水を飲むだけで期待ができる!?6つの体質改善

普段あなたが何気なく飲んでいる水。身体の中でどんな役割を果たしているかご存知ですか?ただ喉が渇いたから水を飲んでいるとしたら、日々のあなたのちょっとした身体の悩みはそんなところからきているのかもしれません。そんなあなたに水を飲むことで分かる6つの体質改善に繋がる水の役割をご紹介いたします。

水の6つの働き

身体の60%は水分が占めています。そして体内の水分には身体の中での大切な役割があります。

大抵の人が喉が渇いたらから水を飲むという方が多いのではないかと思いますが、1日に飲んだ方が良い量は一般的に約2〜2.5リットルと言われています。それは何故かというと通常、健康状態が良い人は1日の生活の中で呼吸、発汗、排尿、排泄、といった具合に様々な身体の機能で約2〜2.5リットル相当の水分が体外に失われてしまうからです。

逆にいうと約2〜2.5リットルの水分が老廃物として、体外に出て行かないようだと身体に何らかの不調が出てくる可能性があります。しかし、その原因が日々の水を飲むことにあると分かってないことがあります。飲む水には1日の水の必要量と、そして水の質をこだわることで改善できる体質があります。

今回は飲む水をちゃんと理解することでできる体質改善を、6つの項目に分けて説明してみようと思います。

目や口、鼻孔に潤いを与える

水分は私たちの身体の中の粘膜が乾燥して働きが鈍るのを防いでいます。正常な働きができなくなるとさまざまな病気を引き起こしてしまいますから、水分の補給はとても重要なことなのです。

例えば、水分不足で目の粘膜が乾燥すると疲れを感じやすくなり眼精疲労を引き起こしやすくなります。また、鼻や喉の粘膜が乾燥すると粘膜上の繊毛の働きが弱り、風邪やインフルエンザのウイルス・花粉などを防ぐことができなくなってしまうのです。さらに、水分不足は体内に侵入してきたウイルスなどを排出する痰や鼻水も減少させてしまいます。

身体にとっては外敵の侵入を防ぐ二重のブロックが効かなくなってしまうということなのです。また、口中の乾燥は虫歯や歯周病などの病気の他に口臭問題も引き起こす可能性もあります。

このように水分は多岐に渡って影響を及ぼしますから、季節を問わず積極的に水分を補給することをお勧めします。

体内に栄養分と酸素を運ぶ

私たちの体内に取り込まれた酸素や栄養は、血液を介して身体中に運ばれていきます。その際、スムーズに運べるようにサポートするのが血液中の水分なのです。ですから、水分不足で血液濃度が上がりドロドロの状態になるとうまく循環することができなくなりますから、せっかく摂った栄養も必要な所に届かなくなってしまうのです。

さらにドロドロの血液は粘度が高いため血管内で詰まりやすく、脳卒中や心筋梗塞の引き金となってしまいますから要注意です。最近では食生活の乱れや食の欧米化などから糖質や脂質の摂りすぎが増え、血液がドロドロになる傾向が高まっています。これに水分不足が加わるとさらに危険な状態となってしまいますから、しっかりと水分を補給するようにしましょう。

また、酸素不足は集中力や記憶力の低下を招きます。最近仕事の能率が下がったなとか試験勉強がはかどらないと感じている方は、もしかしたら水分不足が影響しているのかもしれません。

他にも血液の流れが悪いと、冷え性や肩こりの原因になったりダイエットの失敗にもつながっていきます。時間を決めて飲むなど工夫をして、水分補給を毎日の習慣になるように心がけたいですね。

老廃物を体外に出す

「たくさん水を飲むとトイレが近くなるから控えている」という事を聞くことがありますが、水を飲むのはトイレに行くためです。

もちろん闇雲にたくさん飲めばいいというわけではありませんが、体内の60%は水分です。例えば体重50kgの人なら、体内の水分は約30リットルとなります。そして体内の老廃物を外に出すためにも水は1日2リットルくらいは飲んで頂きたいです。そうしないと約30リットルの体内の水分を入れ替えるのに最低でも半月はかかるからです。

古くなった体内の水分がしっかり入れ替えができないと血液も新しく作られにくいですし、代謝は落ち、肌のハリやしなやかさも衰えていき、たまの運動などで出る汗も匂いがキツくなったりします。水を飲んで老廃物を外に出すことは身体をいつも若く保つことに大きく影響するので、水を最低2リットルは飲んで老廃物を出すことを意識しましょう。

喉の渇きを抑え、満腹感を与え食欲抑制

身体の水分は大人で60%、子供で約80%と言われています。そのうちの1%が減少するだけで喉の渇きを覚え、2%が減少すると脱水症状になる可能性もあると言われています。

例えば体重50kgの人であれば体内の水分は約30Lで、そのうちの1%は300mlで2%では600mlということになります。

ですから水は喉が乾いてから飲むのではなく、喉が乾く前にこまめに飲むことが健康の維持に必須なこととなります。そしてこまめに水を飲むことで空腹感を抑えることができ、それによって余計な食欲を抑え日々のダイエットにつながります。

肌に水分を保ち、しなやかさと張りを与える

身体の一番外側にある肌は、栄養や水分が最後に届くところです。もしあなたの肌が張りがしなやかさを失っているとしたら、それは1日に必要な水分が取れておらず、身体の表面まで水分が行き届いてないのかもしれません。

大人が1日に必要とされている水分は約2.5リットルと言われています。老廃物などを外に押し出したり、呼吸や身体の循環などで、約2.5L使われるからです。栄養も水も身体は生命に関わる順番で使われていきます。目に見える肌は生命維持から一番遠い場所なので最後に届きます。

見た目の肌を透明感のあるものにしたいなら、それを意識して水を取る必要があります。

血液やリンパの流れをスムーズにする

血液の材料は水分に栄養が混ざったものが血液となります。栄養は当たり前に必要ですが、もうひとつの材料の水分が無ければ、健康的な血液は作られません。

そして糖分(お菓子など)を摂取する量が多い生活をしている人であれば血液はドロドロになり易いですし、代謝も下がるので低体温になり手足が冷たくなりやすくなります。ですから現代人は基礎体温が低い人が多いです。そして基礎体温が35度台の人は免疫力が下がりガン細胞の温床になりやすいといわれています。

そうしたことからも日々、水を飲んで体の代謝を上げることこを意識することは健康的な生活を支える土台になります。

また、水分不足は身体中を駆け巡っているリンパの流れも滞らせてしまいます。リンパは老廃物を流す大事な役目をしていますから、水分不足でリンパがきちんと流れないと老廃物が溜まり免疫力が落ちてしまうのです。

その他にもむくみや肩こり冷えなどさまざまな症状が起きやすくなりますから、リンパマッサージをすることだけに注目するのではなくしっかりと水分の補給も行いましょう。

水の現状と水を飲む工夫

お水を飲むといっても、普段から飲み慣れていない人が1日2リットルを毎日続けていくのはとても難しいと思います。まずは普段取る水分の性質から理解しましょう。

水以外ではお茶やコーヒーやお酒などがありますが、これらは飲むと利尿作用の方が強いため逆に水分不足になります。ですから、基本的にお水以外は味わう事を目的とする嗜好品と理解しておきましょう。そしてお水ですが、これも色々と種類があります。後で詳しく述べるのでここでは簡単にお話ししますが、水道水やペットボトルを日常の飲料に使うひとも多いかと思いますが、これらには水と水の中に含まれるミネラル以外に不純物が入ってることが多いです。

例えば水道水なら塩素、ペットボトルなら防腐剤。これらは胃や小腸を通る時に食べ物と同じように分解や吸収されたりするので、胃に溜まりやすいです。なので水を多く飲むのにはあまり適してないといえます。ですから、自宅で使う浄水器が1番良いと思います。

そして1日2リットルの水を飲むコツですが、少しずつ口に含んで飲む。これを何回も繰り返すことです。

1回にどれくらい口に含むかというと、イメージでいうと日本酒を飲む時に使うおちょこ1杯分です。そのくらいの量をちょこちょこ飲む感じです。そしてできれば午前中から夕方にかけて2リットルくらいを目標に飲んで頂きたいです。

それというのもお水を飲む目的が代謝を起こすことで、そして老廃物を外に出すということもあり、あまり夜遅くにたくさん水を飲んでしまって、夜中に何度もトイレに行って睡眠の妨げになっては、元も子もないからです。

そして食事の時ですが、この時は食べ物を消化、吸収するのに胃酸がで出ます。このときに大量に水を飲んでしまうと胃酸が薄くなって消化機能が落ちてしまうので、これも要注意です。これらのことに気をつけながら、自分の生活リズムに合わせて水を飲むようにしてください。

水道水にはなぜ塩素が入っているの?塩素の役割と体への影響を知って上手に利用しよう

自宅用浄水器の設置がオススメ!

普段から意識して水を飲む習慣がない人は1日2リットルを飲むのは難しいと思う方が多いと思います。理由として、『水をたくさん飲むとお腹に溜まる』という人も少なくないのではないでしょうか?

ではなぜ、たくさん水を飲むとお腹に溜まるのでしょう?例えば味噌汁ですが、これは食べ物です。味噌汁は食べるというよりも飲むと表現をしますが、身体にとっては飲み物ではなく食べ物です。というのも口から入って胃を通り小腸で分解し、栄養分を吸収するといった過程を踏むので味噌汁を飲んだあとはお腹に溜まります。

これと同じことが水を飲んだ時に身体に起こっているからです。水は食べものと違うと思われていると思いますが、実際は水にも色々含まれています。もし、水にミネラルのみ入っていて他の不純物が入ってなければ食べものの過程を踏まずすぐに腎臓を通って体液に使われるため、お腹に溜まるということがありません。

では水道水やペットボトルの水はどうでしょう?まず水道水ですが、基本的に美味しくないのでたくさん飲むのは難しいと思いますが、水道水には基本的に雑菌の殺菌のための塩素が入っています。水を殺菌する分には良い印象がありますが、塩素と結びついてできるトリハロメタンという発がん性のある物質が出来やすいですし、塩素以外の不純物も多々混入していることもあるので、飲まない方がよいと思います。

ちなみにトリハロメタンはやかんに水を入れて沸騰させても100度で倍以上に増えてしまうので、飲用として使うのは控えることをお勧めします。次にペットボトルですがこちらは常用として2リットル以上飲むのにはコストもかかりますし、ペットボトルにはほとんどの場合防腐剤が入っているので、これも身体は不純物として胃に溜まるのでたくさん飲むのには向いてません。

災害時などの時にはとても役に立つと思いますが。そして水道水、ペットボトルも水の殺菌をするものが入っているということは、飲んだ時に体内の殺菌をしてしまうため、腸内細菌の減少に繋がるので、それも気をつけたほうが良いと思います。

ではどんな水が理想的かというと、浄水器を自宅に設置することが一番のお勧めになります。浄水器であればコストも安いですし、ペットボトルのようにゴミがたくさんでることもないので使いやすいと思います。

水の経済効果

お水を飲むことは誰しも必要なことだとは思っていると思います。でも、お水を普段から飲んでない人は、おそらく違うものをたくさん飲んでいるかと思います。最近ではいたるところにカフェがあったり、仕事の付き合いで飲みに行ったりもするでしょう。

そのときの飲み物はカフェなら1回200円〜高いところで800円程度、居酒屋などでは安くても1000円〜数万円ということもあるのではないでしょうか。これが全部と言えませんが、少し健康のことを考えてお水にするだけでもかなりのお金が浮くと思います。

少し考え方を変えてみていつも流されるようにお茶や飲み会に行くのではなく、週に何回かは身体のメンテナスを考えて、生活リズムを変えてみましょう。そうすることで身体も楽になりますし、自分のお財布にも優しくなるはずです。そうした余裕を生活の中で作っていくことが自分の視野も広げ、客観的に自分を見ることに繋がり、日々の身体管理もできると思うので、もし良かったらこちらも意識してみてください。

まとめ

以上のように、お水はただ単に喉の渇きを潤すものではなく、身体にとって色々な役割があることがお分かり頂けたと思います。今までちゃんとお水を飲むことを意識されてきた人は今一度、水の性質の確認をしてみてください。

そして水を必要量飲めていなかった人は今までの生活を振り返ってみてください。きっと身体の不調で思い当たる節がある方もいらっしゃると思います。身体の調子がイマイチな時には、必ず身体から何らかしらの不調のサインが出ていると思います。それらは意外とお水をしっかり飲むことで解決することかもしれません。

ですが決して無茶な飲み方はしないでください。コツは少し口に含んで飲む、これを何度も繰り返してください。やはりこうした日常の生活の中の当たり前のことを変えていくのは、意識し続けなければなかなか習慣化しにくいと思います。ただなんとなく始めるのではなく、1度1日の生活習慣を紙に書いてみるなどして、自分の行動パターンが把握するところから始めてみてください。

そこから無理なく水を飲む習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。参考にしてみてください。