夫婦の会話が無く虚しさを感じていませんか?結婚当初は話も弾んでいたかもしれません。ですが、結婚生活を始め時間が経つと夫婦げんかが絶えなくなり、だんだん会話がなくなり、夫婦関係に亀裂が入っていくなどとよくききます。結婚当初はラブラブだったのに現在では「ただの同居人」なんてことになっていませんか?では、どうしたら会話を増やすことができるのでしょうか?

「夫婦の会話がない」どんなことが原因なの?7つの原因

1.性格が合わなすぎるように感じる

 

付き合っているころは、ラブラブなので気を遣い相手の短所も大目に見たりということがしやすい傾向にあります。しかし、いざ結婚生活をスタートさせてみるとコミュニケーションの取り方、生活スタイル、お金の使い方や、問題への取り組み方など自分とはまったく違うということに気づかされるようです。

f:id:ffgai:20170130140517j:plain

当初は、大目に見れていたことも、その違いが耐え難い苦痛でしか思えなくなり、そしてだんだん会話がなくなり浮気をしたり、離婚に至ったりというケースもあるようです。

2.相手に期待しすぎて現実的ではない

新婚に良くありがちなのが、交際中には、この人しかいない!まさにわたしの理想の人!と考えます。

自分たちは理想の夫婦と思いその時は良いかもしれませんが、問題を抱えるとなんでこの人と結婚しちゃったの?とか、結婚相手を間違えた!と後悔するようです。いざ結婚してみると夫はこうあるべき、妻はこうあるべきと自分の理想の「あるべき」を押し付けるのも会話がなくなる要因としてあるようです。

3.相手の気持ちに無関心

結婚生活に慣れてくると、仕事や家事のストレスでケンカになったり、思いやりのない言動を発したりして関係を修復しないままでいることがあるかと思います。

そうすると、夫婦のどちらかが感情面でふさぎ込んでしまい、満たされない気持ちを他の誰かに求めるようになって浮気をしてしまうなんてことも。

それを機にずっと相手のことが許せず、話さなくなるようです。

4.相手の話を聴かないで思い込みをしてすれ違う

配偶者が言わんとしていることをよく聴かずに判断し、相手の言っていることはこういうことだと決めつけるのです。

例えば、妻が「今週は残業ばかりで帰りが遅いのね」と言うとします。

そうすると夫の方は自分が責められたと勘違いをし、夫は「君のためにがんばっているんだから、しょうがないじゃないか!」妻「なによ!」とけんかへと発展していきます。妻は一緒に過ごせない時間が寂しいという気持ちを表現したかっただけなのかもしれません。

こういった勘違いから、言葉を口にするとけんかになるので話したくないということがあるようです。

5.性急に解決策を話したがる

女性の場合は、一般的にただ自分の「気持ち」を話したいだけなんてことがよくあります。ですが、男性は物事をどのように解決したらよいかという観点で話を聴き解決策を話したがります。

ですから、妻の方は「解決策を求めているのではなく、ただ自分がどう感じているかを知ってもらいたいだけ」ということがよくあるようです。

夫に話を聴いてもらえない妻は、ストレスが溜まり聴いてもらえないのなら、もう話さないと心を閉ざしてしまうかもしれません。

6.子供の頃の育った家庭環境

自分の両親が会話しないことが当たり前の家庭で育った人は、自分も同じように会話をしないかもしれません。

反対にけんかばかりで攻撃的な話し方の親のもとで育った人は、配偶者と意見が合わないと、相手を敵と判断し傷つける話し方や攻撃的な話し方になるかもしれません。

そのような話し方をしていると、やはり会話はなくなり離婚へと発展しかねません。

7.仕事が忙しくて疲れている

夫婦でお互いに疲れていると、話したくない、話を聴きたくないとなってしまいます。

考え事をしている最中に話をされて「うん」と上の空で返事をして、後から「そんなこと聞いてないよ!」なんてことがありませんか?やはり疲れていたり、忙しかったりすると余裕がなくなってしまい、自分のことだけで精一杯になってしまうということもあるようです。

夫婦の会話時間ってどのくらいなの?また、会話時間が増えることで何が違うの?

会話時間は、休日の1時間~3時間が最多!

「夫婦のコミュニケーション」についての調査が、2014年11月にソフトブレーン・フィールド株式会社によって1020名の20代~60代の主婦を対象に行われました。その調査によると「平日と休日の夫婦の会話時間」について、「平日」では「10分未満」が26.7%、「10分~30分未満」が27.3%、「30分~1時間未満」が26.1%、「1時間~3時間未満」が16.4%、「3時間~5時間未満」が2.8%、「5時間以上」が0.8%ということでした。

一方、「休日」では「10分未満」が12.7%。「10分~30分未満」が15.8%、「30分~1時間未満」が21.0%、「1時間~3時間未満」が30.8%、「3時間~5時間未満」が11.1%、「5時間以上」が8.6%でした。平日が「30分~1時間未満」が一番多いのに対し、休日は「1時間~3時間未満」の回答が一番多く、休日には夫婦の会話が増える傾向が見られています。

更に、結婚して3年未満の夫婦では平日でも「1時間~3時間未満」が41.3%、休日では「5時間以上」が34.8%となっており、それ以上の結婚期間の夫婦に比べると、会話の時間が長いという結果が出ているようです。

コミュニケーションで夫婦円満度UP!

また、米シカゴ大教授の山口一男教授によると、妻の夫婦関係満足度と、夫婦の日々の過ごし方の関連を調査した結果、妻の夫婦関係満足度は、夫婦での食事やくつろぐ時間や対話時間、趣味などを共有することで高まることがわかったそうです。やはり夫婦で一緒に過ごす時間やコミュニケーションは「夫婦関係を円満に保つ」には必要不可欠であるということなんですね。

夫婦の会話の「話題と内容」ってどんなもの?どうしたら上手く話せるの?

夫婦の会話の大部分はリラックスしているときに共通の話題を

上記の調査会社によると、夫婦で会話するシチュエーションについては「くつろいでいるとき」が最も多く63.3%、ついで「夕食時」が60.7%、「就寝前」が35.6%、「朝食時」が25.9%、「買い物中」が25.3%、「趣味や遊びの時間」が24.8%と結果が出ています。やはり、くつろいで、リラックスしているときが一番夫婦のコミュニケーションが取りやすいということですね。

会話の内容については、次のように結果がでています。1位は「子供のこと」で77.8%、2位は「食事や食べ物のこと」で56.4%、3位は「休日の予定」で53.9%、4位は「仕事・会社のこと」で44.6%、5位は「お金に関すること」で33.4%でした。

夫婦の会話も今ではメール、電話、LINEが主流、話題は何気ないことも

また、 夫婦のコミュニケーションでよく使うツールについては、「電話」が46.3%、「携帯メール」が54.0%、「LINEなどのメッセージアプリ」が 30.3%、「その他」が2.5%、「特にない」が12.6%でした。

妻の世代別の特徴では、20代では「LINEなどのメッセージアプリ」が75.0% と他の世代に比して高い結果となっているようです。また30代では「電話」が最も多く56.3%だったのに対し、40代以上では最も多いのは「携帯メール」(40 代:57.1%、50代:49.1%、60代以上:51.3%)となっています。

また「平日は、生活時間が違うので、ラインで会話をすることが多い。スマホが普及する前は、交換日記のような書き置きノートをつくっていた」(30代 女性)、2人ともFacebookをしているので、今こんな気分なんだな、などとわかるのも便利で楽しい です」(40代女性)

というように夫婦のコミュニケーションをサポートするツールとしてLINEやSNSを利用しているコメントも見受けられています。忙しい人たちはそういったツール活用して円滑なコミュニケーションに役立てているようです。

夫婦の会話が無い!では、具体的にどうしたらいいの?何ができるの?10の方法

1.上手に切り出す

多くの場合、話をどんな言い方で切り出すかによって、どんな言い方で終わるかも決まるようです。もし、厳しい強い言葉で始めるなら、話が和やかに終わることは難しくなります。話をするときは、感情移入をしたり、思いやりをもって接したり、親切に話したりすることを意識しましょう。

2.共通点を探す

会話をはずませようと努力してもいつも言い争う結果になってしまっているとしたら、それはお互いにそれぞれの「相違点」にしか注目していないのかもしれません。違う点ばかりに目を留めるのではなく、どんな点で共通しているかを考えましょう。次の方法を試してみてください。

  1. お互いに紙を用意し、2列の欄を準備します。
  2. 問題となっている事柄で自分が「譲れないと思っている点」を左の欄に書きます。
  3. 次に「折り合えそうだなと思う点」を右の欄に書き出します。
  4. 二人の表を照らし合わせながら、話し合います。

このようにするなら、お互いにそれぞれ譲れないと思っている事柄も明確になりますし、問題だと思っていた点が、実際にはそれほど大きな問題ではなかったということがあるかもしれません。仮に、譲れないとしても、関係する事柄を用紙に書き出すことによって問題点がはっきりわかるようになるので取組みやすくなるでしょう。

3.意見やアイディアを出し合う

お互い意見やアイディアを出し合って、話し合うなら1人では思いつかなかったことや難しい問題についても解決しやすくなります。協力し合うことによって夫婦の絆を強める助けになります。

4.相手の長所に目を止める

スマホなどに相手の良い点を3つ書き出してみましょう。それを、いつも携帯できるようにします。またそれを時々見て「自分はなぜこの人と結婚したのか」を思い出すようにしてみます。そうすると、温かい穏やかな気持ちになり相違点を辛抱しやすくなることでしょう。

5.真剣に注意して聞く

相手が何か大切なことを話そうとする時は、面倒くさそうにしたり、聴いていないのに聴いた振りをしたりするのは禁物です。可能ならしっかり行っている作業の手を止め、真剣に聞きましょう。それが無理な状況であるならば、しっかり聞ける状態になるまで待ってもらえるか尋ねてみましょう。

6.質問をする

質問をすると相手の話が理解しやすくなり、会話がはずみます。質問することによって、配偶者を大切に思っていること、関心をあらわしているということを表現できます。誘導尋問するような話し方は相手を逆上させたり、傷つけるのでやめましょう。

7.真意をくみ取るようにする

口調や態度をよく観察して話しましょう。「いいよ」と言っていても本当は「いや」をあらわしている場合があるかもしれません。

また、「あなたはいつもテレビばかり見ていて家事を手伝ってくれない!」という言葉には「大切にされていると感じない」「もっと関心を示してほしい」というメッセージが含まれているかもしれません。

ですので、表面に出ていない真意をくみ取るように努力しましょう。そうしないなら、自分のことを攻撃していると判断し、言い争いに発展してしまうかもしれません。

8.相手の気持ちを考える

自分の話す言葉が、相手をどんな気持ちにさせているのか、相手の立場になってよく考えてみましょう。もし、傷つけてしまったと感じているなら、その時の具体的な状況を思い出すようにします。罪悪感をもつためにそうするのではありません。 大切なのはそれを聞いた相手がどう感じたかです。相手を傷つけたなら、本当はどんな言葉を掛けてあげれば傷つけずに済んだのでしょうか?その点を考えて、次回は傷つける言葉は発しないようにしましょう。

9.誠実な関心を払う

単なる技術で話を聴くのではなく、真剣な態度で話を聴くことは、愛情の表れといわれています。相手の話すことに誠実な関心を払うと,しょうがなくではなく自然に積極的に行なえるようになるようです。

10.自分の気持ちを話す

相手を責めるような話し方ではなく、「自分がどう感じているか」という観点で話してみましょう。「あなたはいつも勝手に一人で決めてしまうんだから!」と責めるより、「決めるときは、わたしにも相談してもらえないと寂しく感じてしまうわ」という表現のほうが、相手に気持ちが伝わり、良い反応が期待できるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?良いコミュニケーションによって、夫婦関係が円満になり、絆が強まるのであれば実行しない手はないですよね!?夫婦の会話がないと嘆いているあなた!会話が無いと離婚を考える前に、できそうなことから少しづつ実践してみましょう!

相手を変えることはできませんが、自分ができることを努力するならきっと夫婦のコミュニケーションは良い方向へいくはずです。上手くいくもいかないも、あなた次第ですよ♪