コミュ障で仕事ができない…。職場の人と上手に関わる5つの方法や辞めたいと思った時の対処方法を紹介

「自分はコミュ障だから仕事ができない」「コミュ障で職場の人と上手くやっていけない」などの悩みを抱えている人もいるかと思います。コミュ障の人は仕事で上手くやっていけるコツを紹介します。生活にためにも、職場の人といい関係が築けるようになるといいかと思います。コミュ障だからといって仕事をあきらめる必要はありません。

そもそもコミュ障ってなに!?

コミュ障とはコミュニケーション障害の略

コミュ障という言葉を耳にしたことはありますか?コミュ障はコミュニケーション障害の略だと言われています。これは実際に存在する病気の1つです。主に幼少期や小児期、青年期に発病する心の障害となっています。インターネット上でよく耳にするコミュ障もこれにあたるのです。コミュ障になる原因はさまざまなだと言われています。

心的ショックなどの後天的な場合もあれば、先天的な脳の障害である場合もある為一口に語るのは難しい障害です。ただ、インターネット上で使われているコミュ障の意味がこれと同じですが、重い心の病ではなく、「他人との他愛もない会話を苦痛に感じる」「人と会話をすることが苦手」という人の事を指して使われることはほとんどです。

そのため、事務的なやりとりを行える人は多いと言われています。ただ、人とコミュニケーションをとることが苦手なため、「会話が弾まない」「他人と距離とる」などが原因となって周りの人との関係が上手くいかないこともあります。仕事ではコミュニケーションが大切になります。このためコミュ障である人は「仕事ができない」「仕事を辞めたい」などの悩みを抱えるのです。

コミュ障だからといって、仕事ができない訳ではありません。コミュ障の人が仕事を楽しくする方法や、辞めたいと思った時に考えるべきことを紹介します。コミュ障による仕事に対する悩みを抱えている人は参考にしてください。

コミュ障で仕事ができない…職場の人といい関係を築く5つの方法

話しかけなくてもいいからリアクションはする

コミュ障の人は仕事仲間といい関係を築く為に克服しようと頑張り過ぎてしまう傾向があります。しかし、無理に克服しようとすると不自然になって空回りすることが多いです。そうなれば、自分の自信を失う可能性もあります。コミュ障だからといって無理に克服する必要はありません。無理に話しかけるのではなく、話しかけられた時にしっかりと対応すればいいのです。

相手から話かけられた時に、リアクションが薄いと「話しかけてほしくないのかな」と思われます。また「嫌われている」と勘違いされれば、どんどん職場の人から話しかけられなくなります。ただ、リアクションをすればいいという訳ではありません。テレビのバラエティのようなリアクションは控えてください。

好感のあるリアクションをするようにすることが大切です。必要以上にテンションを上げたり、大げさなリアクションを取るのではなく、友達に話しかけられた時のようなリアクションを仕事仲間にもすればいいのです。しっかりとリアクションが取れるようになれば、自分から話しかけなくても仕事仲間と上手くやっていけると言われています。

笑顔を忘れないようにする

普段仕事をしている時に、自分はどんな表情をしていますか?「コミュ障で人と関わるのが苦手」と思うようになれば、自然に笑顔がなくなります。コミュ障で笑顔がない人には仕事仲間は好感を持てなくなります。常に笑顔の人と表情が暗い人では「笑顔の人」が好かれるようになります。

そのため「コミュ障だから仕事ができない」と考えるのではなく、「コミュ障だから笑顔を忘れない」という意識を持つことが大切です。常に笑顔でいるようになれば、自分の周りに自然に人が集まってくるようになります。人が集まってきたら、話しかけられた時にしっかりとリアクションを取ればいいのです。

コミュ障だからと常に暗い表情になれば、仕事仲間から「変な人」「関わりにくい人」という印象を持たれる可能性もあるので注意をしてください。仕事に対して「楽しい」と思えなくても、なるべく笑顔でいる回数を増やしていくことが大切です。人と関わる時には笑顔を大切に出来るといいかと思います。

誘いはなるべく断らないようにする

同僚や仕事仲間から「この後皆で飲みに行かない?」と誘われることもあります。この時にコミュ障である事が原因で多くの人は、誘いを断る傾向があります。しかし、せっかく仕事仲間が自分の事を誘ってくれたのに「断る」ようになれば次第に誘われなくなります。仲良くない人とはプライベートでは関わりたくないと感じている人もいるかと思います。

しかし、何度も誘いを断るようになると気が付いた時には職場で浮いている可能性もあります。自分から誘う必要はありません。複数の人が参加する食事や飲み会には誘われたら参加をしましょう。このときに仕事の人と2人きりでなければ、自分に過剰な負担がかかる心配もありません。その場でニコニコしていればいいのです。

また、誘われたときに参加するようになれば「コミュニケーションを取る意思はある」と感じてもらえるようになります。何度か職場の人とプライベートで関われば、仲良くなるきっかけが見つかる可能性もあるのです。どうしても断らないといけない時には「今日は予定があるのですいません。次回また誘ってください」という意思表示をすることも大切です。

一人ずつと仲良くなっていく

自分か後から職場に入るとある程度、仲の良いグループが出来ていることもあります。コミュ障の人はこのいくつかのグループに入っていくことが出来ません。これが理由で「コミュ障だから仕事を辞めたい」と思う可能性もあります。いきなり多くの人と仲良くなる必要はありません。グループを意識するのではなく、個人を意識してください。

この人となら仲良くなれそうと感じた人と仲良くする努力をしましょう。いきなり大人数の人とコミュニケーションを取れば自分の負担になります。しかし、相手が一人であればそれほど負担を感じなくなるのです。一人に狙いを定めて仲良くなる方法で、職場の人と徐々に仲良くなることが大切です。

とにかく自分の仕事に専念する

コミュ障で仕事ができない人であれば、最悪な印象を持たれる可能性もあります。コミュ障である場合には、まず自分の仕事が完璧に出来るようになることが大切です。そのためひたすら仕事を頑張るようにしてください。仕事で評価されるようになれば、後からコミュニケーションを自然に取れるようになると言われています。

この時に「自分が頑張る」のではなく「頑張っていることがわかる」ことが大切です。周りの人に「自分はこんなに仕事を頑張っているアピール」をするのが大事です。仕事に関して何か言われた時には、その場でメモを取りましょう。仕事を行う上でメモを取る人は熱心だと思われる傾向があります。

「人の仕事までやってあげる」「休憩時間まで仕事をしている」「残業を積極的にやる」となると嫌味な感じがするので、この3点には注意をしてください。あくまでも自分の仕事を時間内に終わらせることが大切です。残業ばかりすれば「仕事ができない人」だと思われることもあります。

コミュ障の人が仕事辞めたいと思った時の対処方法

本当に辞めるべきなのかを考える

コミュ障だから今の仕事辞めたいと思う人もいるかと思います。しかし、その場の勢いで仕事を辞めるとなると後々自分にとってマイナスな状況になる可能性もあります。まず「何故仕事を辞めたいのか」「辞めた後に何をするべきなのか」をしっかりと考えるようにしましょう。

また仕事は決して楽しいものではありません。コミュ障でない人も「仕事辞めたい」という気持ちを常に抱えていると言われています。「仕事が辛いから」「周りの人と上手くいかないから」という理由で転職を考える人も少なくないのです。何故仕事に対して面倒くさいという気持ちが芽生えるのでしょうか?

これは仕事は基本的に「人がやりたがらない作業をお金を貰ってやる」という仕組みになっているからです。遊んでお金を手に入れることが出来れば誰も苦労はしません。「仕事=辛い・面倒くさい」という考えを持つことも必要だと言われています。

コミュ障だから仕事辞めたいと思っている人もいますが、コミュ障特有の考えではないことを忘れないでください。誰しもが「辞めたい」気持ちを持っていると考えれば、ある程度自分の気持ちを楽にできるかと思います。

好きで得意な仕事を見つける

コミュ障の人は基本的に他人と関わることが苦手です。そのため、敢えて営業職などの人と頻繁に関わる仕事を行えば、毎日負担を感じる可能性もあります。仕事を行う上で自分を楽にする方法としては「好きで得意な職種を選ぶ」ことが大切です。人間には誰しもが得意なことや不得意なことがあります。敢えて不得意な事を選べば、辛い気持ちは大きくなります。

「好きで得意な仕事」を見つければ、比較的楽しい気持ちで仕事ができると言われています。例えば「料理が得意ならコックさん」「運転が得意ならタクシーの運転手」「掃除が得意なら清掃員」ということです。まず、自分は何が好きなのか、何が得意なのかをしっかりと考えるようにしましょう。焦って仕事を見つければ何度も「コミュ障だから仕事辞めたい」と思うようになります。

コミュ障の女におすすめの4つの仕事

コミュ障の女が楽な気持ちで出来る仕事って?

コミュ障の女は基本的に「コミュニケーションが取れない」という理由で仕事をクビになったり採用されなくなる可能性もあります。また、仕事を始めたけど負担が大きくて辞めたいと思うこともあります。コミュ障の女におすすめの4つの仕事を参考にして自分に合う仕事を探すようにしてください。

「スーパーのレジ打ち」
スーパーのレジ打ちは近年、人手不足だと言われています。そのため多少コミュ障でも雇ってもらえる可能性が高いのです。また、近所ではなく自宅から少し離れた場所であれば知り合いに遭遇する確率も低いです。仕事内容としてもお客さんと必要以上の会話をする必要がないため、負担になることもありません。

「清掃員」
清掃員は決められた場所の掃除をする仕事です。多くの場合には任された場所を一人で掃除することが多いと言われています。そのため近年では、多くのコミュ障の女の仕事の場になっているそうです。またおばさんばかりの印象もありますが、多くのコミュ障の女が働いているので深い会話をする必要がない仕事だと判断することが出来ます。

「工場勤務」
工場での仕事は基本的に決められた作業をひたすらこなすことが多いです。そのため仕事中に必要以上に人と関わる必要もないのです。また、基本的に一人が好きな人が工場で働いていることも多いので休憩時間に周りの人と食事をすることも少ないと言われています。

「ピザの宅配」
バイクの免許を持っている場合にはピザなどのデリバリーで働くことも出来ます。この仕事は基本的に用意されているものをお客さんの家にバイクで届ける仕事です。そのため仕事中のほとんどがバイクを一人で運転している時間になります。そのためコミュ障の女に近年人気の仕事だと言われています。

コミュ障に向いている仕事って何だろう…

コミュ障でも頑張れば仕事で正社員になれる!

中にはコミュ障だから正社員になれないと思い込んでいる人もいるかと思います。しかし、実際にコミュ障でも正社員になっている人がたくさんいます。コミュ障でも正社員になれるおすすめの職種は「清掃系の仕事」「工場系の仕事」「開発系の仕事」だと言われています。

このような仕事は人と関わる機会が少ないため、正社員になれる可能性も高いのです。また、コミュ障の人の中にはコミュ障を克服して仕事の幅を広げている人もいます。いきなりコミュ障を克服することは出来ません。自分なりに徐々に克服出来るように努力することが大切です。

コミュ障は克服できるものだと言われています。積極的に他人と関わるようにして、人とコミュニケーションを上手に取る練習をしてみてください。コミュ障だからといって、人と関わることを諦める必要などないのです。

まとめ

コミュ障が原因で仕事をクビになるって本当!?
このようにコミュ障の人は「コミュ障だから」という理由で「仕事ができない」「仕事辞めたい」などの気持ちを抱えるようになることが多いです。ただ、仕事は決して楽なものではありません。自分に合った仕事を選んで、なるべく人と上手に関われるように意識しましょう。コミュ障でも毎日仕事を頑張っている人はたくさんいます。

また、コミュ障で職場の人との関係が上手く築けなくなると「仕事ができない人」としてクビになることもあります。仕事を行う上で支障が出ないように、ある程度仕事仲間とはコミュニケーションを取れるようにすることも大切です。