コミュ障の治し方5選!本や知恵袋でコツを掴んでコミュ障を治して仕事に活かそう

コミュ障の治し方に悩みを抱えている人もいるかと思います。コミュ障が原因で、仕事が満足にできないなどの状況になることも少なくありません。コミュ障を治して初対面の人とでも仲良くできるといいかと思います。コミュ障はコツさえ掴めば誰でも治せると言われています。コミュ障をいち早く治せるようにしましょう!

そもそもコミュ障ってなに!?病気なの?

コミュ障とは…

コミュ障という言葉を聞いたことはありますか?コミュ障は「コミュニケーション障害」の略だと言われています。この言葉は基本的にインターネット上で活用されることが多いです。コミュニケーション障害は、脳や聴覚の期間には特別に問題がないにもかかわらず、失語症などの言語障害・どもり症・声の障害・言語発達の遅れなどが現れるそうです。

上手く自分の感情を表現する言葉が見つけられないなどの問題がある状態です。コミュニケーション障害は幼児期・小児期・青年期に発症することが多いのです。また、これは心の病気による問題だと言われています。人間は人とコミュニケーションをする時に5つのステップで意思の伝達が行われます。この5つの段階のどれかに何らかの問題が生ずることで起こります。

インターネット上で頻繁に使われているコミュ障は、この意味で用いられることもあります。しかし多くの場合には「人とコミュニケーションを取るのが苦手」という意味で気軽に使われているのです。コミュ障は、専門的な治療が必要な場合もありますが「苦手」というだけの場合では自分の努力次第で治すことが出来ると言われています。

コミュ障を治すためには、何をしたらいいのかをしっかりと把握して、自分なりに努力をしてください。コミュ障を治すことで、自分の世界を更に広げたり仕事で人と円滑にコミュニケーションが取れるようになります。「コミュ障だから…」と悩んでいる人は、是非コミュ障を治す方法を参考にしてください。

コミュ障の治し方5選!初対面でも会話が弾む…

コミュ障は気持ちの持ちよう!?

コミュ障の人の中には「初対面の人と上手く話せない」という人もいます。この問題の多くは、気持ちの問題である事が多いと言われています。初対面の人と話をする時に「相手にどう思われているのか」を必要以上に気にしていませんか?これが原因で、「会話に集中できない」「オドオドして変な印象を持たれる」などの状況になる可能性もあります。

コミュ障の治し方として「こんな会話してつまらないと思われないかな?」「自分が挙動不審だと思われたらどうしよう」などの、初対面の人と会話をする時に抱える悩みをなくすことが大切です。これが出来なければ、初対面の人と上手くコミュニケーションを取るのは難しいと言われています。一度普段の自分の会話を振り返ってみてください。

相手に対して「挙動不審だたな」「不自然な会話をしていたな」などの印象をいつまでも持っていることはありません。多くの人は「どんな接し方をしたのか」ではなく「どんな内容に会話をしたのか」を覚えるのです。このことから必要以上に「相手にどう思われるのか」を考えても意味がないと判断できます。

人と会話をする際には「相手の話しているないように耳を傾ける」事を心掛けましょう。これが出来るようになると初対面の人とでも、自然に会話が楽しめるようになると言われています。これは、どんな人と会話をする上でも大切なことです。

とにかく聞いてうなずく

コミュ障の人は、自分からしてに会話を提供するのが苦手です。そのため、「何を話したらいいのか」を必要以上に考えます。しかし、人と会話をする際に自分が会話を提供しなければいけないという訳ではないのです。自分がコミュ障だという人は「聞き役になる」事を意識してください。この時にただ聞いているだけでは相手を不快にさせる可能性もあります。

相手が話をしている時には、適度にうなずくことも必要です。また、その時に疑問に思ったことは相手にしっかりと質問しましょう。質問することで「この人は話をちゃんとに聞いている」と好印象を持つと言われています。この時に「この質問したらどう思われるのか」を考える必要はありません。どんな質問でも相手に聞くことが大切です。

例えば「昔から部活に専念していた」という話を聞いた時には「何の部活なの?」、「イチゴが好き」と言われたときには「一度の何が好きなの?」などの簡単な質問で構いません。これは比較的多くの会話に使えるテクニックだと言われています。とにかく聞いてうなずく、時には質問をすることを心掛けてください。

相手の興味を持つ

コミュ障の治し方として人と会話をする時に大切なことは「相手に興味を持つ」ことです。「今会話をしている相手はどんな人なんだろう」と常に考えてください。人間は興味のない人との会話は楽しめないと言われています。相手の事を考えると「出身地はどこだろう」「血液型は?」「趣味は?」「兄弟は?」などさまざまな事が気になります。

この時に相手に興味を持った内容を、そのまま聞けばいいだけです。そうすれば、「何を話せばいいのだろう」と必要以上に悩む必要もなくなります。簡単に初対面の人とでも楽しい会話が出来る方法だと言われています。興味を持たないから、相手が話している内容を聞くものめんどくさいなどの状況に陥るのです。

常に笑顔でいる事を忘れない

会話をしている時に相手が無表情だとどんな印象を持ちますか?「自分との会話を楽しんでいない」「何を考えているのかわからない」などの悪印象を持たれます。しかし、反対に常に笑顔で会話をするとそれだけで好印象を持たれるようになるのです。笑顔の人とは「また話がしたい」と思われることも多いです。

このことから、自分が無表情になっていたりすれば周りの人から話しかけられない状況になる可能性もあります。反対に自分がコミュ障であっても笑顔でいれば、相手から積極的に話がしてもらえるのです。初対面の人と話をする時には、第一印象が大切です。少しだけ、どんな補油上で初対面の人と会話をしているのかを意識してください。

会話をしている時にこわばっていると感じた時には、意識的に笑うようにすることも大切です。また、この時に愛想笑いや不自然な笑いにならないように、普段から鏡の前で笑顔の練習が出来るといいかと思います。はじめのうちはどんな笑顔で接しているのかを考える必要はありません。とにかくどんな笑顔でも無表情の時よりは好印象を持たれると言われています。

初対面の人と会話をすることに慣れれば、意識しなくても自然な笑顔が出ます。そのため、まずはどんな笑顔でも、「相手に無表情にならない」事を第一に考えてください。これは誰と話をする時でも大切なことです。

とにかく人と関わるようにする

自分はコミュ障だからと、必要以上に自分の中に塞ぎこむ人もいます。しかし、この状況ではコミュ障を治すことは出来ません。コミュ障の治し方としては「たくさんの人と関わりをもつ」ことが大切です。人と関わりを持たないと「どんな接し方がベストなのか」「自分がどんな表情でいるべきなのか」「何を話せがいいのか」がわからないのままです。

始めのうちは緊張します。しかし、本当にコミュ障を治したいと思っている人は「積極的に人と関わる」ことが大切です。どんな人とでも構いません。「コンビニの店員さんに話しかけてみる」「近所の人に自分から挨拶をする」「自分の周りの人と何気ない会話を楽しむ」事を忘れないでください。

まずは「人と話をすることに慣れる」事を大切にしてください。毎日自分から会話をすれば、気が付いた時にはコミュ障が治っていると感じるのです。コミュ障だからといって、敢えて人と関わらないと状況がどんどん悪化する可能性もあると言われています。

コミュ障の治し方の参考に出来るおすすめの本を紹介

なぜ、人と話をすると楽になるのか

この「なぜ、人と話をすると楽になるのか」という本はコミュ障の治し方を参考に出来るおすすめの本として多くの人の間で話題になっています。これは作者の吉田さんがニコニコ生放送で語った話を再構成したものです。非常に柔らかな口調になっているので、「易しいコミュニケーション論」として多くの人に読まれています。また、内容が実践的なので誰にでも簡単に参考に出来ます。

「コミュ障」の視点から「コミュニケーションってなに?」という事を語っている書籍なのでコミュ障だと悩んでいる人は是非一度目を通してみてください。その場にいる誰もが気持ちよく会話をする方法が書かれています。

コミュ障動物性を失った人類

この「コミュ障動物性を失った人類」という本は、コミュ障について詳しく書かれている本です。自分がコミュ障だという人や、周りのコミュ障の人がいる人に読んでもらいたい本だと言われています。多くの人がコミュ障という言葉を頻繁に活用しています。しかし、実際には「コミュ障とは?」と疑問に思っている人や、なんとなく言葉を使っている人が多いです。

この本ではコミュ障は素晴らしい能力を持っている人間だと言われています。この本を読んで自分では気が付いていない能力が発見できるといいかと思います。素晴らしい能力が発見できれば、それが自分の自信に繋がります。

誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール

「誰とでも15分以上会話がとぎれない!話し方66のルール」は、コミュ障で人との会話が苦手だという人におすすめの本です。この本ではタイトルのように、人と会話をするときに会話がとぎれない方法を紹介しています。この本を参考にすれば、コミュ障の治し方として自分なりに良い方法が見つけられると考えられています。

また、この本だけではなく人との会話を円滑にするための本はたくさん販売されています。自分にあったコミュニケーションをとる方法が書かれている本を参考にして、コミュ障を治す努力をしてください。多くは気持ちの問題だと言われています。またこれが原因で人との関わり方がわからなくなります。まず「どうやって人との会話を楽しむのか」を知る必要があるのです。

人見知りが治るノート

人見知りが悪化すると「コミュ障」や「社会不安障害」になる可能性もあると言われています。コミュ障だから人と関われなくてもしょうがないと考えていては、何も解決出来ません。そんな時には「人見知りは治るノート」を参考にしましょう。これは人見知りを治す方法はたくさん書かれている本です。そのため、人と上手に関わる方法が見つかると言われています。

「人と関わる上で大切なことを一つ一つ克服していくためにはどうするべきか」などを本で学べると言われています。また人見知りだけではなく「あがり症」「引っ込み思案」「コミュ障」などさまざまな症状に効果があるようです。気になった人は是非一度目を通してみてください。

コミュ障の治し方「知恵袋を有効活用する」

知恵袋には同じ悩みを抱えている人がたくさん…

コミュ障を治したいけど、実際にどんな方法で治せばいいのかわからないという人もいます。自分が今何をすればいいのかわからなくなった時には「知恵袋」を有効活用して下さい。知恵袋にはさまざまな悩みを抱えている人がたくさんいます。そのため、自分と同じ悩みを抱えている人もいるのです。自分から周りの人に意見を聞いてもいいです。

自分からは質問できないという人は、他のコミュ障の人の悩みを参考にして知恵袋でコミュ障の治し方のヒントをもらいましょう。また知恵袋だけではなく、悩み相談の掲示板などはたくさんあります。2chで同じコミュ障の人と交流を持って、コミュ障の治し方の情報交換をしてもいいかと思います。コミュ障の治し方として「一人で悩まない」ことも大切です。

コミュ障の人は自分だけではなくという意識を持って、周りの人と知恵袋や2chを利用して情報交換をしてみてください。そうすることで、より自分に合ったコミュ障の治し方が見つかる可能性もあります。

まとめ

コミュ障の治し方で大切なことは「焦らない」

このようにコミュ障の治し方としてはさまざまな方法が挙げられます。コミュ障で人と関われないと悩んでいるのは自分だけではありません。近年ネット社会が主流になったことでコミュ障の人が増えていると言われています。コミュ障だからと人との関わりを絶つのではなく、治す努力をしてください。

また、自分でコミュ障を治す努力をしなければ改善は出来ません。自分が今できることは何かをしっかりと考えたうえで、徐々に治していきましょう。いきなり人と完璧に会話をしようとすれば、それが自分の負担になってますます人との関わりに抵抗を感じる可能性もあります。焦らないことも大切です。