タバコが口臭を悪化させる原因だった!?口臭の原因と対策と禁煙後の口臭対策まで徹底解説!

タバコを吸うことで口臭になるって知っていますか?歯が黄色くなったり、歯周病になる可能性だってある、禁煙してもすぐに止まらないことは、ご存知でしょうか。コーヒーを飲んだら最悪のコンビネーションです。タバコもコーヒーも嗜好品、そんな簡単に止めれるもんじゃない。タバコと口臭の関係を紹介し、禁煙せずとも口臭対策をする方法について説明します。

タバコと口臭の関係

タバコを吸っていて家族や友人に口臭がするって注意された方、または、家族などに口臭を注意したことがある方、結構いるのではないでしょうか。あるいは、はっきり言えずに口臭に悩んでいる方もいるかもしれません。

禁煙することは確かに難しいことです。でも、タバコを吸うことで口臭がする確率は高くなると言われています。また、タバコを吸うことで、歯が黄色くなったり、歯周病になったりといろんな症状が起きるとも言われています。

これから、タバコと口臭の関係を紹介するとともに、その対処方法について説明していきたいと思います。

口臭を悪化させる原因

タール

タバコによる口臭の原因として、まず考えられるのはタールです。一般的に「ヤニ」と呼ばれている成分です。植物の加熱で発生する成分で、強い悪臭を放ちます。タールは、タバコの煙に小さな粒子として含まれ、口の中だけでなく、髪や衣服に付着し、強い臭いを発します。

喫煙者が同じような臭いがすると感じたことがあるかもしれません。これは口の中だけでなく、髪や衣服に付着したタールが原因での臭いであることが多いようです。

口の中においては、舌や歯、歯垢、歯石などに付着して口の中の汚れとして口臭の原因になると考えららえています。また、タールは口の中だけでなく、体内の胃や肺などの器官にも付着し、健康を害す可能性がある危険な成分です。

ニコチン

ニコチンは、体内の血圧を上昇させ、口の中の血液循環を悪くする作用があります。血液循環が悪くなると、口の中の唾液の分泌量が低下します。唾液は、口の中に歯垢などの汚れが付くのを防ぐ殺菌作用があります。唾液が低下するとこの殺菌作用が低下し、細菌が増加し、口臭の原因となる物質を放つと考えららえています。

また、ニコチンは、日本においては毒物および劇物取締法に毒物として指定されている物質で、唾液分泌の低下以外にも、依存性を示します。タバコを喫煙してなかなか止められない人がいるのはこのためと考えられています。

一酸化炭素

一酸化炭素は、赤血球内のヘモグロビンと結合して、酸素の運搬の邪魔をします。その結果、体内の酸素不足を引きを起こすことで、口の中の酸素濃度も低下し、ドライマウス(口の中が乾燥した状態)の原因となり、口臭を引き起こすと考えられています。

また、ドライマウスは口臭の原因だけでなく、歯周病を引き起こすとも考えれていますので気をつけましょう。

唾液分泌量の低下

唾液分泌量が低下することにより様々な影響があります。何故なら唾液には殺菌能力があり唾液には様々な有効物質が含まれているからです。
代表的な物質は…リゾチーム、ラクトフェリン

リゾチームは、細菌の細胞膜を壊すことで、細菌の増殖を抑えてくれる酵素です。ラクトフェリンは、糖タンパク質の一種で、細菌やウィルスに付着してその増殖を抑えてくれる物質です。

この他にも、唾液の中には抗菌作用を持つ物質が7種類以上含まれていることが分かっています。
よく、動物や小さな子どもはかすり傷を舐めたりしますが、それは、本能的に唾液には殺菌作用があることを分かっているからかもしれません。

タバコの口臭対策

口をゆすぐ

タバコの口臭対策として、まず考えられるのが口をゆすぐことです。会社などで喫煙室から出てきた社員がトイレに行き、うがいを行っているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。この方は、口臭対策の第一歩としての適切な処置を行っていると考えられるでしょう。

タバコを吸った直後は、タールも口の中に完全には付着していないと考えられています。つまり、喫煙後、すぐに口をゆすぐことで大部分のタールの付着を防ぐことができる可能性ああります。

タバコの口臭対策の第一歩としては、まず、喫煙後に口をゆすぐことが望ましでしょう。また、水道やトイレなどが近くにないときは、市販のマウスウォッシュなどで口の中を潤すことでタールの付着を防止することが望ましいでしょう。マウスウォッシュなどを持っていない場合にはお茶などで口をゆすいでから飲むという方法でも防止することが可能だと言われています。

水分を補給する

水分補給は、ニコチンにより唾液の分泌量が低下した口の中を潤すのに効果的であると考えられます。口の中が水分で潤うことで、低下していた唾液の分泌も促進され、唾液の殺菌力で、口臭のもととなる細菌の増殖を抑えることができると思われます。

ただし、補給する水分は、お茶か糖分の含まれていない飲料が望ましいでしょう。糖分は、虫歯の原因にもなる可能性があります。虫歯ができると口臭がきつくなってしまう可能性がありますので糖分の含まれているジュースなどは控える方が望ましいでしょう。

深呼吸をする

深呼吸って意味あるの、と思った方もいるかもしれませんが、これはメカニズムの問題であり、口臭対策として、深呼吸は十分意味があると考えられています。タバコを吸った後10分くらいは肺の中にタバコの煙成分が残っていると言われています。

つまり、タバコを吸ってから10分間に吐く息の中にはタバコの臭いが残ってしまうという可能性があります。そこでタバコを吸ってから、しばらく深呼吸を繰り返すことで肺の中に残っている煙成分を除去することができると考えられています。

ガムをかむ

一般的な口臭予防ですでに行っている方も多いのではないかと思われる、ガムをかむこともタバコの口臭対策として、効果があると考えられています。

ガムをかむと唾液の分泌量が増えます。これによってニコチンによって低下した唾液の分泌量を改善する効果があると考えられます。また、ガム自体の香りによって口臭を予防する効果も合わせてある可能性があります。

ただし、あまりに臭いの強いガムですとタバコの臭いとの相乗効果で口臭がより強い臭いになってしまう可能性があるとも言われていますので、ガムの臭いは適度なものを選ぶことが望ましいでしょう。

現在、口臭外来の口臭測定器でも効果があるとされている「ブレスコントロールガム」というガムあります。非常に硬いガムですが、一般的なガムと比べるとかむたびに唾液が多めにでて、より多くの殺菌効果があると言われていますので、このガムをかむことでより口臭予防につながる可能性があります。

コーヒーを飲まない

以外と知られていないことなのですが、コーヒーを飲むと口臭が発生する可能性があると言われています。これは、コーヒーにはコーヒー豆の粒子が入っていてコーヒーを飲むことによって、口の中にこの粒子が付着して、タールの時と同じように臭いの原因となってしまうと言われています。

また、コーヒーは酸味の強いものであり、一般的に酸性の液体です。つまり、コーヒーを飲むと口の中が酸性になります。口の中が酸性になってしまうと、唾液の分泌が抑制されると言われており、結果的に、ニコチンによる作用と同じように、唾液による口の中の殺菌作用が減少し、口臭の原因となると考えられています。

つまり、タバコとコーヒーのミックスは、口臭としては最悪のコンビネーションであると考えられています。もしも、口臭予防としてコーヒーを飲んでいるとしたら逆効果であると考えられるので控えることが望ましいでしょう。

コーヒーをどうしても飲みたい人は、コーヒーを飲んだ後に水を飲むことで、コーヒーによる口の中の酸性化、乾燥化を少しは和らげることができる可能性があります。

吸い方を変える

タバコの口臭対策は、吸った後だけではありません。タバコを吸わないことが、最高の口臭対策ですが、タバコを吸いたいのであれば、吸い方を変えることで、口臭対策につながる可能性のある方法があると言われています。

その方法は、タバコを吸うときに、口の中だけで煙を吸う方法です。タバコを吸うときは、気道を通して煙を吸わないようにします。つまり、タバコを口から吸ったら、煙を口の中に貯めた状態のままにすることです。空気は鼻から吸うことで苦しくなることはありません。

この吸い方をすることで、その後の口臭の強さが減少されると言われています。また、タバコを吸った後に水分補給を必ずすることでさらに口臭予防になると考えられています。

舌をみがく

舌は口の中で大きな面積を占めています。タバコを吸うとこの舌の表面にタールが付着し、口臭の原因になっていますので、舌をみがくことはタバコの口臭対策としては大変有効であると考えられます。

舌をみがく際には、歯ブラシなどでゴシゴシみがくのではなく、市販の舌専用クリーナーを購入してみがきましょう。舌には、表面に味を感じる味蕾という器官がたくさんあります。これを、ゴシゴシみがくことで傷つけてしまうと味を感じなくなる可能背がありますので、なるべく市販の舌専用クリーナーを使用することが望ましいです。

歯磨きを徹底する

舌みがきが、口臭対策なのですから、もちろん、歯磨きも口臭対策の1つです。むしろ、日々の歯磨きこそが口臭対策の基本中の基本と考えられています。

タバコを吸った後に歯磨きをすることで口の中に付着したタールなどを除去することができます。歯磨きの方法としては、歯の表面だけでなく、タールが付着しやすい歯と歯茎の間の部分を徹底的にみがくことが重要であると言われています。歯ブラシだけではなく、デンタルブロスなどを使って隙間をみがくことがより効果があると考えられています。

歯磨き粉も口臭予防に効果的なものを選ぶことが大事であると言われています。市販のヤニ取り専用歯磨き粉を使うと、一般的な歯磨き粉と比べるとタールなどを除去することができると言われています。

もし、歯磨きによってタールなどの除去が不完全だと考えられる場合には歯科医師に相談することが望ましいでしょう。また、歯医者でもタールの除去などの歯のクリーニングを行うことができます。

歯医者に行く

舌みがき、歯磨きによるタールの除去が不十分だと感じたならば、歯医者に行って、専門的なクリーニングを行うことが望ましいでしょう。また、タールの付着を放っておくと、口臭だけでなく、歯周病になる可能も考えられます。タバコを吸うと以下の理由で歯周病になる可能性が高まると言われています。

・タールの付着により歯垢や歯石がつきやすい
・唾液の分泌抑制により歯の再石灰化が行われにくい
・ニコチンによる血管収縮で酸素などの供給が不十分
・喫煙によるビタミンCの消費

タバコの口臭対策で気になった場合には、口臭対策だけでなく歯周病の心配もありますので歯科医師に相談することが望ましいでしょう

禁煙する

タバコの口臭対策の最後の方法として、あげられるのが禁煙です。しかし、勘違いをしてはいけないのは、禁煙したからといっても、いきなり口臭がなくなるわけではありません。当然口の中のタールの付着、喫煙時の吸い方、喫煙後の対策によって、口臭がどれだけ残るかは変わってくると考えられています。

つまり、禁煙後の口臭の消失のためにも、喫煙時から口臭対策を続けていくことが望ましいでしょう。

禁煙後の口臭について

タバコの口臭はどれくらい続く?

禁煙後の口臭の持続は、一般的に5〜10日くらいと言われています。もちろん、この日数は、喫煙時のタバコの吸い方、喫煙後の口臭対策をどれだけ実施していたかで変わってきます。

これまでにあげてきたタバコの口臭対策をすべて適切に実施していれば、禁煙後の口臭の持続を、1〜2日くらいまでに減少させる可能性があると言われています。

禁煙後の口臭の原因

禁煙したからといって、いきなり口臭がなくなるわけではありません。禁煙後も口臭対策と同じように口の中のケアをすることは必要であると考えられています。口臭対策しているにもかかわらず何ヶ月たっても口臭が消えないのであれば、それは歯周病等の原因が考えられますので歯科医師に相談することが望ましいでしょう。

主な口臭の原因としては、喫煙により歯についた黄ばみ・ヤニが残っている場合と、歯周病が考えられます。いずれの場合も、歯科医師に相談することが望ましいでしょう。

禁煙後の口臭の改善方法

黄ばみや・ヤニが残っている場合の改善方法としては、市販のホワイトニングケア商品で汚れを落とすことができる言われていますが、使用の判断に迷う場合には、歯医者に行って、専門の機械で除去してもらうことが望ましいでしょう。

歯周病の場合の改善方法としては、歯周病の段階に応じた処置が行われます。歯周病が軽い場合には、抗生物質が処方されますので、それを適切に服用することで症状が改善されると考えられます。歯周病が重い場合には、手術により抜歯等の処置が行われる可能性があります。

いずれの場合においても、この段階になる前に適切な口臭対策を行っていくことが必要であると考えられます。

まとめ

最近では、タバコを吸っている人が減ってきていると言われています。逆に言うと、タバコの臭いに敏感な人が増えてきていると捉えることもできるかもしれません。

もし、禁煙をしないのであれば、周りから嫌がられずにタバコを吸うためにも、今回あげた口臭対策を適切に実施することが望ましいでしょう。また、タバコを吸わない方は、周りのタバコを吸う人に口臭対策を教えてあげることで、みんなが気持ち良い空気を吸える空間が生まれるのではないでしょうか。

喫煙は口臭だけでなく、歯周病などの症状になる場合もあります。タバコを吸う人は、今回の知識を実践し、周りや自分自身のために役立てていってほしいと思います。