【彼氏が欲しい】と思っている女性におすすめの出会いの場所

「彼氏がほしい」ずっとそう願っているのに、いつまで経っても彼氏ができないとお嘆きのあなた。もしかしたら男性と出会える場が少ないという環境にいたりはしませんか?彼氏を作るためには、まずは「出会い」が必要です。出会いの場を広げれば、それだけチャンスも増えます!その方法を提案しますので、ぜひ行動に移してみてください。

出会いのある場へ出かけよう!

出会いの場のひとつとしていちばんに挙げられるのは職場ですが、そもそも職場にいい人がいないから彼氏がいないのかもしれません。では、職場以外で出会える場にはどんなところがあるのでしょうか。ご紹介しますので「ピン♪」と来たところに、どんどん足を運んでみましょう。

「気になる人はいるんだけど、彼氏とまではいかないのよね」というあなたは、次章の「自分をチェックして磨こう」へお進みください。もちろん、ここを読んで新しい出会いの可能性を探ることも大歓迎です。

出会いがない社会人に教えたいきっかけを作る場所と彼氏彼女を作る方法

1.スポーツクラブやジム


女性専用のフィットネスクラブもはやっていますがそれでは男性との出会いの場にはなりません。ダイエットやシェイプアップが目的ではないので、男性会員もいるクラブやジムに足を運んでみましょう。法人会員になっている企業にお勤めであれば、従業員向けの割引サービスが利用できるのでお得です。

クラブやジムは会員制で運営しているのでメンバーがほぼ決まっていますし、曜日によって固定されているプログラムもありますから、同じ曜日の同じ時間帯に通い続けているうちに顔見知りができるチャンスは大です。曜日や時間帯によっては、主婦が多い、会社帰りのビジネスマンが多いなどの特徴があるはずですから、時々、通う曜日や時間帯を変えて、訪れる人の傾向をつかむとよいと思います。

顔見知りになれば、話すきっかけもつかみやすくなりますよね。知っていても知らないふりをして、トレーニング機器の使い方などを尋ねてみてもよいのではないでしょうか。やがて曜日と時間を合わせて「一緒にトレーニング」ということになれば、身も心もピカピカになりそうです。

2.コンサートやライブ


音楽が好きなら、コンサートやライブに出かけてみてはいかがでしょうか。その場合、東京ドームのような大きな会場ではなく、街中の小さなライブハウスをおすすめします。なぜかというと、小さなライブハウスは観客同士の距離が近いからです。キャパシティや入場者数によっては、その場の全員と顔見知りになれてしまうこともあります。

男性客が多いのは、傾向としては、女性アーティストやジャズやロック、ブルースなどのバンド系ライブでしょうか。ひとりで出向くのは最初はちょっと勇気がいるかもしれませんが、「おひとりさま」がブームになったこともあり、意外とひとりで来ている人も多いもの。開演前に見知らぬ同士が、出演アーティストについて情報交換をする場面もよく見かけます。何よりも「音楽が好き」という共通項が、観客同士を身近なものにしてくれます。

実際、たまたま席が隣同士になった縁で結婚したというカップルも筆者の知り合いにはいるんですよ。音楽の縁も捨てたものではありません。

3.スポーツ観戦


音楽を聴くよりもスポーツを見るほうが好きというのであれば、スポーツ観戦もおすすめです。サッカー、野球、ラグビーなど、男性客が多いスポーツの試合にレッツゴー! ルールがわからなくても、場の雰囲気を楽しむ気持ちがあれば大丈夫。実際、競技場に足を運んでみるとわかりますが、例えばサッカーなら「サッカー好きのサッカー通」がわんさかいます。選手のプロフィールなどにも詳しくて、頼まなくても解説してくれる人もいるくらい。

またスポーツの応援は、ごひいきチームの勝利に向けて周囲の観客の気持ちがひとつになりますから、気がつくと見知らぬ同士が手を取り合って声援を送っていたなんていうこともけっこうあるんですよ。

席を選ぶ際は、指定席だと場所を変えることができないので自由席へどうぞ。プロの試合ばかりではなく、学生スポーツの試合も、意外とマニアが多く集まるのでおすすめです。

4.習い事


男性が多そうな習い事といえば、スポーツならゴルフ、テニスあたりでしょうか。スポーツ以外では、英会話、ギターやドラムなどの楽器、カメラ、美術なども考えられますね。最近は、習い事の種類も豊富ですし、大人をターゲットにしたレッスンもたくさんありますから、「彼氏がほしい」ずっとそう願っているのに、いつまで経っても彼氏ができないとお嘆きのあなた。もしかしたら男性と出会える場が少ないという環境にいたりはしませんか?彼氏を作るためには、まずは「出会い」が必要です。出会いの場を広げれば、それだけチャンスも増えます!その方法を提案しますので、ぜひ行動に移してみてください。

5.サークル活動


習い事に通うよりも、もう少しゆるやかな気持ちで参加でき、費用もあまりかからずにすむのが、サークル活動です。まずは身近な所で活動しているサークルを探さなければなりませんが、ジョギングやランニング、ヨガなど、ネットで検索すると意外といろいろ出てきます。

ここのところ各地で開催されている「朝活」に参加するのも、いいかもしれません。朝、出勤前の時間帯を利用しての異業種交流ですから、出会いの場としては、もってこいではないでしょうか。発起人がテーマや場所を決めて参加者を募るというスタイルで活動をすることが多いので、自宅や勤務先の近くで何か開催されていないか、ネットなどで調べてみてください。参加したことのある人が身近にいれば、連れて行ってもらってもいいですよね。

朝活の活動は、カフェに集まっての読書会や勉強会のほか、街コンや合コン、婚活など多種多様です。街コン、合コン、婚活であれば、参加者の目的が一致しているので「彼氏がほしい」と思っている人の出会いの場としては最適ともいえそうです。いずれにしても参加者同士が交流することは確かなので、外見だけではなく、人柄もつかみやすいと思います。

サークル活動であれば、自分で始めてもいいのです。最初は友人・知人に協力をしてもらい、徐々に参加者の輪を広げていけば、その中にも出会いがあるかもしれません。

6.ボランティア活動

ボランティア活動は基本的には無償なので、「社会や主催者の役に立ちたい」など、参加する人の価値観がほぼ一致しています。ですから、出会うだけではなく、その先のコミュニケーションを取りやすいといえそうです。もちろん頼まれた業務をきちんとこなすことが第一なので、男性のおしりばかり追いかけていたのではひんしゅくを買いますが、出会える場の選択肢として念頭に置いておくとよいと思います。

ボランティアの募集は、市の広報紙のほか、ちらしや貼り紙、ネットなど、アンテナを張っていると意外と目につきますので、興味があるようでしたら、ぜひ。

7.ネットやSNSで知り合う


ネットも生活の一部となった今、ネットで知り合うことも当たり前になってきました。出会い系サイトなど、利用する際には注意をしなければならない面もありますが、自分の趣味や興味で参加できるSNSで知り合いの輪を広げることもひとつの方法です。特に、面と向かって人と話すよりも、文字でやり取りしたほうがリラックスできるし得意という人にとっては、SNSの利用価値は大きいといえそうです。

SNSのやり取りで気心が知れてくると、実際に対面する「オフ会」といった企画も出てくることでしょう。ここで思い切って足を運べば、バーチャルの出会いが現実の出会いになります。楽しければ継続して参加すればよいし、雰囲気がいまひとつだと感じたら以降は参加しなければよいわけですから、チャンスは逃さないようにしてくださいね。

出会い系サイトやアプリ初心者におすすめする評判超えの人気サイト【2017年12月版】

8.友人からの紹介


これは具体的に出向く場所の提案ではありませんが、友だちや知り合いに「彼氏がほしいから、いい人がいたら紹介してね」と頼んでおくことも、出会いを広げるためには大切なことですし、有効です。ある程度の年齢になっている人の場合「息子にいい人を探しているんだけど」「部下の○○くんに、だれかいい人、いないかな」といったことを胸に秘めていることもよくあるので、失礼のない範囲で目上の人にもさりげなく要望を伝えておくといいかもしれません。

また、男性ばかりあるいは男性が多い職場は、職場全体で出会いを求めていることもあります。人脈を駆使して当たってみてはどうでしょうか。

とにかく外へ!

ここまでは具体的に出会いを広げられそうな場をお伝えしてきましたが、本当のところ、出会いはどこにあるかわかりません。たまたま電車で隣に座った人、食事に入ったレストランで応対してくれたボーイさん、デパートで相談にのってくれた店員さん、道案内をしてくれた交番のお巡りさんだって、可能性がゼロとは言えないのです。家にこもっていては、出会いはありませんから、たとえ用事がなくても外に出てみましょう!

その際に大切なことは、自分の心をオープンにしておくこと。これは「どんな人にでも話しかけ、どんな人でも受け入れろ」ということではありません。外に出たら、あらゆる所に出会いの可能性があることを心の中に留めておこうということです。

幼いころに言われた「知らない人に声をかけられてもついていってはいけない」ではありませんが、警戒ばかりしていては、出会いはやってきません。どんなことにもステップがありますから、まずは「顔見知りを増やそう」と考えて外に出てみたらよいかもしれませんね。

自分をチェックして磨こう

あなたは、どんな彼氏がほしいですか? 話題が豊富でおもしろくて、面倒見がよくて優しくて…きっと、あなたなりの理想がありますよね。とてもいいことだと思います。

ですが、相手にだけ理想を求めていて「わが身のことは知りませ~ん」では、たとえ出会いがあってもそれっきりになってしまいそうです。魅力的な相手に出会ったときに、相手からも魅力的と思ってもらえるように自分をチェックして磨いておきましょう。

身だしなみは大丈夫?

f:id:ffgai:20170122185729j:plain
ファッションは、センスや好みがあるので一概に「こうしよう」とは言えないのですが、少なくとも次のことには気をつけるようにしましょう。

服にシミやよごれは、ついていない?
どんなに高価な服でも、シミやよごれがついた服を着たのでは、自分を磨く以前の問題になってしまいます。

・服の色は褪せていない?
お気に入りで長く着た服ほど、色も褪せがちに。特に濃い色の服の色褪せは目立ちます。服の入れ替えの時期には、チェックをしておきましょう。

・裾などのほつれは、ない?
特にスカートやワンピースの裾は、要注意。ちょっとしたほつれが気づかないうちに広がってしまいます。ボタンは取れていないか、プラプラしているボタンはないかもチェックしてください

・シワシワしていない?
服のシワは、その人をだらしなく見せます。せっかくアイロンをかけても、しまい方が雑だとタンスの中でシワになってしまうので、気をつけてくださいね。

・靴やバッグはきれい?
意外と目立つのが靴やバッグの汚れや型崩れ。靴に雨の日の泥がはねたままなんて、いただけません。バッグも、ふと気づいたら皮が傷んでいたということもよくあるので、気をつけて。

言葉遣いは大丈夫?

身だしなみは整っているけれど「内面にガッカリ…」などと思われることのないように、言葉遣いには気をつけましょう。実は言葉遣いは、ふだんから気をつけていないと思わぬところでボロが出てしまうもの。発した言葉は取り返すことができませんから、注意が必要です。

品のない言葉遣いや流行に乗った言葉遣いがかっこいいと思っている方もいるかもしれませんが、男性側からするとそれはNG。無理をして上品な言葉を使う必要はありませんが、配慮のないしゃべり方をしていたのでは、せっかくの出会いも残念な結果になりかねません。

笑顔は大丈夫?

笑顔がステキな人は、異性・同性を問わず、だれにでも好かれます。ちょっとくらい顔の造りがイマイチでも、いつもニコニコしている人の周りには、自然と人が集まってきます。考えてみると、私たちだってニコリともしない男性には近寄りがたいですよね。笑顔があれば「話しかけてみようかな」とも思えます

笑顔の魅力は全世界共通です。しかも、笑顔になれない人はいません。笑顔は、だれもが持っている出会いを広げるアイテムともいえます。笑顔を作ることが苦手な人は、ぜひ鏡の前で練習してみましょう。練習して、自分の笑顔の作り方を顔に覚えさせてしまうのです。やがて、いつも自然な笑顔でいられるようになりますよ。

内面は大丈夫?

f:id:ffgai:20170122185743j:plain
例えば、話題が豊富な人とそうでない人がいたら、話題が豊富な人とのほうが会話も弾みますし、絶対に楽しいですよね。

話題が豊富な人は、知的好奇心のアンテナを常に張り巡らせています。そして、本を読んだり、音楽を聴いたり、趣味を楽しんだりしながら、知的好奇心を満たしていきます。いろいろな経験を楽しむから自分の世界が広がり、たくさんの引き出しを自分の中に持つことができます。それが、豊かな話題を提供できる内面を磨くことにつながるのです。

例えば朝活で知り合った男性に「○○って、知ってる?」と聞かれたとしましょう。そのときに「知ってる! 私も興味があるの」と答えることができたら、きっと相手はあなたに注目してくれるでしょう。

読書、音楽、映画、観劇、スポーツ、料理、手芸、園芸などなど、興味のある自分の世界を広げることはもちろんのこと、興味のない世界ものぞきながら、どんどん内面を磨いてくださいね。

彼氏がほしいなら気をつけたいこと5つ

彼氏がほしいのにできない裏には、こんな理由もひそんでいるかもしれません。思い当たることがある場合は、気をつけてみてくださいね。自分では気づかないこともあるかもしれないので、仲の良い友だちに尋ねてみてもよいでしょう。

ほしがりすぎてはいない?

言葉には出さずとも、思いっきり前のめりで「彼氏がほしい!」という態度が出てしまってはいないでしょうか。それが素直な気持ちではあるのだけれど、あまりにも物ほしがる態度は、敬遠されてしまいます。また、そういう態度は女性からも厳しい目で見られます。その厳しい目を男性も察知して、どんどん自分が浮いた存在になってしまう可能性すらあります。それでは悲しすぎますよね。

「彼氏がほしい」という気持ちは大切に、でも、その気持ちはあまり表に出さないようにして「まずはお友だちから」くらいの気軽な雰囲気を漂わせていたほうが、いい出会いに恵まれます。ふだんの自分の態度がどうなのか、ちょっと振り返ってみてくださいね。

何でも上手すぎない?

仕事はバリバリ、英語もペラペラ、テニスの腕も上級クラスで料理も抜群、もしかしたらあなたはそんなふうに「何でも上手」な女性だったりするでしょうか。だとしたら、男性にとっては近寄りがたい存在かもしれません。

何でも上手にこなせることは決して悪いことではないのに、動物の本能としては、男性は女性を守ってあげたいんですね。それなのに「この人、守る必要ないわ」では、彼氏のできる道が遠のいてしまいます。

きっとあなたにも、ドジな面や上手にできないことがあるはず。そういう面も見せると「意外とかわいいところもある」と、親近感を持ってもらえるのではないでしょうか。

理想が高すぎない?

例えば、年収・身長・学歴などの理想が高すぎるがゆえに、彼氏ができないという可能性はないでしょうか? もちろん理想を持つことはよいことですし、わざわざ趣味に合わない男性を彼氏にすることもありません。でも、理想ばかり追い求めていても、白馬に乗った王子様は登場しないのも現

理想は理想として、知り合いの輪を広げるようにしていきましょう。そして、知り合った人の人間性にぜひ目を向けてみてください。必ずステキな人がいます。さらにその人が、自分の理想に近ければ最高ではありませんか?

自分を卑下していない?

彼氏はほしいけど、私なんて頭がいいわけでもないし、顔もどうってことないし、こんな私が話しかけたってだれも相手にしてくれるわけないんだわ――などと、自分を卑下してはいませんか? 決して卑下する必要はないのに、自分で自分をおとしめていたりしません

男性、女性に限らず、つき合うならだれだって魅力ある人のほうがいいですよね。「オレ、ダメ人間なんだよね。顔も不細工だしさ」なんて本気で言う人を彼氏にしたいでしょうか。

持って生まれた顔は、整形手術でもしない限りどうすることもできません。でも、メイクやファッションで自分らしさをアピールすることはできますし、先ほどもお話したように、笑顔があれば魅力は倍増です。さらに自分の世界を広げれば、人間性も磨かれます

人と比べると、自分に自信がなくなります。人と比べず、今の自分を大事にすることを心がけていきましょう。

努力を怠っていない?

ありのままの自分を見てもらうことは、必要なことかもしれません。ですが、それを言い訳にして努力を怠っているということはありませんか?

外見や内面に気を使うことは、彼氏がほしいか否かに限らず、人間関係を広め維持するうえでもとても大切なことです。社会人としてのマナーのひとつともいえます。そのマナーができていないのであれば、彼氏を作るのはちょっと厳しいかもしれません。

先ほどお伝えしたように、自分を磨くことは今日からすぐにできることばかりですし、意外と楽しいものです。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

まとめ

f:id:ffgai:20170122185759j:plain
彼氏を作るためには、まず出会うことです。そのために、次の3つを心がけましょう。

  • 積極的に出会いのある場所へ出かけていきましょう。
  • 自分を磨きましょう。男性側からも注目される存在になれば、彼氏ができる確率もぐんと高まります。
  • 態度を見直してみましょう。思わず知らず、男性にドン引きされるような振る舞いをしているかもしれません

ほしがるだけでなく、自分も磨きながら出会いの幅を広げていってくださいね。そうすればきっと、ステキな彼氏が見つかるはずです

その場合、個人レッスンではなくグループレッスンを選んだほうが、当然のことながら出会いの可能性は広がります。

グループレッスンのよさは、レッスンで苦楽を共にすることもありますが、発表会や展示会などのイベントがあれば、その準備の時間も一緒に過ごせるということ。大人の場合は、イベント終了後に打ち上げが企画されることも多いので、出会うだけではなく、コミュニケーションをとる機会も増えそうです。