自分に自信を持つ方法の5つのヒント。これで仕事も恋愛もバッチリ!

自分に自信が持てない人は、実は世の中には沢山いるのではないでしょうか?自分に自信を持つ事により、仕事や恋愛、そして日々の生活の色々な事が上手く進むようになります!なぜ自信を持てないのか原因を知り、自分に自信を持てるようになる方法をご紹介していきます。

自分に自信が持てない理由

自分に自信が持てないのははぜでしょう?たとえば実際に経験したことがないことに直面すると、自信が持てないということもあります。初めて経験することなので、自信がなくても当然かもしれませんね。また、過去に経験したことがあることでも、失敗をしたり苦い思いをしたことに対しては、またうまくいかないのでは?と思ってしまうので自信が持てないことがあります。

たとえば大学受験や就職試験など、試験に何度か落ちた経験がある人は、また落ちるのではないかいう不安がよぎり、自信が持てないことがあります。仕事で大きなミスをしてしまった人も自分に自信を持てなくなってしまうことがあります。また同じようなミスをしてしまわないかと心配になってしまうのです。

その他にも私たちは日常生活の中で、失敗をしたり、怒られたりして、自信をなくすことがあります。失敗から学べば成長ができるのですが、悩みを解決して乗り越えることができなければ、自信を喪失してしまいます。

また、成長していく過程でも、両親や他人などに自分を否定されるような事を言われてしまったりというような事を、何回も何回も繰り返し経験することにより、自分を信じられなくなってしまうようになります。

このように、両親からの愛情不足や学校で感じた劣等感、友達との人間関係の悩みなど、さまざまな失敗や不安などを重ねていくことで自分に自信がないという状態に陥ってしまいます。

自信が無い事による影響

では、自分に自信が無いことにより、どのような影響があるのでしょうか?
以下に自信が無い事による自分への悪影響を紹介してみます。

1.他人の機嫌ばかりをうかがってしまう。
2.人と話している時に、自分がどう思われているか不安で仕方がない。
3.自分には特技や良い所が無いと思い込んでしまう。
4.人に褒められても受け入れられない。
5.常に劣等感を感じてしまう。
6.コンプレックスを強く感じてしまう。
7.自分を好きになれなくなってしまう。
8.何事にも迷い、決断が遅い。
9.他人を羨ましいとばかり思ってしまう。
10.何か新しい事を始めるのに、上手くいくかどうか不安になり、行動が出来なくなる。

いかがでしょうか?こんなにも多くの影響があげられます。常日頃からこのような思考になってしまえば、物事が上手くいかなくなるのは当然の事ですよね。このようなマイナスな考えを持っている人には、魅力は感じられませんし、他人と上手く付き合っていくことすら難しくなってしまいがちです。

自信を持つ事によるメリット

では、自分に自信を持てるようになると、どのように変わるのでしょうか?自分に自信を持つことによるメリットは何なのかを見て行きましょう。

1.対人関係が楽になる
2.考え方が前向きになるので精神的に安定する。
3.自己肯定感が高くなる。
4.人の意見に左右されない
5.周りの目を気にせず自分の好きなように行動できる。
6.人前で堂々としていられる。
7.気楽に考えられるので不安がなくなる。
8.他人と自分を比較することがなくなる。
9.他人の言う事を素直に受け入れることができるようになる。
10.今のままの自分でも幸せだと感じることができるようになる。

さきほどとは全く逆で、全てを肯定的に捉えられるようになります。このような心の状態になれば、物事もスムーズに進めて行くことができそうですよね!また、このような状態であれば、必要以上に他人を気にする事もなくなり、自然と人からも好かれ、人間関係も良好に築けるようになります。

その結果、仕事も恋愛も全てが上手く進む!といった良い流れに乗れるようになります。自信がある人は輝いていますよね。自分に自信を持ち、堂々としている人には魅力があり、人は自然とそのような良いオーラのある人に惹かれていくのです。

自分に自信を持つ5つの方法

自分に自信を持つことは、生きて行く上で沢山のメリットがあることが分かりました。それではどのようにすれば、今自信を持つことが出来ない人が、持てるようになるのでしょうか?次の項目からは、自分に自信を持てるようになるにはどうすれば良いか、その方法を紹介していきます。

1.自分は自分!他人と比較しない

他人と自分を比較して、どっちが優れていると優劣をつけ、優越感にひたったり、劣等感に陥ったりすることがあります。自信をなくすということも、優れた面を持つ人と比べて自分が劣っているように感じることが原因となっています。

兄弟など身近な人から始まり、クラスメイトや友達、そして同僚…年齢が上がるにつれてどんどんと比べる対象が増えていきます。気が付けば、いつも誰かと比較することが癖になってしまい、そうなる事によって自信も段々と喪失していってしまうのです。

自分のやりたい事をやり始めても、他人が自分よりも先に進んでいると、焦りの感覚が出てしまったりと、ついつい他人と競い始めてしまいます。他人と比べてもキリがありません。「自分は自分、他人は他人」と割り切って気にしないことが一番です。

人と比べるのではなく、自分自身に意識を集中させ、自分の道を進むようにしましょう。自信のある人は他人と自分を比べたりはせず、いつもマイペースではありませんか?

2.否定的な思い込みは捨てる

自分は「こういう人間なんだ」と決めつけ、自分を制限してしまっている人がいます。誰でも少なからずこのような考え方を無意識のうちに持っているものですが、このような考え方に気が付いた時には、すぐにこの制限を外すようにしましょう。

過去に失敗したから今回も無理に決まっている、という否定的な思い込みが自信をなくしてしまう原因になっています。このような制限は、本人が勝手に思い込んでいるにすぎないのです。たとえ過去ににできなかった事だととしても、人間は常に成長していくものです。永遠にできないなどという事は絶対にありません。

やりたいことが実現できないと思っているのも、このような思い込みが原因になっています。考えてみればいくらでも方法はあるのに、できないという思い込みによって最初から諦めてしまっているのです。

やりたいことがあっても、「時間がない」などの理由で最初から諦めてしまう人がいますが、本当に無理なのでしょうか。実際は自分で勝手に諦めてしまい、それを「時間がないから」「お金がないから」と言い訳にしてしまっているのです。

制限は自分自身が作り出しているだけ、ということに気づきましょう。自分自身が作ったものなら、自分でなくすこともできるはずです。実は制限なんてなかったということがわかれば、やりたいことを実現するための方法は見つかるでしょう。

3.アファーメーションの効果を利用する

アファーメーションは、肯定的な言葉を使った自己暗示法のことです。日本では昔から「言霊」という言葉があるように、言葉には力があると言われています。それを知らないと、ネガティブなことばかり言ってしまい、身の回りの状況をどんどん悪化させてしまうことになります。

アファーメーションは、自分自身に対して肯定的な言葉を使って暗示をかけることです。毎日何回も繰り返すことで、潜在意識に植え付けられていきます。

「宣言するだけで目標が達成できたら苦労しない。」と、皆さん思うことでしょう。そのため、このトレーニングを試す人は少ないようです。ですが、繰り返し行い、脳に暗示をかける事によりその効果は現れるので、長い目で見つつ、1度試してみるのも良いのではないでしょうか。

ちなみに、このアファーメーションの内容にもポイントがいくつかあります。それは、
①「~しない」ではなく「~する」というように、肯定的な言葉を選ぶ。
②「~したい」ではなく、「~だ」「~できた」など現在形か完了系にする。
③鏡の前に立ち、自分に向けて言葉を投げかける。
④マイナスな感情を起こさないようにする。

以上のポイントをふまえながら、チャレンジすると良いでしょう。もし、アファーメーションの作り方が分からなければ、詳しいアファーメーションの内容についても今ではネット上に沢山あるので、自分に合うものを見つけて、まずはぞれをそのまま使ってみても良いでしょう。

4.あるがままの自分を認める

誰にだって長所と短所があるものです。強みと言える部分もあれば、弱みも持っています。自分の強みと弱みを理解していますか?自分に自信がなくなると、弱みばかりが気になるかもしれません。しかし、誰にだって強みがあるものです。自分の強みをもっと見つけることで、自分に自信が持てるようになるでしょう。

また、弱みと思っていることも見方を変えれば強みになります。たとえば消極的な性格は、見方を変えれば慎重な性格ということになります。神経質な性格は、几帳面な性格になります。自分の長所は認められても短所はなかなか好きになれないものです。特に自分に自信がない人は、自分の短所ばかりが気になってしまうかもしれません。

普段から自分の強みを見いだすように意識してみて下さい。本当はもっと沢山あるはずです。それと同時に自分の弱い部分も認め受け入れ、自分のあるがままを愛するようにして下さい。あるがままの自分を認められるようになれば、自分を褒めることができるようになります。

そして自分のことをもっと好きになっていきます。自分を責めてばかりいると、セルフイメージが下がってしまいます。ちょっとしたことでもいいので、自分の素敵なところや、自分だけが知っている頑張りをもっと褒めて、自分を励ましましょう。自分は自分の見方であるべきです。

もし、自分を褒めることが難しいときには、最近では「自分の褒め方」の書籍なども沢山あるので、これらを参考にしながら行ってみると良いでしょう。自分を沢山褒め、愛することが出来るようになれば、人としての魅力が増し、パートナーとも良好な関係が築くことが出来るでしょう。自分を愛せない人は他人も愛することはできないからです。

5.成功体験を味わう

目標を達成すると、自分に自信を持つことができます。ただし、大きな目標だと途中で挫けてしまい、かえって自信を失ってしまうことになりかねないので、小さな目標を立て、階段を上るように成功体験を繰り返していくと、自信を持てるようになります。

ポイントは小さな目標にすることです。たとえば「自分から挨拶をする」など、自分がちょっと意識すればできるような目標を掲げ、達成感を味わいます。ダイエットをしている人が、今月中に10キロ痩せるという目標を掲げても、達成するのは難しいですよね。無理なダイエットをしてリバウンドし、自信をなくしてしまうかもしれません。

それよりも「20時過ぎたら何も食べない」「今日は間食をしない」といった小さな目標の方が達成できそうなので、やる気も増すでしょう。どんなに小さな目標であっても、この「達成感」を繰り返し味わい、積み上げる事が重要なポイントになります。

小さな目標でも達成すれば達成感を味うことができ、「自分はやればできるんだ」という自信をつけることができます。目標を確実にクリアしていくことで、どんどん自信がついてくるでしょう。

まとめ

自分に自信を持つということは、自分を信じることが出来たときに、持てるようになるということが分かりました。そして、自分に自信を持つ・自分を信じるために必要なのは

・自分に対する否定的な思い込みはなくす
・ありのままの自分を認め、強みを自分自身で褒めること
・他人と自分を比較するのではなく、自分に意識を集中すること
・小さな目標を掲げて何度も成功を体験すること
・肯定的な言葉・アファーメーションを使って日々トレーニングし、脳に暗示をかけること

以上のような方法を使えば、少しずつ自然と自信がついてくるでしょう。すぐには自信が持てないかもしれませんが、日々の積み重ねによってだんだん自信が湧いてきます。そのため自分に自信を持てるようになるには、心にそのような「考え癖」を付けさせなければなりません。考え癖を変えるには、いつも忘れずに意識することが大切です。

これから先も自分に自信をなくしてしまうことがないようにするには、このような考え方を完全に身につけなくてはいけません。そのためには習慣化する必要があります。習慣化してしまえば、いちいち意識しなくても、無意識のうちに自分に自信が持てるような考え方をすることができます。

ただし、習慣になるまでは、意識して取り組まなくてはいけないので、自分を変えるという固い決意が必要です。決意は固く持ち、行動は自分が取り組めると思う簡単なものから始めていけば、きっとその繰り返しと積み重ねで、自信を持つことが出来るようになるでしょう!