赤ちゃん専用ウォーターサーバー「エンジェルスマイル」の良い悪い口コミまとめ

赤ちゃん専用のウォーターサーバーとして注目されているエンジェルウォーター。赤ちゃんのためには徹底して安全にこだわり、赤ちゃんが口にすることを前提に作られたウォーターサーバーを提供しているエンジェルウォーターですが、「赤ちゃん専用」ばかりが注目されて、意外と他のいいところが見えていなかったりします。

ここではエンジェルウォーターの特徴と、多くの人が利用するその理由を紹介しますので、これからウォーターサーバーを導入しようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

エンジェルウォーターの基本情報

まずはエンジェルウォーターの基本的な情報について、チェックしていきましょう。

ウォーターサーバー種類:1種類(5色)
水の種類:RO水1種類、天然水1種類
ボトルの回収:不要(ワンウェイ)
対応エリア:沖縄と離島を除く全国

宅配送料:0円
支払い方法:クレジットカード

エンジェルウォーターは沖縄と離島を除く全国で利用することができます。水の種類は基本的にはRO水のみですが、ミルクを卒業した赤ちゃんのために天然水も用意しています。ウォーターサーバーも色は選べるものの、用意されている機種は1種類のみになります。

エンジェルウォーターの水の特徴

エンジェルウォーターの水は、赤ちゃんのミルク専用としては1種類しかありませんが、ミルクを卒業した赤ちゃんのために天然水も用意しています。

エンジェルウォーター

ボトル単価(12L):税抜1670円(500ml換算:70円)
ボトル単価(8L):税抜1250円(500ml換算:78円)

エンジェルウォーターは純水にこだわったRO水で、他社のRO水のように添加物を加えていないことが特徴になります。放射性物質も含んでいませんので、水道水よりも安心して使用することができます。

硬度は0.6mg/Lの軟水でとても飲みやすい水ですが、ミルクを作るのにも適した水になります。ミネラルは入っていませんが、赤ちゃんの体に必要な栄養は粉ミルクに含まれていますので、栄養バランスを崩さないためにも純水であることを大切にしています。

なごみん

ボトル単価(12L):税抜1670円(500ml換算:70円)

なごみんはミルクを卒業した子どものための水になります。エンジェルウォーターはミルクを作ることに特化した結果、純水にこだわりましたが、離乳食を食べ始めると、ミネラルを含んだ水のほうが体に適した水になります。

そのため、なごみんは硬度30mg/Lの富士の天然水を採用し、大人の体にも最適な水を提供しています。

エンジェルウォーターのウォーターサーバーの特徴

カラー:5色
利用水量:8L、12L
電気代:800円 エコモード500円
月間利用料金:0円

ウォーターサーバーにも赤ちゃん専用のこだわりが含まれています。

BABY ECO MODEでは温水を70℃設定にして、粉ミルクがぎりぎり調乳できる温度にしています。温度が低くなることでミルクを冷ます時間が短縮できるため、お腹が空いた赤ちゃんに、すぐにミルクを飲ませてあげることができます。

ウォーターサーバーの種類は1種類ですが、カラーの組み合わせなどで200通りのデザインの中から選ぶことができます。小さいお子さんの手に触れても大丈夫なように、冷水にもチャイルドロックをつけられるなど、安全には徹底してこだわりをみせているウォーターサーバーになります。

エンジェルウォーターが選ばれる理由

エンジェルウォーターが選ばれる最大の理由は、赤ちゃん専用に特化したことにあります。他社のウォーターサーバーでも「赤ちゃんでも安心」としているウォーターサーバーはいくつもありますが、赤ちゃんのミルクのために、無添加のRO水を提供している業者はほとんどありません。

ウォーターサーバー本体もミルクを作るのに最適な温度で温水を出せるようにするなど、赤ちゃんのためを全面に押し出していることが、これから出産を迎える家庭や、子育てが始まった家庭に選ばれている理由になります。

ミルクを卒業した子どものために天然水を安価に提供していることも、エンジェルウォーターが高い人気を誇る理由のひとつです。

まとめ

東日本大震災後に、水道水に放射性物質が混入するなど、赤ちゃんにとって水道水は安全な水ではなくなってしまいました。そのためミネラルウォーターを利用している家庭もありますが、ミルクを作るにはミネラルウォーターではなく純水が最適です。

そこでエンジェルウォーターは赤ちゃんに安全な水で育って欲しいという思いから、あえて添加物加えていない安全なRO水を提供しています。

エンジェルウォーターは、赤ちゃんのためにウォーターサーバーを導入しようと考えている家庭に最適です。赤ちゃんのために安全安心の水を手に入れたい人は、ぜひエンジェルウォーターの導入を検討してみましょう。