【顔が大きい人】顔が大きくなってしまう原因8!その解消法エクササイズとアイテム5を徹底紹介!

顔が大きいことで悩む人が近年増えてきているようです。こうした人達は元々顔が骨格上大きい人と顔が元々の大きさを超えて不自然に大きくなってしまったという2パターンに分けられます。この記事では、主として後者の人達の様に本来の顔のサイズから異常に大きくなってしまう原因とその解消法を取り扱っていきたいと思います。顔がここ最近不自然に大きくなってしまっているという自覚のある人は必見です。

始めに顔が大きい原因と解決法を知ろう

皆さんは顔の大きさについてコンプレックスを持っていませんか?おそらく、この記事を読んでいただいている方の大半は、自分の顔の大きさに何かしらの不満を抱えている方が多いと思います。この記事では、そんな顔の大きさで悩む人に向けて、顔が大きくなってしまう原因やその対策、解消法を主として詳しく紹介していきたいと思います。

顔が大きいことで悩みを抱えている男性、女性の方々は是非参考にしてみてください。

顔の大きさについて

平均的な顔の大きさ

顔が大きい原因やそれに対する解消法を考える前に、まずは顔が大きいとはどういうことなのかを詳しく考えていきたいと思います。

そもそも顔が大きい、小さいといった境界線はどのあたりから引かれるのでしょうか?顔が大きいと考えられる基準値というのは存在するのでしょうか?調べてみた所、顔が大きいまたは小さいを表す明白な基準値は存在しませんでした。しかし、日本人全体の顔の大きさの平均値というものがあるようです。その数値は以下の通りです。

顔の大きさ平均(男性):横幅16センチ、縦幅23.1センチ
顔の大きさ平均(女性):横幅15.3センチ、縦幅21.8センチ

一般的にはこの数値を超えた場合、「顔が大きい」ということになるようです。しかし、この数値を鵜呑みにしてしまい、顔が大きい、小さいを決めてしまうのにも無理があります。というのも、顔は体の一部に過ぎないからです。身体全体のバランスの中で顔がどのくらいの大きさなのかを考えるのが大事なのです。

当たり前といえば当たり前のようなことですが、体が細くてひょろっとしていた場合と、同じ身長でも肩幅が広くてがっしりとした体つきをしていた場合では相対的な顔の大きさは変わってきますよね。また、背が低い場合にはその分、顔が大きく見えてしまうのも当然のことです。

つまり、こういった数値にとらわれず、体のバランスで顔の大きさを考えるのが正しいでしょう。

顔が大きいメリット

美容業界では顔の小ささが過度に強調されるあまり、それが社会全体に広まり、顔が大きいことが悪い風潮になってしまっているようなところがありますが、顔が大きいことにはデメリット以外にもメリットがあると考えられます。

メリットとしては、常に人から注目を浴びる存在になれるということが挙げられます。こういった特徴をうまく使っている人達は役者の方にとても多いと言えます。舞台では顔が大きい方がお客さんに与えるインパクトが強いですからね。

たとえば、歌舞伎業界を思い起こしてください。ほとんどの演者の顔が大きいということに気づくはずです。こうした、演技を自分の身体を通して表現する人には、顔の大きさはとても大事な要素になるのです。また、歌舞伎だけでなく、顔が大きい人は芸能人にも多いです。

たとえば、顔が大きい芸能人は女優だと天海祐希さん、高畑敦子さん、川口春菜さん、俳優だと高橋英樹さん、坂口憲二さん、長瀬智也さんなどといった多くの印象深い人達が揃っています。こうした人達はどこかやはり存在感があり人を引き付ける力があります。

顔が大きいデメリット

しかし、こうした人の前に目立つ立場にいないような人は、顔が大きいことで無駄に目立ってしまい、人からから馬鹿にされたりすることもあるのがデメリットと言えるでしょう。また、顔が大きいとインパクトが強く、顔に出た表情が強く周囲に伝わってしまいます。

そのため、周囲の人に何かしらの影響を与えてしまうことがあります。笑顔ならいいのですが、不機嫌な顔は周囲の人へ多くの不快感を強烈に与えてしまいやすいのです。

また、顔が大きいとその分、顔のケアにも多くの努力を要することがあります。化粧も付ける範囲が広くなったりして、化粧代が余計ににかかったり、無駄毛の処理が非常にめんどくさいといった点も顔が大きいデメリットです。

小顔=美人、イケメンではない

先程も述べたように顔が大きい女性にも美人はいますし、顔が大きい男性にもイケメンはたくさんいます。そのため、顔が大きいことがその人の外見の良し悪しに影響を与えることは考えにくいのです。そして、顔が大きい人が好きだという人も実際には結構いるのも事実です。

要するに、顔が大きいことを理由にして、自分の外見に自信を無くすことは大間違いということなのです。そのことをまずはしっかり理解しておきましょう。

顔が大きい原因

元々、顔が大きいことにはとりわけ問題はないのですが、健康上の不調などから一時的に顔が大きくなってしまったり、それが長引いて慢性的に顔が大きい状態になってしまうのは注意が必要です。そして、こういった不自然に顔が大きくなってしまっている人が実はかなり多いのです。

こうした人はその原因さえ解消できれば、今の顔よりもずっと小さい顔に変わることが期待できます。では、そんな人の顔を大きくしてしまう原因を見ていきましょう。

顔の骨や骨盤の歪み

顔の大きさと体の大きさがアンバランスになってしまう原因としては、骨盤が歪んだり顔が歪んだりといったことが挙げられますが、最初に断っておくと骨盤が歪むことは医学的にあり得ません。「ウソでしょ?」と思うならかかりつけのお医者さんにでも聞いて見て下さい。きっと鼻で笑われることと思います。

また、頭蓋骨は15種類23個から構成されているので、この骨がそれぞれ本来ある場所からズレることで、その上にある筋肉のバランスが崩れてしまうといわれますが、顔の大きさが変わるほどのずれが生じるとは理屈から言っても考えにくいことはちょっと考えれば分かることと思います。

では、骨盤や頭蓋骨は関係ないのかというと、そんなことはありません。骨盤の歪みとは一般的に骨盤の後傾(後ろに傾くこと)を言っていることがほとんどです。分かりやすく言えば猫背の姿勢ですね。猫背になると肩が下がって顔を前に突き出した状態になるので、当然顔の大きさが強調される訳です。

また、そのような姿勢でいると全身の血行が悪くなるので、顔にも老廃物がたまりやすくなってしまい、次第に大きな顔になってしまうと考えられているのです。エステなどで小顔矯正をやっているところもありますが、基本的に頭蓋骨をどうこうする訳ではなくて、むくみを取っているだけのことです。

では、骨盤の後傾や顔のむくみが出ないようにするにはどうすればいいのでしょうか。一言でいうと、血行を良くすることと、骨盤を起こすことです。血行不良は筋緊張によって起こるので、不良姿勢を改善して適度な運動をするようにし、姿勢を正すように心掛けることが重要です。

むくみ

顔が大きく見える最大の要因はむくみです。頭蓋骨のゆがみなど関係ありませんし、また、頭蓋骨を小さくするなんて矯正は嘘っぱちです。むくみは基本的に全身の循環が悪いことによって起こるので、血行を改善することが何よりも重要です。

運動不足

運動不足も顔が大きく見える原因の一つです。単純に全身に脂肪がついて顔も大きく見えるようになります。

運動不足は太る一番の原因でもあり、またむくみを引き起こす要因でもある血行不良にもつながるダブルの危険性があるのです。そのため、運動不足は人を大きな顔にしてしまう大きな原因と考えられます。適度な運動をしっかりと習慣にしましょう。

筋肉の凝りや緊張

筋肉の凝りや緊張がある場所というのは、硬くなった筋肉によって血管が圧迫され、血行不良が起こっている場所でもあります。そして、血行不良が起こった場所には脂肪がつきやすいのです。顎の下や二の腕、おなかやお尻など、体の冷えている部分に脂肪がつきやすいことは実感としてもお分かりになるのではないかと思います。

顔は当たり前ですが心臓より上にあるので、首や肩が凝っていると顔への血流が阻害されることになります。その結果、顔がむくんで大きく見えてしまう訳です。肩の凝りの解消にはマッサージが有効です。お風呂など血行が良くなっている時などに行うと効果的なので毎日の習慣として是非取り入れましょう。

冷え症

身体常にが冷えている、所謂冷え症の人は血行不良であることがとても多いです。そのため、冷え症の人は顔がむくみやすいと言えます。顔のむくみを避けるには血行を促進させる飲み物を飲んだり、適度な運動で体を温める必要があります。

肌のたるみ

お肌のたるみは顔を大きく引き伸ばし、人を顔が大きい状態にしてしまいます。そのたるみができる原因は主として皮膚の劣化にあります。皮膚はいくつかの層に分かれていて、真皮層と皮下組織は皮膚の表面上の表皮を支える大切な役割を持っているのですが、この2つの層の弾力がなくなることで表皮の部分を支えきれなくなり、たるみが生まれてしまうのです。

この2つの層の弾力は加齢に伴い弱まっていくと考えられています。この2つの層を弱体化させてしまう生活習慣があります。気を付けなければならない生活習慣は、以下にまとめておいたので是非気を付けてください。

  • 紫外線
  • 喫煙
  • 睡眠不足
  • 栄養不足
  • ストレス
  • 表情筋の退化

最後の表情筋については後程説明します。

表情が少ないこと

顔には表情筋と言われる、顔の表情を司る筋肉があります。そして、表情筋も使わないことによってこってしまい、血行が悪くなってむくんでしまう訳です。女優さんがなぜきれいかというと、もちろん普段からのお手入れもあると思いますが、なんと言っても表情筋をよく使っているからなのです。

舞台やドラマでは、一般人が体験できないようなことが次々と起こり、喜怒哀楽も日常生活の日にならないくらい表現することになります。そういった表情を作ることが、いわば顔の筋トレになっている訳です。逆に言うと、普段から表情に乏しい人は顔の筋肉がこりやすく、むくんで顔が大きく見える結果となります。

加齢

やはり、人は歳を取っていくとどうしても顔が大きくなっていきやすいのです。加齢による代謝の低下に伴うむくみの増加や皮膚の老化によるたるみ、そして、長年の生活でできる顔の歪みは、しょうがない事実と言えるかもしれません。

しかし、こうした加齢によって起きてしまった、顔を大きくしてしまう現象は、対策次第で十分に改善ができると考えられるのもまた事実です。そんな、大きくなった顔を小さく戻す方法を次の項目で紹介していきたいと思います。

顔を小さくする・見せる方法

小顔エクササイズ 【耳たぶ回しとリンパマッサージ】

ここでは上で紹介した顔が大きくなってしまう諸原因に対する対策に加えて、顔を小さく見せるテクニックを紹介していきたいと思います。上で挙げた原因に心当たりのある方や顔を小さく見せたい人は必見です。まずは小顔エクササイズを紹介したいと思います。

このエクササイズはむくみ解消のための血行を促進させたり、たるみを消すための表情筋を鍛えることができ、小顔になることが期待できます。今回は特に効果が強く期待できる4つの顔を使った運動を以下にまとめて紹介したいと思います。まずはそのうちの2つの方法を紹介します。顔の大きさが気になる方は是非習慣的に行いましょう。

①耳たぶ回し
(1)耳たぶの先を軽くつまむ
(2)耳たぶを後ろに軽く引っ張り、深呼吸をしながらクルクルとまわす

【効果】たるみの改善、予防

④リンパマッサージ
(1)口から顎先の部分へ下がるように指先でマッサージ。
(2)顎下から耳下の部分へ上がるように指先でマッサージ。
(3)耳下から鎖骨の部分へ下がるように首を経由して指先でマッサージ。
(4)鎖骨の部位をゆっくりと押す。 

【効果】顔のむくみ改善、予防効果、血行促進効果

小顔エクササイズ 【口開け体操】

次に口を使った効果的な2つの顔の運動を紹介したいと思います。お勧めは口を開けてはっきりと発音する口開け体操と舌を使って行う舌回しです。以下に方法と効果を簡潔にまとめておいたのでご参考ください。

②口開け体操
(1)上を向き口を大きく開ける
(2)ア・エ・イ・オ・ゥという音を出す口の動きを繰り返す(声を出しながら行っても良し)

【効果】表情筋、口角筋の強化、二重あご改善、予防

③舌回し
(1)上を向き口を大きく開ける
(2)舌を出し口の中を1周する様に左右に回していく

【効果】二重あご改善、予防

骨盤体操

骨盤の乱れは顔の歪みに繋がり結果として顔の拡大に大きく影響を及ぼすことが考えられます。そのため、先程説明した日常の生活習慣に気を付けることが大事です。また、それに加えて日々骨盤を矯正する体操を行うことで骨盤の乱れを大幅に抑制、改善することが期待できます

ここでは骨盤を強制する上で有効な体操を紹介したいと思います。

①腰回し
(1) 足を肩幅より少し広めに開く。(両手は腰骨の所に置き、お尻を突き出す)
(2) 腰を時計回りから反時計回りに順に回していく

【効果】骨盤改善、血流改善
②腰ひねり
(1) 仰向けになって、膝を立てた状態で腰を浮かす。(バランスボールを使っても良い)
(2) 前側の腰骨を左右交互に10回ずつひねる。

【効果】骨盤改善

しっかり噛んで食べる

普段の食事ではしっかりと噛んで食べるという習慣を持つことが大事です。しっかりと噛むということは、その分、顎の筋肉を使うことになります。顎の筋肉が鍛えられれば、顔を最も大きく見せてしまう二重あごを予防することができます。

また、しっかりと噛んで食べることで、満腹中枢も満たせるので過食を抑制でき、肥満に伴う顔の拡大も予防することができて一石二鳥なのです。是非普段の食事では噛むことを意識しましょう。

良く笑い、良く喋ること

普段の生活でよく笑い、良くしゃべることは顔の表情筋を鍛えるうえでとても効果的な方法なのです。そのため、普段から人としゃべらなかったり、笑う機会が少ないと表情筋を鍛えるエクササイズを自分から意識して行わない限り、表情筋が鍛えられることがありません。

せっかくしゃべったり笑ったりすることで表情筋が自然に鍛えられるチャンスがあるのに、それを活かさないのはやはりもったいないと考えられます。顔のエクササイズはあくまでも補助的なものとして考え、主として会話や笑うといったことで自然に表情筋を鍛えていくことが理想と言えます。

小顔エステ

小顔エステに通うことも顔が大きくて悩んでいる人にはお勧めです。小顔エステでは、ここまで取り上げてきた顔を大きくしてしまう原因であるたるみ、むくみ、顔の贅肉を効果的に解消することを目的としたメニューが充実しているのです。

以下に小顔エステを取り扱っているお勧めのお店をまとめておきましたので、気になる方はチェックしてみてください。

ミスパリ(顔やせコース)
●クレンジング
●純金クリームによるマッサージ
●リンパマッサージ
●リフトアップマッサージ
●美白保湿パック

【期待できる効果】
たるみ、二重あご、むくみの解消

シーズラボ(プロリフトRFコース)
●フルーツ酸とダブルビタミンC配合製品で洗顔
●リンパの流れに沿って首~顔全体をラジオ波を使って照射
●シーズ・ラボオリジナルの引締めパック

【期待できる効果】
たるみ改善、小顔効果、コラーゲンの修復

整体

顔を小さくすることに特化した整体も今、日本には数多くあります。その効果は非常に高いと評判で、芸能人も多くお忍びで通っていると言われているほどです。こうした小顔をダイレクトに小さくするメニューを扱った整体では、顔の歪みをしっかりとチェックしてもらえて、それに合わせて個人的な治療を受けられます。

基本的にはツボ押しやお灸を使って、えらや頬骨に直接刺激を与えていく施術が多いみたいです。そのため、即効性が期待できるという強みがあります。気になる方は試してみるといいでしょう。

髪型を変える

顔を小さくするというより顔を小さく見せる方法も顔の大きさに悩む人にはお勧めです。顔を小さく見せる典型的方法ともいえるのが髪型のアレンジです。要するに髪型次第で顔を小さく見せることは可能なのです。顔の形に上手く合わせることで、視覚的に小顔に見せられる髪型を以下にまとめておいたので是非参考にしてみてください

①丸顔(顎が丸く、顔の縦横の長さが同じ)

≪顔が大きい人への髪型おすすめポイント≫ショートヘアがお勧めです。トップにボリュームを集めて、全体がひし形になるようにしましょう。顔が大きい男性はベリーショートなどのショートヘア、顔が大きい女性にはショートボブなどがお勧めです。

②面長(顔の縦の幅が横よりも長く、目と目の間隔が狭い)

≪顔が大きい人への髪型おすすめポイント≫ミディアム、ロングがお勧めです。形としてはサイドのボリュームをしっかり出してあげて、縦の長さを消すことがポイントです。また面長で顔が大きい人は男女とも前髪を強調することも大事です。ちなみに前髪ぱっつんは顔が大きい女性にもとても似合うスタイルです。

③卵型(目と目が近く、顔立ちが細く見える)

≪顔が大きい人への髪型おすすめポイント≫ショート、ロング、ミディアムヘアどれも似合う顔の形です。顔が大きい人はトップにボリュームを出さず、サイドをやや強めに強調すると小顔に見えやすくなります。

④ベース型(顔が全体的に平面的で、エラが張っている)

≪顔が大きい人への髪型おすすめポイント≫ロング、ミディアムヘアがお勧めです。トップにボリュームを作り、縦型のシルエットを強調させたり、サイドにパーマをかけるのも良いでしょう。ベース型で顔が大きい人は前髪が男女ともロングになるようにすると小顔効果が出てきます。

⑤逆三角形 (あごが尖がっていて、横幅が大きい)

≪顔が大きい人への髪型おすすめポイント≫ショートヘアがお勧めです。頭の上半分に高さとボリュームを出し、ひし形を作ると小顔に見えやすくなります。前髪の長さは眉上ぐらいにしないと顔がより大きいように見えるので、サイドに流すか短くするかにして対策をしましょう。

小顔を作るファッション

顔を小さく見せる方法は髪型だけではありません。ファッションアイテムで顔を小さく見せるという方法もあるのです。以下に有効ともいえるファッションアイテムをまとめてみました。

①大きいメガネ
眼鏡の輪郭が極端に大きいと、顔の輪郭自体が小さく見える錯覚を起こすことができます。特に縁が太い物を選ぶとより効果的になります。顔が大きい人は眼鏡をかけましょう。

②帽子(縦に長くないもの)
帽子は視線を上に集中させる効果があります。そのため、顔の大きさを印象として掻き消してくれるのです。帽子を深くかぶることもポイントの一つです。また、顔の形に合った帽子を着用することも顔を小さく見せるうえで大事です。以下にどのような帽子がどのような顔の形と合うかをまとめてみました。

丸顔
★ベレー帽、ハンチング、ニット帽(浅めにかぶる)

面長
★ポークパイハット、サファリハット(深めにかぶる)

卵型
★何でもok

ベース型
★ポークパイハット、ワークキャップ、ベースボールキャップ

逆三角形
★チューリップ、ニット帽

顔が大きい人は男女ともにフ

美顔ローラーはリンパを刺激することにおいて効果的なアイテムです。顔に当てて、リンパの通っている場所に沿って下方向に転がし、刺激することで顔の血流が良くなり、むくみ解消が期待できます。それ以外にもたるんでいる箇所を持ち上げるように転がして刺激することで、リフトアップ効果も期待できます。

むくみ、たるみ解消に使ってみるのもいいかもしれません。

PAO

PAOは表情筋を鍛えることにおいて効果的なアイテムです。使い方はとてもシンプルで、口にPAOを挟んで、それを上下に動かすだけです。このPAOを使ったエクササイズはとても表情筋を使います。それ故、表情筋の退化によって起こってしまうたるみの改善に期待ができるのです。

モニターの94パーセントが高い効果を実感できたという報告も出ているようなので、期待への信頼度はかなり高いと考えられます。試す価値は十分にあるかもしれません。

スリムマウスピース ストロング

スリムマウスピースストロングもPAO同様に、口元や表情筋を鍛えることに特化したアイテムです。そのため、たるみなどの改善に効果が期待できます。マウスピースの様に口に挟んで、口を開けたり閉めたりを繰りを返すのがこのアイテムの使い方です。

手入れも簡単で使い勝手もいいのでとてもお勧め商品です。

ニューフェイシャルリフトアトワンス

ニューフェイシャルリフトアトワンスもお勧め商品です。使い方は、PAO同様に口でくわえるだけです。口にくわえたら勝手に振動が始まります。この振動により顔全体が360°振り回されるような重力を感じます。その振動を口にくわえて支えることで、様々な筋肉に負荷がかかり、口輪筋をはじめとした表情筋を効率よく鍛えられ、二重あご、たるみ、ほうれい線などの解消に繋がることが期待できます。

振動は4段階に設定ができ、自分に合った強度でエクササイズが無理なくできます。とてもお勧めですよ。

まとめ

いかがでしたか?顔が大きいことには様々な原因があるようです。元々顔が大きい人は顔が大きいことでコンプレックスを持つ必要は全くないのですが、顔が元々の大きさを超えて不自然に大きくなってしまっている人は、十分そのことを意識して、ここで取り上げた原因や対策をしっかりと参考にしていただけたら幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。