初デートの会話で盛り上げたい!上手く続ける5つのネタ&相手が引く5つのNG話とは?途切れた時の対処法3つなど紹介

初デートでは、どんな会話をすればいいのかわからない!と焦りを感じている人もいるかもしれません。確かに、緊張したまま、あまり知らない相手と数時間も、何について話せばいいのかと迷うこともあるでしょう。でも、心配しすぎる必要はありません。初デートで話を盛り上げるネタや、避けたほうが良い話題をしっかりと理解していれば、初デートが楽しくなること間違いなし!事前準備を整え、楽しい初デートにしましょう。

初デートで何を話せばいいの?!

いよいよ待ちに待った初デート!でも、二人きりになったときに、何を話せばいいのか分からない、という人が多いことでしょう。相手の事をあまり知らないのに、どうやって二人だけの数時間を楽しく過ごせることが出来るのでしょうか。

実は、会話をするには、相手の事を知り尽くす必要はありません。相手と「話したい」「一緒にいたい」という気持ちがあれば、エンドレスに話題を進めることは可能です。しかし、初デートと言う緊張も交じって、いつものように会話が続かない、思考回路があまり働かないのでは、と困る人も少なくありません。

ここでは、初デートで上手く会話を続けることが出来る方法5つと、初デートではNGの会話の内容5つもまとめてみました。相手との会話が途切れて静かになってしまった時に、盛り上げる話題のきっかけも紹介しています。ぜひ活用してください。

初デートでの上手い会話術・5つ

1.相手を軽く褒める

初デートでは、お互い緊張して、どこからどんな話題に入ればよいのか、わからないことが多いですよね。そんな時に一番簡単なのが、相手を褒めることです。しかし、緊張のあまり、相手をあまりにもベタ褒めしてしまい、逆に引かれてしまうことになる場合も少なくありません。

大切なのは相手を「軽く」褒めることです。例えば女性に対しては「なんかいい香りがするね」とか、「ふんわりした洋服が似合うね」「部活頑張ってるよね」というように、自然に褒める方法が効果的です。

逆に、男性に対しては「仕事がいつもできて尊敬するな」とか、「その髪型に合ってるよね」「いつもなんかオシャレだね」「いつも成績が良くてすごいね」というように、ファッションや仕事、または勉強について褒めると男性は喜ぶものです。

ただ、褒めて終わりでは会話は続きません。例えば、ファッションを褒めた場合は「それ、どこで買ったの?いいね!」と言って話を続けたり、褒められた場合も「ありがとう」で終わらず、褒められた内容についてコメントして会話を続けるようにしましょう。

2.共通の話題を探す

デートの相手をよく知り尽くしていない場合は、共通の話題を探すと話が長続きします。相手を知らないのに共通の話なんて分からない、と思うかもしれませんが、意外と簡単に見つけることが出来るんですよ。

例えば、共通の上司の話題や、小さい頃のテレビ番組、地元のお店の話、休日の過ごし方など、どんな小さなことでも話題を続けることは可能です。それがなかなかわからないという場合は、その時来ている服のブランドなどでもよいでしょう。

同じ趣味や興味のあるスポーツがある場合は、簡単にスムーズな会話を続けることが出来ますよね。そうでなくとも、必ず共通の会話というものは存在します。道を歩いていて目についた看板や、小さいころの思い出を思い起こして楽しく会話を進めましょう。

3.自分の失敗談を面白おかしく

自分の話なら、途切れることなく楽しく話すこともできますね。以前の失敗談などを、面白おかしく話してみると、相手もリラックスすることが出来、良い雰囲気になります。本当は、忘れられないほど大変な失敗だった事でも、それを笑い飛ばすように自分で話すことで、相手もあなたに対する安心感を感じたりするものです。

真剣な話ばかりしようとせず、楽しいひと時を一緒に過ごすことが出来るためには、ジョークのセンスも必要です。他人の事を笑ってはいけませんが、自分の事であれば、どれだけでもネタにすることが出来ますよね。初デートでリラックス出来ることはとても大切です。一緒にいて楽しいと思われるような会話をしましょう。

4.旅行の話をする

旅行の話は、聞いていて面白いと思う人が多いようです。以前行った事のある温泉や観光地、海外旅行の事を話してみましょう。相手も偶然同じ場所にいった事があって、話が一気に盛り上がるかもしれません。

海外旅行の話は、過去の経験でとても興味深いものになります。日常生活からかけ離れた経験の話題は、空想の世界に連れて行ってくれるために、どこまでも話を続けることが出来ますよ。

もし海外に行ったことがない場合でも、「タージマハールを見てみたいな」とか、「グアムでダイビングをしてみたい」という話題にするだけで、旅行気分を感じて話の内容が楽しくなったり、自分や相手の価値観を見出すことにもつながります。

5.自分にしかない体験談

自分にしかない体験談を詳しく話しても良いでしょう。例えば、通常は仕事の話は避けるべきだ、と思っている人がいるかもしれませんが、専門的な仕事をしている場合は、興味を持ってもらえることが多いようです。例えば、写真家、デザイナー、スポーツインストラクターなどは、多くの人が興味を持っている分野です。

それだけでなく、中学や高校時代の部活で経験した厳しいトレーニングの話や、留学の経験話、大掛かりな手術をした話や、昔からのコレクションについてなど、自分にしかない体験を話すのもよいでしょう。ただ、「すごいね!」と言われたからと、調子に乗って自慢にならないように注意することが大切です。

初デートでは、つい相手に嫌われないようにと、偽った自分を無意識に作り出してしまうこともありますが、それは逆効果になってしまいます。自然体の自分を受け入れてもらえることが出来るよう、自分の事については偽りなく話しましょう。

初デートが台無しになるNG話・5つ

1.過去の恋愛話

何を話せばいいのかわからない、恋愛の事しか頭に浮かばないからと、過去の恋愛話ばかりダラダラと話すのはNGです。相手は、あなたについて興味を持っているでしょうし、いずれはあなたの過去について知りたいと思っているかもしれませんが、初めからこのような話をしてしまうと、あなたに対する興味が薄れてしまいます。

過去の恋愛話をするより、自分がどんな人物であるかを知ってもらうために話題を進めていきましょう。相手に尋ねられても、あまりにも詳しく説明するのは良くありません。軽く答えるだけにして、あとは楽しい会話で盛り上げるようにしましょう。

2.ネガティブな話題

ネガティブなことばかり話していると、それを聞いている人も楽しくありません。ネガティブな考えは広まってしまうために、あなたが悲観的なことばかり話すと、その場の雰囲気も悪くなってしまいますよ。

誰しも、一緒にいて楽しいと思える人の傍にいたいと思うものです。特に初デートで、ネガティブな話題ばかり出してしまうと、一緒にいて疲れると思われてしまいます。相手も、励ました方がよいのか、ただ聞く方がいいのかと悩んでしまいますよね。

デートは楽しくなければ意味がありません。次に会いたいと思わせる為にも、ネガティブな話題は避け、明るい話題を盛り上げるように努力しましょう。

3.時事ネタ

世界で起きている戦争の話、政治問題、社会問題などにいくら興味があっても、初デートでこのような話題をするのは避けたほうがよさそうです。なぜなら、相手が自分と違う価値観を持っていた場合、対立した関係になってしまうからです。

せっかく初デートが出来たのに、初めから対立関係が始まってしまうと、良い関係を長続きさせることが難しくなってしまいます。時事ネタで意見が違っても、相手の意見に合わせようとし、それで自分に苛立ちを感じてしまうこともあります。

まずは、良い関係を築くために、お互いの共通点を見つけたり、同じ意見の話題に切り替えることで、二人の距離を縮めることを優先しましょう。良い関係が一旦出来上がると、どんな話題でも話し合うことが出来るようになります。

4.結婚観について

結婚についてどう思っているか、どんな結婚がしたいかという話題ばかりになってしまうと、「この人は自分と一緒にいるということよりも、結婚することに興味を持っているのかも」と、思われてしまう事が多いそうです。

まだ付き合ったばかりで結婚の話ばかりしていると、特に結婚適齢期のカップルの場合は、「時間をかけて相手を知ることが出来ないかも」「結婚すらできればいいのか」思われてしまい、相手が引いてしまうことになりかねません。初デートの時から、結婚や子供を作る年齢など、将来を決定するような話題は避けたほうがよさそうですね。

5.質問攻め

相手を知ることが大切な初デートでは、相手についていくつか質問をして、意見交換をすることは大事です。しかし、相手に興味があるからと、面接のように質問攻めにしてしまうと、相手はうんざりしてしまいますよ。

相手の家族について、学歴について、職歴、好きな食べ物、住んでいる地域、過去の恋愛歴など、興味があるとついつい質問してしまいがちですが、質問攻めになると、会話のキャッチボールは出来なくなってしまいます。

相手も話したいことが沢山あるかもしれませんが、あなたの質問に答えるので精いっぱいになったり、どこまで答えればいいのか、答え方を間違ったらどうしようと思わせてしまう事にもなってしまいます。

あなたが興味を持っている分、相手もあなたの事を知りたいと思っているでしょう。質問は2つか3つ程度にとどめておいた方がよいでしょう。

初デートで会話が途切れときの対処・3つ

1.スマホの写真を見せて話す

会話をしても、なかなか話が続かない!直ぐ途切れてしまって、何を話せばよいのかわからなくなってしまう、という場合は、スマホを活用するのもひとつの手です。スマホで撮った写真を見せながら、先日言ったレストランで美味しかったものや、自分のペット、すごくきれいに見えた虹など、どんなことでも簡単に話すことが出来るでしょう。

自分が撮った写真で、自分の興味があることを相手に知らせることもできますし、写真を見ながら話すというのは、目線をどこに合わせればいいか困るという人の場合でも、効果的な方法です。普段から、面白いと思ったものを写真におさめて、話題のために準備しておきましょう。

2.昨日見たテレビの話をする

共通の趣味の話もした、自分のネタ話もした、ほかにも話をしたいけれど、どうすればいいのかわからない!というときには、昨日見たテレビや映画の話をするのもOKです。テレビ番組でみた面白かった話題や、最近の映画についての話で、楽しい意見交換が出来るはずです。

偶然同じ番組を見ていたかもしれませんし、無理のない会話をしながら、笑いあったりすることもできます。テレビの話題だと、誰を傷つけることも、嫌な雰囲気になることもほとんどありません。バラエティー番組などの内容を話して、自然体で楽しいひと時を過ごせるようにしましょう。

3.「ごめん、緊張しちゃって」と本音を言う

デートで緊張したり、話した続かないときには、つい焦って「どうしよう…」と考え込んでしまったり、何をしたらいいか、とすべきことばかりを考えてしまうことがありますよね。でも、デートで大切なのは自然体になることです。

もし、何を話せばいいのかわからず、お互い沈黙が続いてしまった時には、「ごめん、緊張しちゃってなかなか話せないんだ」と素直な気持ちを伝えると良い場合もあります。相手も同じ事を考えているはずですし、「静かになっちゃったね」という一言からまた会話を始めることもできるんですよ。

本音を言うことで、相手も嬉しく思ってくれたり、お互いが理解し合おうという気持ちになれます。初デートでは、気疲ればかりになってしまうことが多いようです。無理せず、その時に思った本音を打ち明けてもよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。初デートは、誰でも緊張するものです。しかし、「会話を続けなくては!」と言う事をストレスに思う必要はありません。好きな人と二人きりで出かけることが出来るチャンスですから、お互いが気持ちよく、楽しく、リラックスできる環境を作ることが出来ると良いですね。

初デートで、その後の二人の関係が決まってくると言っても過言ではありません。緊張しすぎて失敗しないように、あらかじめ、話したい会話を自分なりに準備しておくとよいかもしれません。お互いが笑顔になれるような、ユーモア溢れる話題が沢山出来ると、心も安らぎますし、また一緒に過ごしたいという気持ちになれます。

会話は難しいものではありません。初デートという特別な機会で、いつもの自分が出せるように何かと考えておくだけでも、緊張も和らぎ、落ち着いて臨めることでしょう。