モテる男の体型とは?特徴と誰でもできる3つのトレーニング方法

女性からモテる男の体型はズバリバランスの良い筋肉質。遺伝的な要素に左右されず、誰でもやる気さえあればモテる体型は手に入れられます。でもどうせなら少しでも効率よく、無駄なくモテ体型を手に入れたい。本記事ではモテる男の体型になるための3つのトレーニング方法と、さらにトレーニングを効率よくするコツをお伝えします。

女性にモテる男の体型とは

女性にモテる男性の要素はたくさんあります。性格や顔の好みもさることながら、体型も女性からモテる大きな要素です。

男性が女性を好きになる時も同様ですね。顔で言えばキレイ系、かわいい系、お姉さん系、ロリ系、体型で言えばスレンダー系、ぽっちゃり系、巨乳系、貧乳系…。好みは別れるにしても、モテる傾向は統計的に存在します。

本記事では、女性にモテる体型の特徴について考察していきます。

そもそも女性が男性に求めるものってなに?

まず、本質的に女性が男性に求めるものは何なのかを見ていきたいと思います。

近年男女平等が当たり前になり、男性も女性も持っている権利が同じと感じることは当たり前になってきました。しかし、男性と女性は根本的に違います。人類誕生の太古からそれぞれは違う役割を担ってきました。男性は外に出て狩猟をし、時には他者と戦って家族やコミュニティーを守ることが求められ、女性は子を産み、家庭の平和を守ることが求められてきました。

そのため、女性にとっては、狩猟がうまそうで、強くて自分たちの家族やコミュニティーを守ってくれることこそが重要だったのです。これは人類の遺伝学的な傾向であり、現代女性への調査でもどこの地域でもほぼこの傾向が当てはまります。

もちろん、すべての女性がどうタイプの男性が好きなわけではありません。これも種の保存のために必要なことですから多様性がありますし、時代や文化圏によっても特有の傾向も現れます。

例えば、現代の日本では、太っている人はデブなどといった言葉で蔑まれる傾向にあります。しかしこの反対に太った人が、富を象徴するとして、好ましいとされる文化も存在しているのは事実なのです。

体型を分類してみよう!

体型について考えると、太い人、普通体型の人、細い人がいます。太い人でも、かなり体重がオーバーしてしまっている、いわゆるおデブ体型の人と、少し普通より太目のぽっちゃり体型に分けることが出来ます。

細目の人でも、それこそ骨と皮だけのような、ガリガリの体型の人と、ほっそりとしたスリムな体型の人がいます。普通体型を、いわゆる中肉中背とします。

この他には、筋肉質な体型もあります。最近はやりの細マッチョタイプと、ボディビルダーのような太マッチョの人々です。

このように一つづつ分類していくと、男の人の体型は、細かく分類して7つに分けられます。ガリガリタイプ、スリム体型、中肉中背、細マッチョ、太マッチョ、ぽっちゃり体型、おデブ体型です。

この中で、女性から魅力的に思える体型といえば、筋肉質な男の人でしょう。なぜなら女性には、筋肉が付きにくい傾向があります。女性の体型は脂肪があり、まろやかな丸みがあります。いくら身体を鍛えても、なかなか男性のようなマッチョ体型にはなりにくいのです。

ですから、女性は筋肉質な男性にあこがれる傾向が、あるようです。人気の男性スターを見てみると、日本ではジャニーズ系の男性のような細マッチョな男性に人気があり、アメリカではシュワルツェネッガーのような、太マッチョタイプに人気があるようです。

数字で見る理想の体型とは?

マッチョな筋肉質な男性が人気とはいっても、具体的にはどのような体型が理想的なのでしょうか?具体的な数字で、理想体型を計算してみましょう。人気の男性のタイプを数値化すると、どのようになるのでしょうか?

体格指数は理想体型が人気

健康診断の指数としても使われている、体格を数値化したものを、BMIといいます。身長と体重のバランスを数値化したもので、その数値によって、標準体重、理想体重、美容体重が決められています。

BMIの計算方法ですが、体重はキログラムで、身長はメートルに変換して計算します。例えば170センチメートルなら1.7メートルとして計算する訳です。

BMI値の計算方法は簡単で「体重÷身長÷身長」で計算することが出来ます。BMI指数18.5未満を低体重、18.5~25未満を普通体重、それ以上は肥満になります。

そしてBMI指数22を理想体重といいますが、この理想体重が男性の人気の体型になっています。例えば180cmの身長で、体重が71㎏の男性のBMI値は、21.91となり、四捨五入すれば22で、ほぼ理想体型といえます。

ヒップラインも引き締めて!

ウエスト÷ヒップで求められる数値をWHR といいます。これはどれぐらいウエストが引き締まっているかを表す数値です。もしもウエストとヒップが同じだとしたら、いわゆる寸胴体型ということになります。数値としては1になります。

男性のWHRの値の理想は0.9とされています。ヒップ回りが90cmある男性の理想のウエストは81cmになります。女性ではとうてい許容できないウエストサイズですが、男性としては理想体型です。

理想体型は逆三角形

男の上半身といえば、厚い胸板と、鍛えられた筋肉による逆三角形の体型でしょう。この上半身の体型を表す数値として、SHR があります。

SHRとは肩回りをヒップで割って計算します。この数値は1.3を理想体型としています。女性は鍛えられた男性の肩幅に魅力を感じるということです。

体脂肪率は11%以下に!

男性でも憧れるエグザイルのメンバーは、全員体脂肪率が一桁だといいます。

つまり余分な脂肪が少しもないわけですから、女性に人気になるのもわかります。 さすがに体脂肪率を一桁にするのは難しかもしれませんが、細マッチョの定義は体脂肪率11%以下になります。これが太マッチョなら体脂肪率は15%までOKです。

しかし昨今は、どちらかといえば細マッチョが人気なので、余分な脂肪は理想体型からは、外れてしまうことになります。筋肉をきたえた引き締まった体型に、女性の支持が大きいようです。

鉄板!5つのモテ体型

それでは、女性が理想としているモテる男の体型をパーツごとに見ていきましょう。まずは上半身からです。

1. 自信あふれる上半身

男性の自信に満ちた姿ほど、女性を魅了するものはありません。姿勢がよくきりりと見せる上半身は、やはり逆三角形の鍛え抜かれた胸筋があってこそでしょう。

女性は、たくましい男性に魅力を感じますし、鍛えられた胸で、ギュッと抱きしめられることを、夢想するものです。

ファンの集いで、女性が要求するのが、ハグして欲しい!だったりするのも、たくましい胸にうずもれて、お安心したいからです。まずは筋トレで、鍛え抜かれた上半身をめざしましょう。

2.引き締まった腕

女性の永遠の憧れを知っていますか?それはお姫様抱っこされて、運ばれることです。お姫さま抱っこされるためには、たくましい腕が必要です。

ですから、女性は男性の腕もしっかりチェックしています。いざというとき女性を抱えて運んでくれるだけの腕力を感じさせる腕は、とても魅力的なのです。

とはいえ、ごつごつした、逞しすぎる腕もちょっと引いてしまいます。すらりとして、しかも筋肉質なのが、たくましく腕といえるようです。力を入れるとグッと筋肉や血管が浮き上がるのもポイントが高いところです。

さらに手で大切なことは清潔感。体毛は仕方ありませんが、清潔さは自分で良くも悪くできるポイントです。爪をしっかり切ったり、汚れがついていたりしないように気をつけるだけでも、モテル男に近づきます。

3. 引き締まった腹筋

お腹周りも重要です。中にはぽっちゃり太鼓腹が好き、という女性ももちろんいますが、一般的にモテる男の腹はすっきりしています。

腹筋がシックスパック(6つに割れていること)まではいかなくても、いわゆる腹が出ていない男性が圧倒的に支持されています。お腹の前も脇腹も、ズボンに乗っかってしまっているお腹はNGですので、これだけは避けましょう。

4. キュッと締まる小尻

ここからは下半身です。 全体と共通することですが、だらしのない贅肉に包まれた体よりも、引き締まった筋肉質の下半身がモテます。

おしりの筋肉がキュッと引き締まっていると、足も長く見えますし、筋肉質の上半身とのバランスもますます良くなります。

5. バランスのとれた足

生まれつき定め付けられてしまっている感の強い、スラリと長い足も女性にはやっぱり人気です。 筋肉質の男性が遺伝子学的に女性から支持されるのとは違って、足の長さへの人気は美的感覚から来るようです。

昔は胴長短足といわれた日本人ですから、長い脚はそれだけで美しく見えるということです。

足の長さを努力で伸ばすことはできませんので、先ほど紹介したとおりキュッと引き締まったヒップを手に入れることで、足をスラリと長く見せることができます。

番外編:やっぱり強い高身長

以上が鉄板のモテる体型ですが、これに加えてやはり背が高い男性はモテるようです。 背の高さは自分ではどうしようもありませんが、残念ながら昔から背が高いということは女性にモテる大きな要素です。

裏付けを見ていきましょう。 日本人の平均身長は男性が171センチ、女性が158センチですが、ダーウィンの「性淘汰の理論」によれば、この身長差は女性が平均してこの身長差の男性を求めてきた結果であるという事なのです。

つまり、身長の高い男性がよりモテて、多くの子孫を残してきたために、平均してこれだけの身長差が男女間に生じたということです。 身長は足の長さ同様特に遺伝的要素が強いので、残念ながら誰もが高身長になる方法はありません。

しかし、筋肉質な体を手に入れることは努力次第でだれにでも可能なんです。

ということで、高身長は番外編ということにさせていただいて、ここからはモテる男の体型づくりのための鍛え方を紹介していきます。

今日からできる!たった3つのトレーニングでモテる体型を作ろう!

女性にモテる筋肉質の体を手に入れるためには、やはりトレーニングが欠かせません。 徹底的な食事管理で脂肪を落として腹筋を浮かび上がらせることはできますが、これでは不健康になりがちで女性にモテる筋肉質とは違います。

かといって、ボディービルダーのような筋肉も女性からあまり支持されません。 効率よく、そして無駄のないアスリート体型の筋肉質を目指すためのウエイトトレーニング種目はまずは3つからでオーケーです。

自信あふれる胸板を作る「ベンチプレス」

厚くて頼りがいのある胸板を作るトレーニングです。重い重量をどこまであげられるか、というストイックなトレーニングは必要ありません。

ポイントは、バーベルを下げる時も上げる時も肩甲骨を引き寄せるイメージを持つこと。

そして、胸の筋肉がバーベルを下げる時に広がるイメージをもち、バーベルを上げる時には胸で壁を押すイメージを持つことです。

胸以外にも上腕三頭筋(腕の裏側)や方も鍛えられますので非常に大切なトレーニングです。

頼れる背中を作る「デッドリフト」

デッドリフトは背中を鍛えるトレーニングです。

胸板ばかり鍛えると、体の前面と背面のバランスが悪くなり、肩が前に収縮して猫背になってしまいます。

自信あふれる体型を手に入れるためにも、バランスの良い上半身を手に入れるためにもデッドリフトも欠かせません。

ポイントは、バーベルを下げるときにもなるべく肩甲骨を引き寄せたまま下げること。物理的に非常に難しいですが、意識するだけでも違います。

上半身を起こした時には再度キュッと肩甲骨を引き寄せ、そのまま下げるようにしてみてください。 広い背中は頼りがいのある男を演出しますし、このトレーニングでは背筋の他に上腕二頭筋(力こぶ)や前腕も鍛えられます。力強い腕を手に入れるためにも大事なトレーニングです。

引き締まったおしりのための「スクワット」

そして最後にスクワットです。

足を太くするというよりも、足の筋肉は体の中で一番大きいので、この筋肉を鍛えることで脂肪の燃焼効果が高めることを目指します

ポイントはかがむ時に膝が自分のつま先よりも前に出てしまわないこと。

お尻を少し後ろに引いた姿勢でかがみます。

こうすることで、おしりにもしっかり効き、引き締まったヒップを手に入れることができます。

いいカラダのためのトレーニングのコツ

それぞれの鍛え方やポイントはおわかりいただけたと思います。もっと深く探求したい方はトレーナーに相談したり、詳しく解説した動画などをご覧いただければわかりやすいかもしれません。

ここで、もう一つモテる体型を手に入れるための大切なトレーニングのポイントです。

通常、筋肉を大きくするトレーニングは、各種目10回を1セットにして3セット行うのが一般的と言われています。ベンチプレスもデッドリフトもスクワットも、自分が10回持ちあげられるギリギリの重さで10回×3セット行うと、徐々に持ち上げられる重量が増え、筋肉が増えていくのです。

もちろん筋肉を大きくする必要はありますから、はじめの1ヶ月はこのやり方ではじめてみてください。このメニューならジムに行っても1時間もかかりません。最初はいろいろなマシーンに手を出したくなるかもしれませんが、そうするとトレーニング自体に飽きてしまって長く続きませんのでこの3種目だけにします。少し物足りないかな、というくらいのトレーニング量で十分です。

そして、次の月は30回を1セットにして2セットにします。ギリギリ30回持ちあげられる重さで30回×2セット。翌月からは3ヶ月毎に「高負荷×低回数」と「低負荷×高回数」のトレーニングを交互に行います。持ち上げる重さは軽くなりますが、こうすることで筋肉の持久力がつき、体つきにラインが出やすくなると言われています

モテル男の体型は、スラリとした綺麗な筋肉質ですので、このトレーニングの仕方がオススメです。
ウエイトトレーニングはきついですが、脂肪燃焼にも繋がります。モテる体型を手に入れるために頑張って継続していくことが大切です。

モテ体型ゲットの為にトレーニングは必至!

さて、いかがでしたでしょうか。
女性にモテる男の体型は、スラリとしていながらも筋肉質で、バランスの良い体型ということがおわかりいただけたと思います。太りすぎ、細すぎ、不潔感は厳禁です。

男らしく、見た目も美しいモテる体を手に入れるために、本記事でご紹介したたった3種類のトレーニングとそのコツをぜひ日常に取り入れてみてください。

トレーニングは辛いこともありますが、その辛さを克服することから男性としての自信や、最後のひと踏ん張りができる能力も鍛えられると言われています。

信と能力もまた、女性にモテる要素になります。自信があれば女性に気後れすることもありませんし、より魅力的になります。

さあ、今日からモテる男の体型を目指していきましょう!