気になる異性とデートで食事をする機会もあります。好きな人と食事をすると「ドキドキ」が止まりません。しかし、この時に相手に悪印象を持たれないためには「最低限のマナー」が大切です。デートを食事に行く際に大切なことを紹介します。また、東京のおすすめのデートで使えるレストランを紹介します。

デートで食事だけは「アリ」それとも「ナシ」!?

食事だけのデートはデートと呼べるのか?

気になる異性を食事に誘うこともあります。この時に「食事だけのデートはデートなのか?」と疑問に思う人もいるかと思います。これは、人によって考え方が違います。異性と2人きりで食事をすることがデートだと考える人もいます。反対に気持ちがなければデートではないと考える人も少なくないです。そのため食事だけのデートがデートと呼べるのかは難しい問題です。

しかし、気になる人と頻繁にデートで食事をすれば2人の関係を縮めることもできます。食事の際にどんな会話をするのか、どんな振る舞いをするのかが大切です。気になる人と食事のデートをすると、多くの人がドキドキします。ドキドキした結果、相手に悪印象を持たれないようにドン引きされるマナーを把握しておきましょう。

また、デートで食事をする際にはおすすめのレストランを参考にしてください。デートでは「どんなお店を選ぶのか」も大切です。デートで食事をしたことがきっかけで2人の仲が縮まればいいかと思います。気になる食事代や会話の内容なども事前にチェックしておきましょう!

デートで食事するときに相手にドン引きされるマナー5選!

デートで食事をするときのマナー「くちゃくちゃ食べない」

デートで食事をする際に、異性にドン引きされるマナーは「くちゃくちゃと音を立てて食べる」です。見た目や性格がよくても、この一面を見たことがきっかけで気持ちが冷める人も少なくないです。ファミレスのようなザワザワしているレストランであれば、それほど気になりません。しかし。おしゃれで静かなレストランになると気になって仕方がないのです。

そうならないように、自分が普段どんな食べ方をしているのかを見直す必要があります。自分では自覚がないこともあるので、信頼できる友達に自分がくちゃくちゃと食べているのかを確認してもらいましょう。くちゃくちゃと音を立てて食べると「それが気になって会話に集中できない」状況になります。この状況でどれだけアピールをしても無駄です。

直接相手に指摘もできないので、そのまま関係が終わる可能性もあります。一度自分が普段どんな食べ方をしているのかを考えてください。くちゃくちゃと音を立てて食べないことはデートの食事のマナーとして大切です。

デートを食事をするときのマナー「箸の持ち方」

食事の際に、相手の箸の持ち方を見る人は多いです。この時に「握り箸」や「食べ物を掴む時にクロスする持ち方」は異性にドン引きするポイントです。子供であれば「仕方がない」と思うこともあります。しかし、大人がしっかりと箸を持てないことに幻滅する人は少なくないです。一度自分の箸の持ち方を見直してください。

大人でも箸がしっかりと持てない人はたくさんいます。近年では、大人が箸の持ち方を直す「エジソン箸」などもあるので、なるべく早く箸の持ち方を直すことが必要です。箸をしっかりと持てない人に対して「恥ずかしい」「大人として…」などのマイナスな印象を持ちます。恥ずかしさが原因で「この人と一緒に食事はしたくない」と思う人もいるので注意をしてください。

反対にお箸をきれいに持って食事ができる人は、デートの食事で相手に好印象を持たれます。自分の箸の持ち方を気にする人は少ないですが、デートの食事の最低限のマナーです。変な箸をを持ち方をする人は「残念」な印象になることを忘れないでください。ネットなどで調べると正しい箸の持ち方も出ているので、それと自分の持ち方を比較してください。

デートで食事をするときのマナー「食事中に携帯をいじらない」

デートで食事をする際に、相手にドン引きされるマナーは「食事中に携帯をいじる」です。これは意外と多くの人が無意識のうちにしている行動です。食事の際にメールをしたり、電話をする姿に異性はドン引きします。また「自分との食事はつまらないと思われている」と勘違いされる可能性もあります。そうならないようにデートの食事では携帯をいじらないことが大切です。

携帯が鳴ったことで、つい携帯を取り出してしまう人もいます。また、食事を写真で取る人もいます。このようなことは控えることが大切です。そのためには、無意識のうちに携帯をいじらないようにマナーモードにしておくことも大切です。近年では携帯のゲームに夢中になる人もいますが、デートの食事でゲームをやるのは問題外です。

これが原因で相手を怒らせたり不快にさせる可能性もあるので注意をしてください。目の前にいる異性との時間を楽しむことが大切です。これは、デートの食事のマナーとしてだけではなく人として大切なことです。食事が来る間になんとなく携帯をいじるのはやめてください。

デートで食事をするときのマナー「好き嫌いが激しい」

デートで食事をするときに異性にドン引きされるマナーは「好き嫌いが激しい」です。出てきた料理に料理に対して「これは嫌いだから」という理由で手を付けない人もいます。食事の際に「これは嫌い」「あれも嫌い」と言われれば気を使って食事が楽しめません。また、自分が頼んだ料理の中に嫌いなものがあることで、それをお皿の横によけるものだめです。

この時に多くの人は「子供みたい」「せっかく作ってくれたのに」などの悪印象を持ちます。好き嫌いがあるのは仕方のないことです。無理に食べる必要もありません。しかし、この時に嫌いなものが少ないメニューやレストランを選ぶことも大切です。特に「嫌いだからサラダを食べない」という人もいますが、メインの前にサラダを食べる人は多いので注意をしてください。

デートの食事で相手にドン引きされないように、できるだけ嫌いな食べ物を減らす努力をしましょう。また、いきなりドン引きされないように、会話の中で事前に「これは苦手なんだよね」と伝えておくことも必要です。また、相手の好き嫌いに合わせて食事をすることも忘れないでください。どうしても食べられないときには「アレルギー」などを言い訳にしてもいいです。

デートで食事をするときのマナー「出てきた料理のにおいは嗅がない」

どれだけ容姿や性格が良くても、注文したメニューが来た時にそれの匂いを嗅ぐのはNGです。「おいしそう」と言いながらお皿に鼻を近づける人もいます。しかし、これを目の前でされるとドン引きするポイントです。「行儀が悪い」「犬みたい」などの悪印象を持つ人が多いことを忘れないでください。また、異性が鼻を近づけた料理は食べる気がしないという人もいます。

おいしい料理をガツガツと食べる男性も少なくないです。しかし、多くの女性は「食事は楽しみながらゆっくりとしたい」と考えています。そのため、自分だけガツガツ食べると女性が楽しめないので「女性のペースに合わせる」ことを忘れないでください。これはお互いが楽しみながら食事をするデートの食事の最低限のマナーです。

意外と目の前にいる異性のさりげない言動をチェックしてます。デートで食事に行ったことが原因で異性に引かれないように最低限のマナーは守ってください。これに加えて相手への気遣いができるといいです。ドキドキしたことが原因で、細かい気遣いができなくならないようにしてください。

デートの食事食事代はどうするべき!?

デートの食事代は男性が払う!?それとも割り勘!?

デートの食事代をどうするべきなのか悩んでいる人も多いです。この時に「男性が払うべきなのか」「割り勘をするべきなのか」を悩みます。デートの食事代を女性だけが負担することは少ないです。数々のアンケートでは「好きな女性には食事をおごってあげたい」と思う男性が全体の約65%です。また男性に食事をおごってほしいと考えている女性は59%です。

この結果から、デートの食事代は男性が負担するのがベストだと判断できます。しかし、この時に「おごられて当たり前」という姿勢は見せてはいけません。払う意思があること伝えるためにお会計の際に財布を出すことを忘れないでください。また、「いくら?」と聞いてもいいです。おごってもらった時には「ご馳走様」と素直な気持ちを伝えることも必要です。

中には割り勘をしたいと思う男性もいます。この時には1円単位まで細かく割り勘をするのではなく「自分が少し多めに払う」という気持ちを持ってください。細かい割り勘や女性が多く負担する割り勘にドン引きする人も少なくないです。女性の中には「おごらない=気持ちがない」と考える人もいます。勘違いされないようにお会計の際にも、どうするべきなのかを考えましょう。

デートをしたい!異性を食事に誘う方法2選

デートで食事に誘う方法「一緒にご飯食べよう!」

気になる異性を食事に誘うときには「デート」という言葉を使わないことが大切です。相手が自分に好意を持っていないときには、デートとして食事に誘う方法を行うと相手に断られる可能性もあります。気軽な気持ちで「一緒にランチに行こう」と誘うのです。そうすることで、相手にデートだと思われずに気軽な気持ちで食事に誘えます。

この方法であれば相手がデートで食事をすることを、重く受け止める可能性も少ないです。この方法で何度か食事に誘って、2人のりょりを縮めることも大切です。この時には、さからさまに高級感が漂うレストランは控えましょう。「高級=気持ちがある」と思われて次の食事に誘えなくなる可能性もあります。

相手の食の好みを把握しているときには「好きって言っていた○○がおいしいレストランがあるから、一緒に行こう」という誘う方もあります。この誘う方であれば「自分の好みを覚えてくれている」と好印象を持たれます。また、「好きな○○」を口実にすることで、デートで食事に誘いやすくなります。このデートの食事の誘い方をしている人は少なくないです。

この時に適当にお店を選ぶのではなく、本当に相手が好きなものがおいしいと評判の場所を選ぶ必要もあります。事前に会話の中で「好きな食べ物は?」と聞いてみましょう。好きな人と話を盛り上がらせる会話内容にもなります。明らかに好きなものが有名でないお店だと「それほどおいしくない」と悪印象を持たれる可能性もあるので注意をしてください。

デートの食事におすすめのレストラン2選!東京ならここだ!

フレンチレストラン「ビクターズ/恵比寿」

フレンチレストラン「ビクターズ/恵比寿」はホテルロビーのような高級感やインスピレーションをそのまま引き継いだおしゃれな空間が楽しめます。最上階からの眺めは、ほかに高い建物がないのできれいな夜景が楽しめます。そのため、夜景を見ながらのデートの食事の場所としておすすめです。またパーティができたり、個室もあるので関係に合わせて席が選べるもの魅力です。

シャンパンや野菜がメインのレストランなので、女性も楽しみながら食事ができます。極上の食材で作られる濃厚な味わいが魅力的なレストランです。気になった人は一度デートの食事場所として足を運んで見てください。

タワーズレストランクーカーニョ/渋谷

タワーズレストランクーカーニョは40Fになるため、絶景の東京を見ながら食事ができます。また本格的はプロヴァンス料理が堪能できる、デートの食事におすすめのレストランです。昼夜問わずきれいな景色が堪能できます。また昼間は比較的明るい日差しがあるのは特徴です。夜にはキラキラ輝くと苦境の夜景が楽しめます。

ここで2人きりでデートをすれば、より有意義な時間が過ごせること間違いなしです。大切な人との思い出の場所として多くの人は利用してます。渋谷といえば「若者の街」というイメージを持っている人もいます。しかしこのレストランは年齢に問わず熟年夫婦も頻繁に利用するお店です。

まとめ

デートで食事をするレストラン選びは慎重に…

このように、異性とデートで食事をする際には気を付けたほうが良いマナーがたくさんあります。食事で2人きりになると意外に自分の言動が観察されます。無意識な行動で気になる人に引かれないように注意をしてください。また、この時に「相手のことを気遣う」「楽しい雰囲気で食事をする」ことも大切です。どんなお店がいいのか悩んだ時にはおすすめのレストランを参考にしてください。

異性との食事では「会話を盛り上がらせて関係を深める」というメリットがあります。自分の行動でデメリットが多い食事にならないように注意をしてください。デートの食事におすすめのレストランはたくさんあるので、自分たちの好みにあった場所を事前にリサーチしておくことを忘れないでください。どんな場所でもいいわけではありません。