店員さんに一目惚れしたらどうする!?上手なアプローチ法と5つの注意点を知ろう!

恋愛には様々なきっかけがあり、「一目惚れ」をして人を好きになることもあります。好きな人が友達だったり、職場やバイト先の人だったりすると仲を深める方法はいくらでもありますが、中身を知らない上に関わりがない人との仲を深めるのは難しいですよね。店員さんに一目惚れして悩んでいる女性に向けて、アプローチ法や注意点をご紹介します。

店員さんに一目惚れしたらどうする?

自分の身近な人と接するうちにその人を好きになるということはよくありますが、人を一目見ただけで好きな気持ちが芽生えるという「一目惚れ」をすることもあります。

街中を歩いていると、初めて見かける人に対して「あの人かっこいい」「あの人は私のタイプ」などと思うことがありますよね。中には、「いいな」という気持ちで収まらずに「好き」という気持ちを感じることもあるのです。「ビビッときた」「今まで感じたことのないようなドキドキを感じた」「惹きつけられて目が離せなかった」などと思うそうです。

一目惚れをする人は多いの?

実際に一目惚れをする人は少なくなく、自分の気持ちに正直になって付き合えるように努力する人もいるようです。
一目惚れの経験があるかないかのアンケートでは、あると回答した人は58.5%、ないと回答した人は41.5%という結果が出たそうです。意外と多いことに驚きです。
一目惚れから始まり、付き合うことができたという人は約22%で、一目惚れから始まり、結婚に至ったという人は約8%いるそうです。一目惚れをした人の約30%が恋愛に発展させることができたのです。

全く知らない人と恋愛を始めるのは難しいとは思いますが、決して可能性はゼロではないのです。一目惚れをしたけどアプローチすると相手にどう思われるか全くわからないから不安という方もいると思いますが、一目惚れは自分から何もしないとそのまま終わってしまいます。勇気を出して相手との距離を縮めてみましょう。

今回は、店員さんに一目惚れしたけどどうすればいいかわからないという女性の恋愛の悩みにお答えできるように、店員さんとの距離の縮め方や注意点などをご紹介します。

実は一目惚れは幸せになりやすい!?

一目惚れの恋愛は、相手の中身を全く知らないところから始まるので不安に感じることが多いですが、実は、一目惚れから始まった恋愛は幸せになりやすいと言われています。

その理由の1つとしては、自分にとってドンピシャな見た目であるということです。ちょっとミーハーに聞こえてしまいますが、性格や見た目、価値観など様々な観点の中で1つでも満たされる点がある場合は、他の部分での違和感はそこまで気にならないのです。その結果、相手に対する許容度が上がります。

また、カップルどちらかの一目惚れによるアプローチから成就した恋愛の7割は、交際期間が長かったり、結婚まで結びついているそう。一目惚れは侮れないということがよくわかりますね。一目惚れをした時は、初めから諦めずに自分のために頑張ってみましょう!

店員さんとの距離を縮めるアプローチ法とは?

1. とりあえずそのお店に通う

気になる店員さんができたけど、まだ店員さんとの距離が遠いのでどうすればいいのかわからないという場合は、まずはその店員さんがいるお店に通いましょう。

いきなり連絡先を渡す、自分の気持ちを伝えるという思い切ったことをしても、顔も覚えてもらっていない段階ではうまくいく確率が低いと言われています。顔も名前も何も知らない人にいきなり連絡先を渡されたり、告白されても怖いと感じてしまう人がほとんどです。まずは「あの人は…」と、顔を覚えてもらえるだけの常連さんになりましょうね。

よほど悪い態度を取っていない限り、顔を知っているということは自然と親近感がわいてくるものです。話したことがなくても顔を覚えてもらえたら、相手にとってあなたとの会話のハードルは下がります。焦らずに少しずつ距離を縮めていきましょう。

2. まず少し会話できるようになる

何度かお店に訪れても、毎日何人ものお客さんの対応をしている店員さんにとっては、お客さんは基本的に皆同じです。ただ来店を続けるだけではいつまで経ってもお客さんの一人のままです。まずは顔を覚えてもらうためのきっかけを作りましょう。難しいことはありません、お客さんと店員としての会話をするだけでいいんです。

例えば、「今日は何がおいしいんですか?」や「この前置いていた商品はないですか?」などの、相手が少し考えるような質問から始めましょう。お店のことに関係のないことを聞くのは相手にとって迷惑になってしまうので気をつける必要があります。気軽に会話できるようになってから少し個人的な会話にも挑戦してみましょう。

慣れてきてある程度顔を覚えられたら、「店員さん」ではなく「○○さん」と呼んでみてはいかがでしょうか。いきなり名前で呼ぶと驚かれてしまいますが、軽く会話ができるようになれば問題ないでしょう。名前を呼ぶだけで随分とお互いに親近感を持てるようになります。

3. 他の店員さんにこっそり聞いてみる

店員さんに彼女がいるのか気になるところですね。彼女がいるのを知らずにアプローチしてしまっても、自分にとってあまり良い結果になりません。
本人に彼女がいるのか聞くと「私はあなたのことが気になっています」と言っているようなものなので、なかなか聞きにくいですよね。そんな時は、こっそり他の店員さんに聞いてみるのも1つの方法です。

仕事中に時間をとってしまうのは良くないので、あまり時間をかけずに簡潔に聞いてみましょう。もしかすると彼女がいないという嬉しい情報を聞けるかもしれません。

彼女がいるかいないかだけでもわかると自分の気持ちに正直になって頑張って良いのかハッキリさせることができるでしょう。残念ながら相手に彼女がいた場合は、相手に迷惑をかけたり困らせたりしないようにどうすればいいかよく考えてください。

4. 思い切って連絡先を渡す

お店の常連さんになって顔を覚えてもらい、笑顔で会話できるようになったら思い切って自分の連絡先を渡してみましょう。どんなにお店に通っても、最終的には連絡先を渡して一歩進むことが重要になります。
隙を見て直接気持ちを伝えるのも良いですが、店員さんが働いているとなかなかタイミングが難しいですし、人の目が気になってしまいますよね。紙に自分の連絡先を書いてサッと渡してみてはどうでしょうか。

連絡先だけではなく、自分がどうしたいのか相手に伝えることができるようなメッセージを添えましょう。「付き合ってください」というメッセージではなく、「これから少しずつ仲良くなりたい」という思いを伝えられるメッセージが良いそうです。

中身を全く知らない人からいきなり付き合ってほしいと言われても困ってしまうことが多いと言われています。友達から始めて自分がどんな人か知ってもらうと恋愛に発展しやすいので、まずは自分を知ってもらえるようなきっかけを作りましょう。
相手から連絡が来て、友達から始められるかもしれません。

店員さんがいるお店がこんなところだったらどうする?

レストラン、カフェなどの飲食店

店員さんがいるお店がレストランやカフェなどの飲食店だった場合、店員さんがいる時間帯にお店に足を運びましょう。どの店員さんに対応してもらえるかはその時の運次第ですが、何度も行くことで顔を覚えてもらえるかもしれません。

毎回同じメニューを頼む、同じ席に座るなどすると印象付けることができます。お店に行くだけではなく、自分を覚えてもらえるように工夫することが大切です。メニューを頼む時におすすめのメニューを聞くなどのコミュニケーションをとるのも良いでしょう。

お店にあまり長く居座らない、マナーの良い行動をするなど良いお客さんと思ってもらえるように気をつけましょう。

服、雑貨などのお店

店員さんがいるお店が服や雑貨などのお店だった場合、飲食店よりもコミュニケーションがとれる機会が多いので、仲を深めるチャンスがたくさんあります。
基本的に店内を回ってお客さんの質問に答えたり、おすすめの商品の紹介をしたり、店員さん自らお客さんに話しかけることが多いので、話しかけられたら積極的に会話をしましょう。

商品を買う気がないのに長い時間会話をするのは迷惑になってしまうので気をつけて下さい。欲しいものがある時や友達のプレゼントを探している時などは店員さんに協力してもらってください。会話もできますし、楽しく買い物ができますよね。

美容室

店員さんがいるお店が美容院だった場合は、気になる美容師さんを指名してみましょう。
美容師さんがまだ駆け出しの場合は指名できないことがありますが、経験豊富な美容師さんだと指名して予約することができます。

指名をすると確実に会話できるので、相手に覚えてもらうことができますし、簡単に聞きたいことが聞けます。美容院では雑誌を読んで静かに過ごすのが好きという方もいると思いますが、美容師さんと楽しく会話をして顔を覚えてもらいましょう。

美容院は他のお店に比べて行く機会が少ないのが難点なので、1回でどれくらい印象付けられるかが大切になります。無理にコミュニケーションをとる必要はありませんが、美容師さんに覚えてもらえるように頑張ってください。

アプローチする時の5つの注意点

1. 異性と2人きりでお店に行かない

お店には異性と2人きりで行かないようにしましょう。
男性と2人でいると店員さんにカップルだと思われてしまうかもしれません。1人で行くか女友達と行くかのどちらかにすると良いでしょう。

店員さんにアプローチしたいと思っているのに相手に彼氏持ちだと思われていたら損ですよね。彼氏持ちだと思っている女性にアプローチされても、ただの軽い女性にしか見えません。全く自分を知らない人にアプローチする時は、損なイメージを植えつけないように注意しなければならないのです。

2. 相手の気持ちを考えてしつこくしない

どんな恋愛でも、相手の気持ちをよく考えることが大切です。相手の気持ちを考えずに自分の気持ちだけ押しつけていても迷惑になってしまうだけです。

店員さんにアプローチしたいと思っていても、忙しそうな時は時間をとらせないようにしましょう。少しずつコミュニケーションをとれる関係になれると良いのですが、あまりにもしつこく話しかけたり、お店とは関係のない会話をしたりすると面倒くさいお客さんと思われてしまうかもしれません。会話ができそうにない時はあっさり諦めて、次の機会を待つようにすると良いでしょう。

焦る必要はないので、ゆっくり距離を縮めていきましょう。

3. 恥ずかしさは捨てる

店員さんにアプローチする時は、恥ずかしいという気持ちを捨てましょう。
お互いに外見しか知らない状態で相手に積極的に話しかけることは恥ずかしいと思う女性が多いようですが、恥ずかしさからモジモジして前に進めないと何も進展させることができません。

勇気を出すことが大切です。どうしても1人では勇気が出ないという場合は、お店に行く時に友達に付き合ってもらってください。
友達が側にいることで安心できますが、店員さんとの関係を深めることができるかは自分次第なので頑張りましょう!

4. ガツガツしない

アプローチする時は、ガツガツしないということも大切だと言われています。
知らない人からガツガツした態度をとられると相手は引き気味になってしまいます。また、恋愛対象として狙われている感が思いっきり出てしまうので、困らせてしまうこともあります。

アプローチする時は、ガツガツしないで余裕のある態度をとるようにしてください。余裕のある態度だと店員さんも自然に接しやすいですし、ただの気さくなお客さんだと思われるので親近感を持たれやすいそうです。

5. 笑顔を見せる

店員さんと接する時は笑顔を見せるように心がけましょう。
笑顔には、人の心の緊張をほぐしたり、人に癒しを与えたりすることができる力があります。笑顔ではなく真顔で接するのはもったいないのです。笑顔で話す人を見ると安心すると思ったことはありませんか?

真顔や暗い顔で話しかけても店員さんに心を開いてもらうことは難しいので、笑顔で会話して明るい印象を与えましょう。自分の中身を知らない相手と接して良い印象を与えるためには、良い印象を自分で作るしかありません。笑顔を有効活用して店員さんと仲良くなれるよう頑張りましょう!

まとめ

一目惚れの恋愛は、普通の恋愛よりも相手との関係を進展させることが難しいですが、諦めずにアプローチすることが大切です。
焦らずに少しずつ距離を縮めていきましょう。好きな人がいるとどうしても1人で突っ走りがちになってしまう女性が多いですが、時には冷静になって相手の立場から自分はどう見えているのか考えるようにすると良いそうです。

どんな恋愛でも、相手の気持ちを考えることで、良い関係を築ける可能性が高まります。自分の気持ちを押し付けるのではなく、自分の気持ちに応えてもらえるような努力をしましょう。