女の友情は続かない事が多いのが現実です。

なかには、男女間の友情が生涯ずっと続く人もいます。ですが、多くの人の場合、同性の友人と比べてしまうと長くは続かないケースがほとんどなのです。

もしも、女友達を好きになってしまったのであれば気持ちを伝えてしまったらこの友情関係までが崩れてしまうと不安に思っている人もいるかと思います。ですが、ほとんどの場合はお互いいずれ結婚してしまって友情関係さえもなくなってしまうことが多いのです。

ならば、好きな気持ちを伝えてしまった方が良いかと思います。アプローチを躊躇する必要などありません。その女性のことが本当に好きなのであれば、失敗してしまって友情関係が壊れてしまっても行動したほうが後悔は残らないと思います。

もしも、成功して彼女になったとしても友情関係はなくなり、恋人関係になるのです。いずれにせよ、女友達という関係はなくなってしまうのですからくいの残らないような行動をとったほうが良いかと思います。

女友達を意識し始めるきっかけ

どんな瞬間に友情から恋に変わったの?

今まで、友達として見てきていたのにどうして相手のことを好きになってしまうのでしょう。男女の友情はふとしたきっかけで恋愛へと発展してしまうことが多いです。

今までただの友達だと思っていたのにあることがきっかけでドキドキしてしまうこともあるのです。では、どんな瞬間に恋に落ちてしまうのでしょうか?

▼女友達から相談を受けたとき
女友達から相談を受けることは意外と多くあるかもしれませんが、普段とは違った部分を見せられてしまったときに相手のことを好きになってしまうことがあります。本当はこんな弱い一面があったんだな…と分かったときに俺が守ってあげなくちゃという気持ちになる人が多いです。

▼女友達がイメチェンしたとき
普段とは違うヘアースタイルやメイクをしてきたときに相手のことを意識してしまうことがあります。ロングヘアーだったのにバッサリとショートカットになっていたり、普段濃いメイクなのにナチュラルメイクに変わっていたりと女性の変化に男性はぐっとくるものです。

▼女友達が理解してくれているとき
自分の好きな食べ物や、自分の性格を分かってくれていることがあるかと思います。「あ、こんなに俺の事分かってくれているんだな」と感じ嬉しくなる人が多いのではないでしょうか。それだけ、自分のことを見ていてくれたのだと感じたときに相手のことを意識する人は少なくありません。

▼女友達の家庭的なところが見えたとき
何もいわずに料理を取り分けてくれたり、お昼に手作りのお弁当を持ってきていたりするのを見て家庭的なところもあるのだな…と感じてときめく男性は多いかと思います。そう言った女性らしさを見たときに女友達を異性として意識してしまう人は多いです。

▼女友達からのボディータッチが多いとき
男性は女性に触れられるとドキドキしてしまう人が多くいます。いくら、女友達だからといってボディータッチをされてしまったら気になってしまうのも仕方がないことかと思います。

他にも、相手に恋人ができてじぶんの気持ちに気づくパターンや、頑張っている姿を見て好きになってしまったりと理由は様々です。男女の友情関係から恋愛に発展してしまうのは少なくはないということです。

女友達に自分のことをどう思っているのか探るには?

「今、好きな人いるの?」

”今、好きな人いるの?”という質問は自分はあなたに興味がありますよというアピールにもつながります。相手が好意を寄せている人がいるのかどうかを聞くこともできますし、万が一相手に好きな人がいて自分でないと分かったときに相手に意識をしてもらえるように努力をすることもできます。

もしも、「何組みの○○くんが好き」「○○課の○○さんが好き」と言われても落ち込まずに自分を異性として見てもらえるようにしましょう。そして、あくまでも自分を好きになってもらうためなので「応援するよ」「相談にのるよ」などの相手の恋を実らせるような発言はしないようにしましょう。

「俺の事、どう思ってる?」

”俺のことどう思ってる?”と聞くのは好きな人がいるのかどうか聞くことよりもストレートな聞き方です。自分のことをどう思っているのか聞かれたときに「え?この人本当は私のこと気になっているのかな?」など気になり始めてくれることもあります。

もちろん、100%「異性としてみている」という答えが返ってくるわけではないと思いますが、相手に自分を意識させることはできるかと思います。ですが、なかには物凄く鈍感な女性もいるのでその人には猛アピールが必要になります。

「今度、二人で○○に行かない?」

”今度、○○に二人で行かない?”と聞かれた場合、二人きりということで相手にデートということを意識させることができます。そして、自分はあなたに興味があるのだよということを遠まわしに伝えることが出来ていると思います。

二人でどこかに出かけようと誘われて、嫌な人ならば一緒にいかないですし、二人の時間を過ごすのならばあなたのことを気になっている場合もあります。もちろん、二人きりになって楽しいという印象を与えなくてはなりませんし、デートができても努力することはたくさんあります。

女友達をデートに誘う方法

テクニックを使ってみる

デートに誘うのにはテクニックが必要だったりすることがあります。例えばNOという言葉が返って来ないような聞き方をすることです。

「○日にデートをしない?」という聞き方をされてしまうと、NOと返事ができるような聞き方ですよね。この聞き方をしてしまっては初めから断りの選択をさせているのと同じになります。これが「○日と○日どちらかデートしない?」と日付の選択肢を増やしたところでなんの意味もありません。

ですが、「映画館と水族館どちらが好き?」や「平日と土日だとどちらが空いてる?」などという誘い方をすると、行きたいなと感じる女性も多いです。NOの返事が返ってこないような聞き方をすることによってデートを断れる確率が低くなります。

デートという言葉を使わない

”デート”という言葉は人それぞれ捉え方が変わります。「一緒にデートしようよ」と言われて、抵抗を感じる人もいますし、どうして恋人同士でないのにデートするのだろうと感じる人もいます。デートという言葉は気軽に使うこともできますが、意外と刺激の強い言葉だったりするんです。

なので”デート”ではなく”出かけよう”という言葉に変えるだけでイメージががらっと変わります。「○○にデートしよう」ではなく、「○○に出かけよう」というと良いでしょう。そうすることによって、いやらしいイメージも、抵抗もなくなります。

できるだけ、相手が不快な気持ちになったり、抵抗を感じないような言い方をすることが大切です。事実上、デートには変わりはありませんので表現を変えることで誘い出しやすくなりますよ。

女友達とのデート中の注意点

デートをする予定を得ることが出来た男性の皆さん、まだ喜ぶのは早いですよ。実際にデートしている時に失敗をしてしまえば相手に嫌な印象を与えてしまいますし、失敗しないためにも注意することはたくさんあります。なので、失敗しないデートをするためにも注意点を紹介しますね!

予定を決めすぎない

初めてのデートで色々なプランを考える人も多いはずです。入念に失敗しないようにとプランを考えている人は案外多いのかもしれません。

ですが、気を付けなければならないのが、予定を決めすぎないことです。色々とプランを考えることは悪いことではありません。何も考えないよりは好印象を与えるはずです。

ただ、プランをきっちりと決めすぎてしまうと初デートがイベント化してしまう可能性があります。実行することが目的となってしまうとイメージを与えやすいのできっちりと決めるのは避けましょう。

初デートの大切なことは相手と過ごす事が大切になります。デートの内容も大切かもしれませんが、まずは相手と向き合うことを重視したデートにしましょう。

背伸びをしない

どうしても、デートとなるとかっこよく見せたくなってしまいますよね。色々とオシャレなお店に行ってみたり素敵なデートコースを準備したり、好印象を与えたくてついつい背伸びをしてしまうことがあります。

無理なことはしないで、自然な自分を見せることが良いです。ですが、男性しか行かないようなお店に連れていったりするのは考えたほうが良いと思います。最低限の配慮はするようにしましょう。

行き先周辺の情報や交通機関は頭にいれておく

デートの予定が決まったら行き先はいくつか検討しておくようにしましょう。会ってから、どこに行こうかなんてことになったら、マイナスな印象を与えることになります。

行き先が決まったら周辺の地図は頭に入れておくようにしましょう。行き先の場所や大通り、駅、建物などの位置関係を把握しとくことで少々の方向音痴であっても相手をエスコートすることができます。一度間違えてしまっても修正ができれば悪い印象は残らないので安心してください。

会話を大切にする

デートでは行き先や中身が重要なことは言うまでもありませんよね。ですが、そればかりを重視すると肝心な相手との会話がおろそかになってしまいます。

相手の女性のタイプによりますが、女性は比較的に話をすることが大好きです。女性同士の遊びはほとんどが会話で終わります。そのくらい女性は話をすることが好きなので会話が薄っぺらいとデートに満足はできません。

会話が弾まないときは行き先の話などをすれば良いですが、デートの内容の話にこだわるよりかは相手の女性の話に耳をかたむけることも良いかもしれません。女性の話を聞いたり、自分のことを少し知ってもらうことも良いと思いますし会話を楽しむようにしましょう。

食事場所に気をつける

デート中に一緒に食事をすることになるはずです。食事には注意すべき点があります。それは、相手の好みを知らなければならないということです。

もしも、行ったお店の料理が相手の好みではなかったとき嫌な印象を与えてしまいます。単なる好き嫌いならばどうにかなるかもしれませんが、アレルギーやトラウマなどで本当に口にしたくないものはあるはずです。なので、その点は相手にしっかりと聞くようにしたほうが良いでしょう。

他にも、食事の食べ方や食事中の仕草、会話などにも気を付ける必要があります。おいしい食事は気分を良くしてくれます。少し、失敗していたとしても挽回のチャンスなので食事中は一段と注意を払うようにしましょう。

楽しいということをアピールする

デートが楽しいのに、緊張のあまり何となくぎこちない反応をしてしまうこともあるはずです。相手からしたらつまらないのかな?と不安になってしまいます。

楽しくないのならば仕方ないですが、楽しいのに相手に伝わっていないのはもったいないことです。そういう時は言葉でしっかりと楽しいことを伝えれば相手も不安にならずに済みますよ。

「本当はすごく楽しいのだけれど、緊張しすぎてぎこちなくなってごめんね」などと伝えると、相手もにこやかな表情になってくれるはずです。楽しい気持ちを伝えることは大切なので黙っていないで伝えるようにしましょう。

話の内容を覚えておく

女性は男性よりも話の内容をよく覚えています。発言した内容、態度、その時の表情、やり取りの一つ一つを覚えています。

男性が思っている以上に物凄く正確に覚えていますし、特に楽しかった話は鮮明に覚えていたりします。なので、同じ話を何度も何度もしてしまうと、人の話を聞いているのかな…と思わせてしまいます。

話の全てを覚えておく必要はありませんが、どのような話をしたかくらいは覚えておくようにしましょう。そして、相手がどのような答えが帰ってきたかは覚えておくようにしてくださいね。

時間に気を付ける

最初のデートではお互いに気を使ってしまって疲れてしまうことは目に見えています。ある程度楽しんだら、相手が楽しんでいるかどうかを確かめる必要があります。

食事が終わったらこのあとはどうするかという話になるかと思います。相手が「もう少し一緒にいたい」といってきたのならば、そのあとの予定について二人で決めるのjが良いかとは思います。ですが、あまり反応が良くなければ早めに帰るように対応するのも大切です。

ですが、「もう帰ろうか」ではなく「あと30分話したら、帰ろうか」ともう少し一緒にいたいということを相手にアピールすることが大切です。延長時間が長かったり、「あと何分」と繰り返し最速すると単なる下心だと思われがちなので気を付けるようにしましょう。

デート終了後のメールは忘れないように!

デートが終了してお互い家に帰ったら必ずメールを入れるようにしましょう。まずはデートしてくれたことに感謝の気持ちを伝えるのと、デートしてどう思ったのか感想を伝えることが大切です。

楽しかった事があったのなら、具体的な内容を取り入れたほうが好印象です。また、次もデートしたいという気持ちを書き添えることも良いかもしれませんね。「ありがとう」の言葉は絶対に忘れないようにしましょう。

女友達を彼女にするには

2人きりになるようにする

いつもグループで行動している女友達を好きになってしまった場合にはやはり、二人きりになることが大切です。グループでいつまでも行動していたら告白をする機会もありません。なので、彼女にしたいのならば、やはり二人きりになることは必要不可欠ですし、何度もデートを重ねることもポイントです。

恋愛対象として見ていることを伝える

相手は自分のことを友だちと如見ていない可能性はあります。なので、自分は相手のことを異性としてみているのだというアピールをすることが大切です。

「○○に良いところ見せたくて頑張っちゃった」「○○ってかわいいよね」「○○といると一緒にいると楽しい」などと相手に伝えることも大切です。「何言ってんの」と軽く返されてしまうこともありますが、そのような言葉を言われて嬉しくない女性はいません。

ごまかさずに、本当に思っているんだよということを伝えることは大切なことです。それによって相手もあなたのことを恋愛対象として意識し始めてくれるかもしれません。

まとめ

女友達とのデートを成功させて彼女にしちゃおう!

女友達という存在から、恋人関係に持っていくのはとても難しいことかもしれません。ですが、いつもそばにいる分相手のことも分かることがたくさんあるかもしれませんし、意識してもらう努力をすることで彼氏彼女の関係に発展することもあるかもしれません。

そんな関係になるまでは時間がかかるかもしれませんが、諦めずに気持ちを伝えることで相手からの印象も変わるでしょう。