アクウィッシュウォーターサーバーの特徴

キリンビバレッジの提供する宅配水ということで注目された「キリン アクウィッシュ」ですが、キリンビバレッジの事業撤退により、フレシャスのアクウィッシュとなっています。もともとフレシャスの水を提供していたため、少し複雑な事業形態になっています。

ここではアクウィッシュの特徴を紹介するとともに、アクウィッシュとキリンビバレッジ、フレシャスの関係についても紹介していきます。

アクウィッシュとキリンビバレッジとフレシャスの関係

アクウィッシュはキリンビバレッジの宅配水として事業を行っていましたが、このときに利用していたのがフレシャスの水とウォーターサーバーでした。キリンビバレッジとしてはキリンの名前だけを使っているような状態でした。

キリンビバレッジが宅配水事業から撤退するときに、事業を受け継いだのがフレシャスを展開している富士山の銘水株式会社です。

このため富士山の銘水株式会社ではフレシャスとアクウィッシュの2種類の宅配水を扱うことになるのですが、そもそもアクウィッシュはフレシャスと同じものであるため、同じ商品を2つの系統で扱うということになっています。

両者の違いは、選べる宅配水の種類だけです。細かな違いはありますが、その他はほぼ同じだと考えてください。

また、現在はアクウィッシュでの新規募集は行なっておらず、キリンビバレッジからの引き続きだけを行なっています。

アクウィッシュの基本情報

まずはアクウィッシュの基本的な情報について紹介します。

ウォーターサーバー種類:1種類(床置、卓上)
水の種類:天然水1種類
ボトルの回収:不要(ワンウェイ)
対応エリア:沖縄及び離島など一部地域を除くすべての地域

宅配送料:無料
支払い方法:クレジットカード

現在は新規でアクウィッシュブランドの利用はできません。アクウィッシュのウォーターサーバーや水を利用したい場合は、フレシャスを利用することになります。

アクウィッシュの水の特徴

ボトル単価(7.15L):税抜1078円(500ml換算:75円)

アクウィッシュの水「富士山まろやか天然水」は富士山で濾過された天然水を採水したもので、硬度が22mg/Lと、とても飲みやすい軟水になります。富士山の天然水の特徴でもあるバナジウムを含んでいますので、健康や美容に気を使っている人に最適な水です。

クセのない軟水ですので、料理だけでなく赤ちゃんのミルクにも最適な天然水です。
※赤ちゃん専用でウォーターサーバを選ぶのであれば「赤ちゃんのミルクを作るのに最適なウォーターサーバー」の記事も御覧ください。

また、アクウィッシュの水はフレシャスの水とは成分や硬度が微妙に違いますが、飲んで違いが分かる人はいないかと思います。ほぼ同じ水ですので、新規に申し込む人はアクウィッシュではなくフレシャスの水を選ぶ事になりますが、水の違いをそれほど気にする必要はありません。

アクウィッシュのウォーターサーバーの特徴

カラー:3色(床置、卓上の2タイプあり)
電気代:972円
利用水量:7.15L
月間利用料金:0円

アクウィッシュのウォーターサーバーは1種類で、床置タイプと卓上タイプの2タイプ用意されています。デザイン性が高く、必要最低限の機能を備えた標準タイプのウォーターサーバーになります。

以前はアクウィッシュのみのカラーがありましたが、フレシャスでアクウィッシュを取り扱うことになったことで、フレシャスでも同じカラーのウォーターサーバーを選べるようになっています。

アクウィッシュを利用したい場合

アクウィッシュブランドとしては、すでに新規のサービス利用者を募集していません。現在は以前からの利用者への水の宅配とメンテナンスサービスを行なっています。

ですので、もしアクウィッシュを利用したい場合はフレシャスのサービスを利用することになります。100%同じではありませんが、アクウィッシュのウォーターサーバーは利用でき、宅は水の成分もアクウィッシュとフレシャスではほとんど違いはありません。

アクウィッシュのサービスを受けたいと考えている人は、ぜひフレシャスのサービスをご利用ください。

まとめ

キリンビバレッジの宅は水として期待されたウォーターサーバーでしたが、現在はフレシャスのサービスの中に組み込まれています。そのため新規での利用はできず、継続のみの対応になっています。

どうしてもアクウィッシュのサービスを受けたい場合は、同等同品質のサービスを受けられるフレシャスのウォーターサーバーを利用しましょう。