コミュニケーションが苦手!そんなあなたでも実践できる対策法とは!?

コミュニケーションが苦手な人の、心理や原因、対策方法を紹介します。より良い対策を行って、人と上手にコミュニケーションを取れるようにしましょう。また、自分がなぜコミュニケーションが苦手なのかをしっかりと把握することも大切です。

コミュニケーションが苦手な人の共通点って?

コミュニケーションを取ることが苦手な人には、多くの共通点があります。
以下の内容に当てはまっていたら、自分では気がついていないだけで、コミュニケーションが苦手な場合もあります。まずは、コミュニケーションが苦手な人の共通点を見てみましょう!

人の目を見て話をすることができない。

人と上手くコミュニケーションが、取れない人の多くは、話している相手の目を見ることができない傾向があります。

『人と上手くコミュニケーションが取れない。人とどのように接したらいいのかわからない』という感情から、人と一緒にいるだけでも緊張をしてしまいます。しかも、人と接する機会が少なければ少ないほど、人と関わることに緊張してしまいまいます。

また、携帯やパソコンのように、どれだけ見つめていてもなんの感情もわからない機械とは違い、人間は喜怒哀楽が表情から読み取ることができます。

そのため、人の感情がわからないように、目だけではなく相手の顔すら見ることができないことも少なくありません。

会話が続かない

コミュニケーションが苦手な人は、どんな人と会話をしていても、会話が続かない場合が多いです。

携帯やパソコンは、一方的に自分が欲しい情報を与えてくれますよね。しかし人間相手では、そう簡単に自分の欲しい情報は手に入れられません。しっかりと言葉のキャッチボールをして、徐々に欲しい情報を手に入れなければならないのです。

コミュニケーションが苦手な人は、相手と言葉のキャッチボールして徐々に会話を膨らませることができません。そのため、会話をしたとしても、一言二言で会話が終わってしまうのです。

これは、相手に何を話していいのかわからない為に起こる現象だということができます。
相手の持ち物や、容姿、などをさりげなく褒めることができない場合や難しいという場合には、コミュニケーションが苦手な可能性がとても高いです。

外出するのが面倒臭い

コミュニケーションが苦手な人は、「家の外に出る」という行為に対して、面倒臭いという感情を持つようになります。

これは、外に出たら、誰かしらと関わって、コミュニケーションを取らなければいけないからです。そのため、コミュニケーションか苦手な人の多くはインドア派だと言われています。

天気が良い日でも、家の中でまったりと過ごしたほうが楽。家の中の方が楽しい。と思う場合には、コミュニケーションが苦手な可能性が高いです。

また、外に出ることを躊躇することで、さらに人と関わることが少なくなるため、余計にコミュニケーションが苦手になってしまう傾向があります。

人とかかわることが面倒でも、出来るだけ外に出るようにしましょう。
特に若いうちは感受性が豊かなので、何もない時でも外にでて、さまざまな刺激を受けることが大切だと思います。

友達が少ない

コミュニケーションが上手く取れないと、友達の数も極端に少なくなります。
そのためコミュニケーションが苦手な人は、実際に遊んだり顔を合わせる友達は少ないけど、顔を見たことがない友達はとても多いのです。

これは、相手と面と向かって話をすることができない代わりに、携帯やパソコンなどで友達を作る傾向があるからです。
また、中にはコミュニケーションが苦手で、何十年もメールやネットだけで連絡を取り合って結婚をする人もいます。

顔を見たことがない相手となら、上手くコミュニケーションを取ることができるのです。
また、ネットで友達を作ることで、実際に顔を合わせる友達は必要ないと感じてしまうことも少なくありません。

すごい才能を持っている

人と関わりを持つことで、人間関係の悩みを抱えるようになります。また、人間関係の悩みによって、必要以上にストレスを感じることも、少なくありません。
このように、人間関係に悩みを抱えることで、日常生活に支障が出ることもあります。

しかし、コミュニケーションが苦手で、人となるべく関わらない生活を送ることで、自分を見つめる時間や、自分をスキルアップさせる時間をたくさんとることができます。
そのため、コミュニケーションが苦手な人は、人よりも優れている何かを持っている可能性がとても高いのです。

一般的に、特別に何かが優れている場合には、「オタク」と呼ばれることが多いです。自分に興味があることや、自分が楽しいと感じるものに対してとことん追求するため、「その道の専門家」が多いのです。

心が優しい人が多い

コミュニケーションが苦手な人は「優しい心」を持っている人がとても多いです。これは、「人を嫌な気持ちにさせたくない」「人からどう思わるのかわからない。」という感情を持っているからです。

基本的に、コミュニケーションが苦手な人は、人と争ったり、人と共同作業をすることが苦手です。そのため、普段人を傷つけるようなことはしません。

しかしこのような人は、自分が相手に持っている不満などを自分の中で消化しようとします。そのため、自分の限界が来ると、相手に対して、恐ろしいほどキレる場合もあるのです。

コミュニケーションが苦手な人は、相手を言い負かしたり、攻撃することを嫌うため、周りから「優しく人」だと思われる可能性がとても高いと言えます。

肉食系に狙われやすい

コミュニケーションが苦手な人は、「草食系」の場合が多いです。そのため、肉食系の人に、言い寄られる可能性がとても高いのです。
また、自分に対して、積極的に来る人に対して、好意を寄せる人に簡単に惹かれます。草食系男子が、肉食系女子にとっては堪らないご馳走です。

このようなことから、草食系男子が女性にモテるのです。
また、草食系男子がモテる現代では、草食系男子に見える、「背が低い」「眼鏡をかけている」「大人しい」という3つのキーワードが、女性にモテる秘訣になっているといっても過言ではありません。

コミュニケーションが苦手な人は、人からのお願いを断れないことで、肉食系の人には必要以上に何かをお願いされることも少なくありません。
人に優しいが故に、人ち利用されるようになってしまうのです。

コミュニケーションが上手くなる対策法

コミュニケーションが苦手だからと言って、全く人と関わらないという生活は難しいですよね。少しでも人とコミュニケーションを上手く取るためには、ある程度の努力が必要です。対策法を知って、自分なりに努力をしましょう。

自分の話をダラダラとしない

コミュニケーションが苦手なのに、自分の話をダラダラとする人は、少なくありません。これはどうにかして、話題を作ろう。話を続けよう。とすることが原因です。

しかし、自分の話をダラダラとしてしまっては、聞いている相手は、苦痛を感じてしまいます。また、本題から、逸れるような話をダラダラしていることで、本題を話すことができません。
相手が、不快な思いをすることで、自分のコミュニケーションの取り方に不安を覚えるようになってしまうのです。

話をするスピードは、ある程度個人差がありますが、早すぎても、遅すぎても、相手は不快になります。できるだけ、相手の話のペースに合わせて、自分の話は簡潔にするように、心がけましょう。

笑顔の練習をする

コミュニケーションが苦手な人は、相手と会話をするときに、緊張から笑顔を忘れがちになってしまいます。また、笑顔を意識していても、不意に話しかけられることで、笑顔を忘れてしまうのです。

例えば相手から、遊びの誘いを受けた時に、無表情で「その日は、予定があるので」と言われるのと、笑顔で「その日は、予定があるので」と言われるのでは、全く印象が違います。

時と場合にもよりますが、笑顔で相手と会話をすることが大切なのです。まずは、鏡を見ながら笑顔の練習を行うようにしましょう。

ある程度自然な笑顔が作れるようになったら、今度は人と会話をするときに、笑顔を意識してみてください。そうすることで相手が受ける印象ががらりと変わりますよ!

相手を会話の中で優位な立場にする

会話をする中で、自分が優位な立場になりたい。と思うことは、不思議なことではありません。誰でも、このような感情は、持っているのです。

しかし、優位な立場を、お互いが取ろうとすることで、コミュニケーションが上手く取れなくなってしまいます。
優位な立場に立ったからといって、コミュニケーションか上手く取れるわけではないのです。コミュニケーションを上手く取りたいという時には、まずは、相手を優位な立場に立たせるようにしましょう。

そうすることで、自分が優位な立場に立つことはできませんが、コミュニケーションを上手くとる、チャンスになるのです。
会話の中で優位な立場に立つというプライドを捨てる努力をしてみてください。自然とコミュニケーションを上手くとることができますよ!

質問上手になる

会話をする上で、自分が主役になることで、不快な思いをする人はいません。むしろ、多くの人が、会話の主役になりたいと思っているのです。

相手を会話の主役にすることで、簡単にコミュニケーションが取れるようになります。また、この時に、ただ聞いているだけでは、会話をしていても、楽しむことはできません。

相手を主役にして、楽しい会話をするためには、自分が質問上手になることが大切なのです。会話の中で、定期的に、質問をすることで、相手は、より楽しく自分の話をすることが、できるでしょう。
常に、質問をしてしまうと、「しつこい」「面倒臭い」と思われる可能性があるので、気をつけてくださいね。

いろいろな人と関わりを持って、質問をするタイミングなどを、身につけるようにしましょう。自分から会話をすることが苦手な場合には、「聞き上手の質問上手」になることを意識しましょう。

「なるほど」を上手に使う

会話の中で、何て返していいのかわからないこともありますよね。そんな時には、上手に「なるほど」を使うようにしてみてください。

あまり共感できないような会話や、自分に興味がない会話ほど、コミュニケーションが苦手な人は、どうしたら良いのかわからなくなってしまいます。
それでも、あからさまな態度をしてしまえば、相手を不快な思いにしてしまいます。「なるほど」を上手に使うことで、話に興味がなくても、相手に興味があることを伝えることができますよ。

人によって、意見や考え方はさまざまです。自分と違い意見や考え方だからと言って、あからさまな態度をしたり、薄い反応をしてはいけません。

「こんな意見があるのか」「こんな考え方があるのか」と面白いと思えるように捉えることも必要なのです。
ただ、会話の中で「なるほど」を乱用してしまうと、相手が不快になる可能性もあるので、乱用することは、やめましょう。

ネガティブな内容こそ、明るく

自虐ネタで相手の気を惹こうと考える人も、多いですよね。しかし、自虐ネタを暗い雰囲気で、話してしまうことで、相手がどんな反応をすればいいのかわからなくなってしまいます。

自虐ネタやネガティブな内容を話すときこそ、面白い可笑しく、明るいトーンで話すようにしてみてください。そうすることで、相手も反応しやすくなり、ギャップを感じてもらうことができますよ!

自虐ネタやネガティブな内容こそ、明るく元気に話すことが大切なのです。ただ、ネガティブな内容といっても、自分の話題だけにするようにしましょう。

ただし、他人のネガティブな内容を面白い可笑しく話してしまうと、相手に「酷い人」「人の不幸を笑う人」だと思われてしまう可能性があります。

相手の目をみて話をする

コミュニケーションが苦手な人は、相手の目を見て話すことが苦手です。いきなり、相手の目をみて話をすることができない可能性もあります。

しかし、相手の目をみて、話をしないと、相手から「本当に話を聞いているの」「自分と会話をする気があるの」と思われてしまいます。
まずは、少しでも相手の目を見る努力をしましょう。常に目を合わせている必要はありません。相手が自分を見た時に、軽く目を合わせて、頷くだけでいいのです。

定期的に、このような行為をすることで、「自分の話を真剣に聞いている」と感じてもらうことができますよ!

自分のペースでゆっくりと!

このように、コミュニケーションが苦手な人には、多くの共通点があります。『自分に当てはまっているな』と感じた場合には、自分では気がついていないだけで、コミュニケーションが苦手な場合があります。

また、上手にコミュニケーションが取れないことで、気がつかないうちに相手を不快にさせている可能性もあります。

まずは、苦手だという自覚をもって、自分にあった対策法を行うことが大切なのです。急に、コミュニケーションを上手く取ろうとしてと、空回りしてしまうこともあります。
自分のペースで、少しずつ変わっていけるように努力をしてみてくださいね!