脚が太いことで長年お悩みの方必見!タイプ別原因と解消方法を知って美脚を目指そう!

プ二プ二の太もも、ひざ上に乗ったお肉、ボテッと太いふくらはぎ…なんとかしたい!あなたの脚はなんで太いのか!?原因を知って、ミニスカートやスキニーデニムの似合うほっそり美脚を目指しましょう!

脚が太い…なんとかしたい!

ダイエットで体重も軽くなったし、ウエストも少し細くなった!でも脚だけはどうしても細くならない…むしろ痩せてほしくないバストの方が小さくなってきちゃった。美脚エクササイズを頑張ってたのに、細くなるどころか太くなった気がする。

こんなお悩みありませんか?

それは自分の脚に合った方法じゃないからかも!?まずはしっかり自分の脚と向き合って、“なぜ”太いのかを知るところから始めましょう。

脚が太いのは遺伝のせい!?

私の脚が太いのはお母さんのせい!だってお母さんも同じように脚が太いんだもん!脚が太いのは遺伝なんだからどうしようもない…と諦めていませんか?

結論から言うと、脚が太いのは遺伝ではないと考えられています。

脚の長さや肉質などは遺伝の影響が大きいかもしれません。脚が長ければ少し細く見えるかもしれませんし、お肉が柔らければ少し太く見えるかもしれません。しかし、脚の太さは環境の影響が大きいと考えられています。

もし今、母親と同じ様な脚の太さ・脚の形で悩んでいるのなら、それは母親と食生活・歩き方・生活習慣等が同じか似ているからだと考えられます。

脚が太いのは遺伝ではないとすれば、自分の頑張り次第である程度コントロールできるということです。
自分の脚がなぜ太いのか、理由を知ってなりたい脚を目指しましょう!

なんで太いの!?脚が太い3つの原因と解消法

脚が太いと悩んでいる方には3つのタイプがあると言われています。まず自分がどのタイプなのかチェックしてみてください。

自分はどのタイプ?タイプ分けチェックリスト

下記のチェックリストで自分の脚に当てはまるものをすべて選んでください。

 A.朝と夕方で脚の太さが違う
 A.味の濃い食べ物が好き
 A.すねや太ももを指で20秒押すと跡がなかなか消えない
 B.脚の肉質は柔らかく、力を入れても指でつまめる
 B.皮膚の表面に凸凹がある(セルライト)
 B.締まりがなく、脚の線がぼやけて見える
 C.運動をしていた(している)経験がある
 C.脚の肉質が硬い
 C.脚に力を入れても筋肉の動きが少ない

一番多かったアルファベットがあなたの脚のタイプです。中には複数のタイプに当てはまる方もいると思います。

次はタイプ別に詳しく原因と解消法をみていきましょう。

A:ムクミ太りタイプ

チェックリストでAが多かった方は『ムクミ』が原因で脚が太いと考えられます。

朝はそんなに太くないのに…と思っている方も多いのではないでしょうか。夕方には脚がパンパンでパンプスやブーツもきついし、スキニーデニムなんか着替えが大変ですよね。

でもこのタイプはムクミさえ解消できれば、脚が太いという悩みも一気に解消できるのが特徴です。しかし、ムクミは“セルライト”の原因とも言われているので、放っておくとますます脚が太くなってしまう!なんて恐ろしい結果にもなりかねません。

ここでしっかり“ムクミ”とさようなら!しておきましょう。

一番大切なのは、むくみやすい体質や習慣を改善することです。マッサージ等で一時的に回復はしても、体質を変えない限りはムクミを繰り返してしまいます。

A:ムクミとさようなら!する方法

むくまない体質&習慣作り】

1:塩分の摂取量に気を付ける!
塩分=ナトリウムを摂りすぎると、塩分濃度を水分で薄めて正常に保つために体内に水分を溜め込んでしまうそうです。それがムクミの原因です。なので、なるべく塩辛いもの・味の濃いものは控えるようにしましょう。

それでも食べ過ぎちゃった!という時は、“カリウム”を多く含む食品を食べるようにしましょう。カリウムには“利尿作用”があるので、余分な水分を尿として体の外に出してくれます。

※カリウムを多く含むおすすめ食品
きゅうり、アボカド、納豆、バナナ、スイカ…etc

2 : 脚を冷やさない!
ムクミに悩んでいる人は、同時に“冷え症”にも悩んでいる人が多いようです。それは、ムクミの原因の水分が外気温に影響を受けて冷えやすい物だからだと考えられています。また、脚先が冷えることで血流が悪くなり、水分の代謝も悪くなることでムクミにつながると言われています。

3:ふくらはぎに適度な筋肉を!
第2の心臓と呼ばれるふくらはぎには、脚に降りた血液を心臓に戻すためのポンプ機能があります。筋力が弱いとポンプの力も弱まってしまいます。しっかりと脚の水分を上に戻すためには適度な筋肉が必要です。効果的なエクササイズは後ほど…

4:同じ姿勢を続けない!
授業や仕事でずっと座りっぱなし・立ちっぱなしだと、血流が悪くなってむくんでしまいます。1時間に1回、足首を回して何度か“つま先立ち”をするだけで大分違うはずです!もちろん、脚を組む癖がある方は要注意です!

B:脂肪太りタイプ

チェックリストでBが多かった方は『脂肪』が原因で脚が太いと考えられます。このタイプの方は、脚の他にもお肉が気になる部分…ありませんか!?

脚が脂肪太りしてしまう原因は、ズバリ、“食べ過ぎ”と“運動不足”です。たくさん食べても、その分のカロリーを消費できていれば問題ないのですが…

【食べたカロリー】>【消費カロリー】= 脂肪が増える

となってしまっていると考えられます。
 
【食べたカロリー】<【消費カロリー】= 脂肪が減る

となるように食事に気を付けて、適度に運動をしましょう。

ふくらはぎと太ももの筋肉は大きいので、筋肉をつけられれば消費カロリーも上がりやすくなると言われています。

このタイプの特徴は、成功すれば脚以外のダイエットもできる可能性があるということです。最初は少し辛いかもしれませんが、スラッとした美脚のために頑張りましょう!

B:脚の脂肪とさようなら!する方法

まず、高カロリーの物・甘い物を食べるなら必ず運動で消費!
【例】
・エレベーターはやめて階段を使う
・目的の1駅前で降りて歩く
・早歩きをする

ありきたり例ですが毎日時間を決めて運動をするよりも、1日の中で何度も“ついで”運動をする方が効率的ですし取り入れやすいのでおすすめですよ!ちなみにショートケーキ1個(327kcal)消費するのにジョギング1時間が必要だと言われています。

次に、とにかく脚に筋肉をつけましょう!ただ細いのが美脚ではありません、適度な筋肉は引き締まった美脚を作るために必須です!おすすめのエクササイズ方法をご紹介します。どれも簡単ですぐできるものですが、最初は筋肉痛になること間違いなしです。

※エクササイズしたまま放置するのは筋肉太りの元!エクササイズ後は下記のCタイプのエクササイズ・マッサージもしてみてくださいね。


ふくらはぎエクササイズ!
簡単で、ノリノリなお兄さんとがんばれます。

ノリノリなお兄さんシリーズ2
こちらは前太ももエクササイズ!

ノリノリなお兄さんシリーズ3
前太ももと裏太もも、ヒップにも効きます!

C:筋肉太りタイプ

チェックリストでCが多かった方は『筋肉』が原因で脚が太いと考えられます。この中でも2つのタイプに分けられます。

1:運動を辞めてしばらく経つ → “すでに筋肉太り”タイプ
2:現在も運動をしてよく脚の筋肉を使う → “筋肉太り予備軍”タイプ

まずは、1の“すでに筋肉太り”タイプ。
≪原因≫
運動をしなくなり、衰えた筋肉の間に脂肪が絡み合うように蓄積されている状態だと考えられます。でも脚は硬いもん、筋肉がまだある証拠でしょ!?と思うかもしれませんが…それは筋肉の間に溜まった老廃物がカチカチに固まっているからだと言われています。

≪解消法≫
硬くなった筋肉をほぐして、溜まった老廃物を流す!日にちをかけて溜まったものをすぐに解消するのは難しいものです。あきらめずに毎日続けましょう!おすすめマッサージは後ほど!
 
次に、2の“筋肉太り予備軍”タイプ。
≪原因≫
現役バリバリで筋肉を使っている方は、脚の表面に近い筋肉が発達していると考えられます。今は運動に必要だと思いますので仕方がないですが、いつかその運動を辞めた時、1の筋肉太りに悩まないために今から予防をしておきましょう。

≪解消法≫
・ゆったりと呼吸を意識した“ヨガ”や“ピラティス”等がおすすめです!
しなやかな美脚に筋肉は必要不可欠ですが、キュッと引き締まった脚に必要なのは表面ではなく内側にある“インナーマッスル”と呼ばれる筋肉です。表面の筋肉は無酸素運動、インナーマッスルは有酸素運動で鍛えられると言われています。B:脂肪太りの方におすすめしているような、急な動きや激しい動きのエクササイズは厳禁!!

・運動後にストレッチやマッサージで筋肉をほぐして、脚に溜まった老廃物(乳酸)を流すのを忘れずに!
これを忘れると、老廃物が固まってカチカチの脚になってしまいます。

C:カチコチ筋肉とさようなら!する方法

1,2どちらのタイプの方も…

・脚のインナーマッスルを鍛える
・硬くなった筋肉をほぐす
・脚に溜まった老廃物を流す

以上のことが重要です。おすすめのエクササイズやマッサージ法を載せておくので、お試ししてみてくださいね。

※B:脂肪太りの方もBでおすすめした筋トレの後に、こちらもしていただくことをおすすめします。


◎脚のインナーマッスルを鍛えるヨガ!
一つ一つの動きや呼吸法など丁寧に教えてくれるので、ヨガが初めてという方でもできると思います。少し長いですが、ゆったりとやってみてくださいね!

◎筋肉をほぐすストレッチ1
こちらは前太ももを伸ばします方法です。運動や筋トレ後に行ってください。

◎筋肉をほぐすストレッチ2
こちらは脚の裏側を伸ばす方法です。1と合わせて、運動や筋トレ後にやってみてください。

◎脚に溜まった老廃物を流すマッサージ
上のストレッチで筋肉をほぐした後にやってみてください。最初は少し痛いかもしれません、痛気持ちいいくらいの無理のない力加減で行ってください。
慣れてくると気持ちいですよ!

美しい歩き方で美脚になる!

これは、上の3タイプ全て共通です。歩き方に“変な癖”があると、筋肉に偏りができたり骨が歪んで、脚が太くなると言われています。

日常で歩くことって結構ありますよね?癖を直して、正しい歩き方を意識するだけで美脚への道はグッと近くなります!

≪正しく美しい歩き方≫
 
1:正しい立ち方
頭のてっぺんを糸でつられているイメージで、背筋を伸ばして立ってみてください。この時、お尻全体を硬くするようにキュッと力を入れます。そうすると、自然と脚にも力が入りませんか?『重心が足裏の内側』にあれば、それが正しい立ち方です。

2:正しい歩き方
かかとから着地します。そして、しっかりと“足の親指”で地面を蹴って前に進みます。 
・親指で蹴るのができていない人(浮き指)が多いようなので要注意!
・外側重心になりがちなので、正しい立ち方をキープしたまま内側重心をしっかり意識!
・スマホなどのながら歩きはNG。遠くの方を見て歩くとキレイに歩ける!

モデルの様に美しく颯爽と歩いているお姉さんって素敵ですよね…そういうなりたいイメージを思い浮かべながら、かっこよく歩いてみましょう!やっているうちに憧れのイメージに近づけるかも!?

脚が細くなるまで待てない!今すぐ役立つおすすめグッズ

上記でタイプ別に色々と解消法をお伝えしてきましたが、全て『脚が太い』という悩みを根本から解決するための“脚質改善”の方法です。なので、すぐに効果の出るものではありません。毎日粘り強く続けていかなければいけません。でも今すぐ、少しでも何とかしたい!という方のためにいくつかおすすめグッズをご紹介します。

しかし、これらはあくまでも対症療法のようなものでしかありません。上記の脚質改善を続けながら、使ってみてくださいね!

むくみには“カリウム”が効くと説明しましたが、明日葉には多くのカリウムが含まれています。
サラサラ成分の“カルコン”も多く含まれているので、相乗効果でムクミと老廃物にさようなら!するお手伝いをしてくれます。

ボディローションなのですが、「落ちにくい脂肪(キャピトン)に働きかける」との商品説明があるスリミング剤です。

少々お値段は張りますが、美容雑誌にも取り上げられ、口コミ評価も高いです。

おわりに…

いかがでしたでしょうか。最近はペタンコ靴やスニーカーが流行っていますが、脚が太いのが目立つからと我慢していませんか?実は100均にも売っている『かかとアップインソール』を入れると、ヒールアップ効果で少し脚がほっそり見えるのでおすすめですよ!

少し時間はかかるかもしれませんが、自分の脚と向き合って、キュッと引き締まった美脚を手に入れましょう!