バードキスとフレンチキスの違いとは?キスの種類や女子が喜ぶ上手なやり方

バードキスやフレンチキスなど意外と種類の多いキス。愛情表現のひとつとして「大好きな彼女とキスしたい!」と思うのは自然なことですが、そのキス、一方的になっていませんか?

男性なら女子をとろけさせるキステクニックを持っていて当たり前。バードキスとフレンチキスの違いや、女子が喜ぶ上手なキスのやり方を紹介します。

バードキスとフレンチキスの違いとは?

フレンチキスは1番ディープなキス


フレンチキスを「唇を触れ合わせるだけの軽いキス」と認識している人がいますが、これは大きな勘違い。

フレンチキスとは舌を絡ませ合う情熱的なキス……つまり、ディープキスのことです。

フレンチキスと呼ばれる由来は諸説ありますが有力なのはイギリスとフランスの仲が悪かった1920年代、フランス人の濃厚なキスを目撃したイギリス人が「French Kiss」と揶揄したのが始まりとされています。

何故「フレンチキスは軽いキス」という勘違いが起こっているのでしょうか。

これも諸説ありますが有力なのは戦後、日本人が驚いた欧米文化のひとつ「挨拶のキス」をアメリカ軍が「フレンチキス」と呼んでいたところから広まっていったのが有力なのだとか。

「フレンチキスしよう」なんて発言はしないようにしましょうね。

バードキスは唇をすぼめる&小鳥のように!


バードキスはフレンチキスとは対照的に、軽いキスのひとつです。

小鳥のように唇をすぼめて「ちゅっちゅっ」と軽く触れ合わせます。小鳥がくちばしで木を何度もつつくイメージで、リズミカルに繰り返すのがポイント。相手への率直な愛情表現や、嬉しい気持ちを表すのにピッタリなキスです。

キスの種類について〜初級編〜

プレッシャーキス


プレッシャーキスは、キスの種類の中で一番スタンダードで馴染み深いキスです。

お互いに唇を閉じて、そっと重ね合わせます。上手なやり方としては唇の柔らかさを確かめるように、ゆっくり優しくキスするのがポイント。押しつけすぎても、軽すぎてもいけません。距離感や触れ合わせる強さ、スピードを重要とするキスです。

バードキス


先ほども紹介したバードキスは「久し振りに会えて嬉しい」、「プレゼントを送られて嬉しい」という気持ちを表現するのに相応しいキスです。

相手への好意が溢れた時の愛情表現にもピッタリ。注意するべき点は、バードキス中は片方が受け身に徹することです。お互いがバードキスをしようとすると、歯と歯がぶつかって思わぬ怪我に繋がる可能性があります。

バードキスを返す時は相手からのキスが終わってからにしましょう。

ライトキス


ライトキスは愛情表現よりも、信頼や感謝の気持ちを表すキスです。

また、友人や両親、親しい人の頬へ挨拶代わりに送るキスでもあります。フレンチキスで登場した「挨拶のキス」が、このライトキスに当たります。

恋人同士でライトキスをするのなら感謝の気持ちや挨拶だけでなく、甘えたいサインとして「ちゅっ」とキスするのが良いでしょう。ライトキスは唇だけでなく頬やおでこなど、どこにキスしてもOKです。

スライドキス


スライドキスはプレッシャーキスに動きを付けたキスです。お互いに唇を軽く開き、相手が上唇にキスをしたら自分は下唇に。相手が下唇にキスをしたら自分は上唇に……と、上下にスライドしながら唇を触れ合わせます。

スライドキスを上手にやるポイントは、上唇と下唇を滑らせるように重ねること。軽いキスから深いキスに移るキッカケにもなるので、タイミングよくキスをしましょう。

キスの種類について〜中級者編〜

バインドキス


バインドキスは相手の下唇を自分の唇で、自分の上唇は相手の唇で挟むやり方のキスです。

唇を挟みあったまま顔を左右に振ったり、唇を舐めてみたりとお互いにアプローチしあえるので愛情表現にも適しています。

ただし、一方的なアプローチは良くありません。お互いの呼吸やタイミングを合わせながらキスをするのがポイントです。

スウィングキス


スインググキスは相手の下唇を軽く噛み、左右にスイングさせるキスです。

ディープキスの前段階としてよく用いられるキスでもあります。唇を噛む時は甘噛み程度の力で、スイングは小さく行いましょう。

お互いに目を瞑ってキスしても良いのですが、スイングキスは目を見ながらキスするとドキドキ度がアップするので効果的です。

ニプルキス


ニプルキスは相手の唇を舌でなぞるキスです。時に舌先で優しくくすぐるように、時に唇の輪郭を確かめるように強弱をつけてなぞると効果的です。

リップを塗るように丁寧に舌を這わせると官能的な気持ちを引き出すことが出来るでしょう。ただし、しつこくペロペロと舐めるのは厳禁。唇同士のキスの合間に挟むスパイスとしてニプルキスをしましょう。

キスの種類について〜上級者編〜

オブラードキス


オブラードキスはディープキスの一種。唇を触れ合わせたまま相手の口内に舌を入れ、受け入れる側は舌で舌を情熱的に包み込みます。

包み込む時は相手の舌に吸い付くように強く包むのがポイント。そしてずっと強く吸い付くのではなく、強弱をつけてあげると良いでしょう。

舌を入れられたら吸い、相手が引っ込めたら今度は自分が舌を入れて……と相手の反応を見ながら交互に刺激しあうのが、上手なオブラードキスのやり方です。

インサートキス


インサートキスはオブラードキスと同じように、唇を触れ合わせたまま口内に舌を入れ、受け入れる側は舌で舌を包み込むキスです。

オブラードキスとの違いは、舌を優しく包んであげること。吸い付いて強い刺激を与えるのではなく、優しく愛撫するようなイメージで相手の舌と自分の舌を触れ合わせてください。

インサートキスも相手の反応を見ながら、交互に舌を入れあいましょう。

クロスキス


クロスキスはオブラードキスやインサートキスよりも激しく、情熱的なキスです。

唇を密着させて舌を入れ合うだけではなく、唇や舌を吸ったり甘噛みしたり……と相手を求める気持ちをそのまま表現するように刺激を与えあいます。

ディープキスは、お互いの反応を伺いながらするのが重要です。相手が「気持ち良い」と感じるのはどんな瞬間なのかをよく観察してみてください。

変わったキスの種類について

カウティングキス


キスの種類は触れ合い方だけではありません。

カウンティングキスとは、キスの回数と期間を決めてから行うキスのこと。「デート中に10回キスしよう」、「1泊2日の旅行中に30回キスする」というように具体的な数字を設定することで、キスをゲーム感覚で味わうことが出来ます。

また、回数と期限が決められていることで、普段はキスをしないような場所や人目を盗みながらのキスが増えるキッカケにもなります。

バタフライキス


バタフライキスは唇を触れ合わせるキスではなく、片方のまつげを相手の顔の部分に当てながら瞬きをする方法です。

瞬きで動くまつげを蝶の羽に見立てて、頬や目元にそっと触れさせます。バタフライキスは蝶が顔に止まったようなくすぐったい感覚を受けるので、キスする側は笑わせたりくしゃみを誘ったりしないようにキスする場所に気を配る必要がありま

チョコキス


チョコキスはチョコレートを食べながらキスをします。

お互いの体温でチョコを溶かしつつキスを楽しむので非常に甘いキスと言えるでしょう。

食べ物を口にしながらのキスというのは、とても非日常的です。普通のキスには飽きてしまった。マンネリ気味のカップルには良い刺激になるのではないでしょうか。

女子が喜ぶ上手なキスのやり方・裏テクニック

不意をつくキス


女子が喜ぶ上手なキスは、裏テクニック「甘いシチュエーションや雰囲気でのキス」も重要です。

会話が途切れた瞬間などに「ちゅっ」と不意打ちでキスをされると女子はドキッとして、相手のことを意識してしまいます。

他にもデートの帰り道やエレベーターの中のような二人きりの空間も、不意をついたキスをする絶好のシチュエーション。不意をついてキスをした後は「ごめん、キスしたくて」といったセリフがあると良いでしょう。

じらしテクニック


じらしテクニックは女子をハラハラドキドキさせるのに非常に有効です。

女子の中には、すぐさま舌を絡ませるようなガツガツしたキスをされると「必死すぎ」と感じて引いてしまう子も少なくありません。

唇にキス……かと思ったら寸止め。キスをしてくれても頬や唇の横にライトキス……とじらされると、女子の心は次第に「キスされちゃう!?」、「いつキスしてくれるの?」、「早くキスして!」となるのです。

後ろから抱きしめながら♡


女子は後ろから抱きしめられるとしっかり守られてる安心感を感じ、身も心も相手に任せたくなります。

そんな安心感を感じながら優しくキスをされた時には、女子の心はドキドキ!きゅんきゅん♡してしまいます。

後ろから抱きしめながら、触れ合うだけの軽いキスを繰り返しましょう。女子の気持ちが高まって「もっとキスしたい」となったら、自然と情熱的なキスに切り替わっていくはずです。

キステクUPで女子の心を鷲掴み♡


キスのテクニックを上げる秘訣は「女子の求めるキスを理解する」ことです。

ライトなキスからディープなキスまで様々なキスのやり方を組み合わせて、女子の心を鷲掴みにしましょう。

キスをする時は、がっついてはいけません。じらしやスキンシップを織り交ぜて甘い雰囲気を演出しながら、触れ合うだけのキスから始めることが大切です。一方的なキスではなく、お互いが「気持ちいい」と思えるキスで愛を感じあってくださいね。