出会いがないと感じている男性にありがちな習慣を20個、学生の頃からずっと感じている場合と社会人になってから感じている場合にわけてまとめています。「彼女欲しい〜でも出会いがない〜」と嘆いている皆様!当てはまる習慣があったら、今すぐやめて素敵な出会いをゲットしましょう!

出会いがないと嘆いているあなた

f:id:ffgai:20170128185059j:plain

「彼女が欲しい~、でも出会いがない~。」と嘆いている男性の皆さん、出会いがないと感じている、彼女ができないのはいつからでしょうか。

出会いがないと嘆いている男性には、共通する習慣があります。もし、当てはまる習慣があるのなら、その習慣を改善していくことで、出会いがないと嘆くことがなくんるかもしれません。その悪しき習慣を20個、ご紹介します。

出会いがないと嘆いている男性は、ぜひチェックしてみましょう。本当の出会いはすぐ近くに転がっているかもしれませんよ。

出会いがないのは学生の頃からずっと、という人の習慣とは?

1.女子とコミュニケーションをとるのが苦手

学生の頃から、出会いがないと感じている男性は、女性とコミュニケーションをとることが苦手です。ゆえに、女性の友達も少ないでしょう。

女性とコミュニケーションが苦手な人は、知らない間に女性との交流を避けてしまいがちです。そして、せっかく目の前にある出会いも、知らない間に素通りしてしまっているなんてことも多いものです。

女性と意識しすぎず、気軽に会話を繰り広げられるようにならなければ、せっかくの出会いも素通りしてしまいます。女性とのコミュニケーションが苦手だと感じている人は、女性と話す機会があれば積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

2.男友達とばかりつるんでいる。

学生の頃から出会いがないと思っている男性は、男友達とばかりつるんでいるという傾向があります。男友達ばかりと一緒に遊びに行ったり、飲みに行ったりという生活では、女性との出会いがないのも当然です。

たまには、女性も交えて複数で遊びにいくようにしましょう。女性を交えて遊ぶことで、女性の扱い方や接し方を学ぶ機会にもなりますし、ふとした瞬間に出会いに繋がる出来事があるかもしれません。

3.理想が高すぎる。

学生の頃から出会いがないと思っている男性は、彼女や女性に対する理想が高い傾向があります。彼女の見た目もそうですが、内面も、自分が思い描いたような人に出会いたいと理想を高く持っているため、素敵な女性が現れても、気づかずに通り過ぎてしまっています。

理想を高くもつということも大切ですが、理想はあくまでも理想です。自分と相性の良い女性と出会うのも、理想の女性と出会うよりも楽しいかもしれませんよ。

4.初対面の人と馴染むのが得意ではない。

学生の頃から、出会いがないと思っている男性は、男性女性に関わらず、初対面の人と人間関係を築くことが苦手な傾向があります。

人見知りだったり、打ち解けるのに時間がかかったりしてしまいます。元来の性格と言えば、そうかもしれませんが、新しい出会いや素敵な出会いを得るためには、フレンドリーでいることが大切です。

少し意識して、積極的に初対面の人に馴染めるように努力も必要かもしれません。うまく話せない場合は、相手の話に相槌をうつなど、聞き上手に徹するのもおすすめです。

5.「自分なんか…」と否定的に考えがち。

学生の頃から出会いがないと感じている男性は、「どうせ自分なんか…」となんでも否定的に考えがちです。恋愛に関わらず、「どうせ自分なんか、自分なんか無理だ。」と思っていると何事もうまくいきません。

また、何でも否定的な考えの人と一緒にいるのは、案外しんどいと感じてしまう人も多いのです。少しポジティブになってみてはいかがでしょうか。「どうせ自分なんか…」という考えを払拭すれば、新しい自分にも出会えるかもしれません。

6.自分はモテないと思い込んでしまっている。

学生の頃から出会いどころか、彼女もいないからといって、「自分はモテない」と思い込んでしまっているのも、出会いがないと嘆いている男性に多い傾向です。

「自分はモテない」と思い込んでいることから、女性がいても逃げ腰になりがちです。モテないから、女性と出会っても恋愛に発展することなんてないと思い込んでしまっていて、控えめになっているのです。

7.仲の良い友人も、彼女がいない人ばかりだ。

類は友を呼ぶと言われるように、出会いがないと嘆いている男性の周りには、彼女がいない、出会いがないと感じている人が集まる傾向にあります。

休日や仕事帰り、そんな仲間で飲みに行ったり、遊びに行ったりしてしまっていませんか。適度に行くぶんには構いませんが、お互い出会いがないという安心感に浸ってしまいがちです。出会いが欲しいなら、彼女や結婚している男性や、女友達の多い男性と遊ぶようにするのもおすすめです。

社会人になったら出会いがなくなったという人にありがちな習慣

8.毎日の生活が単調すぎる。

社会人になったら、急に出会いがなくなったと感じる人に多いのが、毎日の生活が単調すぎるというものです。

朝起きて、会社に行って、帰ってきて寝るというようなサイクルを平日に繰り返している場合は、出会いがないとなげいてしまうようです。学生の頃は、授業が終わってバイトがない日は、友達と出かけたり、サークルに参加したりなど活動的だったはずです。

9.どうせ出会いがないと思い込んでいる。

社会人になったら、仕事上出会う人も会社の中も男性だらけだったり、仕事の忙しさだったりから、どうせ出会いがないと諦めてしまっている場合です。

どうせ出会いがないと諦めてしまっているので、合コンや飲み会など出会いの場に参加しても、自分をアピールしたり、素敵な出会いに期待したりすることはありません。そうなると、素敵な出会いも逃げていってしまいますね。

10.身だしなみに気を遣うのを忘れている。

学生の頃は、ちょっとした寝癖なども気になったものです。しかし年齢を重ねるたびに、ちょっとくらいいいやと思ってしまいがちなのが、身だしなみです。

まして、彼女がいない年数が長ければ長いほど、億劫になりがちです。出会いはいつどこに転がっているかわかりません。いつでも、身だしなみは最低限きちんとして、清潔感を維持しておきたいですね。

11.休みの日は家にこもりがち。

仕事が休みの日は、家の中でゴロゴロして過ごしたり、家でDVDを見て過ごすという人が多いのも、出会いがないと嘆いている男性に多い傾向にあります。

学生の頃は、休みの日は決まってでかけていたのに、社会人になった途端、休みの日くらいはゆっくりと家で寝て過ごしたいと思ってしまうようです。大切なプライベートな時間を、家にこもってばかりいては、出会いがないのは当然といえば当然かもしれません。

12.一人で楽しめる趣味に没頭しすぎている。

仕事以外の時間は、自分の大好きな趣味にひとりで没頭しているという人が多いのも特徴です。適度に、1人で趣味をするのは良いことですが、休みの日は決まってとなると、出会いを探す時間はありません。

1人の趣味は適度に楽しみつつ、みんなで楽しめるような趣味を見つけたり、たまには外に出かけたりするのがおすすめです。

13.何でもかんでも自分中心に考えて行動している。

出会いがないと嘆いている男性は、なんでも自分中心に物事を考えてしまいがちな傾向があります。おそらく、1人で過ごす時間に慣れすぎていて、自分のペースでなんでもしてしまうからでしょう。

一歩、外に出れば、自分のことは一端おいておいて、周囲の人に目を向けてみましょう。そうすることで、今まで気づかなかったような出会いが待っているかもしれません。

14.仕事に没頭しすぎている。

出会いがないと思っている男性は、仕事に没頭しすぎな人が多い傾向があります。 仕事に一生懸命なことは、とても良いことです。

しかし、仕事に一生懸命になりすぎるあまりに、プライベートな時間がおろそかになってしまっている場合も多いのです。 たまには、仕事から離れてゆっくりと過ごす時間を作ってみるのもいいですね。

15.オシャレをすることを忘れてしまっている。

年齢を重ねるたびに、オシャレに手を抜きがちなのが、出会いがないと感じている人に多い特徴です。

学生の頃は、私服で通学するため私服にとことんこだわっていたのに、仕事は毎日スーツだからといって、私服は数年前に買ったヨレヨレのものを着ていたり、スーツはシワシワだったりという人も多いでしょう。

素敵な出会いを引き寄せる男性は、どんな時もオシャレに気を遣える男性が多いのです。

16.自分1人で過ごす時間が案外好き。

1人で過ごす時間が好き、ひとりが好きという人が多いのも、出会いがないと感じている人に多い習慣です。

1人で過ごす時間が好きで、その時間に居心地の良さを感じているので、あえて自分から出会いを探しに行こうということはほとんどありません。

17.他人を否定するような発言が多い。

出会いがないと感じている男性に多いのが、自分では気づいていなくても他人を否定するような発言をすることが多い傾向にあります。

他人が言ったことや、したことについて素直に「そうだね。」「すごいね。」と言えず、「それは●●だ。」などと言うふうに言っていては、より良い人間関係を築くことができません。せっかくの出会いも、出会いに繋がらずに終わってしまいます。

18.プライドが高すぎる。

出会いがないと嘆いている男性に多いのが、プライドが高すぎるというものです。誰しもがというわけではありませんが、プライドが高すぎるあまり、自分から出会いを求めて活動するということができません。

友人や周囲の人に、紹介をお願いしたり、合コンなどに参加したりということが気安くできません。周囲には、出会いに困っていないと見栄をはってしまいがちです。

本当に出会いがほしいなら、高すぎるプライドは少し邪魔なようです。

19.「めんどくさい。」が口癖。

出会いがないと感じている男性は、「めんどくさい」というのが口癖だったり、そう感じることが多いのが特徴です。

何をするのも、基本的にめんどくさいと感じてしまうため、わざわざ自分から出会いを探しにいくのも、面倒に感じてしまうのです。

出会いが欲しい気持ちはあっても、実際に行動に移すのに、おしりがなかなか上がらないので、出会いを遠ざけてしまっています。

20.元カノや昔好きだった人を引きずっている。

出会いがないと感じている男性に多い習慣は、元カノや昔に好きだった人を心のどこかで引きずっているというものです。

本人は吹っ切れたと思っていても、いざというときになると元カノを思い出してしまったり、比べてしまったりして、良い出会いがないなと思ってしまいます。

過去の思い出はとても良く見えるものです。いつまでも過去にこだわっていては、前に進むことはできません。

出会いがいない!ありがちな習慣を取り除こう。

出会いがないと感じている男性に多いありがちな習慣について、学生の頃から感じている場合と社会人になった途端に感じている場合について合計20個をまとめてみました。 1つでも当てはまるものがあれば、今すぐに改善していきましょう。

出会いがほしいなら、自分の習慣を変えるちょっとした努力も必要ですよ。