今問題視されている夫婦間のセックスレス。意外にもセックスレスに悩んでいる夫婦は多いようです。気になるセックスレスの原因や解消法をお伝えしたいと思います。

セックスレスの定義とは?

どのくらいの期間セックスがないと「セックスレス」と言うの?

f:id:ffgai:20170130132653j:plain

テレビなどでもよく取り上げられる「セックスレス」誰しも一度は聞いたことある言葉だと思いますし意味もご存知の方が多いでしょう。健康な夫婦または恋人同士で特に病気などの特別な事情がないのに「1ヶ月以上セックスがない」ことをいうそうです。ここ最近そんなセックスレスの夫婦が急増しているようです。

「私のこと嫌いなのかな」「女として終わってしまうのではないか」「私の存在意義って」と悩んでませんか?なかなかセックスレスについては相談しにくいですし一人で抱え込んで思い悩んでしまいますよね。

そんなセックスレスについて原因と解消法を探ってみたいと思います。

セックスレスの夫婦の割合

約45%の夫婦がセックスレス

なんと最近では約45%もの夫婦がセックスレスに陥ってるそうです。約2組に1組ってかなり多いですよね。意外と同じ悩みを抱えている人が多いようです。数字の多さにビックリですね。

次にどれくらいのセックスの頻度なのかについてですが、「配偶者とのセックスの頻度アンケート」によると1年以上していないと回答したのが33.9%、1ヶ月に1度と回答したのが15.6%で、セックスレスの定義にあたる「1ヶ月以上セックスがない夫婦」は、なんと半数以上にもなります。これまたビックリですよね。

セックスレスの夫婦の特徴とは

セックスレスの夫婦に特徴ってあるのでしょうか?調べてみたところ以下のような特徴があるようです。

コミュニケーション不足

普段から会話もあまりなく、お互いに相手に対して無関心であったりするようです。そうなると自然と触れ合うこともなくなりセックスレスへと繋がっていくそうです。

元々性欲がない

元々性欲がない人もいるそうで、そんなに頻繁にセックスを求めないそうです。しなくてもいいと思ってる人もいるそうですよ。相手は悶々としてしまいますが本人はそれが普通だと思っているようなのでセックスレスだということにも気づいてないのかもしれません。

精神的に繋がっている

とても仲がよく精神的に満たされていてセックスに至らない場合もあるようです。お互いを男女としてじゃなく家族として愛してることが多いそうです。

互いに冷めている

セックスレスの夫婦は熟年夫婦のような夫婦生活が極めて長いような夫婦に良く存在すると言えます。この様な夫婦は、セックスそのものに対して興味があまりないという特徴があります。

体力的にも、性的に興奮においてもかつての若い頃のような気力が無いのです。 このような熟年夫婦はセックスが無くても、互いの関係を維持できるだけの心の繋がりを持てていることが多いため、あまりセックスレスにおける心配はないと言えるでしょう。

子供が欲しくない

互いに子供が欲しくないという理由で、あえてセックスをしないという夫婦もいます。この様な理由でセックスレスになる夫婦は貧困家庭が増えてきている背景から、近年非常に増えてきていると言えます。性行為をすることで、子供ができてしまうことを彼らはとても恐れているので、安易にたとえコンドームを付けたセックスでも気乗りがしないのです。

この様な夫婦は逆にセックスに対して嫌悪感を持つ傾向があるので、セックスレスが互いの絆を弱めてしまう要因にはあまりなることが無く、夫婦間においてセックスレスは問題ないと言えるのではないでしょうか?

セックスレスの主な原因とは

ここからはセックスレスの原因についてお話していこうと思います。 どんな原因があってセックスレスになったのでしょうか。主な原因とパターン別で探っていきたいと思います。

相手の外見・内面の変化

月日が経つと年を取ったりして外見にいろいろ変化が出てきますよね。しわが増えたりたるんだり太ったりと男女ともに「結婚する前はこんなんじゃなかったのに」と相手の外見にガッカリするようでセックスをする気になれないという意見が多いようです。

また結婚すると内面にも変化が出る場合があるそうで性格が変わって合わなくなったなど誘いづらくなったりするそうです。

相手の浮気

浮気をしていると夫婦でのセックスは減る傾向があるようです。急にセックスレスになったら浮気のサインかもしれないですね。要注意だと思います。

また相手の浮気に気づいていてセックスをするのが嫌になるパターンもあるそうです。

性欲減退

年齢とともに段々性欲がなくなっていくことが原因のこともあるようです。年を取るとセックスだけが全てではなく精神的な繋がりを大事にする人もいるようです。

セックスが面倒くさい

相手が嫌いになったわけでもなく特別な理由があるわけではないけれど単にセックスそのものが面倒くさく感じる人もいるようです。

疲れているから

仕事や家事や育児で疲れていてセックスをする気になれない、する気はあっても眠気に勝てないなど疲れが原因でセックスレスになる場合もあるそうです。

結婚したばかりなのに…新婚さんの場合

1.お互いに仕事が忙しい

結婚した当初は共働きの夫婦が多いようで、それぞれ仕事をこなし家事もするとなると夫婦でのんびり過ごす時間も減り疲れてしまってセックスに至らないといった場合があるそうです。

また仕事で帰ってくる時間も違いベッドに入る時間もバラバラだったりなどでなかなか機会がないといった理由もあるようです。

2.母親化してしまう

結婚する前は今まで自分でやってきた家事も結婚を機に奥さんが全て身の回りのことをしてくれるようになると甘えてしまいますよね。

新婚さんだと奥さんも旦那さんにいろいろしてあげるのが楽しくてついつい甘やかしてしまうことがあると思います。

結果、奥さんというより自分の母親化してしまうそうです。そう感じてしまうと奥さんになかなか性欲が沸かなくなるようです。

3.子作りのプレッシャー

いついつにセックスしよう!と子作りの為に奥さんから前もって誘われると萎縮してしまう旦那さんもいるようです。

しなきゃいけないとプレッシャーに感じてセックスが嫌になってしまうことがあるそう。自前に計画を立てられているとムードも何もなく機械的なセックスに感じるようで、また「俺は子作りの為の道具なのか」と不満に思う人もいるようです。

仲はいいのにセックスレスな夫婦の原因

1.”本当の家族”になったから

一見とても仲がよく何も問題のなさそうに見える夫婦なのに、実は”セックスレス”ということもよくあるそうです。特に長い付き合いを経て結婚した人や、結婚期間が長い夫婦に多いようです。このような夫婦は付き合い始めよりもお互いの信頼感も高まり、生活を共にしていく同志のような関係になっている、ということが大きく関係しているのかもしれません。

ある意味本当の家族になったということでしょうか。でも、自分の”家族”とはセックスってしませんよね?本当の家族になる…とても素敵なことですし、生涯ずっと一緒に過ごしていくのですから必要なことかもしれません。ただし、男女の関係のまま…とはなかなかいかないようです。

2.セックスは”重要”ではないから

そもそもお互いを異性として、というよりも一人の人間として尊敬し愛している。という夫婦もいます。こういった夫婦に多くみられるのが、心が繋がっていればセックスは”別になくてもいい”という考え方です。確かに心のつながりは夫婦にとって何よりも重要なことかもしれません。それにお互いが心底そのような考えであれば、セックスレスでも問題はないのでしょう。しかしどちらかは違うという場合は、お互いの考えを尊重して妥協しあえるポイントを探す必要がありそうです。

3.”今さら”感が拭えないから

長年一緒にいると、お互いに色々な顔を見せ合うことになりますよね。仲が深まり、性的ではない部分をたくさん見せてしまうことによって、セックス自体が恥ずかしくなってしまうこともあるようです。普段はふざけあっているのに急にそのような空気を作れないとか…どうやって誘うんだっけとか、長年連れ添うからこその恥じらいと葛藤が生まれるものです。こういったケースは、出産などでセックスしていない期間ができてしまうことをきっかけに起こりやすいようです。セックスレスを予防したいとお考えの方は、回数は減っても継続的にしていた方がいいのかもしれません。

4.セックスが”合わない”から

マンネリ化がセックスレスの原因だとよく言われていますが、そもそもお互いのセックスが合わないということが根底にあるのではないでしょうか?夫婦だからこそ言えないということもあると思います。大切な人だから、嫌われたくない、引かれたくないという気持ちが勝ってしまうのもよくわかります。

しかし、もしお互いに趣味が合って探求心があれば、マンネリ化など吹き飛ばせてしまうかもしれません。夫婦なのですから、一度腹を割って話してみてはいかかでしょうか。

5.セックスの”代わり”があるから

もともとセックスとはなぜするのでしょう。本能としての性欲や、子孫繁栄のためというのはもちろんですが…お互いをもっと知りたい!認め合いたい!という気持ちから、”したい”という気持ちが湧き上がってくるのではないでしょうか。

しかし共通の趣味などがあると…そこでお互いを深く知り合ったり、力を合わせて何かを成し遂げたりするという経験をたくさんつむことになりますよね。それによってセックスへ向かうはずの欲が満たされてしまい、セックスレスにつながってしまうこともあるようです。

産後がきっかけにセックスレスになる場合

1.子供の「パパ」「ママ」としか見られなくなる

【男性側の意見】

●立会い出産 
子供の誕生を一緒に味わいたいと立会い出産を望んだもの出産シーンが思いのほか壮絶でトラウマとなってしまうそうです。立会い出産したおかげでより妻に感謝とより愛せるようになったという意見も多いようですがこのように逆に冷めてしまう男性もいるようです。

●授乳
「おっぱい=赤ちゃんのもの」のように感じてしまったり、授乳姿がなんとなく嫌、セックス中に母乳が出てくるのが嫌などといった意見もあるようです。

●相手にされなくなった
出産前までは自分が1番に扱われていたのに出産後は全く相手にされなくなったと感じることが多いようです。子供のお世話にどうしてもつきっきりになってしまいますよね。自分の存在価値がないように感じたりする人もいるそうです。誘っても「疲れてる」など断られることも多くなり誘いづらく感じるようです。

●産後の妻の変化にがっかり
産後の体型の変化もそうですが、育児に忙しいのか服装や髪型も適当に見え妻を女として見れなくなうそうです。

【女性側の意見】

●産後のホルモンの変化
産後のホルモンの変化のせいで性欲がなくなることがあるようです。旦那さんから誘われてもその気になれず断ったり、触れられるのも嫌になる人もいるそうです。

●育児で疲れている
育児は24時間休みなしですし赤ちゃんは待ってくれませんよね。自分の時間もないですし精神的にも肉体的にもストレスが溜まりますよね。赤ちゃんがやっと寝たと思ったら旦那さんからのお誘いでその気になれず断ることも多いようです。またやっと寝た赤ちゃんが起きないかなども気になったりとなかなかする気になれないようです。

●旦那さんへの不満
育児や家事でいっぱいいっぱいになっていても全く知らん顔の旦那さん。そんな中あれやってこれやってと平気で用を増やす旦那さんに嫌気がさしてしまうようです。そうなると気持ちも離れていくのかする気が起きなくなるようです。

2.思い切りセックスできない

日本では子供が小さいうちは同室で寝るのが一般的ですよね。そうなると子供がなかなか寝付いてくれなかったり、夜泣きなどが原因でママは子供につきっきりになってしまいますし疲れて一緒に寝てしまうこともあるでしょう。

いざセックスに挑んでも途中で子供が起きてしまったり、子供が気になったりと集中してできなかったり中断することになったりしますよね。このようなことが原因となりセックスの回数が段々減っていったりとセックスレスに繋がるそうです。

セックスレスの解消方法は?

セックスレスが原因で離婚になることも!

セックスレスは離婚の原因として認められているそうです。それだけ夫婦にとっては重要な問題だと言えますよね。セックスレスが原因で離婚した夫婦は意外にも多いようです。なにか対策はあるのでしょうか?

軽いボディータッチから始めてみては

コミュニケーション不足ではありませんか?言葉のコミュニケーション不足もそうですが最近旦那さん・奥さんに触ってないという方は多いのではないでしょうか。一緒に暮らしていてもなかなか触れ合う機会がない夫婦も多いみたいですね。

そんな人にぜひ試してほしいのが「ボディータッチ」です。

はじめは寄り添ってテレビを見てみたり、さりげなく手をにぎってみたり、腕を組んで歩いてみたりと日常でトライしやすいことから始めてみてはいかがでしょうか。

普段あまりボディータッチなどがない夫婦ですとそれだけでもドキッとするかもしれません。少しずつ触れ合うことを日常化していけば関係はいい方向へ進むかもしれませんね。

ゆったりとマッサージなども効果的なようです。段々触れ合うことに慣れてきたらぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

男性・女性であることを意識させよう

外見の変化は結構効果があるそうです。ダイエットに励んでみたりヘアスタイルやメイクや服装を変えてみたりと女子力アップさせてみてはいかがでしょうか。きっと旦那さんもドキッとしてくれるハズです。

妻が魅力的だと嬉しいと思う旦那さんは多いようで、それと同時に不安にもなるそうで求めてくる場合が多いみたいです。これは男性にも言えることで旦那さんが男性として魅力的でいると奥さんも不安になり離さないようにと思うと思います。

以前より太ってしまったり、おしゃれしてなかったりとどこか自分に自信がないなと感じたらイメチェンしてみることをおススメします。きっとあなたのことを異性として再認識してくれるでしょう。

二人だけの時間をつくってみる

二人だけの時間ってありますか?一緒に暮らしていてもそれぞれ別のことをしていたりすることって多くないですか?お子さんのいる家庭だと余計に二人の時間ってないと思います。

二人だけの時間がないとコミュニケーション不足になりがちですよね。もしかしたら今更二人きりになったらどうしていいかわからないって人もいるのではないでしょうか。

でも勇気を持って二人だけの時間を作ってみましょう。デートに行けるのがベストですがそう簡単にはなかなかって人もいると思います。

まずは寝る前のひと時などを一緒に過ごすところから始めてみてはいかがでしょうか。一緒にお酒を飲みながら話したりテレビをみるだけでもいいでしょう。お子さんのいる家庭でしたらたまにはお子さんを預けてみたり、寝た後の時間を夫婦の時間として共有してみてはいかがでしょうか。

二人っきりになるといつもと違った雰囲気で新鮮に感じることもあるかもしれませんし、進展が期待できるかもしれませんよね。

たまにはホテルを利用してみる

お子さんがいる家庭やご両親と同居の場合は気になって思うようにセックスができないという人もいると思います。またセックスがマンネリ化してつまらなく感じてるという人もいると思います。

そんな人におススメなのがホテルです。デートをする機会があったらたまにはホテルに行ってみるといいそうです。普段と違う雰囲気に気分が盛り上がったり、気兼ねなくセックスできるというメリットがあるそうです。

夫婦でもホテルを利用する人は意外と多いようで特にマンネリ化には効果があうそうです。

外見に今まで以上に気を使う

外見というものはその人の性的魅力をと大きくとリンクしていると言えます。そのため、相手の気持ちをその気にさえるうえで、しっかりと考慮に入れなければならない要素と言えます。要するに、外見を磨き、冷めてしまった相手の性的欲求を刺激してあげることはとても効果的と言えるのです。

自分が外見において磨きがかかることで、相手も忘れていたパートナーに対する性的魅力に再び気づき、そういった行為にも前向きになることができるでしょう。女性であるならダイエットをしたり、ファッション、化粧に一段と磨きをかけてみたり、男性であるなら、男らしい筋肉を付けるために筋トレをしてみたりするといいかもしれません。

食べ物で解消!

性的欲求を高めてくれたり、体を精力的に元気にしてくれる食べ物は数多くあります。このような食材を積極的に響取り入れていくことも、セックスに対して、前向きになるきっかけになるかもしれないのです。性的欲求を高めてくれる牛肉、勢力を増強してくれるねばねば系食材(オクラ、納豆、山芋など)、体に活力を与えてくれる薬味野菜(ねぎ、たまねぎ、ニラ、ニンニクなど)は是非とも毎日の食事で摂取したいものです。

摂取する時間も大事と言えます。やはりこのような食材を摂取するのは行為の前の夜が良いと言えるでしょう。

まとめ

夫婦のセックスレスについてお話してきましたがいかがでしたでしょうか?セックスレスで悩んでいる人は多いと思います。少しでも解消につながるお手伝いができていたら嬉しいです。いい方向に向かうことを祈っています。