デート後のメールの送り方!男女別メール例も公開!脈ありの場合の6つの返信パターンと、脈なしの場合の4つのパターン

大好きな人との初めてのデートが終わったあとに、お礼のメールを送信している人はほとんどだと思います。ですが、好きな子とこれからどうなっていくのだろう…今日のデートは脈があるのかな?成功するのかな?という不安を解消するためにデート後に送る効果的なメールの打ち方や、相手の返信で脈があるのかないのかをまとめてみました。

デート後にメールを送るのは基本!

男女どちらからでもデート後のメールは基本!

f:id:ffgai:20170208133919j:plain

デート後にしっかりとお礼のメールを送信していますか?好きな人とデートしたあとにメールを送ることは基本中の基本です。デートしたあとに連絡がないと相手からに嫌な印象を与えてしまいます。相手から好かれたいのでしたらメールを送信するのは当たり前です。

ですが、ただ単に「今日はありがとう」の一言ではダメですよ?どのようなメールが好印象を与えるのか考えてみましょう!

男性、女性のどちらからも返信が来る効果的なメールをお教えします。ぜひ、実践してみてください!

デート後にメールを女から送る場合

まずは、デート後に女性からメールを送る場合について、返信が来やすい効果的な文章の作り方を教えます!今まで打っていた文章と比較して、次回からは効果的なメールを送信できるようにしましょう。

今回のデートの楽しかった事を伝える

デート中はきっと色々な楽しい出来事があったと思います。その中には自分も彼も思い切り楽しめたという事もあったのではないでしょうか?

楽しかったことを具体的に1つや2つ伝えることによって、俺とのデートでこんなに楽しんでくれたんだな…色々忘れないで過ごしてくれていたんだな…と相手も感じることができますし「次も誘いたい」と思ってもらえるようになります。

この報告をするだけで彼はあなたに多少なりとも好意を持つと思います。また楽しい時間を共有できるあなたとまたデートしたいと思い、すぐにでも次回のデートの約束を取り付けようとしてくるかもしれませんね。

相手の名前を取り入れる

あなたは彼のことを呼ぶ時、どう呼んでいますか?名字で呼んでいる人もいれば、名前で呼ぶ人、あだ名を決めて呼んでいる人とそれぞれだと思います。

これはほとんどの人が共感することだと思いますが、人は下の名前で呼ばれると呼んだ相手に親近感を抱くものです。下の名前で呼ぶということはそれだけ親しい仲と言う事にもなるので、まだ名字で呼んでいるという人は下の名前で呼んでいいかを聞いてみると良いでしょう。

ただ面と向かっては聞きづらいと思うので、デート後のメールでさりげなく聞いてみると良いですよ。きっと相手も良いと言うので、許可が出たらメール内容に相手の下の名前を積極的に入れるようにしましょう。

相手を褒める

デート中、彼に対してプラスの印象を持った出来事はありませんでしたか?「優しいな」「男らしいな」と感じた出来事でOKです。

その出来事と一緒に彼のことを褒めるメールを送ってあげましょう。褒められると素直に嬉しく感じる人がほとんどなので、あなたに対しての印象もグッと上がりますよ。

次のデートをお願いする

次のデートをお願いするのは厚かましいのではないか、迷惑なのではないかと感じる人も多いかと思います。ですが、上の3つのことを内容に含めておけば全然厚かましいことにはなりません。

彼の趣味が分かっているのなら彼の趣味に合わせた場所に連れていってほしいとお願いしてもいいですし、趣味が特になければカップルに人気のスポットに誘ってみてもいいでしょう。男性の中には自分から女性をデートに誘えないという人もいるので、思いのほか喜ばれるかもしれませんよ。

数回デートをしてある程度打ち解けているのなら、あなたが行きたい場所を指定して誘ってみるのもいいでしょう。男性からしてもワガママとは思われませんので心配しないでくださいね。

見本

上記の事を踏まえて、女からのメールはどのような文面が良いのかを考えてみましょう。一つ注意しておきたいのが、上記で紹介したことを全てメールにするとかなりの長文になります。男性は長文メールが苦手と言う人も多いので、一度に送るのは止めておきましょう。

楽しかったことや相手を褒めることを先に伝え、次のメールでデートのお誘いをしてみてはどうでしょうか?

▼例えば…
・一通目のメール
○○くん、今日は水族館デートしてくれてありがとう。とっても楽しかったよ!普段滅多に水族館とか行ったりしないからたくさんの魚にとても癒されたよ。イルカのショーも迫力が会ってすごかったね。○○くんが見やすい位置を用意してくれたからすごく見やすかった!
・相手からの返信後のメール
次は○○にディナーでも一緒に行きたいな。

といった上記の事を含めた内容を送信すれば、きっと相手にも楽しかった事が伝わりますし、次のデートにつながると思います。

デート後にメールを男性から送る場合

次は、デート後に男性からメールを送る場合に相手から返信がくる効果的な文章の作り方を教えます!男性は意外とあっさりしている人が多く、「今日はありがとう」で終わらせてしまう人が多いので気をつけるようにしましょう。

メールは早めに送っておく

女性とデートを終えた後は、別れてからあまり時間がたたないうちにメールを送りましょう。大体の人が家につくまでにメールチェックをすると思うので、そのタイミングでメールを送ることが出来れば一番いいと言えます。

ただいつ家につくのか、いつ携帯を見るのかなんてわかりませんので、早いうちにメールを送っておいた方が良いかもしれませんね。

安否確認

男性は好意を持っている女性がきちんと家に帰り着いたかどうか気になるものですよね。女性からしてもそういった心配をしてもらえるのは非常に嬉しいものです。ですので心配せず、無事に帰ったかどうかのメールを送ってあげてくださいね。

疑問文にしてメールを送れば大体の女性は返信をくれます。また内容が無事に帰り着いたかどうかなので、返信が長く来ない場合は再度送ってもOKです。万が一事故に遭っていたらなんてこともあるので、2~3通くらいは送ってみてもいいでしょう。

お礼は必ず伝える

女性からメールの返信が来たら、あなたもメールの返信をすると思います。その時に必ず言っておきたいのが感謝の言葉です。「今日はありがとう。すっごく楽しかったよ」などのシンプルな言葉でも構いません。相手にきちんと伝わるように、この言葉だけはストレートに伝えましょう。

相性が良いアピール

今日のデートを思い返してみて、女性と共に楽しめた出来事はありましたか?同じものを見る、同じことをすることで楽しめるというのは、二人に何らかの共通点があるということです。

それを相手に伝えることで相手にも「相性が良いのかも?」と思わせることができるので、彼女と一緒に頼めたことは積極的にメール本文に取り入れていきましょう。

追いすぎるのはNG

勇気を出してメールをしても、相手の女性からは一向に返信が来ない…。そんな切ない経験がある男性も多いと思います。一度送って返ってこず、脈なしだと諦めてそのままになっているという方はまだいいかもしれません。中には「なぜ返信が来ないのだろう?」と疑問に思い、何回もメールを送る人もいます。

相手の女性にも都合がありますので、すぐにメールの返信が出来ないこともあります。それなのにメールが山のように来ていたら、せっかく芽生えた好意も失われてしまうかもしれません。

もしすぐにメールが来なくても何度も送らず、一日程度は待ってみてくださいね。

次の予定を決める

メールのやり取りをしていて、相手の女性もデートを楽しんだことが伝わってきたら次回のデートの話を切り出してみましょう。強引に誘うのは良くありませんので、「良かったら今度は○○に行かない?」とソフトに聞いてみると良いですよ。

相手も乗り気であれば日程も決めてしまいましょう。これはお互いの都合にもよりますので、まずは相手の都合を聞き、その日に空いていればその日に決めると良いですね。次回のデートまでの日数が長くなるとあまり良くありませんので、一ヵ月以内には約束を取り付けるようにしましょう。

見本

これまでにデート後に女性に送るメールでおすすめのことをお伝えしましたが、上記のことを全て一つのメールに入れるのは非常に難しいことです。かなりの長文になりますので、読む方も疲れて印象がやや悪くなってしまう可能性もあります。

▼例えば…
1通目→無事家についたかの確認をする。返信がなければ、何かあったのか心配メールを再度送信する。

2通目→今日はデートをしてくれてありがとう。今日見た映画の○○のシーンは本当に感動したよね。今度、○○ちゃんがみたいって言ってた映画が公開になるから食事もかねて一緒にまた観に行こうよ!

3通目→(観に行きたいと返信が来た場合に)じゃあ、○日の予定は空いてる?その日に美味しいものを食べて映画に行こう!

といった感じでしょうか。お互いの距離を縮めるためにも、相手の様子を伺いながら内容を考えるようにしましょう。

脈ありの場合のデート後メールの返信パターン

1.メールの返信が早い

デートが終わった後に相手にお礼のメールをしたらすぐに返信が来たことはありますか?これは相手もあなたにメールを送ろうとしていたからかもしれません。これはデートが楽しかったからこそメールを送ろうとしていたということなので、脈ありの可能性がグッと上がりますね。

その後のメールでもデート楽しかったねという言葉が相手から出れば、次のデートの約束をして仲を深めていくと良いでしょう。

2.相手の方から次回のデートのお誘い

デート後に相手から次回のお誘いが来たら、それは脈ありのサインです。誰だって一緒に過ごしてつまらない人なんて誘いませんよね。デート直後に次回のデートの話をしてくるということは、またあなたに会いたいという証拠です。

あなたも相手に良い印象を抱いているのなら、すぐにデートの約束をしてしまいましょう。

3.メールにハートの絵文字が入っている

男性も女性も特に何とも思っていない相手へのメールにハートの絵文字を入れることはしないでしょう。稀に何とも思っていない相手にハートを付ける人もいますが、ごく少数です。

デート後にハートの絵文字が入っていたら、それは脈ありのサインだと言えます。その日のデートが楽しかった、あなたに好意を抱いているからこそハートを入れるので、お返しにあなたもハートの絵文字を入れてみると良いかもしれませんね。

4.デート中のことを思い返してくれる

デート後のメールの内容はその日のデートの話題になりがちですが、その中でも特に二人で楽しめた思い出を話題にしてくれる場合は脈ありのサインです。二人で楽しさを共有できたことが嬉しくて話題にしている可能性が高いので、それをあなたにも伝えたくてしょうがないのかもしれませんね。

5.デート後の長文メールは脈ありかも

普段から長文のメールをうつ人もいますが、大体は2~3行程度のメールのやり取りで済ますことが多いのではないでしょうか?普通ならその程度のメール内容なのに、デート後にかなりの長文で来たら驚いてしまいますよね。

そのメール内容にもよりますが、メール内容が楽しかったというプラスの内容で長文なら脈ありの可能性が高いです。相手もその日のデートが楽しくて、その思い出を思い返しながらメールを打っているのでしょう。

それほどあなたと過ごした時間が楽しかったという事なので、あなたも楽しかったことを伝えて次回のデートに繋げましょう。

6.デート後に近日中の予定を聞かれる

デート後に相手から近日中の予定を聞かれたら脈ありの可能性が高いです。好意を寄せている相手とのデート後はやはり寂しくなるものですよね。また会いたいという思いから、いつ空いているかを聞いてまた次回のデートをと考えているのかもしれません。

あなたも相手に会いたいと思っているのなら、空いている日を教えて次回のデートの約束をしておきましょう。

脈なしの場合のデート後メールの返信パターン

1.お礼のメールも何もない

デート後はどちらかが「デートしてくれてありがとう」というメールを送ると思います。それからやり取りをして次回のデートに…という流れになればいいのですが、中にはメールが全くないということもあります。

こちらから送っても返信がない場合は脈なしの可能性が高くなります。ただ相手が普段からメールの返信が遅い、またはメールがすぐに打てない状況ということもありますので、一日は待ってみましょう。それでも返信がなければ縁がなかったと諦めた方が良いかもしれません。

2.メールの文章がそのまま返ってくる

あなたから相手にメールを送り、その返信内容が見たことあるな?という文章だったら脈なしの可能性が高くなります。

例えば「今日はありがとう。また遊ぼう」という内容を送ったとします。その返事が「こちらこそありがとう。また遊ぼうね」だとしたら、あなたが送った文章をそのまま送ってきたという印象を受けませんか?

これは相手がデートを楽しいとは思えず、もうこの人とはデートはしないだろうなと思っている可能性が高いと言えます。言ってしまえばどうでもいい相手だからこそメール内容も適当になり、その結果送ってきた文章をほぼそのまま返してしまうということになるのです。

3.「楽しかった」と言わないのは脈なし?

デートが楽しかったと感じた人は、当然デート直後に楽しかったという内容のメールを送ってくると思います。上記にも書いたように楽しかった思い出などを言ってくる場合は脈ありの可能性が非常に高いと言えます。

ただそれとは逆に「楽しかった」の言葉がない場合は脈がないのかもしれません。メールのやり取りはしてくれても、その日を思い返している様子がなければその日のデートをそれほど楽しんでいなかったということです。

4.メール内容が素っ気ない

デート前とデート後のメール内容に差がある場合は脈なしの可能性が高くなります。一番わかりやすい例としては絵文字は顔文字ですね。デート前は絵文字も顔文字もたくさん使ったメールだったのに、デート後から「。」ばかりの文章になったとしたら脈なしかもしれません。

相手はデートが楽しいと感じず、もうメールもしたくないと思っているかもしれません。その場合はすぐにメールを切り上げてしまいましょう。

5.次回の約束をしようとしない

あなたが相手に好意を寄せていれば、デート後のメールに次回のデートの話を取り入れると思います。しかし相手からはデートの話はスルー、または曖昧に濁すなどの反応があれば脈なしの可能性が高まります。 あなたは楽しかったとしても、相手は同様に感じていなかったのかもしれません。しつこくデートのお誘いをしても嫌われるだけなので、ここは身を引いた方が良さそうですね。

デート後のメールに返信が来なくても諦められない時の対処法

デートで得た情報を活用する

基本的に、デートの時に相手から得た情報を活用した内容のメールを送信することが大切です。相手が好きだと言っていた本やアーティスト、美味しいと行っていたお店などの情報を聞き出す形のメールを送ってみることがポイントです。

ですが、相手が誘われているのかな?と感じるようなメールだと下心が出てしまっているので、そのようなメールは送信しないようにしましょう。

例えば「この間○○ちゃんが話していたアーティストのCDを借りたいんだけどなんているアルバムだったっけ?」や「○○ちゃんが美味しいって行っていたお店に友達と行く予定なんだけどお店の名前なんていうんだっけ?」などの文面がベストかと思います。

こういう内容ならば、この間話してた事を覚えてくれているんだなという好感度に繋がりますし、返信がしやすいです。ですが、もしも一度返信が来たからといって油断は禁物です。問題はそのあとにどうメールを続けるかが問題になるので焦らないようにしましょう。

相手と共通の話題がないか分析する

返信をもらえたのならば、まずは相手のメールの内容を分析しましょう。質問に対し、その返信だけならばやはり脈はないでしょう。どうにか、他に相手と共通の話で繋がれるのかを探すことが大切です。この段階で今後、連絡を続けていけるのか、それとも続けていけないのかが大きく変わります。

望みのあるメールが今後送られてくるかもしれない

もしも、返信の内容が、質問に対した答えだけでなく、質問の答え+他のことも書いてあればもう少し攻めてみることによって2回目のデートへと繋げることが出来るかもしれません。例えば、「○○っていうアルバムだよ!私はそのアルバムの中の○○っていう曲が一番好きなんだ」などの返信が返ってきた場合です。

こういった場合は今すぐにでも借りてくるというアピールをして、社交辞令ではないということを相手に印象付ける事が大切です。そして、曲を効いた感想なども相手に伝えることによって本当に聞いてくれたんだなと嬉しい気持ちになりますし、相手との繋がりを作ることができます。こうすることによって、相手にCDを貸したり借りたりするくらいの中になれることもありえますよ。

まとめ

良い印象を与えるメールになるように!

デート後に相手に好印象なメールを送るということは、今後の二人の関係を発展させるのにとても大切なことです。男性、女性でデート後に送るメールの好印象のもたれ方が違うのでそれぞれに合ったやり方を実践してみると良いでしょう。

デート後に送ったメールの返信が無かったとしても、彼氏や彼女になれないといと100%決まったわけではありません。1度はデートをしてくれた訳ですから、本当に諦められない場合には再度作戦をねってメールをしてみることも大切でしょう。

脈があるのか、脈がないのかはその人の返信次第で判断することは可能です。ですが、できる限り脈ありに近づけるためにも楽しいと思えるようなデートをして、その後のメールも凝ったものを送信するように心がけましょう。