今すぐ試せる!誰にも会いたくないときにオススメの気分転換の方法

ストレスや人間関係のトラブルで誰にも会いたくないときには心をリラックスさせるのが大切。様々な気分転換の方法を紹介しています。

どうして誰にも会いたくないんだろう…

できるだけ詳しく悩みを書き出す

人に会いたくないときにはストレスが溜まっていたり、人間関係がうまくいっていなかったり様々な理由がありますが頭の中で悩み続けないで紙に書いて悩みを整理する必要があります。自分が悩んでいることをしっかりと紙に書いていくと今まで何となく悩んでいたことが言葉になるのではっきりと認識できるようになります。

意外と紙に悩みを書き出すだけでストレスが大幅に減ることもあるのでまずはやってみるのがおすすめです。できるだけたくさん書くためにも大きな紙に書くのがいいでしょう。悩みを書き出すと自分が悩んでいたことはあまり大したことではなかったのかもしれないと気付くきっかけにもなり落ち込んでいた状態から元気を取り戻すことにもつながります。

悩みを紙に書き始めると最初はなかなか頭の中にあることが言葉になりにくいので苦労しますが次第にたくさん書いていけるようになるのであきらめないで頑張って言葉にしていくことが大切です。

改善できることを実践してみる

紙に悩みを書いた後には悩みを解消するためにできることはないのかとしっかりと考えてみましょう。改善点が見つかればそれを紙に書きこんでいきそれをいつまでに行うのかまで決めることで悩みを早いうちに解消していくことにつながります。

「悩みをなんとかするために行動する気持ちが湧いてこない」という場合でもとりあえず改善点を書いておいた紙を保存しておくことで後でまた元気が出てきた時に実行に移すことができるのでおすすめです。

人に会いたくない状態になってしまうのには人それぞれ理由がありますがこのようにしっかりと自分の悩みを書いて改善点を見つけることでただずっと悩むのとは違って今後どのように過ごしていくべきなのかが見えてくるので困った時にはとても役立ちますよ。

娯楽を楽しむ

映画を見る

人に会いたくないときにはひとりで部屋にこもって映画をたくさん見るのもおすすめです。つらいときにわざわざ人に会う必要はないんですし、いっそのこと自分の世界に引きこもるために映画の世界にどっぷりと入り込んで、ある程度エネルギーがたまってきたら普段の生活に戻ればいいだけの話です。

失恋してつらい状態が続いているのなら「感動できる映画」や「泣ける映画」を見るのが最適でしょう。またつらい状態を早く何とかしたい場合にはコメディ映画やパロディ映画を見たほうが笑うことができるので見終わった後には自然と元気が出ているものです。単純に日々の生活のストレスで疲れているから人に会いたくないという時には自分が好きなジャンルの分野の映画を見てストレス解消をするのがいいでしょう。

DVDをレンタルしてきて自宅で見るのもいいですが映画館に行って大音量で映画を楽しむのもおすすめです。

小説を読む

本を読むのが好きな方は小説を読んで非日常的な世界観を楽しむのもいいでしょう。面白い小説を読んでいれば時間があっという間に過ぎていくので読んでいるうちに気分もある程度は軽くなっているはずです。

うつっぽくない?

落ち込んだままだと大変

人に会いたくないという状態が続いて精神的につらいままだと最悪の場合には鬱になってしまうことさえ考えられます。つらい状態が続くとなかなか抜け出しにくくなるのでできれば早い段階で何とかしておいた方が自分のためになります。

悩みをネット上で相談する

人に会わないで悩んでいてもあまりよくならないのでネット上の質問サイトやSNSで自分の悩みを相談するのもおすすめです。対面で話すわけではないのではないのでお互いの顔がわかることはないので匿名の状態で悩みを相談することができます。

しっかりとした回答をもらうためにもできれば心理カウンセラーの方が良くいるようなところで質問したり、相談することがおすすめです。

うつっぽさを改善するために日光を浴びましょう

精神的につらいときには日光を浴びるのがおすすめです。日光を浴びると脳からセロトニンという精神を落ち着かせてくれる働きのある物質がたくさん出てくるので30分ぐらい日光浴をすれば調子が良くなるのを実感できるはずです。

一人で部屋の中で悩んでいると日光を浴びにくいので脳からセロトニンの分泌が行われにくいので精神のバランスが保ちにくくなるとも言われています。誰にも会わずに部屋にこもっていると生活リズムが崩れてしまい睡眠が上手くできなくなることさえあります。

セロトニンは生活リズムを整える働きもあるといわれているので日光浴をすれば精神が落ち着くだけでなく起床を睡眠のリズムが整いやすくなる効果も期待できます。

運動をしてリフレッシュ

辛い状態を抜け出したいけどなかなかうまくいかない、そういう時には運動をして気分をリフレッシュすることもおすすめです。ただちょっとした落ち込みなら軽く運動しただけで悩みが軽くなりやすいのですが、ずっと悩んでいるような場合には少し運動したぐらいではなかなか気持ちが晴れないので何日間か運動を続けていく必要があるでしょう。

おすすめなのは日光を浴びながらウォーキングをすることです。体を動かしながら日光を浴びることでセロトニンによる精神安定の効果と有酸素運動によるストレス解消効果が見込めます。また全身の筋肉をしっかりと使って運動をしたいなら水泳がおすすめです。かなりのエネルギーを使うのであまり水泳をしない方なら100メートルも泳ぐと適度な疲労感を感じるのでそのころにはつらい気持ちが軽くなっているものです。

亜麻仁油の摂取

亜麻仁油という油にはリノレン酸という体にとてもいい成分がたくさん含まれています。鬱っぽいときには脳から神経伝達物質の分泌がとても少なくなっているので喜怒哀楽の感情が薄くなり、好奇心も減ってしまうといわれています。このリノレン酸は神経伝達物質の分泌を促進する働きがあるといわれているので毎日スプーン一杯分摂取していくととても効果があるとのことです。

亜麻仁油を食べる時には加熱をしないで食べ物にかけて摂取した方が栄養を失わないで済むのでおすすめです。

おすすめの気分転換の方法

入浴

しっかりと入浴すると血行がとても良くなり体が温まるのでリラックス効果が得られます。日ごろシャワーを浴びるだけの方がいるかもしれませんがシャワーでは体がしっかりと温まらないので疲れがたまったままになるので寝てもあまり疲れがとれず気分が悪くなる原因とも言われています。なのでしっかりと入浴して疲れをとって気持ちよくなることがつらい気持ちを軽減することにもつながります。

もっとリラックス効果を得たい場合には温泉に行って体の芯から温まって肌をつやつやにするのが最適でしょう。温泉には人がいるから落ち着けないという方は自宅のお風呂に入浴剤を入れてリラックス効果を高めるのがおすすめです。

ハーブティー

ハーブティーは体を温めるだけでなく心を落ち着かせる働きがあるので落ち込みすぎてうつっぽい時におすすめの飲み物です。ハーブティーはたくさんの種類があるので自分の悩みにピッタリなものを飲むことでよりリラックス効果が高まるでしょう。

好きなものをたくさん食べる

気分転換する際には自分が好きなものを気が済むまで食べるのも非常におすすめです。一日くらい好きなものをカロリーを気にしないでたくさん食べることもたまには必要でしょう。ケーキといった甘いものをたくさん食べたい場合には食べ放題のお店に行って食べた方が食べ量に対してお金もあまりかからないのでとても便利です。

掃除をする

部屋の中をきれいに掃除することは気持ちをリフレッシュするのに最適です。誰にも会いたくないという時は時間が余っているので延々と悩んでいたりしないでとりあえず一生懸命に掃除を始めることで気分が良くなっていきます。

掃除する時には掃除機を使うよりも雑巾や除菌用のシートを使ってきれいにしていく方が体をしっかりと使うのでストレスの解消にも良いといわれています。

特にトイレをしっかりと掃除をすると全体的な運気が上昇すると昔から言われているので一生懸命に掃除をした後には何かいいことが起きたりするかもしれません。

瞑想

瞑想はとてもリラックス効果が高いことが科学的にもわかっているので最近では瞑想の本がたくさん販売されるほど人気が出てきています。

さきほど日光を浴びるとセロトニンが分泌されると紹介しましたが実は瞑想をしているときにもこのセロトニンは分泌されるのです。なので運動するのが苦手という方は自宅で静かに瞑想してセロトニンを出すことにより心を落ち着かせた方がおすすめでしょう。

瞑想は床に座って目をつぶって、何も考えないでゆっくりと腹式呼吸を繰り返すだけの簡単な動作しか必要ないのですぐに実践することができます。また瞑想を何度もやるほどにセロトニンの分泌が増える効果があるといわれているので毎日やっているとどんどん心が軽くなっていくことに実感できるはずです。

熟睡する

睡眠は疲労回復やストレス解消に効果があるのでつらい時にはしっかりと眠って体を回復させる必要があるでしょう。しかし日ごろの生活習慣によって質の悪い睡眠になってしまっているケースがあるのでその原因と対処法について紹介します。

まずカフェインは摂取しすぎないことです。カフェインは眠気を抑制する働きがあるのでつらいときに精神を落ち着かせるためにたくさん飲んでいると結果として上手く眠れずに翌日になっても精神的につらい状態が続くこととなってしまいます。

また眠る前にはスマートフォンやパソコンの使用は控えておきましょう。明るい光は眠気を解消してしまう働きがあるので熟睡を妨げてしまう要因になるからです。なので眠る1時間前ぐらいにはスマートフォンやパソコンの使用はなるべく避けておきましょう。

動物と触れ合う

人に会いたくないときには動物と触れ合うという選択肢もあります。ペットを飼っている人ならしばらく触れ合っていると気持ちが落ち着いてくるのでおすすめです。またペットを飼っていない場合には動物園にある動物とのふれあいコーナーに行ったり、猫カフェで猫と触れ合うのがいいでしょう。

音楽を聴く

気分が乗らないときには好きな曲を聴いてテンションを上げたり、気分を良くするのもおすすめです。

また心を落ち着かせたいときにはヒーリング用のBGMを聴くことがおすすめです。ヒーリング用のBGMはアルファ波といって精神が落ち着きやすい波長の音が含まれているのでとてもリラックスすることができるからです。ヒーリング用のBGMを持っていなくてyoutubeなどのサイトにたくさん存在しているので自分が気に入ったものを流すのがおすすめです。

ある程度心が落ち着いてきたら

勇気を出して知り合いに会ってみる

「誰にも会いたくない」と一人で部屋にひきこもっていても精神的につらい状態は続くだけで一向に改善しにくいものです。ここで紹介しているとストレスを解消する方法だったり、心をリラックスできる方法を試してみて少しでも落ち着いてきたならば勇気を出して知り合いに会って話をするのがおすすめです。

人に会うのはかなりエネルギーを使うかもしれませんがあんまり考えすぎずにとりあえず知り合いに悩みを相談したり雑談をしていれば心は軽くなるものです。知り合いと一回会うだけで落ち込んだ気持ちが完全に元に戻るというわけではありませんが一人で悩みこんでいるよりは圧倒的にいい影響を与えてくれるはずです。

まとめ

誰にも会いたくないような時の心の状態を良くする方法について詳しく説明してきました。こういった状態になるのは日常のストレスや失敗、人間関係といった様々な原因が考えられます。しかしつらい状態をずっとそのままにしているとどんどん悪化していき最悪の場合には「うつ」の状態に知らないうちになってしまうことがあるので要注意です。

うつは人に会いたくない、ものごとに関心が薄れるといった症状が前兆と言われているので「ちょっと悩んでいるだけだしそのうちきっとよくなる」と思って悩みをため込んだままではあまり良くないかもしれません。

調子が悪いときには日光を浴びてセロトニンの分泌を促したり、入浴して血行の流れを改善したり、掃除をしたりすることでストレスも減り気分転換につながるのでつらいときにはこのような習慣を持っておくと立ち直るのも早くなります。