付き合って3ヶ月が超えれらない|俺って結婚できるのか?

付き合って3ヶ月が恋愛する二人にとって最初の壁、といわれているのはご存じのはず。相手の嫌な部分が見えてきたり、わがままが出てきたり。ある意味、遠慮がなくなり距離が縮まったとも言えるはず。なのにどうしてうまくいかないんだろう……そんなお悩み男性に贈る交際3ヶ月を越える方法と結婚を意識するときのお話、勉強になるはずです!

3ヶ月以内にいつも別れてしまう自分を変えたい人へ

3ヶ月を超えるコツはこれ!

付き合って3ヶ月以内に別れてしまうカップルが非常に多いですよね。あなたもこの記事に興味があって読んでいるということは恐らくそうなのではないでしょうか?

今回はなぜ3ヶ月で別れてしまうのか?どうしたらそれをうまく乗り越えることができるのか?を解説していきます。

付き合ってもいつも3ヶ月以内に別れてしまうというそこのあなた!次も同じことを繰り返したくなければ是非読んでください!次こそは長く付き合えるようになれますよ。

3ヶ月以上続く相手を見つけることも大切

そもそもあなたは、どのように付き合う相手と出会っていますか?

「合コンにいた中ではでいいなと思ったから」「友人の紹介でなんとなく」。付き合う前から、そもそも3ヶ月続きそうにない相手を選んでいませんか?

合コンや友人の紹介では、相手のことを知るのに時間がかかりやすいですし、相手を見極めるまでの時間が限られてしまうこともあります。3ヶ月以上付き合うためには、そもそも3ヶ月以上付き合えそうな相手を選ぶということも重要です。「理想の相手と出会いたい」「ゆっくり相手を選んでみたい」という方は、以下の記事をお読みください。

出会いがない社会人に教えたいきっかけを作る場所と彼氏彼女を作る方法

付き合って3ヶ月で別れる人を分析

男女のテンションの違い

男性とは彼女ができた瞬間、テンションの上がる生き物。毎日だってデートしたいし、好きで好きでたまらなく、ベタベタ一日中まとわりつきたいと思っているのです。しかし、女性は少し違うようで、彼ができてもはじめはドキドキと緊張、不安のほうが多く。

彼に対する思いがピークに至るのは交際2ヵ月後くらい。この時差が3ヵ月後のぎくしゃくを生んでしまうわけ。

つまり男性が少し落ち着いてきたころに女性はまだまだラブラブモードを引きずっており、「あんなに好きだ好きだって言ってくれたのに、どうしたの?」とか「最近メールくれないよね、なんで?」。

「私、なんかいけないことした?」などなどあの情熱はどこへ言ったんだ?という疑問と現状に対する不満をぶちまけてくるのです。

するとあなたは「最近彼女がうるさいんだよね……」となり連絡を取らない状況になってしまいます。そうすれば、彼女がまた文句を言うことに……悪循環ですよね。

相手のことが良くわかってくる

恋愛とは相手を良く知りたい、という欲求から始まっているもの。そのため交際3ヶ月でだんだん相手のことがわかってきて知りたい欲求が減少してくるのです。しかも知れば知るほど嫌な部分も見えてくるはず。

よく言われるのは、わがままを言う、メイク時間が長い、疲れたとすぐ口に出すなど。自分の理想とかけ離れた相手の姿を見るのは嫌なもの。でも完璧な人間なんていません。よっぽどのことがないかぎり、この良しとしない部分はだいたい受け入れられるはずではないでしょうか。

やんわりと注意する事だってできるはずです。あんなに盛り上がった時期もあったのですから、嫌いではないのです。自分の理想を一方的に押し付けるのはやめましょう。そもそもあなただって完璧な人間ではないはずです。

それを彼女は受け入れてくれているのであれば、ありがたいことではないでしょうか。人間は欠点だらけだからこそ人間なのです。そして、カップルはそれを補い合う関係なのではないでしょうか。

デートがマンネリ

付き合い始めのころは話題のスポットや美味しいお店、綺麗な夜景を見にいったり、あちこち出かけていた二人。しかしネタも尽きてきて、「どこ行く~?」「どこでも~」となっていませんか?結局どちらかの家でまったりDVDをみる、といったデートのマンネリ化が進むのも付き合って3ヶ月くらいの時期。

次第に一緒にいても、各々勝手にケータイ画面に見入っていたり、ゲームに夢中だったり。これって一緒にいる意味あるの?といった状態になっていきます。ドキドキ感はなくなったかもしれませんが、気を使わなくてすむ相手になった、とも言えるんですけどね~……

会う頻度が減る

このようにいくつかの条件が重なって、デートよりの友達との予定を先にいれてしまい、結果会う頻度が激減、そのうち会わなくても平気、破局へと道筋ができてしまうのです。しかし、このパターン、防ごうと思えば破局は防げます。だって相手のことを嫌いなわけではないのですから。

どうしても受け入れられない嫌な部分がないかぎり、付き合って3ヶ月の壁は努力で乗り越えられるはず。ちょっとしたことで刺激を与えるのです。

付き合って3ヶ月は倦怠期?

自分の捉え方次第でプラスの発想に!

付き合って3ヶ月は倦怠期と呼ばれるものになる方が多いです。そして3の倍数には倦怠期がやってくると言われています。しかし本当にそうなのでしょうか?あなたが女性と付き合うと必ず3ヶ月目ぐらいに倦怠期が来るというのであればあなたにも原因があるかもしれません。

自分に原因がないのであれば毎回同じタイプの女性と付き合っていませんか?それは女性に原因があるのかもしれません。こういった原因はわかりにくいですがじっくりと解説していきます。さらには3ヶ月になっても全く倦怠期が訪れる気配のないカップルもあります。

そういったカップルと自分たちとの差はなんなのか、そこも解説していきます。自分たちと他のカップルとの明確な差がわかれば、自分たちのいけないところや、直さなければならないところも見えてくると思います。

そういったっことは直していくことは難しいかもしれませんが、直していかない限りは必ず、別れがやってきてしまい、付き合って、その先の結婚には遠くなってしまいます。あなたであれば倦怠期は訪れることがありません。これには何個かの自分たちのルールがあります。それも教えていきます。

倦怠期は自分に原因が?

倦怠期が起こるのは自分に原因があった?倦怠期が起こることには自分に原因がある場合もあります。なぜなら自分が倦怠期を引き起こす原因としては一番は彼女との温度差が大です。この温度差は確実にいつかはおこってしまうことです。

しかしそういった温度差は、起きてしまってもしっかりと考えて行動することによって対処できます。なぜなら温度差が出てきてしまったとしてもどちらも好きな気持ちに関しては変わっていないはずです。そこが変わっていないのであれば対処は簡単です。

しかし好きではないのであればそれは話が別ですぐに別れるべきです。3ヶ月で好きではなくなるのであれば、女性と相性が合わないか、もしくは飽き性なのかそういったことが原因なので別れましょう。しかしそうでないのであれば対処法として一番良いのは何気ないプレゼントをあげることです。

男性のほうが気持ちの落ち着きが基本的には早いのでそうであるならば女性の方が好きの気持ちが強いように感じられ、女性からするとなんで?好きじゃないの?となってしまいます。しかしそういった場合でも何気ないプレゼントで愛情を表現することで気持ちを伝えましょう。

何も高いものを買う必要はなく、お金がないのであれば手紙ひとつ書くだけでも良いです。そしてそういったことをするだけで女性は自分の気持ちが一方通行ではないことに気づきます。そこに気づくだけで倦怠期は無くなります。

さらにはルールとして月に一回はドレスコードのあるところに食事に行ったりするだけでも変わります。そういったことをしっかりとイベントとして行うことが重要なのです。いつもとは違う女性との時間を特別にするということをルールとして月に一回行えば大丈夫です。

倦怠期が起こるのは自分の女性選びが原因?

倦怠期が起こるのは自分が選ぶ女性が原因?そういった場合もあります。基本的に自分が付き合う女性はタイプがほぼ一緒といった方はこの恐れがあります。なぜなら女性のタイプが一緒で基本的に3ヶ月目の倦怠期で別かれるのであれば自分にだけ原因があるわけではありません。

この場合はいつもと違う女性と付き合ってみてくださいタイプが違い最初は緊張するかもしれませんがその分女性が喜ぶことをしっかりとしようとするのでそういった行動が大事になってきます。そういった行動が毎回タイプが一緒だとしなくなってしまうのかもしれませんね。

3ヶ月の壁を乗り超えラブラブカップルを持続する方法

ではどのようにしたら3ヶ月の壁を乗り超えられるのでしょうか。その方法をこれからいくつか説明します。おそらく今までほとんどやったことないことばかりだと思うので「面倒だ」と思ってしまうかもしれませんが、効果があるので、めんどくさがらずにまずは試してみてください。

案外試してみると楽しくなってくることも多いです。また同じことを繰り返したくなければ、とりあえずやるだけはやりましょう。

プレゼントだけじゃない!3ヶ月記念日を祝う

記念日は気分の変わるスパイス

付き合って3ヶ月の壁を越えるためにぜひオススメしたいのが、3ヶ月記念日のお祝いをすること!これは非常に効果的です。たとえ、彼女にあなたの嫌な部分が見えてきたとしても「こんな素敵なお祝いをしてくれるなんてやっぱり○○君サイコー!」となります。

逆にあなたに彼女の嫌いな部分があったとしても「こんなに喜んでくれてやっぱりかわいいな」と思えるわけです。しかもマンネリ化したデートに刺激を与え、少しづつ落ち着いて下降気味だったラブテンションも盛り上がる、という仕組みです。

知恵を使えば記念日デートはたくさんできるぞ

記念日のお祝いといえばやっぱり高級レストランでディナー。でも出費が痛いな~と思っているならお金を掛けなくてもOK。1万円以下のプレゼントでかわいいものはたくさん買えますし、もっというなら3ヶ月にちなんで、バラの花3本だってOK。

夜景の綺麗な場所で観覧車に乗って「この先、1年3ヵ月後、2年3ヵ月後は必ずここでデートしよう」なんていう約束も「二人だけだけの特別な約束」っぽくてラブリーではないでしょうか。3にちなんだ場所でデート、なんていうルールで「三越」の「サンジェルマン」でパンを買い。

「三井アウトレットパーク」にいくとか、日本の三大○○を食す、なんていうのも面白いはず。ちなみに、三大まんじゅうは薄皮まんじゅう、大手まんぢゅう、志ほぜまんじゅうで、三大ネギは下仁田ネギ、岩津ネギ、博多万能ネギ、だそう。

これらをあちこち買い歩き、自宅で違いを堪能、レシピを探して料理する、なんていうのも楽しいはず。1年3ヵ月後は「ゆっくり三大瀑布めぐりをしよう!」と楽しみが増えるきっかけにもなります。お金を使わないなら知恵を使って楽しんでください!

ここで重要なのは、他の人から見て「バカみたい」と思うようなことでも関係ないということです。このようなことをやったことがない人から見るとこれらのことは「何で3か月で記念日作らなければいけないの?」と思うようなことですが。

要するに長く続けるための努力の形が他のカップルと違うだけなのです。おそらく他のカップルも他の人から見たらバカみたいなことをやっているはずなのです。カップルのやることにルールはありません。どう見えるかより、いつまでも仲良くするために努力することが大事なのです。

時間と予算があるなら旅行がオススメ!

非日常でドキドキ感カムバック

時間と予算があるなら絶対的にオススメしたいのが旅行。できれば海外旅行ではなく温泉旅行がおすすめ。しかもホテルではなく旅館!なぜって温泉に使ってゆっくり……ってそこはもちろんですが、旅館の部屋着は浴衣と相場が決まっているはず。

そう、彼女の浴衣姿ってテンションがあがりませんか?湯上りすっぴん、ちょっとほてった肌に後れ毛……妄想絶頂のはず!できることなら部屋食の旅館がおすすめです。他の人を気にすることなく豪華な食事や、浴衣の彼女を写真に収めることが可能。

二人だけの濃密な時間は特別感たっぷりで、離れられない二人になるはずです。ちなみに海外旅行がなぜダメかと言うと不慣れな土地で緊張感もあるため、ストレスが溜まりやすいです。ストレスが溜まると喧嘩も多くなります。旅行中の喧嘩ほど最悪のものはありません。

一人になって頭を冷やせないからです。せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまい相手への不満は募るばかり。ちなみに最近では男性より女性の方が海外旅行に行く機会が増えているため、不慣れな海外旅行で男性の方が圧倒的にミスをしやすいのです。

その姿を見て女性が「この人頼りない」と思うことも多いようです。海外旅行は自分がよほど行き慣れているか、相手がまったく行ったことないかのどちらかでないといかない方が良いでしょう。
友達に紹介すると安心感が得られる

彼女の座は心地がいい

付き合って3ヶ月くらいであなたの友達に彼女を紹介してみて。これってマンネリデート解消にもなるし、交友関係が広がることでバーベキューやホームパーティーなど大人数での遊びが彼女と一緒に楽しめます。それだけでなく、何よりも彼女に大きな安心感を与えることに。

友達に彼女を紹介するということは、この先も二人の関係を続ける意思の表れ。しかも「俺にはこんなにかわいい彼女がいる」そのことをまわりにアピールすることは、コンパの誘いやほかの女性からの誘いも自然と防御していることになるのです。女性はいつだって愛されたい生き物。「君だけだよ」というアピールはとっても大切なのです。

エッチは急ぐな!でもキスは重要

意外と長い?付き合ってからエッチまで

男女のお付き合いで大切なもの、それはスキンシップ。親子でもそうですが人のぬくもりは愛情を伝える表現方法でもあります。付き合い始めてからキス、そしてエッチまでみんなどれくらいの時間をかけているのでしょう?

女性の本音としてキスは付き合い始めた初日からでもOK、という人が多いようで、つきあう前からでも構わないという意見も。キスは非常にハードルが低く、大好きだよという愛情と挨拶の中間的要素が強いようです。なかなか日本人も欧米化が進んでるな~と思いきや、エッチになると突然保守的に。

付き合ってからエッチまでの理想期間はどれくらいか?という質問を女性にしたところ、1~2ヶ月と答える人が多いのだとか。その次に3ヶ月、3回目のデート、半年と続くという結果に。長ければ長いほど大切にしてくれている、と感じる傾向もあるのであまりに先急ぐのはNGです。

とは言え、理想が1~2か月とは言っていても女性の本音は「求められているから仕方ないな」と思いたいわけです。なので、女性が若干早いんじゃない?と思うくらいで本当はちょうどいいのかもしれません。そのあたりは難しいですが、とにかくすぐにやりたいと言うのはやはりNGでしょう。

20代前半女子には体目当てじゃないアピールが必要!

エッチの頻度もカップルでぶっちゃけて話し合いにくデリケートな問題。月に1度しか会えないのなら毎回のエッチはまあ当たり前といったところでしょう。

しかし週1度のデートでは?男性諸君、どう思います?
ここ、非常に難しい問題で、毎週1回のデートなら毎回エッチは当然という意見と、毎回は嫌だ、という意見と半々ぐらいなのです。さすがに週3回デートで全部エッチ付きは女性としてはNG。しすぎ、だそうですよ。

しかし、傾向として若ければ若いほど、20代前半になればなるほど女性は毎回エッチするのは嫌だ、と思っているのだそう。体目当てっぽくて嫌なんですって。片や30代にもなると体目当て、といった発想自体が減ってくるようでエッチも含めて楽しめることが大切になっているようです。

ん~、女性もそれなりに経験を積んで考えも変わってくるのでしょうね~。ちなみに、個人差はありますが、一般論として女性は経験を積めば積むほど感度が増すそうで、30代女性がエロい、といわれるのはそういった所以から。壇蜜や橋本マナミといったセクシー愛人キャラのタレントも30代。20代前半の彼女だったらエッチ以外のスキンシップを大切にしたほうがいいかも?

4割が付き合って3ヶ月で同棲

お互いの家に通ううちに

あなたの周りにも同棲しているカップル、意外といるはず。いまや同棲は特別珍しいものではありません。とある大手不動産会社のアンケートによると、同棲カップルの約4割が付き合って3ヶ月以内に同棲を始めているとのこと。

はやっ、といった感想をもつ男性も多いはず。ほとんどのカップルがお互いの家の行き来をしているうちに帰るのが面倒くさくなって、とかずっと一緒にいたいからといった理由。しかも相手が自分の家に、もしくは自分が相手の家に、引っ越すというものがほとんどで。

たとえ別れたとしても家賃が払えなくなるわけでもなく、生活に困らない、というカジュアルなもの。付き合って3ヶ月で同棲、濃密な愛の生活。意外とふとしたきっかけから始まるものなのかもしれませんね

同棲カップルの8割は別れる

同棲となれば続いて結婚、となるのが一般的な発想ではないでしょうか。しかし意外なことに既婚カップルのたったの2割しか同棲していない、という現実があるのです。つまり同棲カップルの8割は別れてしまうのです。

どちらかの家に転がり込んでいることが多いため、気に入らなければ出て行けばすむ話で、一緒に住むのも簡単だけど別れるもの簡単、といったところでしょうか。また別れる原因のほとんどが家事とお金の問題。家事の分担をしたのにしてくれない。

さらには洗濯をしない、掃除をしない、といっただらしなさが目立ってしまったり、お金を出さない、無駄使いが多いなどなど。これらほとんど実際の夫婦とけんかが起きる原因は一緒。他人同士が一緒に住むのに意見の食い違いは仕方がありません。

けんかが原因というよりも、「いつでも別れられる関係」が別れる原因になっているのかもしれません。夫婦だったら簡単に別れないけど同棲だったら別れちゃえ、となるのでしょうね。同棲は結婚生活の予行演習といった考えはちょっと違うようです。

交際3ヶ月で同棲が始まるカップルに先を越されたような気がしているかもしれませんが、結婚するとはかぎならいのでご安心を。

恋愛ホルモン分泌中に意識しないと結婚はできない?

恋愛ホルモンが交際3ヶ月で減少

恋愛をすると相手が好きで好きでたまらない、もうどうにかなっちゃいそうだ!といった経験はみんなしてきたはず。またそのどうにかなっちゃいそうなくらい好き、といった感情がいつまでも続かないことも知っているはず。

それなぜだかわかりますか?脳内で恋愛ホルモンが分泌しなくなっちゃうからなんです。恋愛ホルモンとはフェニルエチルアミンと言うホルモンのこと。このホルモン、恋愛が始まった当初、ドバドバと分泌されており、好きな人に見つめられただけできゅんとなってしまったり。

手が触れただけでドキドキしてしまったりする要因となるもの。また美肌になるとも言われ、恋をする女性は綺麗だ、といわれる理由。しかしこのホルモン、恋愛が始まって約3ヶ月くらいで分泌が減少し、3年も経ったらほとんど分泌しなくなるのだとか。

好きで好きでたまらないといった状態がいつか終わるのはこのホルモンの影響なのです。恋愛に寿命があると言われるのはこのためなのです。これは悲しいですが、事実です。では、3年以上付き合っていても仲が良いカップルは何なの?と思うかもしれませんが、それはそのカップルが努力しているからです。

当人たちは努力している自覚はないかもしれませんが、人間の体の構造上付き合った頃とまったく同じ気持ちが続くことはないので、何かしらの工夫をしていることは確実でしょう。

結婚とはしたい人、ではなくしたい時である

結婚はタイミング、なんていう言葉があるけどこの人じゃなくっちゃい嫌だと思える人と一緒になりたい、と思っている男性もきっといるはず。いずれは結婚したい、くらいの明確なビジョンがないうちはそう思うかもしれません。

しかし残念ながら、「君じゃなくっちゃダメなんだ!」そんな人いません!たとえば、学生時代に好きで好きでたまらなかった彼女、当時彼女と先々一緒になりたい、と思ったかもしれません。しかし学生、仕事もなければ収入もなし、養えないから今は無理、といった理性が働きます。

お付き合いを続けるうち恋愛ホルモンは分泌されなくなり、「なんとなく」付き合っている状態に。そんなこんなしているうちにほかの女性が現れて、その人に向かって恋愛ホルモンが分泌、ほかの女性にまっしぐら、ってなことに。

結局、恋愛ホルモンが分泌する時期がたまたま仕事も落ち着いて、自分を客観的に見ることができ、そろそろ結婚準備が整ったかな、といった「タイミング」に重なったときが結婚に向かって進んでいく時期なのです。もっと言うと相手の女性も同じでないと無理。

そのため、結婚はタイミング、といわれるのです。恋愛ホルモン分泌中にそろそろ年齢も年齢だし、結婚も少し考えてるんだけど……と彼女に匂わせるのも大切。彼女のほうも結婚を意識するはずです。そうなればゴールインも近いかもしれません。

付き合って3ヶ月以内のプロポーズ!スピード婚で幸せになるケースも

付き合ってすぐに結婚するというのはかなり離婚確率が高いと言います。

しかし、付き合って3ヶ月以内に結婚するケースもよく聞きますよね。では、そう言ったカップルがすべて離婚しているかと言えばそうでもありません。もちろん幸せになっているカップルも大勢います。

付き合って3ヶ月以内は「勢い」で結婚ができる時期です。結婚ではこの「勢い」も大事なのです。「長すぎた春」と言う言葉があるように、あまりにも長く付き合っていると結婚まで盛り上がらずに別れてしまうカップルが多いのです。

前述したように「なんとなく」付き合っている状態になってしまうのですね。結婚したい時期に「勢い」で結婚するのはありです。そんなことして離婚したら嫌だと思うかもしれませんが、時間をかけて見極めても失敗するときは失敗します。

英語の結婚「Wedding」の語源は賭け事を意味するものです。結局未来のことは誰にもわからないので結婚はギャンブルみたいなものだということでしょうか。未来は自分が作っていくものだと思えば、3ヶ月以内に結婚してもいいのかもしれませんね。

3ヶ月の壁は努力で乗り切れる!

付き合って3ヶ月が超えられない男性たち、きっと今度は大丈夫なはず。

たとえ恋愛ホルモンが減ったとしてもまだまだ分泌中。記念日や旅行などのイベント、友達に紹介したりして彼女を楽しくて安心のあなたの胸で抱きしめて上げて。

結婚はいずれしたいのなら、そのいずれを待つこと。あなたの準備がきっとまだな状態なのだからまだまだ焦らなくてもOK。いまは恋愛をしてさらに相手を思いやれるいい男を目指すべきとき。恋愛って人を成長させるはず。たくさんたくさん素敵な恋をして!