愛されたい愛されたいと思うほど不安になってしまう。それどころか大好きな人がどんどん離れていってしまうなんて。このまとめでは愛されたい症候群とは何か、どうしてそうなってしまったのか、またどうしたら愛されて幸せになれるのかをまとめてみました。

愛されたい症候群とは?

愛されたい症候群は、他人から愛して欲しい、自分の存在価値を認めて欲しいと強く思う症状です。愛されたい症候群は主に幼少期の親からの愛情を十分に感じずに育った方に多く見受けられるそうです。

親からの愛情を得るためだったり、自分は生まれてきてよかったんだと証明したいがために頑張ったり。本来親の愛情は見返りを求めない無償の愛です。動物たちの親がまさにそうです。愛されたい症候群の人たちは愛に飢えているのです。

幼少期の親との関係にトラウマを持って育った大人。それがアダルトチルドレンです。幼いときに愛して欲しかった、愛されなかったトラウマを成長した後も引きずっているのです。

愛されたい症候群の場合「愛して欲しい」ばかりになってしまうのが問題なのです。

愛を求めすぎるとかえって愛されなくなってしまうことが多いかもしれません。愛してくれと言っている人よりも、自分に愛情をくれる人に私たちは惹かれるものです。自分だけを見て欲しい、捨てないで欲しいと叫び続けている人は重荷になってしまうかもしれません。

愛されたくて仕方がないのに、裏目に出てしまう「愛されたい症候群」。ではどうしたら自然と、過剰な行動を取らなくても愛される自分になれるのでしょうか?愛されたい症候群の特徴と、愛されて幸せになれるようになるためのささやかなアドバイスをまとめてみました。

愛されたい症候群の原因

自己嫌悪感や劣等感が強い

愛されたい症候群になってしまう原因には大きく分けて二つあります。一つ目は幼少期の環境、二つ目は自分を愛せないという自分への負の感情になります。そして人からの愛に心から飢えている人達はその解決策として、まずこの二つの原因をしっかりと理解していくことが何よりも大事と言えるでしょう。

そこで、ここではこの愛されたい症候群の主要原因ともいえる二つの原因を詳しく説明していきたいと思います。

自分へのマイナスな気持ちを強く持ち続け続ける特性もその人を愛されたい症候群に駆り立ててしまう主要な要因と言えます。こういった人達は自分の存在に対して、強いコンプレックスや自信の無さを持っているので、自然に自己に対して強い嫌悪感を持ってしまうことが実に多いと言えます。

そして、この自己嫌悪感により、心から自己を愛せなくなるのです。しかしながら、そんな嫌悪感を持っている自己に対してどこか本心では認めてあげたい、愛してあげたいというアンビバレンスな気持も持っていることがよくあるのです。そこで、自分で自己を十分に愛せない彼らは、他者からの愛情を通して、その自己の欲求を満たそうとすることがあるのです。

そのため、自己に自信が持てない、劣等感がある、コンプレックスがあるなどといった、自己に対して嫌悪感を持っている人は人からの愛を過剰に求めやすいのだと考えられるのです。反対から考えたらわかりやすいかもしれません。例えば、人から愛されたいと願っている人はどこか自分に自信がなかったりしませんか?

このようなことが原因で、あなたが愛されたい症候群になっているのであれば、まずは自己の精神的な気持ちをしっかりと整理してあげて、自己を好きになれる機会を増やしていけば改善できる可能性は高いと言えるでしょう。

小さい頃に受けた親からの愛情の影響

幼少期の環境ですが、幼少期という期間は脳が最も未熟でかつ最も周りの影響を受けやすい時期と言われているのをご存知でしょうか?従って、この時期に脳の中にインプットされた経験、感情などは後の人格形成にもっとも影響の与えるものとして、脳内に強く残り続けると考えられているのですが、このような時期に自分にとってネガティブな気持ちを受けると、それが後々の自分の気持ちの根底に居座って、自分をどこかマイナス思考な人間にしてしまうことがよくあるのです。

そして、当然、幼少期に受けた自分への愛情という感情も後々の自分への気持ちに大きな影響を与えると考えられています。従って、幼少期に十分に人からの愛を受ける経験が得られないような環境で育った人達が大人になって、無性に自分の中に愛される感情の欠点を意識して、それを過剰に求めてしまうことが良くあるのです。

適切な愛の形を見てこなかった

主要な二つの原因以外にも、適切な愛の形を見てこなかったというのも、愛されたい症候群に陥る一つの原因として挙げられます。例えば両親の夫婦喧嘩が激しく、仲が良い様子を見なかったとしましょう。父親と母親がそれぞれに愛情をかけてくれたとしても、その子は夫婦の愛情を知らずに育ってしまいます。

もし、両親だけではなく祖父母なども仲が悪いような状況にある場合、その子に与えられるのは親の愛だけであり、世の中に存在するようなほかの愛の形を見てこなかったことになります。そのため、大きくなって親元を離れてしまうと、自分が知っている愛の形は親が子供に与えるものだけだということになってしまいます。

夫婦やカップルがどのようなものなのかを知らずに育つと、他人が自分に与えてくれる愛が適切な大きさのものであるのか分からなくなります。それゆえに、愛されたいという欲求はあるものの、なかなか満たされるという感覚がないために、愛されたい症候群になってしまうのです。

両親から受ける愛は無償で大きなものですから、それと他人から受ける愛を比べて大きさに不満を持ってしまう子もいるでしょう。

あなたはどうですか?愛されたい症候群の特徴10

1.幼少時に親から十分な愛情を貰えなかった。

他人から愛されたい、必要とされたいと強く思っている人は幼少時に親から十分な愛情をもらえなかったと思いながら育ってきた傾向があります。

仕事で家に親がいなくて寂しい思いをしていたり、親が自分以外の兄妹にばかり構っていると感じてしまったり。不幸な場合は虐待を受けて育ったり、と様々な要因で親からの愛情を十分に受けられなかったと感じている人が多いようです。

幼い子供の頃に受ける親からの愛情は何にも変え難いものであり、その後の人生に大きく影響していきます。

親に愛されなかったから愛して欲しいと思う、ということが愛されたい症候群の引き金になっているのではないでしょうか。

2.親からの愛情が無条件なものではなかった。

成績を上げたり、家事をしたり親に褒められることはごく普通の家庭でももちろんあります。

しかし、そういうことをしなければ親から怒られたり、無関心に扱われてしまったら?「〜するからいい子」とか「〜しない子はダメ」と条件を親がつけてしまったら、子供は「そうしないと愛してもらえない」と思ってしまいます。

条件付きの愛情に対して子供は、自分自身が愛されてないと感じ取ってしまうのです。

3.自分は必要な人間ではないと思っている。

幼少期に親から虐待を受けた人の中には、自分は必要ない、生まれてこなければよかった、世の中から消えてもいいと思って育った人にも愛されたい症候群の症状が出ると言われています。

4.捨てられるのが怖い。

幼少期に親から必要とされていないと思って育った人は、自分が存在していても良いのかと疑問を抱きます。

本来愛情を受けるべき時に受けてこなかったということから自分を愛してくれそうな人に捨てられまいと必死に取り繕ったりします。

5.簡単にお金を渡したり、自分を大切にしなかったりする。

誰でも良いから自分を必要として欲しいと思っている人には、愛されるようにとか嫌われないようにお金やカラダで人を繋ぎ止めてしまう傾向があります。

断ったら愛してくれないんじゃないか、拒否したら嫌われてしまうんじゃないかと不安になり、本来断っても良いようなことを承諾してしまいがちです。

6.自分自身を愛せない。

自分の存在意義に疑問を持っていると、そんな自分さえも愛せなくなってしまいます。自分は本当にいてもいいのか?誰かに愛してもらって証明して欲しいと思っていることが多いのではないでしょうか。

自分自身を愛せないと、どんどん卑屈になっていったりもしてますます愛されることから遠ざかってしまうでしょう。

7.自分は愛情深いんだという行動をとってしまう。

「私は愛情が深いの」というように、自分より不幸な弱者を慰めることによって自分を高めようとする傾向があります。

誰に対しても自分は博愛主義者だということをアピールしたりします。

ひどいケースになると、相手のためといいつつ相手を騙したり利用する人もいるそうです。

8.愛するよりも、愛されたいと思う。

愛して欲しいと思うのはみんな同じですよね。しかし愛されたい症候群はこの「愛して欲しい」ばかりになってしまうのが問題なのです。

いつでもどんなときでも愛して欲しい。嫌われそうになったら取り繕う。愛して欲しくて一緒にいるのか、もはや執着してしまっている状態になっているのではないでしょうか。

愛して。捨てないで。私だけを見て。なんて願えば願うほど不思議なことに愛は遠ざかっていくのです。そうしてうまくいってる方も中にはいらっしゃるでしょうけど、多くの場合は重荷になってしまいそうです。

9.人に対して執着が強くなってしまう。

愛されたいと強く思うかたわらに愛されないことの恐怖も感じているので、相手を束縛して自分の目の届く範囲に置いておかないと安心できません。

彼氏や旦那さんに1日何回もメールや電話をしたり、携帯を盗み見たり、行動を制限したりしてしまいます。嘘を付かれていないか確認するため何度も同じ質問をして相手をうんざりさせてしまったりすることも。

不安になるとその不安をぬぐい去るためしばしば自分勝手な行動を取ってしまいがちです。思い込みで勝手に妄想してパニックになったりすることもあるそうです。

10.自分を見て欲しい!自己顕示欲が強くなってしまう。

自分の存在価値を示したかったり、褒めて欲しくて相手に尽くしますが、褒めてもらえなかったり労いの言葉がないとイライラしたり落ち込んだりする傾向があります。

こんなにやってるのに何も言ってくれない、とか私はこんなに頑張っているんだ!ということを認めさせようとします。

自分ばっかり頑張っていると思いがちなので、相手が自分を思ってやってくれたことに対しても感謝の気持ちを感じられなくなってしまいます。

愛されたい症候群を克服する10の方法

1.まずは自分が相手に目一杯愛情を与えましょう。

まずは、大好きな人に自分から愛情を与えましょう。決して見返りを求めるのではなく、相手の喜ぶ顔が見たいという気持ちで行動しましょう。

相手はきっとあなたの愛情に誠心誠意応えてくれることでしょう。

2.相手の気持ちを尊重しましょう。

相手の心を無理やりこじ開けてはいけません。今相手がどう思っているのか、相手の身になって考えてみましょう。

相手の気持ちを尊重することであなたの愛情は伝わるはずです。たとえ、放っておくことが最善だとしてもあなたが相手の気持ちを尊重したわけなので相手もそれをわかってくれるでしょう。

3.自分を磨いて自信をつけましょう。

自分に自信がない人や、存在価値を見いだせない人は自分磨きをしてみるのはいかがでしょう。なんでも良いいのです。今まで苦手意識があって遠ざかっていたことにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

なんでも良いので何かで自分が成長できたと感じることが自信を持つことにつながるのではないでしょうか。ひとつひとつレベルアップして少しづつでも自分を好きになれると良いと思います。

4.相手に依存し過ぎないようにしましょう。

大好きな相手とは離れたくない、ずっと一緒にいたい。それはみんな同じ思いです。でも離れていってしまうのが不安だからといって依存し、果ては束縛し始めたら大好きな人が自分から逃げて行ってしまいます。

これでは逆効果ですね。不安になるかもしれないですが、相手を尊重して依存し過ぎずに良い距離感を保つことが大切です。

あまり依存し過ぎて周りが見えなくなるのも要注意です。自立を目指しましょう。

5.相手の喜ぶこと、嬉しいことをやってみましょう。

ポイントなのは、見返りを期待するのではなく純粋に相手に喜んでもらうという点です。見返りを期待せず、相手が喜んだ時に自分も嬉しいという幸せのループを作っていきましょう。

自分のためにやってくれたことに、やってくれた側も喜んでいるのを見たら嬉しさは倍になりますよね。動物たちの無償の愛は非常に参考になりますし、心が温まります。

6.外見も綺麗に、美しさに磨きをかけましょう。

外見がコンプレックスで自信を持てない方もたくさんいらっしゃると思います。そんなときは美しさを磨けばいいのです。

お肌のお手入れをきちんと毎日したり、安い服でもコーディネートを研究して外に出てみましょう。ちょっとだけ胸を張って外を歩けるような気がしませんか?

魅力的な人は自然と周りから愛されます。そして心も綺麗なら、心の綺麗な人たちがたくさん集まるでしょう。

7.自分の長所を活かしましょう。

人には長所と短所が少なからずありますよね。自分はこれができないあれができない、と嘆いていないでできる長所を伸ばしてみませんか?

あなたの長所は他の人の短所かもしれません。人はその長所と短所を補って支え合って生きていくのです。そうすればあなたを必要だと思う人は必ず現れるはずです。

得意なことからはじめて見てはいかがですか?

8.相手の話をシッカリと聞いてあげましょう。

愛されたい症候群の人は「私を見て!」という傾向の人が多いようですが、みんな自分を見て欲しいという気持ちは少なからず持っているものです。

自分を見て欲しいと思うだけではなく、相手の話もきちんと聞いてあげましょう。相手の話を聞いてうなずいてあげるだけでも、相手には安心感が得られるかもしれません。

あなたのことを思っているよ、ということを示してあげましょう。

9.相手の痛みや悩みを一緒に分かち合いましょう。

自分が苦しかったとき、寂しかったとき。何をして欲しかったですか?

相手が今どんな状況でどんな気持ちでいるか、自分に置き換えて一緒に考え悩んであげましょう。相手の気持ちを真摯に考えれば偽善的な同情にもならないでしょうし、相手も「ひとりじゃないんだ」と感じてくれるかもしれません。

しかし相手は自分とは違う人間ですから、間違った行動をしてしまわないように注意しましょう。たとえ間違えてしまったとしても、相手のことを思ってしたことはきっとあなたの愛情として相手に伝わることでしょう。

10.心から相手の幸せを願い、応援してあげましょう。

何事も自分のことばかりではなく、相手と気持ちを共有することが大事なのではないでしょうか。相手の幸せは自分の幸せ。もしかしたら相手もそう思ってくれるかも。これは見返りを期待してしまっていますかね。でもちょっとくらい期待しても良いですよね!

みんなで幸せを共有できたら、どんなに素敵な毎日なのでしょう。

彼氏に愛される女性の特徴

重たい女にならない

彼氏に愛されるにはいくつかのポイントが挙げられます。ここからは、そんな彼氏から愛されるべきために取る行動や振る舞いをいくつか紹介していきたいと思います。

まずはじめに、彼氏に「自分への重たさ」を感じさせてしまうのは、彼から愛されるうえで重たい障害になる要素と言えます。特に、彼氏のことが好きで好きでしょうがないあまり、必要以上に交際男性にべったりくっついたり、過剰に彼の周りにいる女性に対して嫉妬をしたりするなどして、彼の身動き行動を知らぬうちに封じてしまう女性がいます。

この様な女性は非常に男性に対して精神的な負担を感じさせてしまうのです。その結果、そういった女性と一緒にいたくない気持ちも増えてしまい、彼女を愛する気持も薄れてしまうのです。そのため、彼から自由を奪うような束縛的振る舞いは絶対にやめましょう。愛されなくなるのがオチです。

一人の時間を邪魔しない

彼氏のプライベートに干渉しすぎることも、彼氏から深く愛されるうえではとてもNGな行為と言えます。これは先程説明した束縛と似ているのですが、彼氏から交際女性との時間以外の時間を奪ったりすることによって、彼氏はそういう女性に精神的重みを強く感じてしまうのです。

そのため、この様な行為は彼氏の心にあった「彼女が好き」という感情を「めんどくさい彼女」という感情に変えてしまう恐れがあるのです。

いくら付き合っているといっても、誰にも侵されたくない自分の趣味や自分の時間というものが人間にはそれぞれあるのです。その事を深く理解して、交際男性とはカップルとしての適度な距離感を持つようにしましょう。

社会的マナーを守る

男性はとても体面を気にします。そのため、周りの目を常に気にし、人がいるような公共の場では常に社会的な対応を心がけるようにしています。そして、そういった意識を周りの目に自分と一緒に写る女性、すなわち交際女性にも持つように強く要求する傾向があります。

理由は簡単で、一緒にいる女性が非社会的で無礼に見える場合、自分自身もその様に思われてしまうという事を男性はとても恐れているのです。そのため、このような男性の心理をしっかりと汲んであげて、彼と一緒にいる時は、礼儀作法や社会的な行動を積極的に見せてあげましょう。

こうした態度が取れる女性は男性を安心させ、心から愛されるのです。

友人や家族に彼氏のことを惚気る

男性は思いの外、彼女が自分に対して下している評価を間接的な視点でとても気にしているようです。どういうことかというと、直接彼女から自分への気持ちを聞くことでわかる彼女の彼氏に合わせたその場の気持に基礎を置いたあやふやな評価ではなく、彼女が交際男性以外の人の第三者に対して交際男性に対して行っている評価に興味があるのです。

というのも、男性からすると交際女性の第三者への自分の評価はとても客観的で、彼女の偽りのない本当の気持ちがもろに反映されているものだと思えるからなのです。こうしたことにこだわるのは、論理的に考えたがる、男性特有の心理なのかもしれません。

そのため、このような場合において、交際女性の方が非常に交際している男性の事を誇らしげなものとして周りに評価しているのなら、男性はその事をとても嬉しく思うのです。交際男性には直接自分の気持ちを伝えてあげるのも大事ですが、こうした間接的な方法でも彼に対して自分の肯定的な気持ちを表現してあげましょう。

元カレ・元カノの話はしない

付き合っている彼女からしつこく元カレの話をされたら、男性はうんざりするでしょう。元カレと比べられるような発言があれば、それだけでイラッとしてしまう人は少なくないはずです。「そんなに元カレが良かったのなら、そちらに行けば良い」と言いたくなる男性も多いでしょう。

また、逆に、元カノのことについて詳しく聞かれたら、それはそれでうんざりしてしまうものです。過去の恋愛に嫉妬するのは不毛ですし、過去の話をされて「元カノと私とどっちが良いの!」と聞かれるのは、まるで浮気を疑われているようで、嫌な思いをするのは言うまでもありません。

お付き合いを幸せなものにするためには、お互いの過去について聞かないというのも良いでしょう。もちろん、昔に付き合っていた人がいるのかどうかというのは聞いても構いませんが、過去の人と比べないことは大切です。元カレと比べず、元カノと自分を比べることもせずに、今の彼だけに向き合っていると良い関係を結ぶことができるでしょう。

さっぱりした性格でいる

彼に愛されるためには、喧嘩を引きずらないということも大切です。軽い喧嘩なのに、いつまでも引きずって怒っているようでは面倒くさいと思われても仕方ありません。ちょっと仲が拗れただけならば、相手との仲たがいの原因を突き止めた段階で怒るのはやめましょう。

ただし、相手の浮気や嘘などはしっかり怒ることも大切です。普段はさっぱりした性格で、すぐに原因を突き止めて解決して二人の仲直りをするけれど、絶対に許せないことがあるということを伝えるのも重要でしょう。普段の小さな喧嘩くらいでネチネチといつまでも怒っているようでは、彼の気持ちも離れて行ってしまいます。

夫に愛される女性の特徴

スキンシップや会話を絶やさない

ここからは、夫から愛されるために妻が行うべき行動をいくつか紹介していきましょう。

結婚をすると、交際前のように二人きりで仲良く二人の時間を作る機会が減ります。この結果、互いのコミュニケーションも減っていき、結果として、互いともパートナーへの気持ちも薄まっていき、夫婦間の愛情関係は崩壊してしまうのです。

この等式は離婚を経験する人達にもっともあてはまるものと考えていいでしょう。ここまで説明すればもう言いたい事は、大体わかるとは思いますが、要するに、この様な結果になる前に、十分に夫との時間を取り、しっかりとコミュニケーションを取ることが夫婦円満には不可欠なのです。

そして、こうした互いのコミュニケーションの向上がきっかけで、ますますあなたへの愛情も増えていくことも期待できるのは言うまでもないでしょう。

夫の親戚との関係が良好

これは何も男性に限ったことではないのですが、パートナーの家族を大事にする事もパートナーから愛されるうえでは必要なことです。というのも、家族は自分を育ててくれたかけがえのない存在であり、また彼という人間形成に重要な影響を与えた所謂彼の精神的な一部でもあるのです。

そんな自分の家族を大切にされるという事は、自分が大切にされるという事と同じなのです。そのため、夫だけを愛せればいいという訳ではなく、夫の家族もまた、彼同様に深い気持ちで受け止め、大切にして挙げましょう。

そうすることで、本当に自分の事を深く思ってくれているのだな、と男性側も思うはずです。

愛情料理で胃袋を掴んでいる

定番中の定番ですが、美味しい料理を作れることも夫から愛されるうえで非常に有効な方法だと言えます。自分で作った料理なだけに、やはり、その人の深い愛情が反映される料理は、それだけで夫の心をある程度掴むのですが、手の込んだうえにおいしいという要素が混ざれば、夫はそうした料理を作ってくれる妻に対してとても深い感謝の気持ちと深い愛情を感じざるを得ないのです。
女性としての姿も忘れない

夫婦関係が熟してくると、夫はマンネリ化した妻に対して性的な興奮を持たなくなっていきます。その結果に伴い、妻への愛情もどこか消えてなくなってしまうというご主人の方も数多くいます。しかし、女性側が、こういった事に対して危機感を持ち、自分の魅力を時には最大限に発揮し、男性にその姿を見せてあげればこういった問題も解決できることがあります。

例えば、たまには普段は見せないようなお洒落をしたりして、ご主人の目に刺激を与えることは非常に効果的で、ご主人の冷めた妻への思いを再び燃やしてくれるきっかけになることでしょう。

さりげなく夫を頼る

男性は女性から頼られると嬉しいものです。それは夫であっても同じで、きちんと頼りにされていると思えるだけで頑張れるものなのです。そのため、何でも自分でやってしまわないで、さりげなく頼りにしているところを見せると良いでしょう。

高いところのものを取ってもらう、重いものを持ってもらうなど、女性一人ではできないことを頼むだけで、家庭の中に夫の居場所ができます。専業主婦だと特に、家の中に夫の居場所がないということもあるでしょうから、少しずつ頼って夫の居場所を作ってあげてください。

ただし、すべてを頼りっぱなしにしていると、何もしない嫁だという認識になってしまいます。あくまでさりげなく自分ではできないところを頼りにしてみてください。そして、何かしてもらった後は、大袈裟なくらいに褒めてお礼を言うと良いでしょう。

機関銃のように文句は言わない

一つ文句を言うと、他のことまで思い出されて一気に言ってしまおうという気にはなりませんか?どうせ喧嘩をするのなら、すべての文句を言ってしまいたい気分になる人は多いでしょう。そちらの方がすっきりする気がしますよね。

ですが、文句を一度に言ってしまってすっきりするのは、言ったほうだけです。言われた方は一気に心の突き刺さるようなことを言われてうんざりしてしまいますし、相手がヒステリーを起こしているように感じてしまい、真面目に受け取ってくれないかもしれません。

相手の嫌な気分を抑えるためにも、機関銃のように相手への文句を言うのはやめましょう。文句を言うのは一日に一度きりというルールを自分の中で作ってみてはどうでしょうか。そして、連日文句を口にするのはやめて、本当に耐えられないことだけ相手にお願いの形で改善を頼むと、夫婦仲がギスギスしないでしょう。

男性に愛される女性になるための方法

周囲を明るくする言葉を心がける

ここからは、彼氏、夫関係なく基本的に大多数の男性から愛されるコツを紹介していきたいと思います。

愛情というポジティブな感情を男性に持たせる力のある女性はやはり、彼女自身もまたポジティブなのです。明るい気持ちでいる女性は男性を元気づける力があり、そうした女性を心から強く求め、大事にしたいと考える男性は非常に多いのです。

普段から明るい発言をして周りの空気を明るくしたり、へこんでいる人を勇気づけたりできる女性は正に女神のような存在なのです。彼女たちは、どんな場所でも愛される資質があるのです。

相手の話に耳を傾ける

聞き上手であることも非常に大事な要素と言えます。自分の話を聞いてもらうという事は自分の話が受け入れられているという事を認識できるだけでなく、自分自身もまた受け入れてもらえているといった快感を感じれるものなのです。

こうした快感を与えてくれる女性はやはり、その分、自分の事しか話さないおしゃべり好きな女性と違いどんな男性からも愛されやすいのです。

甘え上手な一面を見せる

どんな男性も、男として頼られたいという願望と、そうした頼ってきた女性を助けて、愛したいと考える気持ちが本能としてあるようです。そのため、甘え上手な女性は多くの男性から支持を集め、愛されやすいのです。

愛されるためにあえて男性に甘えてみるのも、その女性が男性から魅力的に見られるうえでは効果的なのかもしれません。しかし、やりすぎると、同性からあざとい、うざいと言われるので注意しましょう。

誠実な人間でいることが大切

ポジティブなことを言う明るい人間が好かれるのと反対に、ネガティブな発言をする女性は基本的に嫌われてしまいます。特に嘘や悪口は、言っている人間の価値を下げるだけなので、絶対に口にするのはやめましょう。

男性が好きな女性は、誠実な人間です。誠実で相手のことをだまそうとしないような素直な人間の方が好かれるのです。人間としても付き合いやすいですし、恋愛対象にも入りやすいでしょう。誠実で相手に対して真心を込めて接していることで、相手から自然と好かれるようになります。

女友達に愛される女性の特徴

男に媚びない

女性が嫌う女性像として男性に変に媚びる女性が挙げられます。同性に対して普段は決して見せない、非常に友好的な態度を男性がいる所になると、ここぞとばかりに取ってくる女性は同性から嫌われ易いのです。というのも、こういうあざとさがみえる女子は計算高く、常に自分のことしか考えられない自己中心的な女性と思われてしまうからなのです。

そのため、同性から嫌われないためにも、同性が見ている所では男性に対する態度に慎重になる必要があります。

自慢をしない

女性は嫉妬という感情を強く持つ傾向がある生き物と言えます。そして、この感情を強く持たせるような人を心底嫌う傾向があります。例えば、自分がうらやむような状況におり、そのことを自分に対してこれみよがしに自慢してくる女性は、同性から激しく嫉妬され、嫌われてしまうのです。

そのため、普段から自慢という行為をしているような女性は同性から非常に嫌われやすいと言えます。逆に、いつも謙虚に、自分の立ち位置を決して誇らず、同性の気持ちを察して発言するような気遣いができる女性は、非常に同性から好感が持たれやすいと言えます。

さばさばしている

サバサバ女子は非常に同性女子から好感を持たれやすい人達と言えるでしょう、彼女たちが持つ、程よい男性らしさと程よい女性らしさは、非常に多くの人を引き付ける力があるのです。

男性の様に豪快で、頼りがいがあり、また女性のような繊細な気遣いもできる彼女達は、特に相談相手としてよく同性女性から必要とされることがあり、一緒にいると安心できる人として重宝され易いと言えます。

見返りを求めない愛が、愛される近道♡愛されたい症候群まとめ

愛されたい症候群は、とっても愛情が深い人がなる症状です。愛が深いからこそ愛を求めずにはいられないのです。ときには自分なんて、と卑屈になったり相手を束縛しないと落ち着けなかったり。そんなことでは愛は逃げていくばかりです。いじけてばかりいては人は寄ってきませんよね。

両親から愛情をたくさんもらえなかったり、いじめられていたりした人は心に傷を持っていらっしゃるでしょうし簡単に人を愛せないかもしれません。でも愛情を人からもらうには、まず自分がその人を愛する他ないのです。

トラウマを癒したり、コンプレックスを跳ね除けるのは簡単な道のりではないかと思います。ひとつひとつ時間をかけてレベルアップしていけば良いのです。できることから自信を取り戻していくのです。

しかし、本当はみなさん溢れるばかりの愛情を持っているのです。そして、自分がされたいことがわかっているので、喜ぶポイントを知っているスペシャリストなのです!

愛についてこんなにも真剣に考えて向き合っている人たちは、いわば愛の伝道師なのです。

だから一方的に欲しがるのではなくて、自分がして欲しいこと、されたら嬉しいことを相手にしてあげましょう。相手はきっと喜んでくれるでしょう。

また、愛されたい症候群ではない人も同様に相手を知り、尊重する努力を忘れてはいけませんね。

気がつけばみんな愛情に囲まれていることを願います。