女性嫌いな男が増えてる!?その特徴や嫌いな原因と理由&克服法を徹底解説!

あなたは女性嫌いですか?最近では女性嫌いという男性が増えてきています。そんな女性嫌いになってしまった男性の特徴をまとめました。また彼らはなぜ、女性嫌いになってしまったのでしょうか?その女性嫌いになってしまった原因と理由を究明し、女性嫌いを克服する方法を徹底解説いたします。

女性嫌いな男性が増えている!?

>
最近、女性が嫌いだと言う男性が増えています。男性なら女性が好きで当たり前と言う常識は、もはや薄れてきています。例えばツイッターなどでも下記のような声が挙げられています。

あなたにも、うなずけるような内容なのではないでしょうか?このように女性のことが嫌いだと感じている男性は、少しずつではありますが増価の傾向にあることは確かです。

それでは、なぜここにきて女性嫌いが増えてきたのでしょうか?女性が変わったのでしょうか?男が変わったのでしょうか?それとも社会が変わったのでしょうか?

全ての原因が絡み合って女性嫌いの男性が増えてきているのが現状です。それではもう少し詳しく女性嫌いの男の特徴や、女性嫌いになった原因や理由、そしてその克服法まで解説していきます。
 

女性嫌いの男の特徴

女性の中の母親を求めている

寂しがり屋で女性に甘えたいという願望が強い男性は女性嫌いになってしまう傾向があります。

これは女性に母親的存在であることを求めて甘えている事が多いからです。ただ女性には母性本能というものがあります。ですから男性が甘えてきても嫌な気はしません。例えばイチャイチャの延長線のような甘え方なら女性は大歓迎なのです。

しかし、それが母親を求めるような甘え方では話は変わってしまいます。そのような行為は女性が一番引いてしまう行為に当たるからです。

最初は男性が甘えてくれる事に喜んだりして平気で受け入れていても、男性が自分に母親を求めて甘えてきていると感じた瞬間、急に男性への想いが冷めてしまいます。ひどい時には軽蔑した態度まで示すようになります。その屈辱感から女性嫌いへと発展する可能性があります。

男性ばかりの生活環境

そもそも男性と女性は体のつくりだけでなく、モノの感じ方や考え方など心理的な部分にも基本的な違いがあります。

小さな頃から男性ばかりの環境で育ち女性特有のモノの捉え方を知らないで育つと、初めて女性と接触した時に、その違いに戸惑い大きなジェネレーションギャップを感じることがあります。

そのギャップを不快と感じたときに女性嫌いへと発展してしまう可能性があります。

女系家族で育った

男ばかりの環境だけでなく、女性ばかりの環境で育った男性も女性嫌いになる傾向があります。これは女性の本性ともいえるズル賢さや欲深さというものを目の当たりにする機会が多くなるからです。

本来であれば女性はそのような本性を見せないように過ごしています。

特に男性に対してはその本性が悟られないように細心の注意をはらい、徹底的に隠そうとします。

ところが女性同士になると、そんな本性がむき出しになってしまう場面のそう少なくありません。女性ばかりの環境に育つということは、その女性の本性がむき出しになっている状態を日常の中で見てしまうことになります。これが女性嫌いへと発展する可能性があります。

承認欲求が高い

劣等感の強い男性も女性嫌いになってしまう傾向があります。男性よりも女性のほうが比較的、口が達者だと言われています。

その為、口論になれば男性よりも女性のほうが有利になることが多くなります。これは、j男性に比べ女性のほうが力が弱い分、雄弁を得たとも言われいます。

しかし、現在では男女平等や暴力はいけないこととなりました。すると雄弁である女性のほうが何かと優位にたってしますことが増えてきました。

そんな中で劣等感の強い男性がその劣等感の部分を女性に指摘されれば嫌になってしまいます。そしてその嫌だという想いが女性全体に広がり女性嫌いへと発展してゆきます。

劣等感が強い

劣等感の強い男性も女性嫌いになってしまう傾向があります。男性よりも女性のほうが比較的、口が達者だと言われています。

その為、口論になれば男性よりも女性のほうが有利になることが多くなります。

これは、j男性に比べ女性のほうが力が弱い分、雄弁を得たとも言われいます。

しかし、現在では男女平等や暴力はいけないこととなりました。すると雄弁である女性のほうが何かと優位にたってしますことが増えてきました。そんな中で劣等感の強い男性がその劣等感の部分を女性に指摘されれば嫌になってしまいます。そしてその嫌だという想いが女性全体に広がり女性嫌いへと発展してゆきます。

女性嫌いの男が増加した理由とは…?

女性の社会進出が要因!?

ここ近年、女性嫌いな男性が増加している原因は女性の社会進出が要因とも言われています。男性は太古の昔、「狩り」をして一人前と認められていました。それが、「仕事」や「家庭を持つ」という形へと変わってきました。男性の本質となる潜在意識の中に「狩りをして一人前」という想いが眠っています。

ただ、狩りにしろ仕事にしろ、それまでの競争相手は同姓である男性でした。しかし、女性の社会進出によりライバルが男性だけでなく女性も加わる世の中のなってきました。

そして女性の進出から女性が活躍する時代へと進みつつあります。

そんな中、男性の上司や先輩が女性になるということも珍しくはなくなってきました。そうすると会社の中で男性が女性に叱咤されるという機会も増えてきています。それらも男性の女性嫌いへと滑車をかけている可能性もあります。

イケメンこそ女性嫌いって本当?

女性の本性に幻滅!!

女嫌いにイケメンが多いとの噂があります。これはイケメンだけに女性に言い寄られる機会が多く、それが女性の醜い争いや女性の恐ろしい本性を目の当たりのにしてしまう可能性が高いからといえます。

そんな女性の見たくない事実を見てしまうことにより女性嫌いになってしまうということになります。

ただし女性嫌いはイケメンに限らないのが事実です。それは、どんな男性でも女性の嫌な部分に触れてしまう可能性があるということです。

あなたが女嫌いな理由と原因はコレだ!

女性に見下された

女性嫌いの一番の原因とは、どんな経緯があったとしても男性が女性に見下されたということにあります。男にしろ女性にしろ異性に見下されるということは、同姓のときよりも精神的ダメージが強いものです。

まして男性の深層心理の中には「権限や権利を誇示したい」という想いがあります。男性が女性に見下された態度をされたということは、その想いを踏みにじられたも同然です。その為、女性に対する嫌悪感が芽生えてきます。

すると、ちょっとした女性の言動でさえ見下されたと感じてしまいます。それが女性嫌いの理由や原因となります。

母親が原因かも

女性嫌いの理由は幼い頃の家庭環境も大きく影響します。特に母親の影響が最も大きいと言われています。それは虐待をする母親に育てられた男性が女性嫌いになりやすいと言われています。特にネグリストといった幼い頃に母親に構ってもらえず寂しい想いをした男性です。

例えば男遊びを頻繁に行い、子供の前でもお構い無に平気で男を連れ込むような母親の元で育った男性は女性に対する嫌悪感があります。このような母親の言動が女性の基準となってしまっているので、女性に対する憎しみや軽蔑といった感情しかありません。これが女性嫌いの理由と原因になります。

理想と現実のギャップ

女性が白馬に乗った王子様との出会いを求めるように、男性も可憐なお姫様や清楚な大和撫子との出会いを求めているところがあります。そこまでとは言わなくても、男性を立ててくれる、一歩下がって付いてくるような女性を理想としているところがあります。しかし現実は、なかなかそんな女性と出会うことが出来ません。

それどころか、男性よりも優位に立とう男性を追い抜こう女性が増えていています。理想と現実とのギャップ、モノの捉え方や考え方の違いよる戸惑い、そんな女性に幻滅しかない男性、これが女性嫌いになる理由と原因です。

女性嫌いを克服する方法

自分の評価を自分でする

まずは自分で自分の評価をしてみてください。その上で自分の良いところを伸ばし自分の悪いところを改善していく努力をしましょう。

そうして自分の価値を自分で決めましょう。すると自分に自信がついてきます。そうすることで、女性に見下されたり、女性に小バカされたとしても、それほど気にする事がなくなります。

実は、女性は男性の努力を見つめ認めるところがあります。

最初のうちは、見下したり子バカにしたりしていても、あなたが自分の価値を自分で見定め努力し、自分磨きを始めたら、きっと周りの女性のあなたを見る目が変わるはずです。「自分は出来る」そう信じて、前に進めば女性たちの態度が変わり、あなた自身も女性嫌いを克服することが出来ます。

男性と女性の違いを受け入れる

男性と女性のモノの捉え方の違いや考え方の違いは、男性にとって非常に面倒くさい部分です。しかし「人それぞれ違っていて当たり前、違っていているからこそ良いんだ」という考え方をしてみましょう。女性のまったく違う考え方を受け入れるということは簡単ではありません。しかし、「そんな考え方もあるんだな」と思うことで少し受け入れやすくなる部分があります。

違う考え方などを拒否するだけではなく、気に留めてみる事をしてみてください。その上で自分の考えと照らし合わせてみてください。違う考え方を、面白いと思えるかどうかがカギになります。相手の考え方を受け止めるということは、無理にあわせるのではありません。自分の考え方だけでなく、世の中には沢山の考えがあるんだということを知ってください。それが受け止めるということになります。これが出来るようになれれば、あなたは器の大きな男といえます。

すべての女性が恋愛対象ではない

全ての女性が恋愛対象ではありません。それは、女性も同僚であり、先輩であり、後輩であり、実は男性と変わらないのです。

最初から男性だ、女性だと意識するから、女性嫌いとなってしまう可能性があります。そうではなく、その人との関係を重視するようにしましょう

同僚として、先輩として、後輩として、まずは同姓と変わらないように接する必要があります。その中で女性として意識してしまう人が現れたら、その女性があなたにとっての恋愛対象の女性となります。

【番外編】男嫌いな女性の特徴と原因

モテないことの言い訳

男性の女嫌いがいるように、女性の男嫌いも当然います。ですが、男性と違う部分は女性同士は見栄をはりやすいという部分ですね。

自分より格下と思っている相手に恋人がいて自分にはいない、自分の恋人よりもイケメンで収入も高いなどは、どうしても我慢できないと考える女性も多いようです。

そうなった時は当然言い訳が出てくるんですが、その中一つに『男嫌いだから』というのがあるんです。

「私、イケメンとは付き合いたくないんだよね」「そもそも男の人があんまり好きじゃないから」と、自分がモテないのはあくまで自分の意思で拒絶しているからだという体を装ってしまうんです。

プライドが高すぎるが上に、自分の気になっている男性から脈ありな反応がない場合も『男嫌い』を演じます。

相手にされないわけじゃなく、相手にしていないという振りをするんです。あまりに自己イメージが高すぎる女性の『男嫌い』は少し怪しんだ方がいいでしょうね。

理想のタイプに現実味がない

自己イメージが高すぎる場合は自然と理想のタイプも高くなってしまいます。

身長は180センチ以上、顔が小さくてモデル体型、芸能人の◯◯に似ていて料理も得意、車は外車、自分のわがままを笑って聞いてくれる某少女コミックの登場キャラのような男性……etc。

言い始めたらキリがありませんし、理想をどれだけ高く持つのもその人の勝手なのですが、周囲から見たら「自分のレベルわかってる?」と聞きたくなるような態度です。

それほどの自己イメージと理想の好みでは、恋愛がうまくいかないのも当たり前。合コンや飲み会レベルで知り合う男性では到底満足できません。

些細なことで幻滅したり、悪口の対象にしていたり。それは相手の男性陣にも伝わり、結果として誰にも相手にされなくなるのが普通なんです。そんな苦い展開になってしまうのであれば、自然と『男嫌い』という性格になっていってしまいます。

恋愛経験にトラウマがある

親友と元彼が浮気していた、結婚を約束していた彼が5股していた、大好きだったのに実は結婚していた。

恋愛のトラウマ体験を 探せば、これらはよく聞くような話ですが、実際に自分がされたらと思うとゾッとしますよね? 恋人のことを信じていればいるほどそのショックは大きく、後々まで尾を引くほどの傷を負いかねません。そんな経験をしてきた女性は、立ち直るまでに時間がかかります。その間に出会う男性に対して、決して心を開かず『男嫌い』として振舞うこともあるんです。

素敵な出会いのために

女性の中には、あなたが思っているほど嫌な人はいません。考え方などの違いによって誤解をしてしまう部分はあります。

しかし、女性嫌いだからと女性全員を拒否するのではなく、普通に接してみてください。確かに女性には男性から見ると「面倒くさい」と思われてしまう部分が多々あります。

しかし、この世には男性か女性しかいません。女性を拒否してしまった段階で人生の縁の半分を失ってしまう事になります。拒否するだけでなく、少し距離を縮める努力もしてみましょう。きっと素敵な出会いが待っているはずです!